みっちー さん プロフィール

  •  
みっちーさん: Bella Italia
ハンドル名みっちー さん
ブログタイトルBella Italia
ブログURLhttps://ameblo.jp/bellaitalia/
サイト紹介文食、オペラ、美術、歴史、映画、そして人。魅力満載の国、イタリアを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2010/10/20 09:21

みっちー さんのブログ記事

  • 雪の展望台
  • にほんブログ村 一日1 お願いします。 第10回ニューヨーク、ボストンオペラツアー、4/2[月]トップ.オブ.ザ.ロック展望台です。 前日とうって変わり、この日はぐんと気温が下がり、ニューヨークは雪景色となりました。 朝一番の時間帯に予約していたので、皆さんで70Fの展望台に上ると、写真のような景色でした。 晴れだとこのように見えるであろうと、想像力を働かせながらの見学となりましたが、 絶対晴れてほしいと思 [続きを読む]
  • ジャズの聖地でのライヴ
  • にほんブログ村 一日1 お願いします。 第10回ニューヨーク、ボストンオペラツアー、4/1[日]ジャズの聖地"ブルーノート"でのライブです。 写真は夜のムードたっぷりですが、実は日曜のみ"サンデーブランチ.コンサート"があり、午後にコンサートが聴けます。 今回のツアーでは、前日3/31[土]はメトで"トゥーランドット"、翌4/2[月]もMetで"ルイザ.ミラー"とオペラ鑑賞、4/3[火]は本場ブロードウェイで"オペラ座の怪人"もし [続きを読む]
  • 年に一度のパレード
  • にほんブログ村 一日1 お願いします。 第10回ニューヨーク、ボストンオペラツアー、4/1[日]五番街のイースターパレードです。 毎年変動するイースターの日時。今年は4/1[日]でした。 今回初めて企画したアメリカツアー(3/30〜4/7)に、ばっちり日程が合ったので、年に一度のイースターパレードを見学出来るよう、旅程に組み入れました。 この日は前回blogの、自由の女神クルーズに次いで、天気である事を願った日でした。 [続きを読む]
  • シンボルとご対面
  • にほんブログ村 一日1 お願いします。 第10回ニューヨーク、ボストンオペラツアー3/31[土]自由の女神です。 この日はリバティ島に上陸せず、クルーズでアメリカのシンボルとご対面しました。それはなぜか? リバティ島上陸に空港並みのセキュリティ.チェックを受けます。乗船待ちの行列、人が混雑する中上陸観光し、帰りもセキュリティ.チェック。半日以上を費やして、疲労してしまうと、この日は夜に、オペラの殿堂Metで"T [続きを読む]
  • 世界の歌劇場二大殿堂
  • にほんブログ村 一日1 お願いします。 第10回ニューヨーク、ボストンオペラツアー3/31[土]メトロポリタン歌劇場"トゥーランドット"開演前です。 Metは土曜日はマチネーと夜のダブルヘッダーなので、この日は20:30開演でした。有名なシャガールの壁画も私たちを迎えてくれました。 このblogを見て下さっている方は、不思議に思われた方がいらっしゃるかもしれませんが、今まで第9回まで、イタリアオペラツアーを企画.同行し [続きを読む]
  • 名演の予感
  • にほんブログ村 一日1 お願いします。 第9回イタリアオペラツアー、7/1[土]ヴェローナ野外劇場前です。 今日が7/3ですので、去年ヴェローナでオペラを観賞してから、ほぼ一年経ちました。 ヴェローナ野外劇場の開演は21:00〜。少し余裕を持って入ろうと工夫し、イタリアは歴史的地区には大型バスが入れないので、ミニバスをチャーターし、4台に分乗し、現地に到着するようにしました。 そのミニバスで降りた辺りに、、今 [続きを読む]
  • チンクエテッレ散策
  • にほんブログ村 一日1 お願いします。 第8回イタリアオペラツアー、6/24[金]ポルト.ヴェーネレです。 写真は、ショッピングストリートです。小道が雰囲気があり、素敵です。 前日の23[木]がパルマで劇場舞台裏見学、ロンコレ、ブッセート、サンタガタでVerdiの足跡を辿る博物館見学、屋内観光だったので、この日は開放的に、all`aperto(戸外)の観光を組みました。 幸い天候に恵まれ、快晴。5月の下見時は天気が悪く、船が [続きを読む]
  • ヴェネツィアの風物詩
  • にほんブログ村 一日1 お願いします。 第9回イタリアオペラツアー、7/3[月]ヴェネツィアのゴンドラ遊覧です。 この日午前は、ムラーノ島のガラス工房見学後、本島に戻り、ゆったりゴンドラ遊覧を楽しみました。 抜けるように青い空 (Che bella giornata!)おそらくツアー期間中、最も気温の上がった日だと思います。 ゴンドラ内に描かれてある絵も、センスがあります。 この時のツアーは普通に遊覧しましたが、今まで2回ゴ [続きを読む]
  • ヴェローナ郊外のワイナリー
  • にほんブログ村 一日1 お願いします。 第9回イタリアオペラツアー、6/30[金]ヴェローナ郊外のワイナリー、"アグリコーラ.ズィーメ"です。 この日の午前ヴェローナ市内を観光し、ヴェローナゆかりのレストランで昼食の後、ワイナリー見学とテイスティングで、ヴァルポリチェッラにやって来ました。 辺り一帯ぶとう畑ののどかな風景で、ここではVeronaの名物ワイン"Valpolicella"、"Amaroneが生産されています。 "ヴェローナ [続きを読む]
  • ベルガモのおもてなし料理
  • にほんブログ村  一日1 お願いします。第9回イタリアオペラツアー、7/5[水]ベルガモでの昼食です。 ベルガモはミラノから1時間ほどの、素敵な中小都市。この日はミラノからベルガモに足を延ばし、観光後昼食のレストラン、"Trattoria la colombina"を訪れました。 実はこのレストラン、当初手配会社にリクエストしていたレストランがその時期はバカンスで営業しているわからないとの返答があり、それを受けて探し直したお [続きを読む]
  • ヴェローナ野外劇場 "リゴレット"
  • にほんブログ村 一日1 お願いします。 第9回イタリアオペラツアー、7/1[土]ヴェローナ野外劇場"リゴレット"です。 写真は、第1幕のリゴレットとジルダの二重唱。 この時の公演は、ジルダにエレナ.モシュク、公爵にジャンルーカ.テッラノーヴァとキャストが揃い、リゴレットは、Amartuvshin Enkhbat(エンクバット)。 2017年1月のナポリ.サンカルロ劇場"リゴレット"で成功を収めていたので、期待していましたが、それを上 [続きを読む]
  • ヴィチェンツァのヴィッラ.ロトンダ
  • にほんブログ村 一日1 お願いします。 第9回イタリアオペラツアー、7/1[土]ヴィチェンツァ郊外のヴィッラ.ロトンダです。 パッラーディオの1566年の傑作で、正式名はヴィッラ.アルメリコ.カプラ.ヴァルマラーナという長い名前。建物中心部の真上にある屋根が円形rotondaなので、ヴィッラ.ロトンダの通称で親しまれています。 通常は庭からの見学ですが、春〜秋の水曜と土曜の午前だけ、内部見学できるので、日程を合わせ [続きを読む]
  • あの感動を再び
  • にほんブログ村 一日1 お願いします。 第8回イタリアオペラツアー、6/28[火]ミラノ.スカラ座"シモン.ボッカネグラ"のカーテンコールです。 写真は、その公演でフィエスコ役を歌ったベロセルスキーです。 1975年ウクライナ生まれのバス。この歌手を初めて生で聴いたのは、帝王ムーティ率いる2014年ローマ歌劇場引越公演でした。 5/30[金]に"ナブッコ"のザッカーリア、翌31[土]に"シモン.ボッカネグラ"のフィエスコを連日で [続きを読む]
  • ミラノのレストラン"Al Porto"
  • にほんブログ村 一日 お願いします。第8回イタリアオペラツアー、6/28[火]ミラノのレストラン"Al Porto"での昼食です。 写真は、その時頂いたdolce(デザート)です。 私の企画するイタリアオペラツアーでは、各都市で食べるレストランの料理とdolceが重ならないように、事前にチェックします。 この日のdolceは"その日のデザート"としか書いていなかったので、それまで食べたdolceと一緒でないことを願って、お店に入りまし [続きを読む]
  • ヴェルディゆかりのワイン
  • にほんブログ村  一日1 お願いします。 第8回イタリアオペラツアー、6/23[木]ロンコレのレストラン"Vecchio mullino pallavicino"での昼食です。 この時は2種類のワインを出して頂きました。 1つはVerdiが愛飲した有名な、赤の発泡ワインLambrusco。もう一つが、白の発泡ワイン、Malvasia dell`Emilia(エミーリア州のマルヴァージア)です。 Verdi生家前のレストランということもあり、Verdiラベルで、"Terre del Maestro [続きを読む]
  • パルマ.レージョ劇場舞台裏見学④
  • にほんブログ村  一日1 お願いします。 第8回イタリアオペラツアー、6/23[木]パルマ.レージョ劇場舞台裏見学です。写真は、ロイヤルボックス。 舞台が思ったより近くに感じられ、適度な距離で自分の視線で舞台が見える作りになっているのに感心します。 パルマ.レージョ劇場の聴衆はオペラ愛好家、耳の肥えた聴衆が多い劇場として有名で、"オペラ歌手の登竜門"として、この劇場で成功して、ミラノ.スカラ座への道が開かれ [続きを読む]
  • ヴィチェンツァ名物料理
  • にほんブログ村 一日1 お願いします。 第9回イタリアオペラツアー、7/1[土]ヴィチェンツァのレストラン"Il Ceppo"での昼食です。 ヴィチェンツァは、ヴェローナから1時間少しで行ける建築家パッラーディオで有名な街。この日は郊外のヴィッラ.ロトンダ、中心街のオリンピコ劇場を内部見学して、劇場近くの"Il Ceppo"にやって来ました。 "Il Ceppo"は、地元で有名な惣菜屋さん。その地下でランチタイムだけ食事できるので [続きを読む]
  • レナータ.テバルディ博物館③
  • にほんブログ村第8回イタリアオペラツアー、6/23[木]レナータ.テバルディ博物館です。 メトロポリタン歌劇場"ボエーム"のミミで出演した時の衣装、写真は"ファルスタッフ"のアリーチェ役、衣装の後ろの分は、ミラノ.スカラ座の最後のリサイタルの時の写真です。 "天使の歌声"と形容されたテバルディは、ペーザロに生まれ、パルマのアッリーゴ.ボーイト音楽院に学びました。彼女の美声は、学生の頃から知られていて、テバルディの歌 [続きを読む]
  • レナータ.テバルディ博物館②
  • にほんブログ村第8回イタリアオペラツアー、6/23[木]ブッセートのレナータ.テバルディ博物館です。 ヴェルディの足跡を辿るツアーだったので、生地ロンコレから、青年時代を過ごしたブッセートにやって来ました。 2014年に出来たばかりの博物館は新しく、展示ごと各部屋に分かれていて、館内にはテバルディの美しい声が流れていました。 上の写真は、"蝶々夫人の部屋"。テバルディ自身が身に纏った衣装です。 彼女は、舞台で演じた [続きを読む]
  • リッカルド.ムーティ特別展②
  • にほんブログ村 一日1 お願いします。 第8回イタリアオペラツアー、6/28[火]ミラノ.スカラ座博物館の"リッカルド.ムーティ特別展"です。 ムーティの2016年7月28日、75歳の誕生日を記念し、6/6〜10/16行われた特別展。ちょうどツアーの時期に重なったので、博物館の常設展と合わせて、見学でき、ラッキーでした。 タイトルは、"Gli anni della Scala" (スカラ座時代)。ムーティが1986年から2005年まで20年間にわたった音楽 [続きを読む]
  • ミラノ.スカラ座
  • にほんブログ村  一日1 お願いします 第9回イタリアオペラツアー、7/5[水]ミラノ.スカラ座"ラ.ボエーム"開演前です。 スカラ座の開演は、20:00。このシャンデリアの灯が落ちると、指揮者が登場し、オペラが幕開けします。 時間にpuntuale(正確)なのは、時間厳守で知られた当時の音楽監督トスカニーニからの習慣で、それは今でも守られています。 イタリアで唯一puntuale(時間に正確)なのは、スカラ座の開演時間ともいわれ [続きを読む]
  • ヴェローナ野外劇場
  • にほんブログ村第9回イタリアオペラツアー、7/1[土]ヴェローナ野外劇場"リゴレット"の開演前です。 写真は、古代遺跡の階段席です。 少しずつ空も暗くなり、ライトがつき、階段席の方は蝋燭を手に持ち、雰囲気が高まってきます。皆さん野外劇場の開放的な雰囲気を楽しみながら、写真も撮られています。 野外劇場は雨が降ると中止なので、天候が一番大事ですが、海外の歌劇場は、日本に比べ、キャスト変更が多いので、最後まで注意 [続きを読む]
  • ミラノでブッセート気分
  • にほんブログ村 一日1 お願いします。 第9回イタリアオペラツアー、7/4[火]ミラノの"Salsamenteria di Parma"での夕食です。 ヴェルディの故郷ブッセートの"Salsamenteria di Baratta"には、第4回イタリアオペラツアーで立ち寄り、皆さんヴェルディラベルのランブルスコや、パンフォルテを購入され、その雰囲気を楽しまれていました。 一度ツアーで、このようなお店で食事できればと思っていました。 "salsamenteria"は、" [続きを読む]
  • ヴェネツィア.フェニーチェ劇場"夢遊病の女"
  • にほんブログ村 一日1 お願いします。 第9回イタリアオペラツアー、7/2[日]ヴェネツィア.フェニーチェ劇場"夢遊病の女"のカーテンコールです。 世界一美しいといわれるフェニーチェ劇場。二度の火災から不死鳥(Fenice)のように、2004年再び甦りました。 劇場の傾向として現代的な演出が多いのと、主要登場人物3〜5人の歌手がなかなか揃いにくいので、この美しい劇場でいいcastが揃う時に、良席でオペラを観て頂けたらと [続きを読む]
  • ミラノ音楽家のための憩いの家
  • にほんブログ村 一日1 お願いします。 第8回イタリアオペラツアー、6/28[火]ミラノの"Casa di riposo dei musicisti"(音楽家のための憩いの家)です。 Verdiの生涯を辿り、Verdiのオペラ2つを鑑賞するツアーだったので、ツアー最終日に訪れました。 写真は、憩いの家の中にある礼拝堂です。 今日は10/21[土]ですが、ヴェルディは、1813年10月10日、レッジョ.エミーリア州のロンコレという村で生れました。 26のオペラの名作 [続きを読む]