Hadashi Running さん プロフィール

  •  
Hadashi Runningさん: Hadashi Running
ハンドル名Hadashi Running さん
ブログタイトルHadashi Running
ブログURLhttp://hadashirunning.com/
サイト紹介文裸足ランニングを世の中に広めていきたい、そんな思いから自分が研究していたころに作ったブログ。 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/10/08 10:53

Hadashi Running さんのブログ記事

  • モンゴル草原マラソン エントリー開始!
  • 優勝者には馬一頭が与えられる事で有名なモンゴル草原マラソン。めちゃくちゃ広大な草原のど真ん中をひたすら走るレース。日本の一般的なレースとは全然違い、とってもシンプルな感じですが純粋に競う事を楽しむレースです。自分自身は去...Related posts:モンゴル草原マラソン、裸足の部決定!などなどこれからの裸足イベント一覧 モンゴル草原マラソン、異次元の世界へ [続きを読む]
  • 飯能ベアフットマラソン、今年も盛り上がりました!
  • 無事に今年もベアフットマラソンが終了しました!7年目になるこの大会ですが、裸足ランナーがずっと増え続けています!今年はエントリー数が350人!100人ぐらいで始まった大会。 飯能ベアフットマラソンは本当に多くの飯能市民の...Related posts:飯能ベアフットマラソン、今年も盛り上がりました! タイ裸足ツアー 今年も盛り上がりました! 飯能ベアフットマラソン&裸足ラン全日本選手権終了! [続きを読む]
  • 裸足ランナー大調査! アンケートご協力ください。
  • 【シェア&拡散お願いします!】”はだし”と健康の関係について研究している中京大学の金子先生と東海大学の瀬田先生が共同で裸足ランナーの実態調査をすることになりました。この調査は裸足ランナーの心身の変化を明らかにし、世界へ発信することを目的としています。近年、裸足ランニングに関する研究は盛んになってきておりますが、実際のランナーの視点から心身の変化を調査した研究は行われていません。特に国内では裸足ラン [続きを読む]
  • 裸足フルマラソンの日本記録が更新されました!!!
  • 伊豆倉健城さんが高岡さんが持っていた裸足フルマラソンの日本記録2時間45分39秒を更新しました!その記録は2時間42分32秒。高岡尚司さんが記録を出したのは2012年なので6年間も更新されてなかったんですね。あれから裸足でフルマラソン走る人の数は相当増えていて、陸上をやっている人達も高岡さんも含め入ってきているので、記録だけ見ればいつ抜かされてもおかしくはなかったのですが、それだけフルマラソンで裸足でタイムを求 [続きを読む]
  • 『陸王 VS NIKE』
  • 以前に自分も記事にしたナイキから出ている超軽量高反発シューズのVaporfly4%。かなり色々と議論になっています。そもそも選手に明らかな利益をもたらすシューズは違反じゃないのか? と。 恐らくほぼ間違いなくトップ選手には利益をもたらしていそうなこのシューズ。まぁでも基本的にランニングシューズには反発性はあるものなので、どこからが違反かという明確な線引きが無いため議論になっているんだと思います。そして、いよ [続きを読む]
  • モンゴル草原マラソンプロモーションビデオ完成!?
  • 今年招待してもらったモンゴル草原マラソン、プロモーションビデオが出来ました。BGMがドラマチック過ぎてちょっとドキドキします。w 大草原を裸足で走る気持ちよさを伝えたくてインタビューに答えているのですが。。。背中がかゆくなります。ただ、このレースのイメージは掴めると思うので見てもらえたらと思います。 来年のこの大会は運営でも関わらせてもらえそうで、裸足の部設置に向けて動きます。さてさて、いつもぎゅう [続きを読む]
  • TBSドラマ陸王始まりました! 踵着地で膝を痛めるという内容も
  • テレビをちゃんと見るのはもう何年もなかったので、とっても新鮮。こんなに大々的に宣伝されているドラマに走り方の内容が結構しっかりと取り上げられていました。その内容には今のランナーは踵から着地をしていて、そのために膝を痛めている人が増えていて、それの改善策としてミッドフット着地が推奨されているという内容。また、そのミッドフット着地を可能にするのが地下足袋のようなフラットでソールの薄いシューズだと。この [続きを読む]
  • モンゴル草原マラソン、異次元の世界へ
  • 優勝すると馬一頭貰える事で有名なモンゴル草原マラソン。その大会に今年からメインスポンサーになった昭和ホールディングス代表の此下さんが裸足ランニングを応援してくれている事から招待されることになったこのマラソン大会。裸足で草原走ったら気持ちいいだろうし、こういう機会でも無かったらモンゴル行くことないと思ってすぐに引き受け行ってきたのですが、この4日間の間になんか凄い事になっていきました。色々起こりすぎ [続きを読む]
  • 波乱だらけのベアフットレースinケニア! 
  • ケニアから帰って来ました!と言ってもまだ日本までたどり着いていませんが。w 今週はバンコクやバンコク郊外の都市での講習会が3回入っているのでそれを終えてから帰国です。さて今回で第二回目となるケニア陸連公認の裸足レース、International Barefoot Cross Countryのためにケニアに行ってきました。直前まで何が起きるかわからないケニアでのレース。今回は前回にも増してハードルが高かったです。細かく話したらきりがな [続きを読む]
  • 第二弾 裸足レースin KENYA開催決定!
  • 今年の1月に色んな物議を醸しだした裸足のクロスカントリーレースの第二弾が告知されました。賞金総額も20万円!世界最高レベルの裸足レースです。NO SHOES, NO DRUGS とちょっと強めのメッセージですが、ケニア選手の間でドーピングする人が増えていて問題になっていたり、またシューズも反発性の強すぎるシューズが出てきて競技の公平性が問われている今日だからこそ、もう一度原点に立ち返る、そんなレースがあってもよいかな [続きを読む]
  • 誕生日は裸足ランニングイベント in Bangkok!
  • 7月29日で43歳になりました!って誕生日ってあまり気にはしていないのですが、たまたまその日はバンコクでの裸足ランニング講習会。相変わらずの参加人数の多さに驚かされます。今まで日本、中国、タイで主に講習会やってきましたが、圧倒的に多いのはバンコク、そしてその次は中国の広州でしょうか。タイではホームページもなくfacebookでイベントページを立ち上げているだけなので、口コミだけでよくこれだけ来てくれるなぁ [続きを読む]
  • fall forward 前へ転べ! 七転び八起き
  • 次から次へとこれでもかというぐらい色々な事が起きる今日この頃。人生山あり谷ありで、今は谷。色んな罠が仕掛けられている感じです。アメリカにいたときに言われたfall forward。前へ転べ! を思い出しました。転んでも前に転べ。進み続けよ! そんな感じでしょうか。そういえば4年前もほぼ同時に色んな事が起き、思わず涙してしまいました。あの時はまだ個人のレベルで、今回起きている事の方が遥かにハードルが高くなってい [続きを読む]
  • アシガールは裸足ガール!? 女優に裸足ランニング
  • 漫画の事はかなり疎いのですが、アシガールって知っていますか?以下、このリンクから抜粋一途に追い求めるものを見つけたとき、世界は開けた。愛と脚力でこの乱世を生きのびろ。速川唯、16歳。恋から生まれたデタラメなパワーは出会う者を動かし、愛する人を変え、やがて戦国時代を揺るがせてゆく。愛しい若君を守るため、?アシガール?唯が戦国の荒野を駆けめぐる!脚力だけがとりえの女子高生が、戦国時代にタイムスリップ。 [続きを読む]
  • 裸足ランの普及の継続   種の保存〜多様性と創造性を
  • 織田フィールドの裸足禁止問題の記事には本当に多くのアクセスがあり、裸足ランをやっていない人達からも多くのコメントや直接のメッセージを頂きました。その人の経験や立場から改めてその意見の幅が広さに驚いています。実は個人的にもここ最近色々な事が起き続け、今後の活動も本当に考えて行わないといけないのかなと思わされています。その中には絶対にこれが公になったら叩き潰される内容も含まれています。何が正しくて何が [続きを読む]
  • 心拍数x裸足トレーニング 心拍数トレーニングは有効??
  • 密かにタイでスポンサーになってもらっているGARMIN。折角頂いたので最近は走る時に使わせて頂いています。スピードも出るし、面倒だったチェストストラップも無く心拍数も測れるようになっていたので心拍数も見ながらトレーニングをしてみる事に。実は結構前にケニアに行った時にGPSの時計を欲しいって言われてあげてしまってからはレースでも時計もせずに走っていました。そして、独自で10kmのペース走。勿論裸足で走って来 [続きを読む]
  • ケニア裸足キャンプの現状〜山あり谷あり〜
  • KENYA HAdASHi Project1 裸足ランニングを積極的に取り入れ、ケガを減らしパフォーマンスを上げ強い選手を育てたい。そしていつかアベベの再現をしたい(自分の思い)2 自給自足の生活を取り入れ、お金をかけずに食事で選手の体づくりのサポートをし食事の心配をせずに走れる環境を作りたい(村上さんの思い)3 選手の取り巻く環境が、貧富の差をより広げ、フェアでないことが往々にして繰り広げられ、ドロドロになってしまってい [続きを読む]