three さん プロフィール

  •  
threeさん: 120%CRAAZY
ハンドル名three さん
ブログタイトル120%CRAAZY
ブログURLhttp://threesnovel.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文少しイカレてるくらいがちょうどいい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/10/13 18:27

three さんのブログ記事

  • パソコンを買い替えました
  • こんばんは、threeです。少し前にパソコンを買い替えました。私がパソコンですることは、ブログ記事や小説・脚本を書いたりネットを見たり音楽を聴いたりする程度です。それならハイスペックでなくてもいいし、とにかく安いものを買おうと思っていました。しかし、あまりにも安いと一年かそこらで壊れてしまう場合もあるという話もあります。「そこそこのスペックで、それなりのお値段のもの」を家電量販店で探していたらすぐに見 [続きを読む]
  • パソコンを買い替えます
  • こんばんは、threeです。題名の通りです(´・ω・`)以前から「カタカタカタカタカタカタ!」と大きな音が鳴っていました。最初のうちは「あーあー聞こえなーい(∩ ゚д゚)ウッキー」と、日光東照宮よろしく、聞かざるになっていました。けれども時が経つにつれてどんどん音が大きくなっていきます。そのうちパソコンに詳しくない私でも「ヤバイ」と感じ始めました。調べてみると冷却用のファンの回転音ではなく、ハード [続きを読む]
  • 本『のうりん』 白鳥士郎
  • 本『のうりん』 白鳥士郎 GA文庫ガイアが俺にもっと耕せと囁いている県立田茂農林高校――通称『のうりん』。そこは、農業に青春をかけた少年少女の集う、人類最後の楽え――。「牛が逃げたぞおおおぉぉぉぉ!!」うるさい! あらすじくらい静かに言わせてよ!! あー、おほん。ぼくの名前は畑耕作(はた・こうさく)。ここ『のうりん』に通う、ちょっぴりアイドルオタクな高校生だ。そんなぼくの通う学校に転校してきたのは、 [続きを読む]
  • 本『盤上のアルファ』 塩田武士
  • 本『盤上のアルファ』 塩田武士 講談社「おまえは嫌われてる」神戸新報県警担当記者・秋葉隼介は、たった一言で文化部に左遷され、将棋担当を命じられる。そんな秋葉の家に、突然転がり込んだのは、やけ酒の席で大喧嘩をした同い年の不遜な男・真田信繁だった。真田信繁、33歳。家なし、職なし、目標・プロ棋士。とてつもなく迷惑な男が背水の陣で巻き起こす、かつてなく熱い感動の物語!!小説現代長編新人賞受賞作。職なし家なし [続きを読む]
  • 本『ブラック・ジャック・キッド』 久保寺健彦
  • 本『ブラック・ジャック・キッド』 久保寺健彦 新潮社俺の夢は、あの国民的裏ヒーロー、ブラック・ジャック。黒いレインコートを羽織り(真夏でも)、床屋では店主も首を傾げるギザギザカットをオーダー。顔にトレードマークの傷をつけようとした時は怒られたけど(しかも失敗)。日々努力を重ねてる。でも母親が出て行っちゃったり、俺の人生けっこう大変──。『ガラスの仮面』を教えてくれた内気な宮内君。眼鏡を外すと超綺麗な泉 [続きを読む]
  • 頭をぶつけるなら木綿か絹ごしか
  • こんばんは、threeです。日本には「○○の日」がいくつも存在します。誰が考えたのか、どうやって決めたのか、私にはよく分かりません。「○○の日」の中に「豆腐の日」というものがあります。日本人には馴染みのある大豆製品ですね。そんな豆腐の日ですが、2つあることをご存知ですか?一つは10月2日です。10(とう)2(ふ)という語呂合わせからですね。もう一つは毎月12日です。こちらも12(とうふ)という語呂合わせからでし [続きを読む]
  • 拙作『かつての神童』について4
  • とても楽しい公演からしばらく経ちました。そんなある日、演劇ユニット+'S(プラスエス)様からメールが届きました。メールを開いて読むとそれは、公演に来てくださったお客様に記入をお願いしていた会場アンケートをまとめたものでした。拙作『かつての神童』に関するご意見・ご感想です。作品を観ていただいただけでなく、ご意見ご感想までいただけるなんて……。本当にありがとうございます。さて、素人の私が書いた [続きを読む]
  • 拙作『かつての神童』について3
  • 役者さんが脚本・演出を担当した演目『寄憶』が終わり、会場は拍手に包まれました。テーマ『オカルト』にピッタリの不思議で不気味なお話でした。会場は照明が落とされて暗くなります。その間に舞台のセットが片づけられます。それから私が書いた脚本『かつての神童』が上演されました。私が考えた登場人物を役者さんが演じ、私が考えた台詞を話し、私が考えた物語が進行していきます。次にどんな台詞を話すか、どんな展開になるか [続きを読む]
  • 拙作『かつての神童』について2
  • 完成した脚本を演劇ユニット+'S様に提出後、しばらくしてからお返事をいただきました。「気に入りました。好きな作品です」(ほぼ原文まま)無事に夏公演の脚本として認めていただきました。脚本の書き方や展開で色々と言われましたが、形にはなっているようでホッとしました。同時に、ありがたいですし、嬉しかったです。自分が書いたものを人に読んでもらえるだけでもありがたいですし嬉しいです。それどころか、作品を褒めても [続きを読む]
  • 拙作『かつての神童』について1
  • 夏真っ盛りの8月ということで『オカルト』がテーマの企画公演でした。しかし、+'S様から「『オカルト』がテーマの作品を書いてくれ」とは頼まれていません。それどころか、書きたいことを自由に書いて良いと言われました。ありがたいことです。その言葉通り、私は自分が書きたいことを好きなように書かせていただきました。拙作『かつての神童』は、最初に題名を決めました。なんとなく、『かつての神童』という題名でお話を書い [続きを読む]
  • とても楽しい公演でした
  • こんばんは、threeです。気がつけば公演告知記事を掲載し、その公演が終わってから時間が経ちすぎていました。多くの方々にお祝い応援コメントを頂いたにも関わらず、すっかりブログ更新をサボってしまい申し訳ありません。2017年8/11(金)〜8/13(日)、演劇ユニット+’S(プラスエス)様の企画公演が無事に開催されました。私も一般の方に混じって観てきましたが、とても楽しい公演でした(・∀・)演劇の舞台を見たことは両 [続きを読む]
  • 【宣伝】演劇脚本を書かせていただきました【告知】
  • こんにちは、threeです。この度、川住河住(カワズミカズミ)という筆名で演劇脚本を書かせていただきました。舞台の日程については、以下の通りとなっております。演劇ユニット+’S企画公演vol.1『円、塩、縁(えん×3)』〜3つの’えん’で皆様と我々を繋ぎます〜 3人芝居2本立て。 今回の内容は『オカルト』となっております。①『寄憶』 作・演出:萩上恭行 ②『かつての神童』 作:川住河住 演出:大久 [続きを読む]
  • 本『風にもまけず粗茶一服』 松村栄子
  • 本『風にもまけず粗茶一服』 松村栄子 ポプラ文庫ピュアフル弓の道、剣の道と交わる茶の道って、何――?弓道、剣道、茶道を伝える坂東巴流の家元Jr.友衛遊馬、19歳。弱小流派を継ぐのを厭って家出中の身ながら、ようやく茶の湯に目覚めた――。かと思いきや、なぜか比叡山の〈天鏡院〉で修行中!?一方、弟行馬を巻き込んだ宗家巴流の跡継騒動。お目付け役カンナの結婚話にも新たな展開が……。めっぽう面白くてじん [続きを読む]
  • 本『ロウきゅーぶ!』 著・蒼山サグ 絵・てぃんくる
  • 本『ロウきゅーぶ!』 著・蒼山サグ 絵・てぃんくる少女はスポコン! コーチはロリコン!?第15回電撃小説大賞受賞作!バスケットボールをするために高校入学後、部長のロリコン疑惑で一年間休部!?部活動ができなくなった主人公・長谷川昴。ただでさえ小学生の話題はタブーなのに……。気づけばなぜか小学校女子バスケ部コーチに就任って!?「ん? ぱんつなら心配ないよ、ほらっ」「やっぱりっ、でか女なんだわ [続きを読む]
  • 拍手コメント返信16
  • >まっちゃん様お返事が遅れてしまい申し訳ございません。ご無沙汰しております。お祝いのお言葉ありがとうございます。書かせていただきましたが、脚本家を名乗るほどの実力も実績も私にはありません。ただの素人です。しかし、小説でも脚本でも、プロを名乗ることができるように精進します。小説を書き始めて十数年、演劇脚本を書き始めて数ヶ月。どちらも大変で難しいと感じます。けれど、物語を書くことは楽しくておもしろいと [続きを読む]
  • 本『トーキョー下町ゴールドクラッシュ! 』 角埜杞真
  • 本『トーキョー下町ゴールドクラッシュ! 』 角埜杞真賠償金100億円――。伝説の女トレーダー・橘立花は罠に嵌められた。身に覚えのない罪を着せられ、勤めていた証券会社からクビを宣告されたのだ。 億単位の金を稼ぐ華々しい活躍から一転。無職となった立花は下町の商店街に偶然辿り着く。そこで出会ったのは、顔だけが取り柄のダメフリーターや頑固な洋食店店主など、お金はなくても人情味溢れる江戸っ子たち。 自らの解雇 [続きを読む]
  • あなたの体重は何kg?
  • こんばんは、threeです。アパートの騒音問題は、ほんの少し良くなった気がします。それでもまだ「ドスン! バタン!」となることがあります。次回アパート更新の際には、引っ越せるようにしたいです。それから会社でこんなトラブルがありました。最近入社した中途社員がセクハラ発言をするというものです。私はその方と部署が違うので二、三度しか話したことはありません。変わっているという印象はありましたが、まさかセクハラ [続きを読む]
  • とても楽しい時間
  • こんばんは、threeです。五月の末、私の書いた脚本が無事に演劇となりました。始まるまでは不安でしたが、始まってしまうとそんなものは一気に吹き飛びますね。私が書いた脚本なので展開や結末を知っているはずなのですが……。役者さんの演技や裏方の音響さんや照明さんの演出のおかげで、初めて見る物語のように感じられました。とても楽しい時間を過ごすことができました(・∀・*)本当に、執筆依頼をしてくだ [続きを読む]
  • 本『雨にも負けず粗茶一服』 松村栄子
  • 本『雨にも負けず粗茶一服』 松村栄子 ポプラ文庫ピュアフル 友衛遊馬、18歳。弓道、剣道、茶道を伝える武家茶道坂東巴流の嫡男である。しかし……。「これからは自分らしく生きることにしたんだ。黒々した髪七三に分けてあんこ喰っててもしょうがないだろ」捨て台詞を残して出奔。向かった先は、大嫌いなはずの茶道の本場、京都だった――。個性豊かな茶人たちにやりこめられつつ成長する主人公を描く、青春エンタ [続きを読む]
  • ブラック企業を脱出したはずなのに…… その後
  • こんばんは、threeです。会社の人事関係の担当者と話をしました。私「私、○○の職で雇われましたよね?」担「はい。そうですよ」私「部署の異動もなく、ずっとこの仕事の予定ですよね?」担「はい」私「上司から営業部に行けと言われているのですが、おかしくないですか?」担「え? 本当ですか?」私「はい」担「営業部の仕事をしているんですか?」私「はい。ずっと前から手伝いという形でやっています」担「えぇ…&hell [続きを読む]
  • ブラック企業を脱出したはずなのに……
  • こんばんは、threeです。ご無沙汰しております。前の記事で書いた隣人の騒音トラブルは、未だに改善されていません。むしろ悪化している気さえします。ドカッ!ガチャッ!ドタン!ガタン!バタン!ガタッ!ほとんど毎日、朝でも夜でも時間を問わず、そんな音が聞こえてきます。床ごしや壁ごしに震動まで伝わってきます。部屋の模様替えか、引っ越しの準備でもしているのかと思うほどの衝撃です。そのまま引っ越してくれたら嬉しい [続きを読む]
  • 騒音トラブル
  • こんばんは、threeです。最近、アパートの隣に引っ越してきた人がうるさいです。ある程度の生活音は仕方ないと思います。しかし、その人が部屋にいる間、数分ごとに大きな音が聞こえてきます。ドカッ!ガチャッ!ドタン!ガタン!バタン!ガタッ!普通に生活しているだけで、どうして数分おきに隣の部屋に響くほど大きな音が出せるのでしょう。アパートの契約更新したばかりですが、今すぐ引っ越したいです(´・ω・` [続きを読む]
  • 『物語』を作ることが好き
  • こんばんは、threeです。どんな嘘をつこうか考えていたら、いつの間にかエイプリルフールが終わっていました。日頃から嘘をついているくせに、この体たらくです……。まあ、そんなことはどうでもいいのです(・∀・)キニシナイ♪最近、演劇の脚本を執筆しました。とある劇団の方から依頼され、二つほど書かせていただきました。一つは5月頃、もう一つは8月〜9月頃に公演される予定です。今から楽しみです♪これま [続きを読む]
  • 意外な組み合わせ
  • こんばんは、threeです。人は疲れている時、自分でもよくわからない行動をとることがあります。ある日、仕事から帰ってきていつものように料理をしようとキッチンに立ちました。フライパンで鶏肉を焼き、サラダを作っていた時のことです。あとは鶏肉に塩コショウをかけ、サラダにドレッシングをかければ完成です。そして塩コショウとドレッシングをかけて、それらを食卓に持ってきて気がつきました。逆だ、これ……と [続きを読む]