じゃん さん プロフィール

  •  
じゃんさん: 食料捕獲作戦!
ハンドル名じゃん さん
ブログタイトル食料捕獲作戦!
ブログURLhttp://capturefood.blog83.fc2.com/
サイト紹介文食べることと命をいただくことについて考えます。 狩猟、素潜り、釣り等々…
自由文幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2010/10/08 20:22

じゃん さんのブログ記事

  • 残弾射撃大会2018
  • 所属する猟友会の残弾処理射撃大会に行ってきました。残弾処理射撃大会とは「猟期中に購入したけれど消費できなかった弾を使用して余分な弾を持ち越さないように、そして射撃をしないハンターさんもたまには射撃場で撃って安全な猟銃の取り扱いを再確認しよう」という意味合いの射撃大会です。猟銃の安全な取り扱いが出来ているか、動的射撃を行っても銃口の向きなどに問題がないかを第三者の目から見てもらうためにも射撃場での射 [続きを読む]
  • 春の恵み
  • 少し前の話になりますが、タラの芽を採りに行きました。ちょっと分かりにくいですが、写真中央とやや右下あたり。タラの木が生えている場所の標高にもよりますが、だいたいサクラの花が満開になるくらいを目安にしています。これはワンコ達と一緒に花見に行った時の写真。手前ふじさん、奥がモリさん。タラの木のある場所に向かう途中でロードキルアナグマ発見!この日は出発も遅くて気温も上がっていたし、カラスが突いていたので [続きを読む]
  • 本当に泣きそうだ!
  • 生後8カ月になろうとしているカヤとモリ。体はもう成犬の大きさで、日々の取っ組み合いの成果かパワーも格段に増しています。(手前モリさん、奥がカヤさん)ふじが使っていた犬小屋の屋根は大きな穴が開いて風通しがよくなり…、(というか半分屋根がなくなった)庭には大きな穴が何個も掘られています(写真はモリさん)。(何度も埋め戻すのも面倒なので、最近はブロックを放り込んでいます。笑)ところが、最近帰宅すると更に [続きを読む]
  • 争奪戦!
  • 猟期が終わってチョコチョコと野外活動をしていますが、まだ植木の剪定が終わっていないので、時間を作って庭を弄っています。暖かな春の日差しが降り注いでいるので日光浴中のホシノさん達。「う〜ん、平和だねぇ♪ だけど風切り羽根が生えそろったからそろそろ脱走防止のために切らなきゃね」「余計な仕事が増えたな…」と思いつつ、脚立に乗って剪定鋏をチョキチョキと動かします。そんな事をしていると一羽のニワトリが突然走 [続きを読む]
  • 交差点を横切るキジ
  • 「お!キジがいるっ♪」ちょっと田舎の幹線道路の中、車を走らせていると交差点の横の田んぼでキジがエサを啄んでいるのを発見。写真を撮ろうと思い、側のコンビニの駐車場に車を停めます。「それにしてもこんな交通量の多い場所にいるなんてねぇ。近くには田んぼが広がるばかりだし寝屋はどこなんだろう?」カメラを連写モードにして忍び足で近付くと、気取られて飛び立たれます。「おお、猟期も終わったしのんびり餌を食べてるか [続きを読む]
  • その後のミックとレオ
  • 「ギャン!! ヒャンっ!ヒャンっ!ヒャンっ!」ミックの悲鳴が実家の庭に響きます。「なんだなんだ!?どうしたんだ?」と思って庭に出てみると、ミックの唇にぶら下がるレオ(笑)♪「う、痛そうだね」しかし優しいミックは一生懸命耐えています(笑)。しばらくして再度「ヒャンっ!ヒャンっ!ヒャンっ!」というミックの悲鳴。今度は耳を咥えて振り回されています。「うぅ、これまた痛そうだね」レオはまだ乳歯で、その歯先は [続きを読む]
  • 初めてのタカラガイ♪
  • タカラガイをいただきました。お土産物屋さんなんかで貝殻が加工されて装飾品として売られているきれいな貝です。「タカラガイ」の名前が示す通り、大昔は貨幣として使用されていたこともあるのだとか。で、このタカラガイ。私が入手にしたからには食べます(笑)。かなり美味しい貝らしいんですよね。できれば刺身で食べたかったところなんですが、用事があって新鮮な状態で食べられる時間がなかったので一旦塩ゆで。それをハンマ [続きを読む]
  • 白湯(パイタン)スープ鍋
  • ハンターになって「良かったなぁ〜」と思うことの一つに骨がふんだんに手に入ることが挙げられます。特に子犬がいたりすると成長期にタンパク質とカルシウムは必要ですしね。(骨を食べさせ過ぎるとウンチが白く固まって痔になったりするので要注意です。実話)人間が食べても良く、甘辛く煮込んだり、シンプルに塩茹でにして骨周りの端肉を齧って食べると最高のお酒のツマミになります。骨髄から出た旨味が肉に染み込んでメチャク [続きを読む]
  • 緑の絨毯♪
  • さあ〜って、猟期も終わったしほったらかしになっていた庭木の手入れでもしようかね。滅多に手入れをしない庭木を眺め、重い腰を上げます。築40年以上の中古住宅を購入したので、先人が植えた庭木は幹が太く手入れを怠るとすぐに鬱蒼とした雰囲気になります。「さ、今日は田んぼに面した槇の木をバッサリ選定しよう!」「え!?何? 何が始まるの!?」と、不審げなカヤとモリ。(手前よりカヤさん、ふじさん、モリさん)脚立を準 [続きを読む]
  • 君の名は…
  • 今回来る子犬の名前はお袋に付けてもらうことになっていました。ジャンが死んで皆が悲しみましたが、一番悲しんだのはお袋でした。猟犬を飼っていると感染症や不慮の事故などで急逝した犬も何頭かいました。愛玩犬であれ猟犬であれ、犬は人間よりも寿命が短いし「哀しいけれど愛する飼い犬の最後を看取れるのはむしろ幸せなことだ」と我が家では体感していたことでした。そんなお袋が「もう犬は飼わない」と言って、頑なに新しい家 [続きを読む]
  • 今年も無事に終猟2017
  • 今年も無事に猟期が終了しました。毎年なんらかの猟期終了の締めくくりを書いていますが、この記事を書ける時が一番ホッとします。私にとっての最終前日はイノシシ4頭に恵まれ…、最終日は執念でかなりの距離を追跡したけれど、半矢の鹿に逃げられ申し訳ない気持ちになりました。今年の猟期を振り返ってみるとですね、正直な話これだけ楽しめない猟期は初めてでした。それはやはりブリタニースパニエルのジャンが猟期前に死んでし [続きを読む]
  • 私が狩猟へ行く時の必需品♪
  • 狩猟する時の必需品。銃や弾やナイフ。狩猟用の車や猟犬、基本的な物からちょっとあった方が便利という物まで色々ありますね。まあ、そんな「最低限ないと狩猟が出来ないもの」以外で私が出猟する際の必需品はこれです!!近所のホームセンターで購入したク〇ックスのバッタもんのサンダル(笑)。猟に行く時は脹脛まであるロングソックスと厚手の防寒靴下を履いているので、通常よりも大きめのサイズをチョイス。私は毎年2県の狩 [続きを読む]
  • 狙われていますっ!!
  • 一部の方から「一羽くらい食べちゃってるんじゃないか!?」と思われているホシノさん達ですが、この通り4羽とも健在です(笑)♪冬の間は食べるスピードに雑草の繁殖が追い付かなくて困っていたところ、大規模な家庭菜園をされているご近所さんが余った白菜やキャベツを投げ入れてくれてとても助かっています。丸ままの白菜やキャベツも一日で芯だけになるので、あげる方も精が出るのでしょう。しょっちゅう大きなキャベツや白菜 [続きを読む]
  • ふじに新しい技がっ!!
  • ぶ、ぶ、分身の術っ!!次の猟期は無敵だな(笑)♪ちょっとだけ頑張りました。↓ウソつけっ!! と思った方は プリーズ(笑)♪にほんブログ村にほんブログ村狩猟の魅力まるわかりフォーラム">狩猟の魅力まるわかりフォーラム [続きを読む]
  • 卵は幸せの印
  • モリとカヤに襲撃されてから、しばらく卵を産んでくれなくなったホシノさん達。傷も癒え、今はすっかり元気です♪(写真には3羽しか写っていませんが4羽とも元気)しかし卵を産んでも1日に1つか2つ。(それまでは1羽が1個、毎日4つ産んでいました)採卵のために飼育しているホシノさん達なので、卵を産んでくれなくなると困るなぁ。正直な話「いずれは潰して食べよう」と思ってたのでそろそろその時が来たのかな…。私のお袋などは [続きを読む]
  • 寒い中の一頭
  • 「寒ぅ〜!! うう、それにしても1ラウンド目は本当に失敗したなぁ…」寒さには強い私ですが、この日は冷え込み、2ラウンド目の山の中でそんなことを考えながら待ちについてジッと待機していると、地下足袋から寒さが伝わり内臓の芯まで冷え込みます。2ラウンド目の待場はこんな感じ。この日の1ラウンド目に猟犬が放たれ、何度か追い啼きが聞こえた後に待ち(射撃手)を越えて弓(包囲網)から猟犬が出てしまいました。すると再び [続きを読む]
  • 狩猟の魅力発信フォーラム後日談
  • 狩猟の魅力発信フォーラムがあった週末が終わり、月曜日に出勤するとデスクに社長が来られます。「あれ?なんか社長案件での問題あったっけ…」ちょっと不思議に思っているといきなりこう言われます。「昨日テレビに出てたね!!」一気に噴き出す冷や汗…。直属の上司には許可を得ていたけれど、狩猟の魅力発信フォーラムに出ることは社長には話していない…。それがまずかったか?いや、それに大体昨日の小規模なフォーラムにテレ [続きを読む]
  • 狩猟の魅力発信フォーラム
  • ある日「講演のご依頼」という題名でメールが届きました。読んでみると「私は福岡県行橋農林事務所の〇〇という者なのですが、狩猟の楽しさをお話していただきたくメールを差し上げた次第です・・・」という内容でした。最近はちょっと色々と思うこともあったり、勤めている会社の一番偉い人が狩猟に理解があったりするので、出来る限り講演依頼などは引き受けるようにしています。メールの宛先に電話をし、内容を教えていただいて [続きを読む]
  • 進化鴨
  • 少し前の出来事になります。さぁ〜って、(私にとって)鳥猟も最終日だけど、なんとかマガモとカルガモを合わせて5羽仕留めることが出来たし、羽根でも毟ろうかね。猟期終盤の渋くなった(人に追われてスレてしまった)時期にこれだけ獲れれば上出来でしょ。(毟った後の写真しかなく、見栄えが悪くて申し訳ありません)毟った羽毛を埋めるためのスコップを持って、銃を撃ったばかりの池の土手から山手に入ります。破竹の藪をかき [続きを読む]
  • ターミネーターイノシシ
  • 私は大物猟に出猟する際には、スラッグ弾(散弾銃で撃つ一発弾)を15発程度弾帯に巻いて山に入ります。「弾数多過ぎだろっ!それにそんなに持ち歩くと重たい!!」と思われる大物猟ハンターさんも多いかと思います。しかし多少の重さには眼を瞑っても、弾は必ず多めに持って行きます。何故なら銃は弾が無くなると役立たずのただの鉄の棒きれだから…。「イノシシが発情期を迎えると狂暴になったオスを避けるために、メスイノシシが [続きを読む]
  • 祖母の死
  • 祖母が亡くなりました。97歳だったので大往生。極々身内だけでのこじんまりとした葬儀。一緒の家に住んでいたのに、私には祖母との思い出がほとんどありません。それは祖母と母との折り合いが悪く、母親の目線を通じての祖母しか知らなかったからに他なりません。大学に入って家を出ると、自分の視野も広がり祖母が悪い人ではないことが分かりました。しかし「三つ子の魂百まで」という言葉があるように、たまに実家に帰っても祖母 [続きを読む]
  • 短い命だった…
  • ドゴーンッ!!とネックショットが決まり倒れるイノシシ。新しい照門を作成してから、良い感じで撃てばそこそこ止めています。今まで散々外していたくせに、こうなると勘違いして変な自信満々で「さあ、来い!」と強気(←単純すぎる)。で、本日も浮かれた足取りで山に入って待ちにつき、銃カバーを外すとこんな状態。新しく作った照門がブランブラン…。プラスチックが割れて接着剤が剥がれ、脱落防止のために上から押えていたセ [続きを読む]
  • 女傑
  • 少し前の事になりますが、親方(若き勢子)が一人でイノシシを3頭仕留めた時、親方のお母様も70kg超えの一番大きなイノシシを仕留めていました。(一番手前)このお母様が、一見すると「え!この小柄で上品なご婦人が狩猟をされるのっ!?」というような感じなんですが、銃を鳴らせば獲物が倒れているというような凄腕。印象的な猟行だったので書き記しておきます。今日の待ちはこんな感じ。勢子役が猟犬を放ち、数発の銃声が鳴っ [続きを読む]
  • 山に雪が降りました。この日は山裾の標高が低い場所だったので積もらなかったのですが、標高が高い場所から来た車の屋根には15センチほど雪が積もっていたから、山頂付近は相当積もっていた感じです。私の行く猟場では滅多に雪が積もることはありません。猟用車にスタッドレスタイヤを装着しているしている人もいませんし、仮に雪が降っても装備として厚手のアンダーウェアを着てスパイク付きの長靴を履くくらい。何より山は寒いし [続きを読む]