YAMA さん プロフィール

  •  
YAMAさん: YAMA's web siteの日記帳
ハンドル名YAMA さん
ブログタイトルYAMA's web siteの日記帳
ブログURLhttp://mato71yama.blog76.fc2.com/
サイト紹介文新京成線を中心に色々撮影し、アニメやライトノベルを好んでいる学生の日常を淡々と綴ったブログ
自由文鉄道以外にも飛行機とかも撮ってます。
最近はカメラが趣味みたいな感じになりつつあったり。

サイトYAMA's web siteの方もよろしくお願いします。
(URL:http://yamaswebsite.web.fc2.com/)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/10/06 22:43

YAMA さんのブログ記事

  • ずっと待ったかい?
  • 少女終末旅行みました。YAMAです。終末世界を旅する彼女らの行き着く果ては………?みたいな話ですが、それはそれとしまして、このアニメのオープニングがなかなかに面白いわけですね。そりゃ4月に鹿児島に行った時に某氏にこの「動く、動く」を勧められたから見たというのもあるわけですが。we go walk, we go walk→動く、動く日本語では確かに動くと行っていますが、we go walk,で動くと歌詞カードには書いてあります。さらに参 [続きを読む]
  • あの山の向こうにある夏
  • 殺人的な暑さが続いておりますが、いかがおすごしでしょうか?YAMAでございます。本当に暑くてですね。この暑さ、もはや菜々の湯の岩盤浴のほうが快適なんじゃないのかと感じるくらいに暑いです。まさに街中がサウナ状態。この暑さでセミやら蚊は死滅してしまっているんだそうで、街中でもあまりみかけません。セミが嫌いな私としては非常に助かりますが、その前に暑さで殺されてしまいそうです。思えば人間もウイルスが入れば体温 [続きを読む]
  • 終わることのない未来へ
  • ULTIRAでレズと青い鳥リズと青い鳥をみてきましたYAMAです。イオンシネマ(という言い方もワーナーマイカルシネマズを知ってると慣れないんですが)といえば大画面と大音響で有名なULTIRAですが、もともと上映のなかった幕張新都心のイオンシネマでリズと青い鳥が上映、しかもULTIRAということで再び見て来ました。音楽がメインの作品ですから、音にこだわって見てみると感動も変わるもので。ちょいネタバレになりますけども、音楽 [続きを読む]
  • ここからぼくは旅に出よう
  • そしてきっとまた旅に出る。こんばんはYAMAです。宇宙よりも遠い場所。あっという間の勢いで見終わりました。毎回バスタオルが必要(比喩表現で無くガチ)なくらい涙を流してしまいました。前回同様にネタバレは避けたいところですが、最終話のラスト。ヒロインたちが日常に帰って行くシーンの考察を今回はメインにえんたら進めて行きたいと思いますが、最終話のラスト。ここから、ここからが流れる中ヒロインたちはそれぞれの日常 [続きを読む]
  • ときどき、ずっと、消えるな
  • よりもいはいいぞ。こんばんはYAMAです。というわけでTL等でご存知の方も居るかと思いますが「宇宙よりも遠い場所」を見ております。とにかく見て欲しい。それしか言えません。どこがいいとか、どのシーンが好きとか、歌がいいとかそういう事前の情報に触れずとりあえず見て欲しい。そんな作品です。こちとらまだ南極にも着いてないのに何度泣かされたことか。最近は涙腺がゆるすぎて困ります。さて、タイトルの「宇宙よりも遠い場 [続きを読む]
  • そして次の時代が始まるのです
  • レズと青い鳥 リズと青い鳥をみてきました。YAMAです。あらすじと溶鉱炉ネタはさておきまして、なかなかに重厚で濃い映画です。それを表現するにはこの尺は短すぎるし、ぼくのボキャブラリーが足りない。良くも悪くも山田尚子監督作品だというご意見がありましたが、そういう作品です。ぜひ見て欲しい。と思いつつぼくももう一回くらいはみたいなと思って居ます。これをきっかけに久々に響け!ユーフォニアムをみてますけども、随 [続きを読む]
  • 遠回りする道なら
  • 3年半のご無沙汰でございました。YAMAでございます。おかげさまで目の黒いうちに続編を見ることができそうです。年甲斐もなく泣いてしまいました。というわけで、本当にありがとうございました。SHIROBAKO 劇場版制作決定!!!!本当にありがとうございました。また僕らは宮森あおいちゃんたちがアニメを作るところを見ることができるのです。それも大画面!!!!それも高音響の映画館で!!!絶対に死ねません、公開のその日ま [続きを読む]
  • 勘違いさせちゃって
  • からかい上手の高木さんにからかわれ隊。こんばんはYAMAです。今期……なんて言ってはいけない季節になっていますが、気がつけば冬アニメ3本目となるからかい上手の高木さんをみております。 なんなんですかねぇ。これ。TLも意識して見れば だいぶ賑わっております。もうね。高木さんのね。お腹を抱えて笑ってる姿が素晴らしいくてですね。ほぼほぼノンストップで見てしまいました。そしてエンディング。ちょっと懐かしい、我々世 [続きを読む]
  • 海が枯れた朝の夢を見る
  • まるで夏みたいな天気が続きますね。こんばんはYAMAです。さて久々に九州へ行ってきました。そんな話はまた後ほどといたしまして、今日はまずこちらをお聞きいただきたいのですが。打首獄門同好会「布団の中から出たくない」打首獄門同好会という知る人は知る有名なグループの冬の朝あるあるを面白く歌にした一曲。鹿児島での車中はずっとこのグループの楽曲を聴いておりました。突然のデスボイスとそれと不釣合いなPVのコウテイペ [続きを読む]
  • 予想のつかない展開でも
  • 自転車のサドルがやけに粉っぽいと思ったらぜんぶ花粉でした。生きる気力を失いましたYAMAです。というわけで今年の花粉はとても手強いんだそうです。去年一昨年と症状を薬で抑えていた私も今年のこの花粉には辟易しております。つらい。この時期は杉の木を軒並み伐採するか山火事ですべて焼けてしまわないかと杉を恨む日々が続きます。身の回りでも花粉症デビューした方が居るようで、花粉症患者としてはどんどんこの苦しみが広ま [続きを読む]
  • 願い、引き継いで
  • キャンプ行きたいなあと感じるくらいにはゆるキャン△にはまりました。YAMAです。今期は待望のクソアニメが毎週土曜日に話題を総なめしており、まさしく覇権争いのトップをひた走っておりますが、TLをみているとゆるキャン△の話をよく見かけます。アウトドア派なオタクたちは実際にキャンプへ行ったりしてみたいですが、おじさんたちがキャンプをしたところでそれは「ここをキャンプ地とする」「いよぉぉぉっ!」となってしまいた [続きを読む]
  • ぼくの知らない物語
  • 台湾に行ってきました。こんばんはYAMAです。きっかけはとりあえず省略しますが、いやはや良いところですね。メシがとてもうまい。暖かい。良い場所でした。久々に画像もたくさん撮りましてまだ編集途上ではありますのでおいおいに。過日地震もありまして、花蓮の街は大きな被害が出ているようです。たまたまぼくの行った期間ではなく、台湾に行くことの多い友人たちも台湾には行っておらず。表現が適切かわかりませんが、被害にあ [続きを読む]
  • 冬休みのない正月のように
  • 地上波三葉ちゃんのおぱんちゅであけましておめでとうございます。いかがお過ごしでしょうか?YAMAでございます。例年通りあけましてなんてことをいう時期ではなくなってしまいましたが、ほら本来的にはまだ松の内......といういつもの言い訳も苦しいですが、ほら一月は正月だから別に。ね?ちなみに毎日更新をやめた2014年以降で一番遅い新年の書き出しになっています。なんか本当にすいません。さて新年早々驚いたのですが、1月3 [続きを読む]
  • 透明な気持ちで見続けたい
  • ガルパン最終章を見に静岡まで行ってきました。YAMAでございます。なかなか都合がつかなくてですね。歳末の忙しい時期ですし。どうしようかと考えておったんですが、このままだと見ることなく新年を迎えてしまいそうだったので、忙しい合間に弾丸ツアーしてまいりました。だいたいさわやかの誘惑に負けたのもありますけど。例によって例のあのコピペといきたいところですが、ネタバレを避けたいので控えたいと思います。ネタバレと [続きを読む]
  • 見たことのない知らない駅
  • 気が付けば厚着をしていました。カーディガンがお友達のYAMAでございますが。日も短くなりました。お寒い季節です。毎年この季節になるといつもこの話をしている気がしますが、2017年の響きにようやく慣れてきたと思ったらもう残り1ヶ月を切ってるんだそうです。あと20日程度ですか?世間は忘年会シーズンに突入です。響きに慣れてきた頃にはもう「忘れろ」と迫られる。1年の短さには驚かされます。ことしはいろいろ忘れたいことも [続きを読む]
  • 変わる夜も
  • 台風が連続で来たかと思ったら、突然の寒さに驚いております。YAMAでございます。列島もかなりの被害を受けたようで、大騒ぎとなりましたがやはり関東はそれほどでもなく。結局この辺りの人間の記憶からは消えてしまうのが世の常のような気がします。で、一年遅れで見ていた逃げ恥。ようやっと見終わりました。ようやっとといってもほぼ一気に見るようなスピードでしたが、ホント何度書いても書き足りないほどに新垣結衣の可愛さに [続きを読む]
  • いつか消えてしまうもの
  • 朝起きたら新垣結衣と入籍していないバグに苦しんでいるYAMAです。というわけでですね、ものすごい今更ではありますが「逃げるは恥だが役に立つ」を見ています。amazonプライムでタダで見れるようになったら見ようと思っていたのですが、なんかひょんなことから見ています。それにしても面白いですね。溶鉱炉に沈むネタはやめておきますが、本当にやりかねないくらいのパロディ。なによりNEWS23の実キャストが出演(さすがにTBSの [続きを読む]
  • 新しい時代がすぐそこにある
  • 日本の秋、南家の千秋。いかがおすごしでしょうか?YAMAでございます。先日からですね、思うところがありましてみなみけを見返しています。そんなことをしていたら夏アニメ1本も完走せず秋アニメのシーズンを迎えてしまいました。そんな話はどうでもよくて、みなみけと言えば1期の放送が2007年10月期ということですから、ちょうど10年前.....10年!?10年......(ここで息を引き取る)最新のアニメ「みなみけ ただいま」ですら2013 [続きを読む]
  • この先の未来
  • 時候のあいさつを考えるのも面倒なほどによくわからない天気が続いていますが。主に気温の面で。みなさまいかがお過ごしでしょうか。おはこんばんちは。YAMAです。この記事が世の中に出ている頃にはそれはもうかなり前の話になっていると思いますが、過日「君の名は」のソフトがよーーーーーーーーーやく満を持して発売されたわけですが、素晴らしいですね。三葉ちゃんのおぱんちゅで自慰表明できるわけですから、もうですね、素晴 [続きを読む]
  • 一世一代の一念発起
  • ちょっと前のことになりますが生徒会役員共の劇場版を見てきました。YAMAです。この流れ久々ですね。あらすじはってあのアニメのあらすじってなんなんだろう?ともかくあらすじは割愛しますが、やっぱりいいですね。特にタカトシがアリアに亀甲縛りされてそのまま溶鉱炉へ放り投げるシーンは涙無しには見られなかったです。そんなシーンねぇよ。でもみてみてぇよ。連載10周年ということで、記念作品であります。思えばアニメ化され [続きを読む]
  • 追い続ける日々
  • 梅雨だとは思えない天気が続いておりますが。連日の30度越え、夏本番で溶けそうですね。YAMAでございます。この天気でもまだ梅雨が終わらないと言うのもなんなのかというところでありますが。本当に死にかけています。これだけ雨が降らない...というのも東京の視点ではありますが、各地で局地的な豪雨。九州では大規模な被害になってしまいましたが、そもそも梅雨の雨と言うのはじとじとしんしんと降るもので。こんなどばーっとは [続きを読む]
  • 茶色帯ダイアリー
  • こんなタイトルですけどステラブリーズを聞きながら書いてます。こんばんはYAMAです。梅雨の頃合いですがいかがお過ごしでしょうか。普段はジャケットってあんまり気にしない性分の人間なのですが、このCDのアニメ盤の方のジャケットのメガネをかけてる加藤恵ちゃんがとある界隈の言葉をお借りすれば「ありえんご利用」であやうく「加藤恵に騙される」ところでした。騙されたっていいじゃないか。人間だもの。で、加藤恵ちゃんとい [続きを読む]
  • 些細な過ちじゃあ済まされない
  • こんなタイトルですけどステラブリーズを聞きながら書いてます。こんばんはYAMAです。梅雨の頃合いですがいかがお過ごしでしょうか。普段はジャケットってあんまり気にしない性分の人間なのですが、このCDのアニメ盤の方のジャケットのメガネをかけてる加藤恵ちゃんがとある界隈の言葉をお借りすれば「ありえんご利用」であやうく「加藤恵に騙される」ところでした。騙されたっていいじゃないか。人間だもの。で、加藤恵ちゃんとい [続きを読む]
  • ピンクを忘れても構わない
  • たまには自分にご褒美を。ノブレス・オブリージュ、今回も救世主たらんことを。YAMAです。というわけでTwitterにチラッと書きましたが東のエデンの劇場版も見ました。どうでもいいことですけども東のエデン 総集編 Air commuterだと信じてやまなかったのですが、それは航空会社ですし、正しくは東のエデン 総集編 Air Communicationでした。エイゴムズカシイネで、昔テレビで東のエデンのメンバーがコメンタリーしつつ展開される作品をテ [続きを読む]
  • 色を保っていれるなら
  • ノブレスオブリージュ。今夜も救世主たらんことを。こんばんはYAMAです。というわけで「東のエデン」を見ておりました。懐かしいタイトルですね。気が付けば8年前の作品。けいおん!1期と同じクールでやっていた作品ということで無事に息を引き取れます。見るきっかけは非常に単純でかの国のミサイル発射騒動でふとミサイルと言えばこの作品だよなと久々にみたかったのも相まって見てみた次第。見てみると今の時代だからこそ見るべ [続きを読む]