白木屋漆器店 さん プロフィール

  •  
白木屋漆器店さん: 漆器もある生活
ハンドル名白木屋漆器店 さん
ブログタイトル漆器もある生活
ブログURLhttps://shirokiya.exblog.jp/
サイト紹介文会津の白木屋漆器店です。漆器と店舗の内外をご紹介します。
自由文会津近辺の温泉、山歩きの話題が充実しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2010/10/23 07:46

白木屋漆器店 さんのブログ記事

  • 2018年東山芸妓屋組合忘年会
  • 12月に入りました。 初日から忘年会です。 東山芸妓屋協同組合の忘年会ですから、もちろん喜んで出席です。 千代乃、月乃姐さんに新人さんです。 演目は「もみじの橋」。 三味線は小福姐さん。千代乃、月乃姐さんも、ついこの間まで新年には髪に稲穂をさしていた二人ですが、今やすっかりベテランの貫禄です。 [続きを読む]
  • 柏工会芋煮会2018
  • 10月26日、今年も白木屋の仕事をしていただいている職人さんとの会、柏工会の恒例の芋煮会です。 ひとみ姐さんの踊りが始まると、話を止めて踊りに注目するのがマナーです。料亭生粋のお膳です。 鍋はもちろん芋煮です。 地元ではキノコ山とも呼びます。 [続きを読む]
  • ライオン遂に熊に喰われる 青木山にて
  • 11月12日、今年の山納めで会津若松の里山 青木山(723m)に登ってきました。それにしても熊にかじられた頂上の表示が痛々しい。9年前、2009年のライオン(ズクラブ)の雄姿?です。それが今やライオン(ズクラブ)の姿はどこにもありません。 遂にライオンは、熊に喰い殺されてしまいました。 合掌! それにしても、いかにも晩秋の青木山頂上です。 [続きを読む]
  • 新潟大神宮「殉節之碑」再発見の物語 ロビー展
  • 「写真でたどる 知られざる戊辰史 新潟大神宮「殉節之碑」再発見の物語」展が始まりました。 第四銀行会津支店ロビーにて、11月末までの開催です。「戊辰役東軍慰霊碑」建立と、旧新潟大学本部跡地で発掘された92柱を埋葬した慰霊碑、会津藩士慰霊碑 殉節之碑の2つの再発見と、3つの話が錯綜して、なかなか難しい説明となってしまいました。 そして発見以降、殉節之碑慰霊祭を毎年執り行っていただいている新... [続きを読む]
  • 紅葉の南会津を走る
  • 10月27日、紅葉の南会津のドライブです。 明神ケ岳の麓の大岩観音。 雪崩で押しつぶされたため、現在はトタン葺きのお堂です。大きな岩に抱かれた脇の小さな祠の方が貫禄があるようですが。 とても静かな所ですが、数年前、熊に数人が襲われましたので、ご用心! [続きを読む]
  • 草紅葉の田代山に登る
  • 10月28日、友人とともに田代山(1926m)へ。 頂上は平らな湿原ですが、猿倉登山口(1390m)から約500mを一気に登り詰めます。 昨晩は、湯の花温泉紅葉館に1泊、女将さんの手打ち蕎麦を堪能しました。 気持ちよくて、ついつい酒を呑みすぎてしまって。登山道はしっかりと整備されています。 でも、ひたすら登り続けます。 田代山は4年振りです。 今年初めての山行とはいえ、体力の衰えを痛感。 [続きを読む]
  • 新潟大神宮 殉節之碑慰霊祭
  • 10月20日、新潟大神宮の殉節之碑前にて、会津藩士戊辰殉難者の慰霊祭が執り行われました。 祀裔会(しえいかい)(会長 斎藤良人氏 新潟県立歴史博物館館長・前第四銀行副頭取)主催です。 会津弔霊義会、会津会からも参列しました。 地元新潟市の方々による慰霊祭で、感謝の念で一杯です。新潟大神宮。 殉節之碑は、左手奥にあります。 [続きを読む]
  • 会津若松市勤労青少年ホーム ホーム祭
  • 会津若松市勤労青少年ホームのホーム祭を覗いてきました。 勤労青少年ホームは、会津若松市に働く青少年 (15歳〜35歳)が、健康で楽しい余暇を過ごすための施設です。 一般財団法人会津若松市勤労者福祉サービスセンター(あしすと)が、指定管理者として、会津若松市勤労青少年ホームの管理運営を行っています。昼少し前に覗いたのですが、若人からお年寄りまで賑わっていました。 私も、クラブや講習会参加... [続きを読む]
  • 今年は豊作のようです。
  • 夏の暑さもあり、今年の米作は豊作のようです。 「磐梯山は宝の山よ〜」。 磐梯山が黄金色に包まれています。9月に入っての雨模様で米の収穫は少し遅れたようですが、稲刈りは一気に進んでいます。 黄金色の田んぼを眺めていると、心もなごみます。                    [A記]にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夏の会津鉄道で東京往復
  • やたら暑い夏ですが、会議で東京へ。 時間的余裕もあるので会津鉄道経由です。 七日町駅7時55分、磐梯山をバックに、「AIZUマウントエキスプレス」が入線します。 北千住12時02分、浅草12時15分到着予定です。田んぼの実りを眺めながら、ビールで一息。 のんびりと車窓を眺めながらビールを呑みたくなるのは、会津鉄道の弱点か、強味か? [続きを読む]
  • 殉節之碑を発見!
  • 昭和63年に新潟県護国神社に戊辰役東軍慰霊碑を建立にするにあたり、石材店主に相談したところ、「子供の頃、祖父から新潟大神宮の境内に会津の碑を建てた、と聞いた覚えがある」と、意外な話になりました。新潟大神宮の宮司も知らないと言います。 境内を調べたところ、それらしき碑を発見するも、一面苔むして字は砂に埋まってしまっていて全く読めません。 石材店に頼み、碑をきれいに洗ってもらいます。 [続きを読む]
  • 新潟県護国神社には東軍慰霊碑が既にあった!
  • 戊辰役東軍慰霊碑建立の場所は新潟県護国神社の戊辰霊苑が相応しいと考えられましたが、東軍戦死者は賊軍とされています。 招魂社の流れをくむ新潟県護国神社が受け入れてくれるかが問題でした。 因みに、靖国神社(旧招魂社)には、会津藩士の戊辰役戦死者は祭られていません。神社の禰宜に相談したところ、「東軍の遺骨は既に当神社に眠っている」との意外な回答がありました。 慰霊碑の斜め後ろ、薩摩藩士墓の真後... [続きを読む]
  • 新潟県護国神社戊辰の役東軍慰霊碑
  • 戊辰戦争120年の昭和63年11月、新潟県護国神社に戊辰役東軍慰霊碑が建立されました。  その前年の昭和62年5月、会津若松の郷土史家・宮崎十三八氏(元会津若松市商工観光部長)が「百二十年鎮魂せず〜越後平野に会津藩士の墓なし」という講演をされました。 「越後平野で戦死した会津藩士の墓、慰霊碑も知らない。未だ鎮魂されていないような気がする」と。 毎日新聞に紹介されると反響大きく、新潟商工会議所... [続きを読む]
  • 漆掻き、下草刈り講習会
  • 7月12日、今年も炎天下、「漆掻き、下草刈講習会」が開催されました。 今回から講習会に名称を変更。 先ずは、漆鎌(うるしかま)で足元の下草を刈り払い、足場を固めます。漆掻きの傷をつけやすくするために、漆鎌で樹の皮を削り、表面を滑らかにします。  [続きを読む]
  • 東山温泉芸妓屋組合 納涼まつり2018
  • 熱波の続く会津若松ですが、7月30日、恒例の東山温泉芸妓屋組合主催の「納涼まつり」が鶴ヶ城会館で開催されました。 お濠の脇とはいえ、やはり暑い。 生ビールと冷酒がやたら旨い。 豆若、真衣姐さんの踊りの披露です。月乃、千代乃姐さんの気のあった踊りです。 若い二人もさすがに油がのってきました。 [続きを読む]
  • 諏方神社の例大祭2018
  • 7月27日は、唯一郭内にあった諏方神社の例大祭です。 例年、会津若松はこの例大祭とともに梅雨明けになるのですが、今年はやたらと暑い日々が続いています。 ただ、今日は台風の接近のせいか、風もありホッと一息つける日となりました。今まで余り気が付かなかったのですが、こうして眺めると、なかなか立派な手水舎です。 先ずは手水の作法にのっとて清めます。 [続きを読む]
  • 福島県警新庁舎開所式
  • 7月18日、福島県警の新庁舎落成式が執り行われました。 県庁や市内中心部に分散していた本部の主要部署が、やっと集約されました。 災害時等の危機管理体制がやっと整いました。 それにしても今日は暑い。 外気温37.5℃を記録しています。 テントの陰に座っていても、じわりと汗がにじみでてきます。免振構造の一部7階建てです。 東日本大震災の教訓を生かして、震災時でも階段を上り下りできるように低層... [続きを読む]
  • 行形亭で昼食会 〜会津四交会の旅
  • 新潟県護国神社の東軍墓地をお参りしたあとは、ジェラテリア・ポポロでのジェラートを楽しみます。 私はマスカルポーネとしぼりたて牛乳のダブル、370円です。 新潟と言えば夕日。 「ここのジェラートを食べながら夕日を眺めて海岸を歩くのがお勧めのデートスポットです」とは、引率してくれた若手行員のおはなしです。昼食は、300年の歴史を持つ行形亭(いきなりや)です。 新潟の料亭と言えば鍋茶屋を思いつき... [続きを読む]
  • 新潟県護国神社東軍墓地を訪ねる 〜会津四交会の旅
  • 第四銀行会津支店(本店 新潟市)の取引先会「会津四交会」の旅は、今年は新潟市を尋ねました。 先ず初めに尋ねたのが、新潟県護国神社にある東軍墓地。 ここは戊辰の役殉難者墓で、東軍西軍が一緒に埋葬されています。 とはいえ、西軍死者が県招魂社から当地に移されたのは昭和20年、この東軍慰霊碑が建立されたのは昭和62年です。東軍慰霊碑のすぐ脇に「慰霊碑」のみ書かれた碑が建っています。 [続きを読む]