あづみ さん プロフィール

  •  
あづみさん: 安曇野の古民家に暮らす
ハンドル名あづみ さん
ブログタイトル安曇野の古民家に暮らす
ブログURLhttp://azuminokominka.blog136.fc2.com/
サイト紹介文古民家物件の選び方から安曇野の穴場まで四季折々のスローライフ情報をお届けします。道祖神や温泉の話題も
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2010/10/17 18:04

あづみ さんのブログ記事

  • 超強力ケルヒャーで、小径のヌルヌル苔を一発退治!
  •  ちょうど1年前、里の家に地元の造園家さんを招き、草ボーボーだった庭の中央にレンガの小径を造ってもらいました。 アンティークレンガを敷き詰めたブリティッシュガーデン風のアプローチが完成して、ようやく玄関から庭を通って真っ直ぐ母屋に入れるようになりました。 見た目もお洒落で気に入っていたんですが、春が過ぎ、梅雨を経たぐらいから、レンガの表面に苔が繁茂しはじめました。 最初のうちは、いい感じに古びて見 [続きを読む]
  • アルプス連山が北から順に冠雪しはじめています
  •  安曇野から北アルプスの山々を仰ぎ見ると、冬が近づいてくる様子が手に取るようにわかります。 こちらは穂高から眺めた山々。裾野にはまだ紅葉が残っていますが、てっぺんあたりが、うっすらと雪を被ったように見えます。 クルマで安曇野市を北に抜け、池田町の田んぼに立って大町方向を眺めてみました。 写真に向かって右が北、左が南です。 峰々の上のほうは、すでにしっかりと雪に覆われています。 よく見ると右端の山は [続きを読む]
  • 今年最後の保存食作りは、ルバーブのジャムできまり!
  •  実りの秋は、野沢菜を漬けたり、柿を吊したりと我が家もそれなりに忙しく過ごしました。 今年最後の収穫は、意外なことにルバーブでした。 いつもの年ならとっくに刈り取っていますが、秋に入ってもポカポカ陽気が続いたせいか、ルバーブだけが葉っぱを大きく広げて、なお成長を続けていたのです。 さすがに初霜が降りる季節になってきたので、先日、残しておいた1株の茎を刈り取りました。 2センチ角にカットしたルバーブ [続きを読む]
  • 冬なのにポカポカ陽気。浮かれたチワワはお隣の猫さんを訪ねました
  •  やっぱり今年は暖冬なんでしょうか。11月も末だというのに不気味にポカポカ陽気が続いています。 でも、暖かいのは家の外だけ。我が古民家ときたら、一歩、土間に足を踏み入れた途端、とんでもない「氷の世界」なんです。 寒さを嫌って、我が家のチワワは日中、濡れ縁の日だまりでゴロゴロしています。 そんな運動不足のチワワを誘い、お隣まで散歩しました。 日なたを選んで歩くこと10分。 仲良しのお隣ネコ「カメ」が、犬 [続きを読む]
  • モズが高鳴く晩秋は、猟奇の気配がじわじわと…
  •  畑の外れで、モズがしきりに鳴いています。「♪キキキキキキキキ〜キ〜キィ〜キィ〜」 朝から、甲高く引きずるような声音で鳴き続けています。 じつはこれ「モズの高鳴き」といって、越冬を前に「ここは自分の縄張りだ!」と仲間に示威しているんだそうです。 いかにも自己主張してるって感じの、激しいさえずりです。 声を頼りにそっと近づいてカメラを向けると、メスのモズが1羽、こちらをキッと睨み返して飛び去っていき [続きを読む]
  • 我が家の秋もそろそろ終わろうとしています
  •  安曇野に晩秋の気配がひしひしと漂いはじめました。 こちらは3週間ほど前の古民家。紅葉がたけなわでした。 今はもうほとんどの葉が落ちて、冬支度まっしぐらです。 里の景色も、日を追うごとに紅葉の赤、橙、黄から針葉樹の青と茶色のツートーンへ変わりつつあります。 朝晩には薪ストーブに火を入れました。 いよいよ長い冬の始まりです。      ブログランキングに参加しています。 をお願いします。   [続きを読む]
  • ニッチでセコくて超便利!台所の隙間ラックを組み立てました。
  •  台所の冷蔵庫を大型の新しいものに入れ替えたら、横の壁との間に微妙な隙間ができてしまいました。 メジャーで測ると、隙間のサイズは間口43cm、奥行き48cm。スタンド式の掃除機を1台、置けるかどうかという半端なスペースです。 何か有効活用する手はないかな…と思ってネットで隙間ラックの類いを調べてみました。  すると、あるある。やっぱり狭小住宅王国?の日本だけあって、文字どおり“ニッチ”な空間活用グッズが星 [続きを読む]
  • 桑の木があっちにも、こっちにも。困りました。
  •  猛暑が続いていたこの夏、成長が早過ぎるブルーベリーについて、こんなふうに書きました。ブルーベリーの成長が異常に速くて、防鳥ネットの天井部分を突き抜けてなお天高く伸びていこうとしています。 いつもの年なら、先端部分がネットに当たると自然に成長がストップするんですが、今年は日光を燦々と浴び続けているせいか、まだまだ伸びる気配です。 収穫が終わり、紅葉も始まりましたが、ブルーベリー畑の一角ではなお青々 [続きを読む]
  • キウイを早めに収穫して熟成させてみることにしました。
  •  キウイの実は晩秋まで枝に残して、ゆっくり収穫するのがいいと聞いていました。 昨年、そのとおりにしたら、枝にぶら下がったまま“まだら”に熟してしまって、ちっともおいしくなかったんですね。 そこで今年は少し早めに実を摘むことにしました。 大きめに育った実を収穫して、クシャクシャにした新聞紙で包み、ビニール袋に小分けして入れます。 その際、部分的に熟れてしまって食べられそうもない“早熟”な実を1袋に1 [続きを読む]
  • 野焼きのけむり漂う安曇野
  •  風のないよく晴れた日に近所を歩くと、田畑のあちらこちらから、白いけむりがもうもうと立ち上っているのに出くわします。 野焼きです。 田んぼの害虫を殺すための春の畦焼き(あぜやき)とは違って、こちらは主に藁や枯れ葉、剪定した木の枝などを農家が燃やしているようです。 生活ゴミを燃やすのは廃棄物処理法という法律で禁止されていますが、農業者が枯れ枝などを小規模に燃やすのは認められているんですね。 ほのぼの [続きを読む]
  • 干し柿モミモミ。順調に育って?います。
  •  渋柿の皮を剥いて吊し柿にしてから2週間が経ちました。 高いところに吊したおかげで、今のところおサルやタヌキの被害には遭っていません。 ただし、ペチャンコに破裂した柿が2個、地面に落ちていました。よく見ると、ヘタの端に鳥の羽が絡まっています。野鳥に狙われたんですね。油断も隙もありません。 それでも残りの大部分はこのまま熟成の道を無事、たどることができそうです。少し安心しました。 今日は、まだやわら [続きを読む]
  • 渋柿から化けた甘柿は、むしろ甘い?
  •  つぎつぎに赤く色づく柿の実を、週1回のペースでせっせと収穫しています。 我が家の柿はたった1本を除いて、みんな渋柿。 そのまま食べるわけにはいきません。 大部分は干し柿にしますが、じつは渋を抜くと立派に甘柿になるんですよね。 いや、渋柿から化けた甘柿?は、スーパーで売っている完全甘柿よりむしろ甘い印象さえあります。 というわけで、我が家では秋になると生食用に渋柿の渋抜きをします。 渋柿のヘタを付 [続きを読む]
  • 高い高い灯油代の話
  •  我が家では湯沸かしの燃料に灯油を使っています。 本当はガスにしたいところですが、安曇野には都市ガスが整備されていません。 プロパンはバカみたいに割高なので、初めから選択外。 古民家も里の家も、母屋の裏手に大きなタンクを設置して、当座使う灯油をガソリンスタンドから配達してもらっています。 タンクのてっぺんに残量メーターが付いていて、大体4分の1ぐらいまで減ったところで注文するんですね。 前回、満タ [続きを読む]
  • 今年は絶対に盗られないぞ!秋の干し柿バトルの始まりです
  •  古民家と里の家のあちらこちらで、柿が実り始めています。 いずれも樹齢20年以上の渋柿なんですが、私たちが住むまで一度も剪定されなかったらしく、滅多やたらに生え広がって収拾が付かないほど巨木化しています。 そこで手に届く範囲のものを毎週、少しずつ収穫しています。 今日はひとまず干し柿用に大きな実を選んで獲り、皮剥き機とピーラーで1個ずつ皮を剥いていきました。 専用の「柿つるしたんざく」に吊して熱湯消 [続きを読む]
  • 猛暑のせいで、大昔の冷蔵庫が壊れちゃいました
  •  今年の猛暑は、人間ばかりじゃなく家電製品にも相当なダメージを与えたようで、里の家の冷蔵庫がついに息の根を止めてしまいました。 本格的な暑さが到来した7月頃から、何だか冷気が弱くなったな…と思っていたのですが、それから坂を転げるように利きが悪くなり、とうとう冷気が完全にストップしてしまったのです。 引っ越し前から台所に置いてあった大昔の冷蔵庫です。この夏の異様な暑さに参ってしまったのでしょう。 詰 [続きを読む]
  • 里の家にシステムキッチンを導入しました
  •  中古住宅の里の家を買うにあたって、「あれ?」と違和感を覚えたのがキッチンでした。 シンクからコンロ台、食器棚まで、なぜか全部、いかついステンレス製だったんです。 コスパを考えての選択だったんでしょうが、台所の左右に向かい合って並んでいるシンクと調理台・食器棚が、み〜んなステンレス製…それもゴリゴリのプロ仕様というのには、少々、面食らいました。 ラーメン屋さんか、はたまた家族経営の小さなイタ飯屋さ [続きを読む]
  • 大量に採れた栗。焼くのと蒸すのとどっちがおいしい?
  •  里の家から遅れること2週間。古民家の庭の栗も収穫期を迎えました。 猛暑が栗の生長を促すのかどうかはよくわかりませんが、山里の栗も例年になく豊作で、ちょっとやそっとでは食べきれない量の実が一気に採れてしまいました。 大好きな栗ご飯も、繰り返し食べていたら飽きてしまいます。それに下ごしらえのたびに外の皮と渋皮を剥くのも面倒です。 手っ取り早く食用に供する方法はないかな?--と思案するうちに、やっぱり焼 [続きを読む]
  • 庭のクルミの実を収穫しました
  •  畑の外れに大きなクルミの木が2本あります。 毎年、秋になると青い実がポタリ、ポタリと落ちてきます。 去年までは、青いうちに集めた実を畑の隅に掘った穴に埋め、外側の実を腐らせようとしていたのですが、これが案外難しいんです。 というのも我が家のクルミは菓子クルミで、中の殻が薄くて繊細な作りをしています。 うっかりすると実はおろか中までいっぺんに腐ってダメになってしまうんですね。 そこで今年は、地面に [続きを読む]
  • 山ブドウの実を搾って濃厚ジュースができあがり!
  •  今年の春先、まだ寒いうちに里の家の山ブドウを剪定しました。 グチャグチャに伸びていた蔓を切り揃え、蔓の重みで半壊していた支柱を立て直しました。 日当たりと風通しがよくなったのでしょう。その後、すくすくと生長した山ブドウは、かつてないほどたくさんの実を付けました。 驚いたことに去年のざっと3倍もの収穫量でした。あたりまえですが、やっぱり手入れは重要なんですね。 獲った房から実だけ外し、厚めのビニー [続きを読む]
  • 春に買った薪が大量に届いてしまって、大変だ!
  •  休日の朝。トラック1台分の薪が突如、届きました。 半年近く前に注文したきり、すっかり忘れていた…というか、冬までに配達してくれればいいや、と思っているうちにうっかり時が流れてしまったのでした。 ガラガラと何かを巻き取る重たい音がして外に出てみると、おなじみのストーブ屋さんが荷台からふたりがかりで金属製のカーゴを順に吊り上げているところでした。 3台のカーゴには、40センチにカットした薪がそれぞれ堆 [続きを読む]
  • 嵐のあと全部落ちた栗を拾って、栗ご飯に!
  •  夜中に嵐が通り過ぎました。吹きすさぶ風。ゴトン、ゴトンと何かがぶつかるような音が夜通し聞こえていました。 翌朝、庭に出てみたら、大きな栗の木の下に無数の栗のイガが落ちていました。 どうやら昨夜の物音は、吹き飛ばされたイガが窓ガラスに当たる音だったようです。 まだ青いものまで含めて、ほとんど全部落ち切っています。 虫が付く前にと、慌てて拾い集めました。 箱に入っているのが見た目無傷の栗、右側に弾い [続きを読む]