数多久遠 さん プロフィール

  •  
数多久遠さん: 数多久遠のブログ シミュレーション小説と防衛雑感
ハンドル名数多久遠 さん
ブログタイトル数多久遠のブログ シミュレーション小説と防衛雑感
ブログURLhttp://kuon-amata.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文防衛問題と自作のシミュレーション小説について書いてます。
自由文軍事・防衛は、以前は仕事(航空自衛官)でした。
現在は趣味として追っかけてます。

軍事シミュレーション小説も書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/10/11 08:21

数多久遠 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 近くはないが、近づいた北朝鮮攻撃
  • 先日、THE PAGEにて、「ミサイル発射で挑発合戦、アメリカの北朝鮮攻撃は近いのか?」にて、挑発を続ける北朝鮮と米国の戦端が開かれる可能性について書かせて頂きました。論旨は、まだまだ可能性は低いというものでしたが、先週になって、少し先端が近づいたと考えるべきニュースが入ってきました。「マティス国防長官、陸軍将兵に「大統領の軍事的選択に備えよ」「将来は誰も分からない…」」(産経20171010)このニュースで重要 [続きを読む]
  • 新刊『半島へ 陸自山岳連隊』書影、内容紹介公開!
  • いよいよ、新刊の発売が迫り、アマゾンなどで書影と内容紹介がリリースされました。書影は、こんな感じです。ちょっと、おどろおどろしい雰囲気です。それもそのはず、内容が、生物兵器がらみだから。公式紹介文はこちら。崩壊の時、迫る。そのとき政府は? 自衛隊は? 拉致被害者は?圧倒的な情報収集力&冷徹な分析力。元幹部自衛官の著者が放つ、超リアル軍事サスペンス!スクープで日米安保に基づく極秘作戦行動が暴露される中、北 [続きを読む]
  • 文庫版『黎明の笛』見本紙出来ました!
  • あと4日ほどで発売となる文庫版『黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還』の見本紙ができました。本を開いてみて、「あれ?」と思いました。意外に、読みやすい。文庫だと、本が小さくなっているため読みにくいというイメージがあります。ところが、最近の文庫は文字サイズが大きくなって来ているそうです。『黎明・・』の文字サイズは、文庫の中では標準的なサイズらしいですが、それでも単行本とあまり変わらない感じで読めました [続きを読む]
  • 創作通信_その12_次回作第1稿
  • やっと・・・やっととなる次回作のラフ原稿を仕上げました!!!!!!!長かった、辛かった・・・おまけに、ブログも放置しており、申し訳ありませんでした。執筆に手一杯で・・・陸自に焦点をあてた次回作は、順調に行けば4月に発売になりそうです。まだ、タイトルは決まってません。内容も、秘密ですが、対北朝鮮です。ご期待下さい。さて、リリースする情報がなんにもないと、アレですので、執筆中に作成した資料をちょっとだ [続きを読む]
  • 日米同盟の信頼性低下_安保政策の転換は不可避
  • 悪夢としか言いようがない。トランプ氏が勝ってしまった。安保・外交関係者は、実際に大統領となったトランプの出方が読めず、戸惑っているとも報じられています。しかし、現状と比較した場合の方向性としては明らかです。もし仮に、大統領となったトランプ氏が、「日米同盟は重要だ」などと発言したとしても、実際の日本有事に、最高指揮官である大統領が、日本防衛のために米軍を動かす可能性は、他の誰が大統領であった場合より [続きを読む]
  • 中国への抗議、岸田外相の言葉に欠けているモノ
  • 今月初めより、中国は、尖閣周辺に大量の漁船と公船を展開させ、日本側から実効支配を奪取すべく、既成事実の積み上げ努力を続けています。安倍政権の対応は、ボロボロだった民主党政権に比べれば、雲泥の差ですが、それでも中国船の活動状況に大きな変化がない以上、効果があったとは言えません。そこには、欠けているモノがあるからです。岸田外相は、9日になって、やっと大使を呼びつけて抗議しました。その際、呼びつけた大使 [続きを読む]
  • 過去の記事 …