道祖神 さん プロフィール

  •  
道祖神さん: 新山梨の日々
ハンドル名道祖神 さん
ブログタイトル新山梨の日々
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/haraguro8646
サイト紹介文日本や世界の動きに目を向け、みんなが笑って暮らせる社会を目指し、発信している。
自由文定年後は、もっとも自由な至福の時間だと分かった。閉塞感漂ういまの日本では、これから生きる人たちがかわいそうである。これまでの人生で学んだことは多い。そこから閉塞状況を打ち破るヒントを引き出し提言している。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供275回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2010/10/09 10:00

道祖神 さんのブログ記事

  • [転載]新聞の世論調査は、殆ど嘘です、by元自民党白川勝彦さん
  • こんな記事をみつけたよ。自公で300議席越えと報道すれば反自民や政治を変えたい人がバカバカしくなり投票行かなくなることを狙ってるんだ。周りにこの事を伝えよう!【テレビ・新聞の世論調査は <全部>嘘です?4倍に捏造】衆議院選挙で騙されてはいけません。大手メディアの世論調査は、どの新聞もどのTV局も真っ赤な嘘です。世論調査に真実なんて、一紙もありません。 =地方紙が真実=政府から圧力を受けていない「地 [続きを読む]
  • 希望の党失速で自公の防波堤がなくなった。
  • 与党なの与党かわからない党は「ゆ」等といわれるが、希望の党は自公の補完勢力にすぎす「ゆ」党でもない。まして党をいきなり解体するような党首がいる党である。希望の党失速は、日本に「希望」をもたらすものである。なんたって安倍補完勢力なのに、自公の防波堤になっていたからだ。その防波堤が崩壊寸前なのだ。東京25選挙区で全滅か、なんてニュースまである。これは大変明るいニュースである。 [続きを読む]
  • 自民党に投票しても権力者にはなれない
  • わが故郷、村から町、そして市になったが衰退するばかり、もはや危機集落となりつつある。多くが自民党に投票し「寄らば大樹の陰、権力は俺を見捨てるハズがない」と思っていた。しかし、農地から追い出され、森林はジャングルと化している。勤めに出れば多くが派遣労働や、時間無制限労働ばかり。自民党に投票しての「権力者」気取りは、無残にも打ち破られたのだ。そして、戦争法、秘密保護法、共謀罪などで自由はどんどん奪われ [続きを読む]
  • マスコミは日本を衰退させたA級戦犯
  • 今回の総選挙、テレビは相変わらず小池だ安倍だの騒ぎでまったく要領を得ない。新聞も各党の政策を並べて書くだけで、何が争点なのかさっぱりわからない。そして極めつけは、与党300議席で圧勝、である。毎回同じことを繰り返している。テレビ番組の多くは、旅だのグルメだの、ファッションだの、タレントとスタッフがどこかに出かけるなど、安あがりの番組ばかりである。人口減少が「国難」だと安倍総理は言っているが、だれがそ [続きを読む]
  • [転載]低投票率下の自公勝利誘導情報操作に騙されるな
  • http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-1508.html報道各社の総選挙序盤情勢が報道されている。この報道は投票行動を誘導するために用いられている。極端に偏った情勢を印象付けると、この傾向が増幅される。流れに乗ろうとする「勝ち馬に乗ろうとする行動」と流れが考えにそぐわず、「選挙に行くことをやめる行動」の二つが助長されるのである。対立陣営の伯仲を報道すると、二つの勢力のいずれも投票行動を積極化さ [続きを読む]
  • 戦争勢力対平和勢力の闘いになった
  • ♪一年前には知らなんだ 半年前にも知らなんだ…。小林旭のズンドコ節である。わずか10日前、9月28日暴走解散したとき「♪こんなになるとは知らなんだ…」総選挙の様相である。都民ファーストが「希望の党」を名前を変え、新たに党首となった前原が、いきなり民進党を希望に身売りをしたのだった。安倍に劣らず「暴走だあ」と思ったものだ。アホマスコミはこれに飛びつき「小池政権誕生か」なんて報道する始末。ところが、旧民主 [続きを読む]
  • [転載]「実は、反省していることがあるんです」
  • http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-10-05/2017100501_06_0.html 題名は「実は、反省していることがあるんです」。滋賀県に住む作家の伯宮幸明(たかみやさちあき)さんが自身のブログにつづった一文です▼8年前の政権交代から選挙は勝たないと意味がないと、ある程度政策が一致して勝てそうな人を基準にしてきた。しかし今回、市民のこと、国民のことを考えている政党はどこか、はっきりした。「ブレない。裏切らない人た [続きを読む]
  • 嘘つき三羽烏 安倍、小池、前原 山日新聞「言葉が軽い」
  • 山梨県の地方紙山梨日日新聞には社説がない。ない代わりに「論説」という記事がある。きょうの論説中身は、安倍、小池、前原三人の「言葉の軽さを問題にしている。しかし、言葉の軽さなてんものではなく、嘘に嘘を重ねているのである。これまで三回の国政選挙では、「自・公圧勝」のオンパレードだったが、今回は随分様変わりしている。マスコミがいくら安倍、小池をヨイショしても、実態が悪すぎるので白けているのだ。国民の目が [続きを読む]
  • 日本は今「国難」状態らしい
  • 安倍総理は解散にあたり、「国難突破解散である」といいました。では、日本は歴史上「国難」が起きたことがあったでしょうか。日本が一方的に侵略されたのは、鎌倉時代の蒙古襲来だけです。しかし日本の領土は安泰でした。 日本は明治維新以後約70年間、戦争に次ぐ戦争をやってきました。戦場はすべて外国。昭和25年の終戦までの70年間やってきたのは、すべて日本による侵略戦争だったのです。それも自衛のための戦争という名目 [続きを読む]
  • 安倍・小池は自由主義、民主主義が大嫌い
  • 安倍総理の国連での演説は、「北との対話なんか無駄だ。早く武力でやっつけてしまえ」という内容だった。世界平和なんて発想は見当たらない。さすがA級戦犯の孫だと納得できる。小池率いる「希望の党」だが、前原は民進党内の民主主義を完全に否定し、「希望」との吸収合併に応じた。党内民主主義のない政党に民主主義を語る資格はない。小池は都知事である。都民ファーストが政党を言えるかどうかしらないが、都知事の仕事をほっ [続きを読む]
  • 小沢鋭仁が「希望の党」だとよ
  • 小沢は甲府の印刷屋のせがれ。旧民主党から国会議員となり、民主党の幹部から大阪維新に鞍替えし、なんと今度は希望の党からでるという。常に当選しそうな「党」を物色し、渡り歩いているのだ。希望の党なんていうが、実態は小沢のようなちゃらんぽらんの寄せ集めで、早晩空中分解するだろう。「希望」なんてあるはずがない。旧民進党議員がふるいにかけられ、リベラル系が残り「立憲民主党」を立ち上げた。野党共闘を目指すという [続きを読む]
  • 消費税の使用目的変更ができるなら、やめたらどうだ
  • 消費税10%は、国の財政がどうにもいなないからではなかったのか。安倍総理の都合で簡単に変更できるなら、やめてもいいのではないか。そんなものが総選挙の目玉とは安倍も追い詰められたものだ。ようするに解散理由をあとから無理やりこじつけたのである。一万円の買い物しをしたら1000円の消費税がかかる。当然消費は冷えこむし、景気は回復しない。そしてまた消費税を上げる。悪循環なのだ。「安倍総理の存在自体が国難だ」と、 [続きを読む]
  • 安倍総理は街頭に立てるのか
  • 都議選で、安倍総理が帰れコールに遭ったのは記憶に新しい。それが今度は全国規模で展開されるかもしれないのだ。秋葉原のような大規模な行動はともかく、冷ややかな目にさらされることになろう。冷ややかな目は、国連本部での演説で慣れているか。それにしても、これほどまで権力にしがみつく人は珍しい。改憲をやり、民主主義を徹底的に破壊し、戦前のようになった日本を夢見ているのだろうか。しかし、彼には治癒できない持病が [続きを読む]
  • 北朝鮮の悪徳ぶりを延々と並べ、戦争しましょう各国の皆さん
  • 安倍総理の国連での演説は、北朝鮮の悪徳ぶりを延々と述べ、「だからやっつけてしまいましょう」との結論である。安倍総理の述べる北の悪徳ぶりなんて、各国首脳は百も承知「またやってら、そんなの聞いていられるか」というところだろう。それを知らないのは日本人ぐらい。あの演説は日本国内向けなのである。力づくで解決できるなら、アメリカなんてとおの昔にやっているはずだ。それができないから世界が苦悩しているのではない [続きを読む]