先見創意の会事務局 さん プロフィール

  •  
先見創意の会事務局さん: 先見創意の会
ハンドル名先見創意の会事務局 さん
ブログタイトル先見創意の会
ブログURLhttp://www.senkensoi.net/
サイト紹介文先見創意の会は、医師・医療関係者の情報交換・相互啓発・意見表明を行う場と機会の提供を目的としています
自由文先見創意の会では、医療・医学を核として、政治・経済・社会・科学等、幅広く情報を発信しております。
各界の有識者が毎週執筆するコラム、海外の最新医学トピックスの紹介、会員からのオピニオン・コラムの3つが主なコンテンツです。
会員も随時募集しております。(入会金・会費無料。ただし、医師以外の入会には幹事会の承認が必要です)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供189回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2010/10/20 15:11

先見創意の会事務局 さんのブログ記事

  • 愚民政策 - コラム
  • ◆寄らしむべし,知らしむべからず 朝,起きて,新聞を広げる。プロ野球の記事が多過ぎやしないか。断っておくが,私は野球少年だったし,今でもプロ野球を楽しんでいる。 テレビをつければ,アイドルとキャラクターが出過ぎやしないか。断っておくが,私はテレビっ子だったし,今でもテレビが好きだ。 それにしたって,民度を低く設定した番組が溢れている。あれは,いったい何なんだろう。あまりに... [続きを読む]
  • 南北問題、日本の曖昧な外交姿勢 - コラム
  • 安倍首相の韓国に向ける視線が変わった。 11年ぶりの南北首脳会談が4月27日行われた。その直前、ムン韓国大統領は、北朝鮮と日朝首脳会談を開きそこで拉致被害者問題について話し合いを持ちたいと伝えるよう、安倍首相から電話で依頼されていた。 当初、半島の非核化と平和条約締結に関する問題が主要な南北首脳会談の中で、そのような日本からの依頼について話し合う時間がとれる... [続きを読む]
  • 労働基準法に基づく人財管理を意識できているか - コラム
  • ◆はじめに 過重労働が叫ばれ続ける医師を筆頭に、医療機関では多様な知識、経験、能力を持った多くの者が働いている。医療の現場で働く者のほとんどは労働基準法の適用を受ける「労働者」だ。医師も例外ではない。しかしそれを軽んじる又は労務管理の知識に乏しい経営者・労務管理責任者等が多く存在するようである(医療の現場においては労働者本人に対する労働者意識の醸成も必要なようであるが)。 ... [続きを読む]
  • 官邸一強の背景にあるもの その2 - コラム
  • ―内閣人事局だけが原因じゃない、財務省の忖度― ◆はじめに 筆者は昨年、国家公務員の側から見た「官邸一強」の背景について書いた。その大略は、①2004年の小泉政権下の三位一体改革で、補助金の配分という、力の源泉の一つを失ったこと、②官邸が官僚の人事に切り込んだこと、とりわけ内閣人事局を創設したことである。 本稿では、このうち... [続きを読む]
  • 人間の魅力 - コラム
  • 近年、人工知能(AI: Artificial Intelligence)やロボットの話題が盛り上がっている。もはや話題が古いと言えるのかもしれないが、囲碁や将棋のトップ棋士が人工知能に敗れたことで、今までにない盛り上がりとなっているようである。 製造業が機械化された時と同じように、人が担っていた仕事が人工知能に奪われるという不安や危機感も漂っている。実際、人工知能にとって代わ... [続きを読む]