銀チョコ さん プロフィール

  •  
銀チョコさん: 松木幸夫的思考
ハンドル名銀チョコ さん
ブログタイトル松木幸夫的思考
ブログURLhttp://chocoyukio.blog129.fc2.com/
サイト紹介文ギタリスト松木幸夫公式ブログ/北海道のクラシックギタリスト松木幸夫が日々思うことを書き綴る。
自由文公式サイト:
http://matsukiyukio.web.fc2.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供233回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2010/10/11 15:19

銀チョコ さんのブログ記事

  • 藻岩のいい景色
  •   迂闊にも昨日はいい天気だったものだから相変わらず浮き世から逃れるべく藻岩山を目指した。  日曜日の快晴の紅葉のピークの旭山記念公園は格好の観光地に様変りをしていた。  いつもはガラガラの駐車場には交通整理のオジさんが立っていて空きを待つ車が数台停車していた。  げろげろと思ったがもの凄く混む上の駐車場ではなく僕が使うのはバス停横の下の駐車場で1分少々で駐車することが出来た。  登山する人もいつ [続きを読む]
  • 松木幸夫ギターソロコンサート
  •   来月11月25日(日)札幌市南区藻岩下2丁目2-51にある「カフェ&陶芸 atelier POMME」でライヴを行なうことになりました。  入場無料です。  今回はあまり堅苦しい曲ではなく親しみ易いプログラムを組みたいと考えています。  日時:11月25日(日)15:00〜  会場:アトリエPOMME カフェホール  藻岩下2丁目2−51 Tel Fax 300-0204  入場無料 要予約  皆様どうぞよろしくお願いします。. [続きを読む]
  • ついにあれを取った
  •   昨日午後目医者に行ってものもらいのしこりを取ってもらった。  施術の前に眼圧と視力などの検査を受けながら前の病院ではそんなことされなかったなと思い、初めの診察でもう切除の話しが出ていつやるかを決めてくれながら前の医者は長いこと通ったのに様子ばかり見ていたなあなんて思い出して。  相変わらず麻酔の注射は痛かったし切除中にたまに見える照明や動く指が緊張感を煽っていたものの麻酔の切れる10数分で無事に [続きを読む]
  • 松木幸夫ギターリサイタル
  •   皆様ご機嫌いかがでしょう。  きちんとチラシが出来ましたので今年のリサイタルのご案内を申し上げます。  来月11月4日(日)、札幌市西区にあるcafeふらっとで松木幸夫ギターリサイタルを行ないます。  ◎2018年11月4日(日)  松木幸夫ギターリサイタル  14:30開場 15:00開演  会場 Cafeふらっと     札幌市西区西町北20丁目5−6 地下鉄東西線宮の沢駅徒歩1分  チケット 2000円 (飲み物、ワイン、ビ [続きを読む]
  • 病院チェンジ!
  •   思えば数ヶ月前より患った「ものもらい」と云う病。  正式名称は麦粒腫で通称はめっぱ。  しばらく前から通っていた病院ではどうも治る気配がないので別の病院を探していくことにした。  開店前に着けるように早めに出かけるが、既に10数人の方々が目に某かの問題を抱えながら待合室の長椅子に腰掛けていた。  こりゃあ時間かかりそうだなと心の中で溜め息をついていると看護士さんがてきぱきと動いてくれるのであっと [続きを読む]
  • 身体を動かすのはよろしい
  •   ぼーっとベンチに座って風に吹かれて。  周囲の騒がしい音と無縁にただぼーっと座って。  現在マンションでは大掛かりな工事の真っ最中ででかいクレーンが毎日のようにやって来ては物の上げ下ろししていてドリルで屋上に穴を開ける音が不規則に響き渡り、いいタイミングで生徒達がレッスンをお休みしたので、西日が明るく照らす中藻岩山に非難した訳だ。  未明に強い雨が降ったが午前から青空が広がったのであんまり汚れ [続きを読む]
  • 自分を意のままに動かす
  •   楽器を弾いて出来のいい演奏をすると云うことは、楽器から楽器の持つ能力を出来るだけ引き出して、その引きだした力の全部を表現行為に生かすということ。  楽器の演奏は、当たり前だけど演奏者が楽器に何がしかの働きかけをしてそれに対する反応として音が鳴ると云うような筋道で行なわれる。  働きかけが素晴らしければ素晴らしい音が出るだろうし酷ければ鳴る音は汚いものになる。  つまりいい演奏をするために質の良 [続きを読む]
  • 視線の先で
  •   出稽古に行くために車を走らせて信号待ちをしているときにふと何かを感じた。  感じた場所は後から考えるとおでこの辺りかな。  で、そちらの方に目をやるが誰もいない、しかし対向車線を走ってきた黒の乗用車が僕の視線の先で開いた窓から人の頭が見えてその女性とばっちり視線があってしまった。  交差点を通過するときに停車している人や対向車線を走っている車の運転手などを眺めることがあるから彼女はそんな風にこ [続きを読む]
  • 受け入れ態勢整うか
  •   本の中にはいろいろな世界が詰まっているな。  楽譜には音こそ出ないけれど音楽が詰まっている。  どちらも名作があれば駄作もあるのは不完全な人間の手になるものだからなんだよね。  音楽のあり方は聴衆の「もっと楽しませてくれ!!」と云う意見に応えるようにいろいろな趣向を凝らすものがあれば、お客さんからお金を頂いた上に拍手喝采も強請るようなものもある。  たった一人のためだけに書かれた音楽があればもの [続きを読む]
  • 夢でまいった
  •   どうも僕を避けている人がいるように感じることがあって、それでおかしな夢を見た。  街を歩いていたら僕を避けている人が現れたので僕は彼が僕に気づく前に避けてやろうとした。  すると別の僕を避けている人が現れたものだからまた逃げたが、そんな人が幾人も現れたので僕はどこに行って良いやら迷ってしまった。  で、あるコンビニに入って奥まったところに部屋があることを発見したので侵入する。  その部屋にはす [続きを読む]
  • 松木幸夫ギターリサイタル
  •   ノーベル平和賞はあの二人でなくて別のちゃんとした二人に決まって一安心。  と云うところで、今年のリサイタルのご案内を申し上げます。  来月11月4日(日)、札幌市西区にあるcafeふらっとで松木幸夫ギターリサイタルを行ないます。  ◎2018年11月4日(日)  松木幸夫ギターリサイタル  14:30開場 15:00開演  会場 Cafeふらっと     札幌市西区西町北20丁目5−6 地下鉄東西線宮の沢駅徒歩1分  チケッ [続きを読む]
  • 山は不思議
  •   自分の部下である政府高官をどんどん粛正するような、また米国に利益をもたらさないような国には関税をたくさんかけるぞと公に云うような人間がノーベル平和賞の候補になって・・・。  まあ悪さをしてもしっかりと証拠が出るまでは非を認めないと云う人間はもの凄く多くって、そんな人間が世界中にいるものだから自分の立場が悪くなりそうならば相手の弱みに付け込む手段でも使って自分の立場を守ろうとしたりするような下衆 [続きを読む]
  • 頭を鍛える
  •   これはクラシックギターだけのことではないと思うのだが、上手くない人の問題のひとつには音楽のスピード感に付いていけないと云うことだろうと思う。  音楽を聴き流すだけの場合では聞こえても聞こえなくても音楽は勝手に進む訳だが、いざ自分が自分の身体を使って演奏しようと云うときにその音楽の持つスピード感又はテンポ感と自分が出来る音の処理能力との間に大きな隔たりがあるからではないかな、と。  その速さとは [続きを読む]
  • よしんば台風通過中の余震と新作ギター
  •   もう先月になるがあの確か台風21号が翌日に大きな地震がやって来て右往左往したものだったが今日先程台風24号が通過中の北海道でまたグラぐらっと揺れて本当厭な感じ。  まったく同時多発災害だな。  さて昨日は久しぶりに教育文化会館に出向いてとある合唱団の定期演奏会を聴いて、その後来年リサイタルで使うホールに立ち寄って少し歓談しつつ書類をもらった足で道立文学館に行って新作ギターの展示会を見物。  新作の [続きを読む]
  • 電気の威力
  •   電気が生まれて電気を使った楽器その他が生まれて世間は騒々しくなって、メジャーな音楽会は大音響とふんだんに花火その他の派手なものを使いまくってスペクタクル的なイベントに仕立てていった。  停電して分かることは、あのもの凄い音響や光はおそらく台風火山地震などの天変地異以外で起こりえないのではないか。  で、そんな生活に慣れた人間は、停電したときに皆がおそらくラジオにかじりついたのは情報が欲しい以上 [続きを読む]
  • 演奏会雑感
  •   なんとなく僕個人の思い込みで申し訳ないのですが・・。  初めから自作を歌ったり作曲をしっかり勉強している方々は別として、例えばギターその他の器楽を勉強した人がお路地なると称する作品を本番で演奏するのを聴くと・・・なんと云うか微妙な気持ちになることが殆ど。  その気持ちの内容は諸々あった結果「既成の作品で喝采を受ける力がないと感じたものだから自分の力で受けそうな曲を自分で作って演奏したら拍手喝采 [続きを読む]
  • 毎月あること
  •   歌のレッスンのときはレッスンの度にレッスン料を持って行って「お願いします」と言って先生に手渡してから稽古が始まった。  現在我が教室ではワンレッスンの他にいわゆる月謝と云うものを頂いている。  毎回頂く場合は毎回頂くのであまり気にならないのだが月謝の場合はないか以下に一度のペースで頂くので、受け取るときにこの1ヶ月は充実したレッスンが出来たかな〜と不安とともに考えるのだ。  教育は努力してせっ [続きを読む]
  • 見えないと云う新たな発見
  •   確かテレビを見て聞いた話だと思うのだが、ある目の見えない方は自分のいる場所の広さなどをかなり正確に認識できるのだと云う。  未知の場所では確か息を吐く音の反響で部屋などの広さ等を把握できるのだと云う。  薄ら馬鹿な僕としては早速実験をしてみた。  我が家には僅かながら廊下があるのだが、その両側には風呂場だとか洗面所や玄関があるので、所によっては空間の広さが変わる。  そこを目を瞑って歩いたらそ [続きを読む]
  • 秋は気が滅入る
  •   期間限定でレッスンに通って下さる生徒さんからもろもろの事情でレッスンの再会が遅れると云う悲しい連絡が来たので超落ち込む。  別の生徒はお仕事の関係でそちら方面に出掛けて救助活動を行うためにひと月レッスンを休むと云う連絡があったけれど無事に再会してくれるだろうか、そうでなければ気持ちが侘しくなるなあと思うのが昨今の心理状態。  そえうぁそうと来るはずの郵便物が来ないので先方に問い合わせをしてみた [続きを読む]
  • 久しぶりに二人で藻岩山
  •   今の世の中は電気的に拡声したような大きな音で溢れているから指で弾いて音を出すギターの音は如何にも貧弱に思われるし、実際音に溢れている世界ではあまり大きくは聞こえない。  ところがいざ電気が停まってみるといろいろなテレビラジオパソコン等から流れる音、機械を動かすためのモーター音その他の雑音のすべてが消えてみると、ごく当たり前に大きく立派に聞こえるし、第一音のない世界で人々は音に対してとても強い欲 [続きを読む]
  • 木偶の坊ライブは決まる
  •   数日前から提出する書類を出すために郵便局へ日参している。  そこそこの小学生でさえある程度の書類を書き宛先などを書いた封筒に折り畳んで入れて郵便局に持って行き重さを量ってもらい切手代を払うことなど朝飯前のことなのだろうが僕にとってそれは至難の業なのだ。  いつの頃から知らないが僕は一度にたくさん字を書くと精神が崩壊すると云う病に冒されているようなので、文字制限をせざるを得ない訳なので短い文章と [続きを読む]
  • 悩んで解除で喫茶店
  •   プログラムを考えるときに勢いで選んだりすることがあって、いざ本腰を入れて音取りをしようかと思い楽譜を眺めながら音を出してみて、どうにもやる気の起きない曲があって驚いたりする。  ・・・やるか・・外すか・・もう少し考えてみるかな。  また以前ならば分からないと思っていた曲がなんとなく沿革が見えたような気がしたりしてこれはいずれネタおろしが出来そうで多少はいい気になったりしている。  そう云えば藻 [続きを読む]
  • 綺麗にするとメンタルやられる
  •   毎年掃除しているはずの浴槽の外側の蓋を外してみた。  毎年掃除していたのは目に見えるところばかりで蓋を外した内側は毎年先送りにしてきたなあと気づかされたのは、並大抵なホラー映画よりおぞましい光景を目の当たりにしている間中だった。  これはやばいと思い、午前中の時間を使って一気に片を付けようかと考えた。  カビ取り剤と風呂用洗剤を駆使して浴室を泡まみれにして戦うこと正味1時間から2時間。  あの触 [続きを読む]
  • どういう人が自然を荒らすか
  •   最近北海道ばかりでなく全国的に熊などの野生動物による被害が起きているようで島牧村ではついに町に現れた熊を駆除をする事態にまでなってしまった。  話は変わって、テレビなどでキャンプが流行っている的な番組を見るのだが、自然の中で盛大にバーベキューその他の料理を作っているのを見るに付け、これはまるで野生動物に人間が食べる料理の匂いを教え人里にはおいしそうな食料がたっぷりあるからどうぞいらっしゃいとお [続きを読む]