トトガ さん プロフィール

  •  
トトガさん: トトガ・ノート
ハンドル名トトガ さん
ブログタイトルトトガ・ノート
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/totoga/
サイト紹介文よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供125回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2010/10/23 15:30

トトガ さんのブログ記事

  • 「現代洗脳のカラクリ」読んだ
  • アメリカ社会、MBA、タックスヘイブン、パナマ文書、オリンピック、カジノ、オウム真理教、仮想通貨、ビットコインなどなど、盛り沢山の内容。生ベチの内容を更に深く理解することができた。トランプ政権が始まったばかりの頃に書かれた内容なので、博士もまだトランプさんに少し期待している。そこは少し割り引いて読んだ方が良いと思う。 [続きを読む]
  • 月と太陽の不思議(中高)
  • みくに出版「栄冠2018年度受検用公立中高一貫校適性検査問題集全国版」の問題を解いている。今回は、栃木県共通の問題。太陽と月に関する問題。日食とか月食の問題は高校入試でも中高一貫校でもよく出題されている。月は太陰とも呼ばれ、昔から太陽とセットで考えられてきた。だから、太陽と月が同じ大きさ(見かけの大きさ)であることはむしろ当たり前。しかし、実際の大きさを知ってビックリする。全然違う大きさなのに、ほぼ同 [続きを読む]
  • マイネオでんわ(格安スマホ06)
  • 10月から、マイネオでんわが「5分かけ放題」から「10分かけ放題」になった(月額850円)。同時に30秒20円が30秒10円になるプラン(こちらは登録無料)も登場。まだ、大手キャリアの5分かけ放題(月額1700円)に入っているので、後者の登録無料のマイネオでんわだけ申し込んだ。仕事では大手の方の電話番号を使っているから、しばらくマイネオでんわは使わないとは思うが。いずれMNPするつもりだけれど、マイネオでんわを使う場合 [続きを読む]
  • 江戸時代の時刻(中高)
  • みくに出版「栄冠2018年度受検用公立中高一貫校適性検査問題集全国版」の問題を解いている。今回は、横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校の問題。江戸時代の時刻に関する問題。江戸時代、一刻(いっとき)の長さは日々変化したのである。不定時法というらしいが、昼は日の出から日の入りまでの時間を6等分して一刻としていた。夜も同じ。夏至の昼の一刻と冬至の昼の一刻の長さが何分違うかを求める問題。時間の [続きを読む]
  • 11月の価格
  • 触察Plainプラン33分2000円触察Mediumプラン53分3000円触察Premiumプラン73分4000円詳細は以下のとおりです。触察料:・33分で 1655円 (前月比+3円)出張費:・人数に関わらず:345円 (前月比-3円)追加項目:・鍼50円(1本)、灸50円(1壮)端数処理:・百円未満は切り捨てとします※今回反映します消費者物価指数(生鮮食品を除く)100.3は8月のものです。※当院の価格に対する考え方はこちら。・10 [続きを読む]
  • 「音楽と洗脳」読んだ
  • 小学生の頃から音楽は苦手なのだが、興味は持っていた。おそらく、この本に40年前くらいに出会っていたら、ミュージシャンを目指したかもしれない。音楽が苦手だったのは、ピアノが音痴だったからのだ!(笑)特殊音源の作り方については生ベチ#100で軽く触れているが、本書では更に詳しい。もちろん、これを読んだからといって、自分で作れるようにはならないが。生ベチ#86で紹介されている、独自の単位「カイザー」の創始者貝崎 [続きを読む]
  • 必殺!mineoスイッチ(格安スマホ05)
  • わたしが格安スマホへの乗り換えを検討し始めたきっかけは長女のパケット激増であるが、これはきっかけに過ぎない。「どんなに面倒でも、どんなにデメリットがあろうとも、ひるまないぞ!」という気持ちにさせたのは、某大手キャリアのパケット繰り越しがほぼ有名無実だということへの怒りである。※大手キャリアは3社ともそうらしい。でも、本当にマイネオは大丈夫なんだろうか。それを確認するには、月が変わるのを待つしかない [続きを読む]
  • 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」見た
  • 「山田くんを見たい!」という次女のたっての希望で、半ば渋々見に行った。しかし、いざ始まってみると、途中から私は号泣。最後まで涙が止まらなかった。そんな私の隣で次女は大あくび。「だって、山田くん出てないもん。」一昔前までは、時空を行ったり来たりする話は「ドラえもん」くらいなものだったが、最近はとても多い。「君の名は」なんか、何がどうなってんのか途中から分からなくなった。それから、手紙屋みたいな話も多 [続きを読む]
  • 痛みに向き合う
  • 助産師をされているクライアントから話を聞いた。彼女自身は一年ほど前に出産を経験している。それまで何回も出産を見て来て、自分の番を楽しみにしていたという。ある人は絶叫し、それまで穏やかだった人も全く違う人間になってしまう…それほど強い痛みとはどんなものなのだろう?と。しかし、いざ経験してみると、それほどでなかった。もちろんそれまで経験したことない痛みではあったが、想像していたよりもずっと楽だった。彼 [続きを読む]
  • 「魔女の鉄槌」読んだ
  • 特に面白かったのは3点。①キリスト教史(中世ヨーロッパの話)②ディベートのクレームしかないツイッターのつぶやきはアファメーションのようなもので、刷り込み効果は絶大であること③原子力に関する情報操作。文章の抽象度が高いからだろう。卑近なことにも大きな示唆が富んでいる。暗いことしか書いていないのだが、励みになった。自分の状況はまだマシだと思えるから。がんばろう。 [続きを読む]
  • 腸内細菌〜私たちの体は食べた物で作られるのか?
  • LS1という乳酸菌を口の中に飼い始めた話を書いた。こんな書き方をすると奇妙に聞こえるが、例えば毎日ヨーグルトを食べているとしたら、自分の腸にその乳酸菌を飼い始めるのと同じだ。乳酸菌はペットみたいなものだ。腸内フローラという言葉で腸内細菌が注目され、60兆個と言われる「自分」の細胞よりも腸内細菌(100兆とも言われる)の方が多いことを知り、私も驚いた。下痢をしたりして腸内細菌を排除することができるから、主導 [続きを読む]
  • 乳酸菌と電動歯ブラシで、歯垢ほぼゼロ
  • 一か月ほど前から、LS1、始めた。2回くらい舐めて、違いはすぐに分かった。歯垢が減った。歯磨き直後のまま、ほとんど歯垢は増加しない。なので、朝起きた時の口の中も爽やか。定期コース2カ月目に入って、電動歯ブラシが付いてきた。マルマン DH119 という機種で、ネットで調べたら千円ちょっとで買える代物。こんなに安いのがあるとは思わなかったが、知っていたとしても「安かろう悪かろう」で買わなかったと思う。試すには良い [続きを読む]
  • 膝関節痛2〜正座ができなくなった(カルテ物語)
  • 「正座が、またできなくなってきたんです。」このクライアントは、一か月に1回のペースで体のメンテナンスをしている。もう何年ものおつきあい。早速手元のタブレットで、カルテを遡ってみた。関係ある部分だけ抜粋すると…2017/4/26:正座はできるが、座りはじめると左膝に違和感。歩いていては何ともない。2017/5/24:正座できない。左膝が痛いので踵がお尻にくっつく所までは曲げられない。しかし、施術直後から痛みが解消し、 [続きを読む]
  • QRコード(中高)
  • みくに出版「栄冠2018年度受検用公立中高一貫校適性検査問題集全国版」の問題を解いている。今回は、千葉県共通(千葉県立千葉中学校・千葉県立東葛飾中学校)の問題。QRコードが目を引いた。簡単化はしてあるが、最終的にはマス目を染めて手描きのQRコードを作成するのだからスゴイ。問題文の中で、数字やひらがなを「0」と「1」のデジタル情報にコード化する規則を説明し、例題を示し、結構本格的なQRコードを描かせる。この複雑 [続きを読む]
  • 格安?プレミアム?(格安スマホ04)
  • 数日前から使い始めた格安スマホ。パケットの使用量を見て、ビックリした。詳しい。しかも分かりやすい。今回新規で入ったのでもらったギフトの分とか、まだ発生してないけど前月からの繰り越しとか、円グラフで表示。毎日何バイト使ったかも閲覧可能。今使ってる大手キャリアではできないはず。高い方でできないってどういうこと?今日、この画面を見て初めて気づいたのは、パケットを使い切った後に低速になるが、その速度が200k [続きを読む]
  • 「三度目の殺人」見た
  • 「関ヶ原」を見たばかりだが、また映画見てしまった。無料招待券、残ってたし。妻は6月から見たがってた「昼顔」、私はまたまた役所広司の「三度目の殺人」。物騒な組み合わせ。しかも夫婦別々に視聴。私の方の感想を言えば、同じ時期に見た映画って、テーマが同じように感じてしまうのはどうしてなんだろう…ということ。どちらも、人間の嫌〜な部分が描かれていて、とにかく理不尽。法廷ですら真実が語られることはなく、正義な [続きを読む]
  • 「関ヶ原」見た
  • 「関ヶ原」…構想25年って、凄い。長過ぎる。実働は何年なのか…。ともかく、見てきた。原作は司馬遼太郎。読んでないけど、この人の文章はインテリっぽくて好き。映像化するのも良いけど、ただ朗読してもらっても十分楽しめそう。映画も楽しめましたよ。内容盛沢山で、ハイペースだった。駒姫の悲劇、北政所と淀殿と家康の距離感、細川ガラシャの死の影響、小早川秀秋の逡巡、黒田長政の活躍、三成と島左近・直江兼続・大谷刑部、 [続きを読む]
  • 設定は簡単(格安スマホ03)
  • simカード待ちで電話に電源を入れないまま放置して待つこと3日ほど。やっと、届いた。同梱の「ご利用ガイド」では、ネットワーク設定(p13)でアクセスポイントを「新しいAPN」として追加しなければいけないように書いてあるが、なぜか既に入っていた。ZTE(電話機のメーカー)が気が利いていたのか、mineoがsimカードに仕掛けをしておいてくれたのかは分からない。設定が簡単すぎて、本当にこれだけでいいのか電話で問い合わせた [続きを読む]
  • 「組織が結果を出す 非常識でシンプルなしくみ」読破
  • 苫米地先生の「コーポレートコーチング」を物語にした本と言っていいのだろうか。「コーポレートコーチング」をまだ拝読してないので何とも言えないが。物語形式なので具体的でとても分かりやすい本である。この分かりやすさは、同じものでも苫米地先生とは違う角度から説明されているという点からも来ているのかもしれない。もちろん、先生の説明が分かりにくいということではなく、説明のバリエーションが増えるということである [続きを読む]
  • 電話機だけ届いた(格安スマホ02)
  • 格安スマホMに乗り換えるに辺り、試しにちょっと使ってみようとエントリーパッケージを発注。取りあえずは、テザリングが使えればよい。Mで販売している機種の一番安いのはZenfone Live(18000円=750円×24回)。スペック的には最小限で良い感じ。ASUSなら前にタブレット買ってるし。これに内心決めていたのだが、翌朝、前に買ったことがある通販サイトからメールが来て、ほぼ同じスペックの「ZTE Blade_V7_Lite/SV [シルバー]」が [続きを読む]
  • 今年の夏は暑かった?
  • 地球温暖化は間違いないのだろうけど、我が家周辺に限って言えば、今年は夏が来なかった。7月は暑い日があった。でも、寝苦しい夜なんて2日もあっただろうか?そして、そんな夜であっても明方は涼しくて目が覚めるくらいだった。8月になってからは、寝苦しい夜なんて一日も無かった。「残暑は厳しいのかもしれないね…」とか言い合ってたんだけど、そんな残暑も来ないまま、もう彼岸を迎えようとしている。「今年は夏が来なかった [続きを読む]
  • Mへ乗り換え(格安スマホ01)
  • 送られてきた。これは?これに申し込めというのか?一体何者がこれを?と、密林から荷物が届いた時には、思うようにしている。きっかけは、妻から問い詰められた時だろうか?「何、こんなデッカイもの買ってんの⁉」「いや、全然心当たりが無い…こんなデッカイもの。」と、正直に答えてから荷物を開けてみると、デッカイ箱の中に小さなプリンタのインクが入っていた…。それ以来このドキドキ感がたまらなくて、全然心当たりのない [続きを読む]
  • 次女と考える…「障害」とは?
  • 最近の次女のお気に入りの3冊。「パパ!神様はね、その人が背負えるくらいの重さの荷物しか与えないんだって!だから、大変なことになっても、頑張れば絶対大丈夫なんだよ!」あんた、仏教徒だろ!俺を励ましてるのか?俺が大変なの知ってんのか?それ結構昔から言い古されてる…とか、いろいろツッコミどころはあったんだけど…「良いこと言うね!」と取りあえず褒めておいた。「感動したんだよ。この本に書いてあったの。ん?こ [続きを読む]
  • 運動会の涙
  • 9日、次女の小学校最後の運動会が終わった。一年前は、長女の小学校最後の運動会。それまでの5回の運動会で、長女はずっと負け組に属していた。運動会が近づくと「また、きっと負けるよ…」と長女は浮かない顔をしていた。何とか元気づけなければ…。「ずっと、負けるっていうのも凄いんじゃないか?確率を計算すると、1/2を6回掛けるから1/64。つまり64人に一人の貴重な存在になるんだよ!学年に一人(長女の学年は百人までい [続きを読む]