ゲストハウス・プリのオーナー さん プロフィール

  •  
ゲストハウス・プリのオーナーさん: Guest House Puli
ハンドル名ゲストハウス・プリのオーナー さん
ブログタイトルGuest House Puli
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kensakuwatabe
サイト紹介文台湾中部 日月潭 近くの町『埔里』でゲストハウスを開きました。日々の生活を紹介してます。
自由文私(台湾在住14年の日本人)は日月潭にほど近い町『埔里』にとても魅力を感じ、バックパッカー向けのゲストハウスを始めました。『埔里』は日月潭や霧社(原住民が多く住んでます)、盧山温泉、へ向かう拠点になる町です。周囲は山に囲まれていて大自然やたくさんの温泉があるとても良い土地です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2010/10/15 17:42

ゲストハウス・プリのオーナー さんのブログ記事

  • 最高の肉質の地鶏
  • 台湾の山地帯ではけっこうお馴染みの『甕窯雞』と呼ばれている料理です。※普通は台湾語の発音で呼ばれている料理なので、普通語読みでは通じない事もしばしばあります。簡単に説明すると、放し飼いで飼われている地鶏を大きな釜の中に吊るして’殻焼き’にしたものです。殻焼きなので、肉の旨味が皮の内部に凝縮します。私は既に軽く50回以上は食べているので正直少し飽きてしまっていますが、初めて食べた時の感動は今でも忘れま [続きを読む]
  • 埔里にある温泉
  • 半露天温泉と言ったところでしょうか。『埔里箱根温泉』と言う名称ですが、日本の箱根温泉とは全く関係ありません。以前、『名前パクッタでしょ?』と経営者に聞いたところ、おもいっきり『そう、パクッタよ』と言われた事をよく覚えています。名前の由来はともかく、泉質がとても良い温泉です。敷地内の屋外エリアにある温泉は男女混浴で水着着用が必要ですが、炭酸泉の泉質は私もけっこう気に入っています。頻繁に源泉を入れてく [続きを読む]
  • 近所でウーロン茶を購入しました。
  • 昨日収穫したばかりの高山ウーロン茶。私が住んでいる南投縣はお茶の産地として有名な場所です。標高が1500メートルぐらいの場所ではたくさんの高山ウーロン茶の農園を見る事ができます。知り合いの茶農さんもいくつかこれら高地に農園を持っていて、現在’春茶’の収穫に忙しそうです。卸しの値段なので、「えっ」と思うぐらい非常に安く購入できますよ。 [続きを読む]
  • 油桐花の季節がそろそろ始まった様です。
  • 私が毎年楽しみにしている’油桐花’です。本日’咲き具合’をチェックしてきました。皆さんが日本の桜を楽しみにしている様な感覚です。台湾ではこの花が春先に全土で咲きます。台北では新竹や三峡付近の山でかなり見る事ができます。私の住んでいる南投縣は山ばかりなので言うまでもありません。この花が咲き出すと、ちょうどホタルの季節が始まった事を意味します(私の感覚では)。つい先日、お客さんに付き合ってもらって【真 [続きを読む]
  • 客家の人が経営するお店で郷土料理を食べました。
  • 【ニンニクとネギがたっぷり乗った魚料理。】私たち家族が大好きなお店です。埔里市内からは日月潭方面へちょっと離れているのですが、車を使えば20分ぐらいで行く事ができるレストランです。店は非常にぼろいのですが、味は確かです。客家の人たちが経営しているらしく、彼らの本格的な郷土料理が楽しめます。【上記写真の魚のネギと唐辛子をどけた様子】この魚の名前は「呉郭魚(ティラピア)」ですが、日本ではほとんど食べる機 [続きを読む]
  • 3/31 散歩
  • 台湾は来週の連休前と言う事で、本日は土曜日なのに皆さん’上班上學(出勤通学)’で、平日扱いです。本日’出勤通学’する替わりに来週は4日から四連休になります。私の宿も連休中は既にけっこう予約が入ってしまっているので、個室は殆ど空きがありません。(ドミトリーは現時点ではまだ大丈夫ですが...)と言う事で予約を希望される方はお早めに。本日は久しぶりに近所(ちょっと山に入りましたが)を散歩して来ました。目的は [続きを読む]
  • 竹鶏を食べに行って来ました。
  • 『竹鶏』と呼ばれている鶏です。私はよく虫の観察をするために山に入るのですが、ほとんど人が来ない様な茂みの場所へ行くと普通にこの『竹鶏』と遭遇します。この『竹鶏』、養殖はしていないそうで、全て山にいる野生のものらしいです。言うまでもなく、肉質は最高! 本当に美味しいです。【私が以前山で偶然に見かけた『竹鶏』】時々原住民の人たちが山で網を振って追い掛け回している光景に出会います。けっこう周囲の風景と一 [続きを読む]
  • 中台禅寺
  • 台湾の四大仏教の一つに数えられている中台禅寺の総本山は埔里にあります。現在精舎(支部寺院)は台湾に80ヶ所ぐらいある様です。私がここ埔里に来たきっかけは、元々こちらへ日本語教師として赴任したからです。以前私が台北に在住していた時は、毎週一回三年間ぐらい台北の中台禅寺の支部でお坊さんたちに日本語を教えていました。 後に総本山の敷地内にある小・中・高一環の私立学校で日本語を教えました。私が教えた学校では [続きを読む]
  • 久しぶりに日月潭へ行って来ました。
  • 埔里市内から18キロほど離れた山の上にある湖です。埔里から日月潭へ向かう道です。131号線。けっこう景色を楽しめます。途中紅茶畑やシイタケ栽培の場所なんかも見れて楽しいです。玄奘寺。日月潭の高台にあります。玄奘寺の敷地内には三蔵法師記念館があり、無料で見学する事ができます。こちらでは、三蔵法師が天竺へ向かった時のルートなんかも地図上で確認することができます。写経コーナーもあります。お時間のある人はどう [続きを読む]
  • 南投縣のウーロン茶
  • 【焙煎処理が終わったばかりの茶葉】埔里はウーロン茶の産地で有名な南投縣の中にあります。埔里でも標高が足りている所(標高1500ぐらいの場所)ではウーロン茶の栽培も行われています。私の近所に住む’茶農さん’たちもお茶農園を何ヶ所か持っていて(私が知っているのは奥萬大、翡峰、埔里の3か所)、今’春茶’の収穫を始めている様です。昨日はお茶に興味のある方が宿泊してくれていたので、何人かでお茶の試飲に行って来ま [続きを読む]
  • 趣味で育てている胡蝶蘭
  • 【ゲストハウス・プリ/1階ロビーの植物】2ヶ月以上も開花した状態を保ってる『胡蝶蘭』です。いつも思うのですが、こんなに長い期間、開花した状態を保ち続けるなんて本当にビックリです。全ての花が落ちたら3階のテラスに移して肥料を与えて放置しておけば、又開花します。又開花したら、繰り返し1階のロビーに移動します。ただ唯一の欠点は、開花する花がだんだん小さくなる事です。解決策をご存知の方、是非アドバイスを! [続きを読む]
  • 後一週間ほどで’春茶’の季節が始まります。
  • 【台湾の地理中心にて/8年前に宿泊してくれたお客さんが遊びに来てくれました!】昨日今年の春茶(紅茶)の発育状況を見てきました。この写真の茶樹は、日本統治時代から使われてる『アッサム種』の茶樹です。友人の業者さんの話だとまだ少し早い様で、あと一週間ほどしたら’茶摘み’を始めるそうです。台湾の茶葉は一つ一つ手摘みをするので、けっこう大変な作業だと思います。後一週間ほどするとあの独特の日傘を被った’茶摘 [続きを読む]
  • ホタル見物のお知らせ
  • 例年行っている時期限定の「ホタル・ツアー」を行います。埔里には何ヶ所かホタルの名所がありますが、私のとっておきの’ホタルの名所’へお連れします。生息環境は上記の写真の場所です。(写真撮影者:宿常連客の’てふ太郎さん’)ただここは夜間全く人工の光(電灯の類)がない場所で、蛇やカエル、ムカデ等の小動物も普通にいるので注意が必要です。現時点ではまだ時期が来ていませんが、私の予想だと今年も4月中旬から5月初 [続きを読む]
  • 2/25
  • 本日は朝から天気が良かったので息子とスクーターで景色の良い所へ行って来ました。行き先は『国姓』と言う場所で埔里市内から1時間以内で行ける場所です。巨大なバッタを見つけました。写真ではわかりにくいのですが、とにかく体長が大きかったです。孵化が近そうなカマキリの卵。蝶もけっこうたくさんの種類が飛んでいました。私のスマホでは撮影が難しくほとんど撮れませんでした。私はいろいろな動植物が見れたので楽しかった [続きを読む]
  • 年、明けました!
  • 今、南投県ではカンヒザクラがいろいろな所で見れます。今年度が始まりました。昨日まで宿の仕事が忙しかったので、ほとんど休む事ができませんでした。本日から少しゆっくりする事ができます。今日のお昼はいつもの虹鱒を食べに行って来ました。山水で育てた虹鱒、本当に美味いです。夕日にはちょっとだけ間に合いませんでしたが、変わった雲を見る事ができました。地母廟からの夜景。この季節、もうほとんどマコモタケの電照栽培 [続きを読む]
  • 本日は農暦で今年最後の日です。
  • 埔里にある『哲学之路』。私も中華圏に住み始めてから気がついた事があります。日本で生まれた人の内、『一月生まれの人の’干支’』半分ぐらいは自分の’干支’間違えて認識していますね。新しい年の’干支’の始まり【農暦の一月一日】は、新暦の1月だったり、二月だったりと毎年決まっていませんから。日本では利便性を考慮してか、新暦の一月一日からなぜか干支が変わります。一月生まれの人が自分は’戌年生まれ’だと思って [続きを読む]
  • 日月潭紅茶
  • 焙煎一回目終了後の紅茶。茶葉の砕けたカスやその他雑物等を取り除いてから二回目の焙煎にかけます。もう一回焙煎にかけて良質の紅茶になるとの事です。【砕けた茶葉や正規の商品にならない低額な茶葉は、五十嵐等のチェーン展開しているお店に出荷されます。】友人の茶農では日本統治時代から使われているアッサム種、元々台湾にあったらしい原種、それと改良種の紅玉の三種類が育てられています。この日も三種類の飲み比べをしま [続きを読む]
  • 2/10
  • パッションフルーツ畑。この所毎日の様に朝から霧が立ち込めています。本日は常連のお客さんとスクーターで朝からパッションフルーツ畑の辺りをうろうろして来ました。すごい霧でしたが、幻想的な景色が楽しめました。本日は宿泊中のお客さんたちも何とかパラグライダーができた様で良かったです。 [続きを読む]
  • 東埔
  • 昨日のブログの続きです。上記写真の場所は東埔の温泉街のすぐ横にある吊橋です。山間にある吊橋なのでけっこう迫力があります。いつでも渡る事ができるので、もしこちらの温泉街を訪れる機会があるなら是非行ってもらいたいです。東埔温泉街。けっこう山に入った場所にあるので、普段はほとんど観光客も訪れません。私がいつも入浴している温泉はこの温泉街から更に3キロぐらい離れた場所になります。(温泉街の少し外れにも源泉 [続きを読む]
  • 日帰りで東埔温泉へ行って来ました。
  • 天気が悪かったので、こんな日は温泉日和です。今ちょうど仲の良い常連客が遊びに来てくれているので、昨日は信義区にある東埔温泉へ車で行って来ました。埔里市内からはおよそ80キロぐらい離れていますが、途中葡萄畑やすさまじい景色を見れるので年に数回は訪れています。途中通過した信義区。とにかく景色がすごいです。この時期、たくさんの花を観賞できます。水着着用が必要なエリア(混浴)は、いつもほとんどお客さんがいな [続きを読む]
  • 朝から霧で飛べませんでした.....
  • 現在日本からパラグライダーをする目的で埔里に来てくれている方たちには少し申し訳なく感じています。本日で二日連続で濃霧のために飛ぶことができませんでした。天気予報によると明日あたりから天気も回復する様な事ですが、とにかく台湾の天気予報は当たらないので半分ぐらいで信じています。幸いにもパラグライダー以外(特に食事面で)でけっこう満足してもらっている事だけが唯一の救いでしょうか。霧が晴れるのを待つお客さ [続きを読む]
  • ブノン族部落 昨日の続きです。
  • 埔里市内から山をいくつか越える場所になりますが、1時間ほどでいける部落です。部落の名前は『法治村』です。人口が600人ほどの小さな部落で、今でも薪(まき)を利用している家庭もたくさんあります。(ここまで埔里市内から、プロパンガスを運ぶのもたいへんでしょうから)この部落の外れには日本統治時代に作られた貯水庫があって、そこの水は日月潭へと注がれています。上記写真の大きなパイプは日月潭へ繋がっています。今 [続きを読む]
  • 本日は原住民部落へ行ってきました。
  • 本日はお客さんを連れてブノン族(原住民)の人たちが住む部落へ行ってきました。場所は埔里から車で1時間以内で行ける武界と言うエリアで、こちらの部落へは山をいくつか超えないと行く事ができません。人口が今でも600人ぐらいしかいない小さな部落ですが、日本統治時代にはこの部落の奥にある’水庫’を建設するために更に先にある日本人村には、たくさんの日本人(主の鹿島建設関連の人たちらしいです)が移住していました。 [続きを読む]
  • 廣興紙寮
  • 埔里にある’和紙’を作っている観光名所です。もうすぐ農暦のお正月なので、年賀状に使う材料を探しに行って来ました。入場して少し進むとたくさんの人が何かを見ていました。和紙製作の実演をしています。 こちらではいろいろな材料(各種繊維類)を使って様々な和紙が造られています。隣接している和紙専門店では、埔里の名産であるマコモタケの繊維から造った和紙(こちらで製造)も購入する事ができます。自分流湯のお土産も [続きを読む]
  • 久しぶりに『CAT FISH』 を食べました。
  • 『CAT FISH』....「ネコ魚」? と、冗談は止めて簡単に言うと『ナマズ』です。日本ではあまり食べる機会がないと思いますが、台湾では夜市などでよく見かける食材です。漢方薬で煮込んだナマズにお酒を入れていただくのが主流です。(川魚なので漢方薬で臭いを消しているのかもしれません。)私の住んでいる埔里にはもちろん夜市では必ずある料理ですが、夜市の屋台ではなくお店を構えている所もあります。写真を撮ってもいいかと [続きを読む]