toraneko さん プロフィール

  •  
toranekoさん: じぇんごたれ遠野徒然草
ハンドル名toraneko さん
ブログタイトルじぇんごたれ遠野徒然草
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/jengo2/
サイト紹介文遠野の今を主に郷土史、民俗から鉄道、温泉まで幅広いジャンルで公開中。岩手遠野発信ブログ
自由文ある時は郷土史家もどき、ある時はカッコだけカメラマン、またある時はグルメハンターを気取ったただの酔っ払いオヤジ・・・です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2010/10/16 19:47

toraneko さんのブログ記事

  • ラストは、さらなる始まり也
  •  卒業(ラスト)の日その前に・・・10月並の気温となったと思えば、真冬日となった一日と、ここ1週間は気候的に激しい変動となりました。土日と僅かではありましたが積雪の朝を迎えましたが、気温は低めで、いよいよ師走、冬らしい気候となってきた遠野でもあります。うっすらと雪化粧冬枯れの境内、色を探せば晴れた空の青と南天の赤くらいか?季節は冬、赤色も失われ白一色の世界も間もなく・・・。桜の季節まで後4ヶ月、今 [続きを読む]
  • 師走に突入
  •  今年も早いもので師走、12月となりました。既に降雪、少ないですが積雪もあった遠野地方ですが、例年よりは雪も遅れがちとなっております。早池峰山はご覧のとおり雪をまとっておりますが、前薬師や六角牛、石上の山々は白くはなっても冠雪は視認できない、もちろん里も日陰には若干雪が残されていますが、積雪ゼロという師走の前半戦となっております。そんな時節柄、2週連続の・・・ご祝儀の宴に出席結婚披露宴の前夜に忘年会 [続きを読む]
  • 家族忘年会2018
  •  11月もあっという間に後半、2018年も間もなく年の瀬というか師走、2週間前までは、まだまだ楽しめる紅葉が綺麗な状態でしたが、流石に霜月も下旬となれば初冬の佇まい、遅れていた初雪も舞い、遠野も長い冬の季節突入というところです。例年は肥料のビニール袋をさらに巻き付けて防寒対策としておりますが、今年は藁のみの仕様・・・(;^ω^)何故?と母親に問うと・・・秋口辺りから水が出ない、きていないというのが正解で、とり [続きを読む]
  • 2018 秋仕舞い
  •  昨年比、1週間程季節が遅れて推移している雰囲気ですが、里の紅葉も終了、季節は晩秋というより初冬の佇まいとなっております。福泉寺落葉で埋め尽くされていた参道でしたが、綺麗に落葉は履き清められいる。少しだけ紅葉が残されている場所も・・・数日前までは銀杏の残りが頑張ってましたが、既に落葉。地域内の社の境内に銀杏が綺麗な場所があるが、色づきが遅めの場所柄、そろそろ良いかな?と気にしていたが、時すで [続きを読む]
  • ラストといいながら今度こそラスト紅葉
  • 遠野での紅葉の名勝地でもある福泉寺、約3週間にわたり今年の紅葉風景をご紹介して参りましたが、今度こそラストになります。全山、9割方が落葉状態それでもピンポイントで愉しめる紅葉も若干残されており、参拝客の目を少しだけ愉しませておりました。赤系のモミジも最後の輝きを放っている。橙色の場所も残り少ないですが、こちらも頑張っております。銀杏はもう少し先かな?と思ってましたが一気に色づきこちら [続きを読む]
  • 紅葉もラスト
  •  遠野 福泉寺の紅葉も最終章、ほとんどラストといっても過言ではない状況ですが、それでもまだまだ見頃な箇所もあり、さらに晴天にも恵まれ、もう少しだけでもお伝えしたい、そんな思いで連日のエントリーとなります。11/4(日)の遠野盆地は雲海の底という状態で午前9時過ぎまで霧の中、霧が取れると青空が大きく広がって来ました。まずは地域の6千歩ウォーキングコースを歩くと、その足でカメラをぶら下げて、いつもの境内散 [続きを読む]
  • 福泉寺の紅葉2018 参
  •  先週ピークを迎えておりました福泉寺の紅葉、1週間後の文化の日でしたが、晴天に恵まれ、しかも紅葉の良い所はなんとか残されており、十分楽しむことができました。多宝塔黄から橙、そして赤へ・・・全体で4割の紅葉が残されております。11/4(日)が良いところの最終的な見頃かな?週半ばには雨降りという予報でもあり、来週末までは、ほとんど持たない雰囲気でもあります。福泉寺は黄色と橙色がいい感じの紅葉 [続きを読む]
  • 若松城、会津若松にて
  •  裏磐梯を訪ねた後は、その足で会津若松へ移動。見学場所は若松城一点のみとしておりました。若松城鶴ヶ城とも呼ばれますが、日本の城館では「若松城」となっているそうですし、文献では古くは黒川城、会津城という記述となっている。一般的には会津若松城でよろしいと思いますが、ここではあえて若松城としたいと思います。会津若松市街地に入ると脳裏には、堀内 孝雄さんの「愛しき日々」が流れっぱなし・・・(^_^;)北出丸の [続きを読む]
  • 福泉寺の紅葉2018 最盛期 
  •  昨年のピークと比べると1週間程遅れていた福泉寺の紅葉は、予想通り10月27日、28日に最盛期を迎えております。全体の8割が色づいて、福泉寺特有の橙色の紅葉が見頃となっております。紅葉撮りの散策は28日の日曜日、お昼近く青空はみえるものの、イマイチ雲も多くて陽の差し方も微妙な状況でもありました。あっという間に最盛期、やはり遠野での紅葉の名所ということもあって、参拝客が途切れることなく訪れておりました。 [続きを読む]
  • 裏磐梯、五色沼コース散策
  •  福島県の裏磐梯高原をこの程、訪ねて参りました。五色沼毘沙門沼なんともいえない色合い、碧さが印象に残る景色で、若い頃から何処へ行ってみたいかと問われると、とりあえず裏磐梯高原、そのうちの五色沼の毘沙門沼と自答する自分がおりました。今回で6度目の訪問、特に一眼デジを持ってからは紅葉の頃の五色沼を撮ってみたいが憧れみたいな存在でもあり、毎年計画はするも、実現に至らなかったとうことが続いておりました。 [続きを読む]
  • ふじのくにとの縁
  •  ふじのくに・・・昔は駿河(駿州)に遠江(遠州)と呼ばれ現在は静岡県東日本大震災において静岡県は岩手県に多大な支援を行い、その活動拠点を遠野へ置いた・・・。まさしく・・・ですね。あの大震災から7年半経過、今なお、岩手県、山田町、大槌町へ職員の派遣を継続し続けている。某日、静岡県知事様御一行が遠野入り、末席ながらその歓迎レセプションに参加いたしました。遠野産ホップ使用のビールが発売の日(前日にはフライ [続きを読む]
  • 福泉寺の紅葉とSL銀河おそらくラスト撮り
  •  何やら市内が賑やかといいますか、拡声器付の車から候補者の名前の連呼、連呼・・・そんな遠野の山々も徐々に色づいてきているようです。遠野 福泉寺の紅葉は、ここ数年はちょうど良い見頃、最盛期となっている10月第3週から4週ですが、夏の猛暑の影響か?はたまた9月に連続して列島に影響を与えた台風の関係か?色付きは遅れ気味という印象でもある。早く色付く個所はご覧のとおりで、まずまずな色付き・・・。全体で2割程 [続きを読む]
  • 緑のめがね橋
  •  2018 グリーンリボンキャンペーンで緑色にライトアップされためがね橋がローカルテレビ局で放映されていたのを拝見、なんでも10/19がラストとのことで、最終日に出かけて参りました。めがね橋遠野市宮守町この日、18時台の釜石行、快速はまゆり号から撮るつもりでしたが、出遅れてしまい、不覚にも19時台の普通列車上下線とも見送り・・・(;^ω^)なんとか20時台を撮ることができました。まずは・・・恋人の聖地としても登録 [続きを読む]
  • 文武両道の日曜日
  •  10月も中旬、いやはや・・・!・・・月日の経つのが早い事・・・(;^ω^)地域の山羊さん・・・「うめぇ〜・・・」えっ!?羊は「めぇ〜・・・」では、山羊は?そんな10月の日曜日、9時前に野田渡り、矢崎5千歩コースをウォーキング。地区内の稲刈りは、未だ30%弱・・・コンバイン主流でこれからが本番という雰囲気。手前の白い線は二ホンジカ除けの電気牧柵というか電気が通っている線ソーラー利用・・・?ここ20年位か?二ホ [続きを読む]
  • SL銀河 実りの秋を往く
  •  まさに実りの秋、最盛期・・・いやっ、終盤に突入ですね。その代表は・・・リンゴですね。特に遠野では林檎ということになりますが、これからが旬となります。さて・・・釜石線運行のSL銀河も今月28日がラストとなってますが、釜石行の往路メインに撮っている身としては、27日は用向きがあって撮り鉄叶わず、然らば20日は?こちらもどうなるかわからずですが、なんとしてでもと思うところです。なので今回はラスト2的な思い [続きを読む]
  • 散策で追憶
  •  台風くずれでの暴風警報が発令され、夕方近くに切り替わった某日、明るいうちにということで先月からコースに入れた妻の神7千歩コースをウォーキング。こちらは翌日の散策コースにて25度近く、仕舞いかけた半袖を着ましたが、それでも汗が・・・爽やかな秋晴れながら、けっこうきつかったなあ・・・。さて・・・妻の神7千歩コースの巻自宅を出て県道を北進、附馬牛方面に向かう。上駒木  妻の神の石碑群駒木バス停傍にあり [続きを読む]
  • 久々のSL銀河撮り 往路秋
  •  お盆過ぎ以来のSL銀河撮り8月下旬から週末の度にイベント等があって撮り鉄が叶わず状態となっていましたが、約1ヶ月半ぶりにSL銀河を撮ることができました。秋も深まり・・・7月下旬頃から咲いている秋桜、10月となってもまだまだ健在、最盛期はとうに過ぎてますが沿線の某所ではもう少し楽しめそうな雰囲気久々の撮り鉄、先週に引き続きの台風の影響を気にしつつ、嵐の前の静けさか?少し風は出てきているものの、ま [続きを読む]
  • 再開、(再会)かな?盛岡にて
  •  10月となりましたが、台風24号来襲ということでの台風一過秋空とはいかず、吹き返しの強風もあっての台風対応・・・解放されての夕方遠野市民のオアシスにて28時間の汗を流すというか癒すというか、少しだけ堪能いたしました。さて・・・今回のエントリーは某週、盛岡で商売をしている同級生の復活を祝して少人数ではありますがお邪魔して来ましたというお話でーとなります。訪ねた先は・・・個人的には1年と4ヶ月ぶりかな [続きを読む]
  • 六神石神社例祭 弐 秋の深まり
  •  多いのか少ないのか?3時間強で1,500ショット撮影で退散、ブログでは先のエントリーで全て例祭を伝えたという思いでもありますが、それなりに撮れた写真もあるし、この際なので当ブログでのお祭り、郷土芸能関連での今年のラストという気持ちで1回だけ引きずりたいと思います・・・謝郷土芸能の奉納や共演会の他に気になるお愉しみ・・・それは大抽選会10度まではいかないまでも結構来ているこのお祭り、当然、抽選券もいただ [続きを読む]
  • 六神石神社例祭2018
  •  先週の遠野まつりに続き、遠野での秋祭りの後半戦を飾るのが青笹町中沢地区の六神石神社の例大祭という位置づけでもあります。遠野の一地域の秋祭りという位置づけながら毎年多くの方々が訪れるローカル色の強いお祭り。郷土芸能も地元青笹の青笹しし踊り、お隣上郷町の板沢しし踊り、霞会、平倉神楽、大工町の太神楽、さらにここ何年と奉納をいただく釜石市箱崎白濱の白濱虎舞、そして昨年よりご出演いただく盛岡さんさの原点 [続きを読む]
  • 遠野南部流鏑馬蔵出し画像
  •  遠野郷八幡宮例大祭、遠野まつりで奉納される遠野南部流鏑馬2004年にデジカメを手にして以来、仕事で撮れなかった年も何度かありましたが、2006年(平成18)からのデータがありましたので、一部ですが公開いたします。2006年初めて本格的な一眼デジ、フォーサーズシステム オリンパスE500を手にし、勇んで遠野郷八幡宮馬場で撮った写真今では撮れない位置(観客席の反対、土手側)に入って撮っていたようです。連射 秒4コマだった [続きを読む]
  • 村所神楽、六神石神社神楽殿に舞う
  •  遠野まつり最終日の夕方(9/16)、青笹町にある六神石神社神楽殿にて、遠野市と友好都市である宮崎県西米良村に伝承される村所神楽が舞われるということで、日中の祭り疲れもなんのその、老体に鞭打って出掛けて参りました。昨年、9月に落成した神楽殿けっこう疲れていたけど、当市と菊池姓つながりでの友好都市、西米良村に伝えられる神楽が観られるということで、昼とほとんど同じカメラ装備で200m?近くある参道を息を切らし [続きを読む]
  • 遠野まつり 弐 遠野郷八幡宮にて
  • 遠野まつり2日目(9/16(日))は場所を遠野郷八幡宮境内にて開催。当初は昼頃から雨模様か?あまり芳しくない予報でしたが、朝から晴れ、陽射しは強くて汗が噴き出るくらいでした。そんな中、某団体から僭越ですが記録係(専属カメラマン)をお願いされていたので、8時頃八幡宮に着くように自宅を出ました。某団体とは遠野南部流鏑馬保存会遠野まつり2日目のメイン的行事のひとつ遠野南部流鏑馬神事を伝承する団体となりますね。馬 [続きを読む]
  • 遠野まつり2018 壱
  • 遠野郷最大のお祭り、遠野まつりが9/15、16日の両日開催されました。遠野の1年で最も賑やかで艶やか、天気にも恵まれ、まさに遠野は祭り一色となりました。トップ写真は、やはり山口さんさ今年は行きあたりばったりで出会った団体を撮ることにしており、山口さんさをはじめから狙っていたわけでもありませんが、目に止まったので、自然にカメラを向け撮ったという感じですね。例年どおり職場関連の御神輿団体に参加、14時過ぎ [続きを読む]