じゃん さん プロフィール

  •  
じゃんさん: 食料捕獲作戦!
ハンドル名じゃん さん
ブログタイトル食料捕獲作戦!
ブログURLhttp://capturefood.blog83.fc2.com/
サイト紹介文食べることと命をいただくことについて考えます。 狩猟、素潜り、釣り等々…
自由文幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2010/10/08 20:22

じゃん さんのブログ記事

  • 二ホンミツバチ発見っ!!
  • 「こ、これはっ!?」近くの神社のお社に行った時にたくさんの飛行物体に眼が止まります。ブンブンと飛び回る昆虫。観察するとお社の棟木付近から出入りしている感じ。昆虫の正体には大体目星が付いていました。「二ホンミツバチ」です♪「おお、こんな所にいるとは思わなかったなぁ。ここは周囲が田園で、年に数回とはいえ農薬散布がされてるもんな。鎮守の森が農薬からミツバチを護ってくれているんだろう…」実はハンターさんは [続きを読む]
  • 疥癬タヌキ
  • 「お!なにかいる」車を走らせていると道路の側に見慣れぬ動物発見。「野良猫かな?」と思ってもう少し近付くと、それが間違いであることが分かります。疥癬病に罹って毛が抜け落ちたタヌキです。(タヌキの面影もありませんね)疥癬病とはヒゼンダニというダニに寄生されて起こる病気です。ヒゼンダニは宿主の皮膚にトンネルを穿孔しながら繁殖するので猛烈な痒みがあり、全身の皮膚がカサブタ状になって毛が抜け落ち、やがて弱っ [続きを読む]
  • 濁っているので迷うなぁ…
  • 「ピンポンパンポン…。 〇〇地方の今日の天気は晴れ。海上は始めのうち波が高く波高2メートルのち1メートル」うう、迷うな…。177に電話して天気予報を聞きます。(今時わざわざ電話で天気予報を聞く人間がどれくらいいるのだろうか?)昨日までは強風が吹き、時化て波高3メートルでした。風の向きにもよりますが、素潜りが出来るのは波高1.5メートル以下の凪の日のみです。「昨日までの時化で海の中が濁っているのは間違いない [続きを読む]
  • ハモ
  • 休みの日には家の近くの産直まで行って適当な野菜を買うことが多いです。この日は午前中に用事があったりで、昼をとうに過ぎた頃に産地直売所へ。「さぁ〜って、なんか美味しそうな野菜はないかな?」と思いつつ、売れ残ったお魚を見て回ります。我が家では魚を購入することはほとんどありません。確かに産地直売所で売られているお魚は安いし新鮮なのですが、我が家では釣ったり獲ってきたりで、自家消費分はほぼ賄えているからで [続きを読む]
  • イノシシ出現っ! 応援要請!!
  • 「すみません、折り入ってお願いがあるんですけど…」出社するとすぐに総務部の若手社員が私のデスクにやって来ます。「うっ、なんとなくかなり嫌な予感…(汗)」「会社の敷地内にイノシシが倒れているんです。まだ生きています。力を貸してください」「いや、今は猟期じゃないからオレが殺すことは出来ないし、この場所は所属する猟友会の行政区と違うから知合いの有害鳥獣駆除隊員に応援を要請をすることも出来ないんだよね。死 [続きを読む]
  • 麦刈り
  • ゴゴゴ〜ッ!!と近隣から鳴り響く音。「お!ついに始まったかな?」と思い、急いで窓を開けます。我が家に隣接する麦畑を走るコンバイン。麦の刈入れが始まりました。「ホッ、本当に良かった…」というのも畑の中をタヌキかイタチかアナグマかノラネコかは分からないけれど、麦の背丈が伸びて身を隠すのに丁度よいからなのでしょうが、夜中にずっとウロウロしていて我が家のワンコ達が吠えて困っていたからです。「躾とはいえ、獣 [続きを読む]
  • 県猟友会安全狩猟フィールド射撃大会2018
  • 県猟友会が主催する安全狩猟フィールド射撃大会に出場してきました。去年は住んでいる地区の清掃活動の日とダブって出れなかったんですよね。競技種目は例年通り5メートルダブルトラップ 40点。10メートルトラップ 20点。ラビット 20点。スキートハイタワー 20点。の100枚撃ちとなっています。(これは開会式の様子)まあ希望的観測というか妄想的に自分の各競技の過去最高点数を思い出します。5メートルダブル [続きを読む]
  • ちょっとキス釣り。そして魅惑的な誘惑が…(笑)♪
  • 週末は天気が良くて潜りに行きたかったのですが、時間的な余裕が無くて少しだけキス釣りをしてきました。「キス網が入ったから厳しいだろうなぁ…」と思いつつも、釣りに行っちゃうのが我ながら猟欲が深いところだと思います(笑)。釣り糸を垂らすもやはり苦戦…。釣れるのはクサフグばかり。「釣れないし帰ろうかなぁ…」などと思っていると足元に大きな魚影。膝ほどの水深の場所に40センチオーバーのチヌが何匹も泳いでいます。 [続きを読む]
  • 流されました!
  • 凪いだぞっ!!最近は週末になると天気が悪かったり、強風が吹いたりでストレスが溜まっていました。久しぶりに天気が良く、波も穏やかだったので迷わず海へ!!水着に着替えマスクとフィンを装着して海に入ります。「うう、まだ水は相当に冷たいなぁ…」まあ、まだ5月なんで当たり前ですね(笑)。少しずつ体慣らしを兼ねて沖へ。「今日はよくメバルが穴から出て来ているなぁ。遠目にだけれど、大きな石鯛やクロ(メジナ)もいる [続きを読む]
  • カヤの心の傷
  • 生後5か月の時に脱走した経験を持つカヤ。実はカヤは脱走してからずっと敷地外に外出することが出来ませんでした。脱走して暴風雨の晩に一夜を野外で過ごして以来、心に深い傷を負ってしまっていたのです。とても良い子で、自宅の敷地内やワンコゾーンから駐車場などのフリースペースで走らせるまでは何ともないんですが、リードを付けるとまったくダメ。大人しく寄ってきてリードを付けさせるのですが、それから散歩に行こうとリ [続きを読む]
  • クレー射撃における利き目のスイッチについて
  • 「あれ?全然見当違いの場所を撃ってしまった…」所属する猟友会の月例射撃会でスキート射撃を行っている時のことです。(撃ち終わった後の写真で頬付けが甘いわけではありません。笑)これには原因があって、私の利き目(利き手と同じように目にも利き目があります)は右目なのですが、時々利き目が左目にスイッチするのです。利き目は射撃をする時にとても重要で、利き目の矯正は相当に難しいのです。例えば体は右利き(銃を右手 [続きを読む]
  • 夏ミカン美味しい!
  • 採り放題で欲張って採らせていただいた夏ミカン。とりあえず皮を剥きさえすれば、パクパクと食べています。「この爽やかな酸味と柑橘系のすっきりした甘みが良いよね♪」それでも大量にあるので、シロップ漬けやジャムをせっせと作っています。その昔、私のように貧乏で欲の皮の突っ張った人間が「ああ、なんとかして季節になるとたわわに実る木の実や野菜、海岸に押し寄せる魚を上手く利用できないかなぁ」と考え、多くの加工食品 [続きを読む]
  • 小さな循環
  • 時間が取れたので庭木の剪定。我が家は築43年の旧古住宅を購入したので、庭木の幹がかなり太くなって剪定も大変。フウフウと汗をかきながらゴリゴリとノコギリで幹を切り落とします。「まったくたった一年でよくこれだけ伸びるもんだよな〜。幹もどんどん太くなるから適度に間引かないといけないし…」少年時代に原油や石炭の化石燃料が出来る方法(ザックリいうと植物が堆積して岩盤の中などで化石燃料になる)を知って、「ええ、 [続きを読む]
  • モリの苦手なもの(笑)♪
  • モリは良く言えば人間大好きで明るく陽気な性格。「うっひょ〜っ! とうちゃん帰ってきた!!」と帰宅するとピョンピョン跳び上がって一番喜んでくれるのですが、まだ精神的に子犬だからかちょっと興奮しすぎ(笑)。(左よりふじさん、カヤさん、モリさん)しかし悪く言うとお調子者。新築のハウスに一番乗りでドヤ顔(笑)。(この後ふじに締められていた…)いつも口角が上がっていて笑顔が可愛くも思うのですが、私がワンコゾ [続きを読む]
  • 夏ミカン狩りで色々な事を考えた
  • 今年も夏ミカンを栽培されているハンターのお友達ご夫妻から夏ミカン採りのお誘いをいただきました。ミカン園に入ると夏ミカンの白い花と黄色い実、青々とした葉っぱと空のコントラスト。そして何とも言えない良い香り。「ああ、いい香りだ! なんかこの爽やかな柑橘類の香りに包まれると、日頃のギスギスとしたストレスもゆっくりとほぐれていくようで癒されるなぁ♪」「でもね、去年まではあんなにたくさんいたミツバチがほとん [続きを読む]
  • ネズミゴチ(メゴチ)
  • キス釣りをしていると必ずと言っていいくらい釣れる魚。ネズミゴチ(メゴチ)です。私の住んでいる地域ではメゴチと呼んでいるのでそれが正式名称かと思っていたら、ネズミゴチが正しい名前。大きくなっても15センチほどの魚で、釣った時のヌルヌルが凄くて釣り人からは嫌われています。しかもエラブタの上あたりに大きな棘があって、何も知らないお子様が素手で掴んだりするとグッサリと突き刺さります。目玉の少し後ろに棘がある [続きを読む]
  • 懲りずにキス釣り
  • 晴れたっ!!天気もいいし、風もなく波も穏やか。釣りと潜りと迷いますが、まだ水温は冷たいし、前回濡れながら釣ったキスが美味しかったのでキス釣りに行って来ました。釣り場に着いて仕掛けを投入。「いや〜、山の新緑もきれいで景色も良いし心癒されるねぇ〜♪」一投目から重めの引き!ヒガンフグでした。キスはポチポチと釣れますが、なぜか前回と違って10センチ程の小さなピンギスばかり。「一体なぜ!?」と思っていると漁師 [続きを読む]
  • 緊張っ!!
  • 厳しい顔で両方の耳が引っ付きそうなほどに緊張気味のふじ。「うう、最近食べすぎで太ったから体重計に乗りたくないわ…」と言っているのではありません(笑)。ちなみに普段のふじはこんな感じ♪ドライブ満喫中。「さ、お利口さんだからシャンプーしようね」「ううぅ、どうしてもシャンプーしなきゃダメ?」と言っている表情なのです。「暖かくなったからシャンプーしても大丈夫でしょ? 女の子だから身だしなみには気を使わない [続きを読む]
  • 雨の中のキス釣り
  • ゴールデンウィークの最終日は猟友会の鳥獣供養祭に参加予定(来たい人の自由参加)。「でもど〜しても釣りがしたいので、朝5時に起きてキス釣りに行こう。鳥獣供養祭は11時からだけど10時くらいに納竿して向かえば充分間に合うし、それくらいから雨が降る予報になっているからちょうどいいや」ど〜しても釣りに行きたかったのは理由があって、前日に晴れ渡った海岸の側を車で通り、たくさんの人が釣りをしているのを目の当たりに [続きを読む]
  • サマーハウスの作成
  • 皆さん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしだったでしょうか?私は日頃出来なかった日曜大工をして、海や山で遊んでいました。まずはワンコさん達の夏用の犬小屋作成。(左モリさん、右カヤさん。ひたすら元気♪)カヤとモリがパワーアップして、かつてふじが使っていた既製品の犬小屋はほぼ全壊。(手前カヤさん、奥が自分のハウスを壊されてちょっと恨めしそうな表情のふじ。笑)「以前、3頭一緒に眠れる犬小屋を作って仲良く [続きを読む]
  • シマウシノシタ
  • この魚は「シマウシノシタ」。そこそこのサイズで、この個体は31センチでした。普通の舌平目に比べてかなり身が分厚いです。舌平目類をまとめて「ウシノシタ」と呼ぶようで、私がいつも獲っている舌平目の正式名称は「クロウシノシタ」。牛の舌のような形状から付いた名前でしょうね。「クロウシノシタ」が左側(ヒラメの仲間)に顔があるのに対してシマウシノシタは右側(カレイの仲間)。初めてこのシマウシノシタを水中で見た時 [続きを読む]
  • ウナギ食べたい♪
  • 暖かくなり、近所の川面を覗くとフナや鯉がたくさん泳いでいるのが見えます。「川の中も水の温度が温んで魚の動きも活発になってきたな。ああ、なんだか急にウナギが食べたくなってきたなぁ。しかし天候なんかの条件は良いんだけど、明日は行きつけの銃砲店の射撃会があるんだよね。寝不足でクレー射撃すると絶対にボロボロの成績になるのは目に見えてるし…」かなりのスピードで飛ぶ直径11センチのクレー(素焼きの皿)を撃つのは [続きを読む]
  • 銃砲等一斉検査
  • 銃砲等一斉検査に行ってきました。(通称:銃検)これは所持している猟銃を紛失していないか、不正改造を行っていないか、実包の管理状況が適切か等を確認するために毎年行われ、一月ほど前に所轄の警察署から日時と必要なものに関しての封書が届きます。だいたい例年日曜日と月曜日に実施。検査に必要なものは以下となっています。(1)猟銃・空気銃所持許可証(2)所持許可を受けた銃砲刀剣類など(3)実包の管理にかかる帳簿(4 [続きを読む]
  • 鯛の白子ポン酢
  • 魚釣りに行った翌日、朝から台所に立つ私。(オキアミをエサに使用した場合は、内臓の匂いが身に移るので必ず釣ったその日のうちに腹出しだけは行います)お魚をご近所さんにお裾分けするためです。釣ってきた魚をご近所さんにお裾分けするにしても、「自分で刺身に引くところまで出来るので丸ごとで大丈夫」「三枚おろしにしてもらったら調理できる」「切り身しか料理できない」等の色々のパターンがあるからです。なのでご家庭の [続きを読む]
  • 今年の初釣りは鯛釣りへGO!!
  • 「鯛が釣れ出したよ〜」と漁師をしている兄貴から連絡。う!今週は年に一度の銃砲一斉検査もあるし、破壊された犬小屋を作らなきゃいけないし忙しいんだよなぁ。チラリとそんなことを思いましたが「行く行くっ!!」と即答(笑)♪頑張って夜の9時前に布団に入り、夜中の2時過ぎに起床して出発!「まったくなぁ、仕事に行く時はあれほど布団から出るのに苦労するのに我ながらなんて都合のいい身体だ…」兄貴と合流し船に乗り込んで [続きを読む]