お絵かき大好き♪ boko さん プロフィール

  •  
お絵かき大好き♪ bokoさん: 画材屋bokoのお絵かきブログ
ハンドル名お絵かき大好き♪ boko さん
ブログタイトル画材屋bokoのお絵かきブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/bokoblog/
サイト紹介文絵が好きで人間が好きな方に宛てた、心和むブログを目指しています。絵の描き方のアドバイスもしています♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2010/10/22 13:48

お絵かき大好き♪ boko さんのブログ記事

  • あぁ、ワークショップしたかったな
  • 画材屋店長のbokoです。明日から、3日間「アリオ葛西」で私の作品の展示をします。東京カルチャーセンターさんの講座を紹介するための展示だそうです。 私は植物画(ボタニカルアート)と色鉛筆画を出します。色鉛筆画↓↓↓作品はブログで紹介させていただいていますが原画は、訴える力が違うと思いますのでアリオ葛西に行かれた方は、お時間があったら覗いて見てくださいね。イベント音楽あり、日舞あり、チアリーディングあり。 [続きを読む]
  • 急遽、アリオ葛西で
  • 画材屋店長のbokoです。東京カルチャースクールで植物画(ボタニカルアート)の講師をしています。昨日、カルチャーの事務局さんから、電話がかかってきました。江戸川区葛西のショッピングモールでカルチャー講座の作品を、急遽展示することになったので作品をお借りしたいとのことでした。どうぞ、お使いくださいと、返事をいたしました。4点出す予定です。①パンジー: 植物画(ボタニカルアート)水彩②イチゴ: 植物画(ボ [続きを読む]
  • 植物画(ボタニカルアート)でサザンカを描きます
  • 画材屋店長のbokoです。東京カルチャーで植物画(ボタニカルアート)の講師をしています。ちょっと先の話になりますが10月13日(土)の「一日体験レッスン」で、サザンカを描く予定です。 生徒さんがどんなお花を喜んでくださるかしらと、いろんな色使いでサンプルを描いています。 ピンクのサザンカと柄入りのサザンカを描きました。 まずピンクのお花を描いてピンクは可憐でいいなぁ♪なんてながめていたら柄を入れて見たくなり [続きを読む]
  • サザンカとツバキの違いわかりますか
  • 画材屋店長のbokoです。東京カルチャーで植物画(ボタニカルアート)の講師をしています。 ちょっと先の話になりますが10月13日(土)の「一日体験レッスン」で、サザンカを描く予定です。ところで、サザンカとツバキの花ってすごっく似ていますよね〜その違いわかりますか? これはツバキです。↓ ↓ ↓ サザンカとツバキと違うところはツバキは雄しべの付け根がつながっているけどサザンカはつながっていないツバキの葉の方が [続きを読む]
  • 体験レッスンでサザンカを描く予定です
  • 画材屋店長のbokoです。東京カルチャーで植物画(ボタニカルアート)の講師をしています。東京カルチャーさんで、新入生募集のチラシを新聞の折込にして下さると言うので、そのためのお花を考えています。 チラシのお花の体験は10月13日(土)です。 候補の一つはサザンカこのお花を2時間30分で仕上げます。(この画像は赤の花ですが、ピンクに変更するかもです・・・)サザンカの葉の特徴は硬くて厚みがあることレッスンではその特徴 [続きを読む]
  • 色鉛筆でナスを描きました
  • 画材屋店長のbokoです。東京カルチャーで植物画の講師をしています。 植物画の教室ではお花のみずみずしさが表現するために主に透明水彩絵の具を使ってレッスンをしますがレッスン以外ではいろんな画材で絵を描きます。油絵 アクリル パステルなど・・・・・先週は、色鉛筆でナスを描きました。B5サイズ BBケント荒目 ナスの魅力は、ボリューム感、ナス紺と言われる美しく濃い紫、皮の艶などいろいろありますが、へたの下の [続きを読む]
  • 植物画−クレマチスを描きます
  • 画材屋店長のbokoです。東京カルチャーセンターで植物画(ボタニカルアート)の講師をしています。7月のレッスンでは、アジサイを描きました。体験の方もいらっしゃったのですが皆さん2時間30分でみずみずしい色使いでアジサイを描き上げられました。さて8月のレッスンは、クレマチス(鉄仙)の予定です。 クレマチスの花色としてまず思い浮かぶのは紫ですが、紫に加え白い花も同時に描いていただこうかと計画しています。 紫と白 [続きを読む]
  • アジサイを描く時短レシピ
  • 画材屋店長のbokoです。東京カルチャーセンターで植物画(ボタニカルアート)の講師をしています。7月の教室の教材はアジサイ。一日体験の方も参加されるということなのでレシピを少し作りなおしました。 アジサイ彩色時短レシピ見栄えが良いアジサイの植物画が、はじめてでも描けちゃうと言うレシピです。このレシピと花の写真、それと私の描いた絵も見本として生徒さんそれぞれに配ります。 レシピと花の写真はもって帰っていた [続きを読む]
  • ボタニカルアート−アジサイ
  • 画材屋店長のbokoです。東京カルチャーセンターで植物画(ボタニカルアート)の講師をしています。今週末の教室の教材はアジサイなので、レシピを作りました。 印刷の用紙は、コピー用紙ではなく、植物画を描くために最適な用紙TMKポスタ紙です。大きくて見易いようにA4サイズです。本番の前の練習用紙としても使っていただきます。平塗り。ぼかし塗り。グラデェーション。白抜き。細い線での描きこみなどのウォーミングアッ [続きを読む]
  • 孫4歳、お絵描きに夢中です
  • 画材屋店長のbokoです。 先週の土曜日、幼稚園で七夕祭りがあった帰りに、息子が浴衣姿を見せたいと、孫を連れてきてくれました。 ちょうどその時私が水彩道具を広げているところだったので孫が、「スミちゃんも描く〜」と、絵を描きだしました。 筆を持って、絵を描いているところは、なかなかさまになっていますね。 水彩を使うお絵描きは、服を汚したり、水をこぼしたり大変なのでスミちゃんは、お水を使うお絵描きは、「ばぁ [続きを読む]
  • ソラマメのへその緒
  • 画材屋店長のbokoです。東京カルチャーセンターで植物画(ボタニカルアート)の講師をしていますそして、同じカルチャーで、色鉛筆画を習っています。お絵描きなら、教えるのも、習うのも大好きです♪先週はソラマメを描きました。13:00から16:00までの教室なのですがその間に、さやがしぼんできたり ソラマメの豆が乾燥で割れてきたので、あわてました。はじめに写真とっておくべきだった!描く順番を誤まったと、後悔しました! [続きを読む]
  • 植物画-アジサイを時短で描きあげる方法悩み中
  • 画材屋店長のbokoです。東京カルチャーセンターで植物画(ボタニカルアート)の講師をしています今、教室用の教材のためのアジサイを描いています。生徒さんはどんな色がお好きかしら?と、考えながらいろいろな色使いで描きました。 植物画としては、やはり脈は描きこみたいですね〜 脈を花(花のように見えますが正確に言えばがく)の色より濃い色でひくかまたは白でひくかまたはその両方でひくか迷うところです。講座の時間が10 [続きを読む]
  • 植物画−アジサイを描きました
  • 画材屋店長のbokoです。 東京カルチャーセンターで植物画(ボタニカルアート)の講師をしています。 今、いろんな色のアジサイを描いています。 昨日は、紫のアジサイを描きました。左の画像です。 そして右の画像はフォトショップで加工したものです。 このアジサイのように淡い色使いの場合はメリハリをつけるために、花の輪郭線を邪魔にならない色で、ごくごく細くひきますがこれが、日の浅い生徒さんには、なかなか難しいよう [続きを読む]
  • この方が、ビックリですか
  • 画材屋店長のbokoです。東京カルチャセンターで植物画(ボタニカルアート)の講師をしています。 植物画は原寸大で絵を描くことが基本なのですが、昨日記事にした鉛筆画のナスは、気分転換のイタズラガキなので、こんな大きさで描きました。 指先ほどの大きさなので、数分で描けます(*^^)v ひょっとしたらナスが浮いて見えることよりもこんな小さな絵だってことの方が、ビックリですか?(笑) ↑ ↑ ↑昨日の記事ではこの大き [続きを読む]
  • 気分転換にナスを描きました
  • 画材屋店長のbokoです。 東京カルチャーセンターで植物画の講師をしています。 アジサイの花の色はどんな色がいいかしらと、色合いをかえて色々と描いています。 アジサイばっかり描いていて、少し飽きたので気分転換にナスを描きました。鉛筆のイタズラガキです。 トリックアート的に描きました(笑)浮かんでいるように見えるかしら?? [続きを読む]
  • 植物画−透明水彩絵の具で描きます
  • 画材屋店長のbokoです東京カルチャーセンターで植物画(ボタニカルアート)の講師をしています。体験教室の教材によく使用するのがブドウ。この線画に彩色していただきます。 同じ下絵でも色を変えると全く違う種類のブドウに見えるのが面白いですね。上がマスカットで下がピオーネって感じかなブドウの立体感を出すのは筆をぶどうの丸みに沿わせるように動かすことリンゴの場合と同じです。リンゴの記事はコチラそれと光の当たっ [続きを読む]
  • 植物画−ブドウです。ナスではありません。
  • 画材屋店長のbokoです。東京カルチャーセンターで植物画の講師をしています。生徒さん募集中です(笑)生徒さん募集のために体験教室を年に何回かします。そのときは、東京カルチャーさんが新聞に折り込み広告もしてくださいます。 体験教室にどんな絵を描くのかは毎回頭を悩ますとこなのですがこんなことがありました。カルチャーの事務の方からリクエスをいただいた体験教室の画題は「ナス」。私の作品の中で「ナス」の絵が印象 [続きを読む]
  • トイレに何かいる
  • 画材屋店長のbokoです。愛知県に娘 息子 孫(4歳)と出かけました。 泊まった旅館はレトロな旅館で、共同便所です。目の前に愛知県最強の心霊スポットがあった記事はコチラ 孫がトイレに行くと言うので、ついて行ってあげようとしたのですが「スミちゃん大丈夫!」が口癖の孫は、一人でトイレに向かいました。孫には、心霊スポットとのことは気付かせないようにしていたので一人でも怖くなかったんだと、思います。 まもなく、 [続きを読む]
  • 本当にビビりました。
  • 画材屋店長のbokoです。愛知県に行って来ました。息子と娘、孫4歳と一緒です。ベットだと孫が100%ベットから落ちると言うことで布団で寝られるる旅館に泊まりました。名古屋の奥座敷と言われた玉野川渓谷にある『應夢亭』です。レトロ感あふれ、コストパフォーマンスの満足できるお宿でした。全室、玉の川を望めます。お部屋からの写真(^_^) のどかな景色ですね〜と言いたいのですが・・・・・・(*_*; 電車の左側の建物は何? [続きを読む]
  • バラの絵の思い出
  • 画材屋店長のbokoです。今日は、私の植物画のお師匠様、西本眞理子先生のバラの絵を紹介しますね。 ペン画です。ところで、バラの絵と言えばこんな思い出があるんです。私が岡山の画材店に勤務していた時のことです。ある日若い男性のお客様が1枚の絵を額に入れたいとやってこられました。絵を見せていただくとバラの鉛筆画でした。それは、とてもとても丁寧に書かれていました。日頃、絵を見慣れている私も感動する絵でした。私 [続きを読む]
  • 圧巻の鉛筆デッサン
  • 画材屋店長のbokoです。先日の記事で賞までいただいた私の絵が一瞬にして描きなおされた事件(?)を描きました。『あぁ、私の描いた絵が』の記事はコチラからその記事のT先生の鉛筆画をUPしますね。ヨーロッパに旅行された時の作品です。タイルの協会(ポルトガル・ポルト) T先生は、何十回も日展に入選をされている日展作家さんで、日洋会の評議員をなさっています。このT先生の圧巻の鉛筆デッサンをみていただけたら、先 [続きを読む]
  • 金魚の背景色
  • 画材屋店長のbokoです。色鉛筆画の教室に通っています。先日は金魚を描きました。黒の用紙に描きました。黒の用紙に色付けする方法の記事はコチラ 背景は何も手を加えず黒のままで良いと思っているのですが物は試しにと、他の色使いを考えて見ました(*^^)v 実際の作品には、手を加えずフォトショップで背景色を紺色に加工しています。↓ ↓ ↓ やはり黒の背景の方が金魚の色があでやか感じますね〜 いい方を変えれば、紺色の背景 [続きを読む]
  • 色鉛筆で金魚を描きました
  • 画材屋店長のbokoです。 東京カルチャーで、植物画の講師をやっています。毎月、第2土曜日です。 そして同じ東京カルチャーの色鉛筆画では、生徒をやっています色鉛筆の教室は、第1・第3土曜日。 一昨日の土曜日は、金魚を描きました。B5サイズ↓ ↓ ↓ ダイソーで買った、黒のケント紙のような厚紙に描きました。このごろは、百均で100円でないものもありますけど、B4サイズが3枚入っていて、100円でした。 以前 [続きを読む]
  • あぁ、わたしの描いた絵が
  • 画材屋店長のbokoです。前の記事で、日洋会の画家さん近藤清さんのことを書きましたが今日は同じく日洋会で評議員をなさっているT先生のことを書きますね。 T先生の絵の中でも私の大好きな作品です。もう25年ぐらい前になりますが私が岡山の画材店に勤務していたときの話です。職場が画材店と言うことは絵が好きな者にとっては、超〜恵まれた環境です。何しろ画材のみならずアドバイスをいただける絵の先生に囲まれています。 [続きを読む]
  • 日洋展に行きました
  • 画材屋店長のbokoです。前に、国立新美術館で開催(5/30〜9/3)されている「ルーブル美術館展」の会場前に展示されていたとってもアートな『顔出しパネル』のことを記事にしました。実は、このとき新国立美術館に行ったお目当ては「ルーブル美術館展」ではなく「日洋展」の展示だったのです!「日洋展」には知り合いのが画家さんが毎年、出品されているんです。近藤清さんの作品の前に娘を立たせてパチリ 画像では、作品の深い色 [続きを読む]