kayo さん プロフィール

  •  
kayoさん: 69ハーモニ
ハンドル名kayo さん
ブログタイトル69ハーモニ
ブログURLhttps://ameblo.jp/saika312/
サイト紹介文・ヒューマンデザインシステムのリーディングを提供しています。ブログは日々の徒然書きつづってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2010/10/20 13:41

kayo さんのブログ記事

  • 「使えもしない香水をお金払って作ってなにになる?」
  • 高松での師匠をお迎えしての勉強会次回は2019年2月10日、11日です。立春明けです。新しい年を気持ちよく過ごしていくためのヒントを香りからつかんでいただける機会になると思います。 詳細のお問い合わせはsaika312@gmail.com * 昨日は予定がすっかりキャンセルになって友だちとゆっくり話す時間が持てました。彼女はわたしが調香師になることをずっと応援してきてくれてわかりにくい感覚の世界にも興味をもってくれる人です。 [続きを読む]
  • 「許したって思ってたんやけどね」
  • つらい想いをされた方は「もう何年も前の話で今はなんとも思ってへんから」とか「今は落ち着いてるから」とかってたいていおっしゃる。 でもね、感覚は落ち着いてるんじゃない。感覚は落ちてるん。鈍感になってるん。 頭ではもう忘れたきになっているだけあたまの隅っこにみえないように置いてるだけで、ちゃんとあるんだよね。 調香でコンサルテーションをするとその隅っこに押しやってる気持ちや感じ方があらわれてくる。 「許 [続きを読む]
  • 子育てトンネルはどこまで続く?
  • 昨日は徳島の南・阿南市へ来年度に開催するワークショップの打ち合わせに。子育てに忙しいお母さんたちに向けての調香ワークショップを開催していきます。 自分の子育てを振り返ってみると、(高1・中2男子の母です^^)子どもたちが小学校を卒業するくらいまでは子育てが永遠に続くものだと感じていました。特に小学校に上がる前くらいまではこどもたち中心に生活が回り続けるものだと長い長いトンネルの中にいるような感覚で [続きを読む]
  • 感じる力を整えて新しい年を迎える。
  • 冬至に向かって「陰」の気がどんどん濃くなるこの時期。気持ちは内向きになり、内側を充足させる時。外に向かって発していく時ではない。それが自然な感覚の動き。 けれど、そとはクリスマスだ忘年会だイルミネーションだ。その合間に仕事、仕事、仕事。感覚が休まる暇もない。 内側の動きと外側の動きが一致しない今の時期がいちばん感覚を乱しやすい時でもある。 だからこそ自分であえて「落ち着き」を意識して静かな時間やすら [続きを読む]
  • きれいなだけじゃないわたしってええね
  • https://ameblo.jp/saika312/entry-12424135418.html前の記事の続き 彼女に届けた香り。 それを香った彼女は懐かしさうれしさ悲しさやるせなさとにかくいろんな感情がどばーっとこみあげてきてただただじっと流れ出てくる感情を眺めているしかできなかった。 特にうらみにくしみ責める気持ち執念…どろどろした女の情念それが自分の根底に流れていることに気付いてしまった。 * しばらくしてから「いろいろ出てきて苦しいけどあ [続きを読む]
  • 蓋をした自分に出会う「香りっていったいなにもの?」
  • 3回目の調香をご依頼くださった方に香水をお届けした。「香りっていったいなにもの?」って到着のメッセージにつぶやきの言葉が添えられていた。 このお客さまは過去につらいことがあって自分の大事な部分を汚さないためにそこに蓋をしてきりりと生きてこられた。「頼りになる姉さん」っていうイメージで。 調香をするととても繊細で、揺らぎやすくて誰かにいつも包まれたくて震えてる。そんななんともせつない香りができあがった [続きを読む]
  • 来年への芽吹きをぐっと後押しする
  • 昨日はおだやかなワークショップでいつもは余裕がなくてとれない写真も撮れました^^今のこの時ならでわの時間の流れ方でした。 * ワークショップのテーマは「落ち着き・くつろぎ」グリーン系の香料を中心に自分がこういう香りだったら落ち着くだろうなぁという香りをイメージして香りを作っていただきました。 「落ち着く」ってごくごくありふれた言葉だけれどそれぞれがイメージする「落ち着き・くつろぎ」が実は違ってるって [続きを読む]
  • 未来への展望を想い描けないことがひとは一番つらい。
  • 調香の師匠のサロン女性喜ぶ空間 * こころのバランスを崩して学校に登校できにくくなっているお子さんがいらっしゃるママさん調香にお越しくださった。 こうなったらどうしよう。ああなったらどうしよう。不安と恐ればかりで、未来へのイメージが真っ暗。当たり前だと思っていた未来が手を尽くしてもはらはらと散っていく。 もちろん香料への反応は悪く感じる力には偏りがある。かたくなさもある。お子さんのことわかってるよう [続きを読む]
  • クリアな世界・グラデーションのある世界
  • 調香師になってからも師匠とのレッスンは続く。探求の旅はいっそう深く、いっそう豊かに。 * 人は分かりやすいことを求めます。気持ちもクリアで爽快であることを求めるし、問題に対しても明快なこたえと早期の解決を求める。 落ち込んだ気持ちをずっと抱えているのはしんどい。香りでぱっと元気になりたいって調香を受けてくださったお客さま。 調香の世界はイメージの世界なのでクリアな世界も濁ったグラデーションのある世界 [続きを読む]
  • 弱音をはくのはみっともない
  • 調香ワークショップ12月5日(水)14時〜徳島市佐古にて開催します。ご都合あう方はどうぞお越し下さい。https://ameblo.jp/saika312/entry-12421917976.html もうすぐ12月。1年も終わり。クリスマスや忘年会と外に出かける機会が多くなる時期ですが、感覚の世界から観ると、冬至までの期間は1年をしずかに振り返り、来年への想いを膨らませていく時期。 なかなか自分でしずかな時間を持つことはないでしょうから、是非、ワークシ [続きを読む]
  • 「こわいお父さんやった?」
  • 「こんにちは」っていう代わりに「ごめんよー」っていうて現れるお客さま。 調香のコンサルテーションで彼女の感覚を見ていくとおとこの人への違和感?恐れ?のようなイメージが出てきたので「こわいお父さんやった?」って聞いてみた。「え、なんでわかるん?ワンマンでな、自分が気に入らんかったら勝手に怒ってくる人やったんよ。夫婦げんかもひどくていっつも部屋の隅っこでそれを聞いてて、険悪な雰囲気をどうにかせないかん [続きを読む]
  • まわりはみんな自分の都合だけ。「もう限界」
  • 誰かが喜ぶ顔を見るのが自分の喜びだからその笑顔がみられるだけで十分だった。見返りなんか求めてなかった。 でも、でも、でもまわりはそれはあたりまえ。しんどくてできなかったら、なんでやってくれへんの?なんて言い出す始末。 あれれ?おかしいぞ。ひとのために動いているのは自分だけ。まわりはみんな自分の都合だけ。そして、その都合でわたしを振り回す。 「もう限界」っていうて調香のご依頼をくださったお客さま。 限 [続きを読む]
  • 「わたしの花」
  • 昨日は京都に調香レッスン。調香師になってからの方がよくレッスンに通ってる(笑)それほど実際に香りを作らせていただくことは学びになり、喜びになる。 * レッスン後にわたし自身の調香を。 いつもは自分がコンサルテーションをする側だけど、昨日はされる側。香りを聞いているうちにこころが柔らかになっていくのが分かります。調香は自身を見直し、整えるポイントをはっきりと感じさせてくれます。 今の調香のテーマは「わ [続きを読む]
  • 明日また穏やかにおひさまが昇ってくる
  • 「よくねむれない」調香のコンサルテーションでそうおっしゃっるお客さま。香りの反応から緊張のために呼吸が乱れがちなことが感じられます。 * こういう時香りの効能から眠りにつきやすい香りを選んで調香しているように思われるかもしれませんが、香りの効能は調香では副次的なもの。(香りの効能からアプローチするのはアロマセラピーの世界だとわたしは理解しています。) 調香はイメージを香りで表現するものなので不眠を [続きを読む]
  • 深く穏やかな呼吸のために。
  • だんだん深まる秋。どこまでも澄んだ空。気持ちのいい空気。ぐいっと深呼吸。ただそれだけでこころとからだが満ち足りる。 呼吸って酸素を身体に取り込むことだけどその時、同時にその場の香りを一緒にとりこんでる。 満足できる深呼吸ができるところというのはその場の香りもいい。 逆によどんでいて、そこの空気を取り込みたくないところつまりへんな匂いのするところでは呼吸も浅くなる。 なので自分の周りにいい香りをさせて [続きを読む]
  • 泥沼でみえるもの
  • 山城・賢見神社空気が澄んでいて光の粒子が細かい * 主人と話してて「恋ってなんやと思う?」って聞かれたから「幻想」ってこたえ「じゃ、愛は?」って聞かれたから「泥沼」ってこたえたら「え、じゃ泥沼なん?!」ってドン引きされてしまった(笑) 泥んこ大歓迎なんやけどなぁ。泥だらけになって大笑いしたり、涙したりってなまなましく生きてる感じが愛そのもののような気がするんやけどなぁ。 そしてわたしはその泥沼を楽し [続きを読む]
  • ワークショップで自分を知り、調香で自分を整える
  • 調香ワークショップ終わってひとりになっての振り返りの時間。参加者の方の香りの残香とともに。 今回の香りのテーマは「優しい男性」 男性の「優しさ」とは?という問いかけに参加者の方からは「深み」という言葉。ならばその「深み」のある優しさを香りとして表現しようと。 香りをつくると自分がその深み実際にはどうとらえているかが香りに表れます。 おひとりの香りの深みは「混沌」「あれが深みか、これが深みか」と、あれ [続きを読む]
  • 重みを重荷と勘違い
  • 新しい名刺ができました。活版印刷で作っていただいたこだわりの名刺。長谷川印刷所→ https://www.facebook.com/Kappan.HASEGAWA/ わたしの調香は伝統的な調香の技法を用いておこなっています。活版印刷にもおなじ気が流れている。 現代の作り手が伝統的な技法を用いること。新しい風、新しい気を伝統的なものの中に吹きこむことで起る科学変化。そういうものを体現できるようにとの想いをこめて。 * 昨日はふるさとの香りを感 [続きを読む]
  • 東北に思う
  • 週末は平泉・中尊寺へ。どれだけ寒いんやろっておそるおそる行ったけど、快晴続きで、四国と同じ服装でOK^^気持ちのいい日差し。 ほんとうの目的は次男が全日本卓球選手権大会に出場。その応援に仙台に。結果は2回戦フルセットの末敗退。あと一歩及ばず。 卓球をはじめて1年半毎日、黙々と練習。強くなるってほんとに地味な努力の積み重ね。それを飽きずに、コツコツできるかどうかなんだと、次男をみていてしみじみと感じま [続きを読む]
  • 呼吸で自分を知る
  • 「ほんとうの自分」、「自分の根っこ」、「自分の本質」ことばは違えど「自分の内側にあるもの」に繋がるためのポイントは五感。 五感は外の世界と自分の内側とをつなぐ感覚器官。自分の内側を知るためのゲート。五感を通じて起こる自分の反応をとらえることで自分の内側を知ることができる。 香りを感じることはそのうちのひとつ。五感をすっとばして自分を知ることはできない。 * 五感に意識を向ける身体に意識を向けるそのた [続きを読む]
  • 香りを作ることは自分の感覚を整えること
  • ほんの少しの分量の違いで香りががらっと変わるので、香料を入れるときはドキドキです^^ * 先日、個人レッスンの記事をUPしたところhttps://ameblo.jp/saika312/entry-12415433626.html お問い合わせをいただいたのでここにも書いておこうと思います。 調香の世界はとてもプライベート。それぞれの精神に深く触れるものなので、みんなに当てはまるような画一化されたテキストはありません。 また、決まったカリキュラムもな [続きを読む]
  • 正義の剣を持つ彼女
  • 調香のコンサルテーションでは香料を1本ずつ香っていただいて好き・キライや、からだの反応や記憶の断片、浮かぶ色や音のイメージなどを言うていってもらいます。その反応からお客さまのこころの使い方やからだの状態をお伝えします。 嗅覚は脳の近くにある感覚器官でダイレクトにつながっているのでからだやこころに起こる反応が今の自分の脳の状態をリアルに示します。 コンサルテーションでお話しすることを「当たっている」と [続きを読む]
  • バランスを取ることがイライラを増幅させる時代
  • 香水は時代の空気とともに求められるものがかわっていく。 人は時代の空気を身にまとうことでその流れに乗れることを無意識で知っている。 8月から大きく時代の流れが変わり始めています。それにあわせて調香の方法も今までとはまったく違うものに変えています。 * 流れの変化は激しく、大きく花開くものとそうでないものとの間がぐっと開いていく。 今までは誰でもその間は軽々と飛び越えられて行き来できたけれど、間の広がり [続きを読む]
  • 自分の華をつみ取る
  • 【お知らせ】11月6日(火)19時からの調香ワークショップ残席1となりました。ご検討中の方はお早めにー^^http://site-1357619-3064-4560.strikingly.com/ 左側にうつってる木はビャクダンの香木。手に取ると、ほんのりと香る。思っているよりも、ほんのりとが天然の香り。 わたしたちの香りのイメージはすでに人口のものをすりこまれている。 * 昨日は調香の個人レッスンでした。 ●調香やワークショップにお越しいただいたお客 [続きを読む]