トトガ さん プロフィール

  •  
トトガさん: トトガ・ノート
ハンドル名トトガ さん
ブログタイトルトトガ・ノート
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/totoga/
サイト紹介文よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2010/10/23 15:30

トトガ さんのブログ記事

  • (娘の)朋有り遠方より来たる(親も)亦た楽しからずや
  • 8月10日〜11日は「ひがしね祭り」。横浜に行った長女が「今年はひがしね祭りを2日間堪能するぞ!」と数カ月前から宣言していた。「アンタ、そんなにひがしね祭りが好きだったの?(だったら何で横浜に行きあがったの?)」と思っていた。そこまではまあ良いのだが、それを聞いた娘の友人が「そんなスゴイお祭りなら見てみたい」ということになり、遠路はるばる単身で来てくれることになった。仙台七夕でもなく、山形花笠でもなく [続きを読む]
  • ダンのお店「ジョリーシャポー」に行ってきた
  • 《↑↑↑ して写真(4枚)見てください↑↑↑》7月12日に長女の学校(公文国際学園)の保護者面談に行ってきた。そのついでに、せっかく神奈川に行くのだから、藤沢のダンのお店(ジョリーシャポー)に行ってみることにした。予めサイトで調べたら、「電話をかけて確認したのにダンに会えなかった!」という書き込みもあったので、本人に会えるとは思っていなかった。それが余りに好運すぎて想定外の出会いとなってしまい [続きを読む]
  • 「羊と鋼の森」観た
  • 《↑↑↑ して写真見てください↑↑↑》何となく気になっていたので終わらないうちに行っとこう、くらいの気持ちで見に行った。そういう時は当たりが多い。・スポンサーの力まず、シンプルにおかしかったのは、山崎賢人さんがダイハツのキャストを運転していたこと。「山崎さんを起用するんで、ご協力お願いします!」みたいな感じでスポンサーを集めるのかな…とか想像しながら見ていた。上白石萌音さんがピアノを弾いてい [続きを読む]
  • サクランボ佐藤錦にまつわるイイ話
  • 《↑↑↑ して写真見てください↑↑↑》今年もサクランボの季節がやってきた。親戚から頂いたサクランボを食べていたら、父が昔話を始めた。珍しくイイ話だった。それは、サクランボ最高級品種「佐藤錦」を開発した佐藤栄助さん(JR「さくらんぼ東根駅」前に立ってます!)の話だった。・佐藤栄助さんは良い人だった時は大正末期。関東大震災で被害に遭った人が、あてもなく山形までさまよってくることがあったらしい。栄助 [続きを読む]
  • 鍼灸治療室.トガシ
  • 山形県東根市の訪問はりきゅう(出張専門)です。【当院は…】自宅でも治療院並みの価格で施術を受けていただける、出張専門のはりきゅう治療院です。2000年4月の開業以来…●育児中でなかなか出かけられないお母さん●部活動や習い事で遅くなる学生さん●仕事で遅くなるお父さん●お店番のため出かけられない商店主さん●家族の看病や介護で出かけられない方●運転免許を返納したお年寄りの方●治療院の待合室で待ちたくない方● [続きを読む]
  • 予約状況〔鍼灸治療室.トガシ〕
  • 【当院について】こちらのページをご覧下さい。【 予約電話 】080-1817-4161【 メール 】totogax@gmail.com〔8月19日00時00分現在〕「午前」は午前9時〜正午、「午後」は午後1時〜6時、「夜」は午後7時〜午後9時。「○」は予約可、「△」は時刻により調整可、「×」は予約不可。8月19日(日)午前:○午後:△ 夜:△8月20日(月)午前:×午後:○ 夜:△8月21日(火)午前:○午後:○ 夜:△8月22日(水)午前:○午後: [続きを読む]
  • 第26回体育祭(20180519)
  • 《↑↑↑ して写真見てください↑↑↑》5月19日に長女の学校(公文国際学園)の体育祭を見てきた。去年は都合がつかなくて見られなかった。遠地に来たばかりの慣れない状態で、家族の応援もないまま、一人参加していたかと思うと( ;∀;)。今年は、ちゃんと見てやるぞ!・雨が心配だったが…一週間ほど前から19日の予報は雨。翌日に順延かと心配していたが、横浜に着いてみると雨はやんでいた。でも、明け方まで降ってい [続きを読む]
  • 「明治維新という名の秘密結社」読んだ
  • 2018/5/12発行の苫米地本「明治維新という名の秘密結社」を読んだ。今回も目からウロコの連続でした。・岩倉使節団の謎歴史を勉強していると「なんで?」という疑問は浮かぶものである。人々の動きが不自然だったり、その解釈が不自然だったり。でも、「そんなものなんだろう」と見過ごして無理に納得し、教科書に書いてあることをひたすら記憶する作業、それが歴史の勉強ということになってしまっている。岩倉使節団も謎に満ちて [続きを読む]
  • 酒田米菓「オランダせんべいFACTORY」工場見学
  • GWドライブ2日目は、オランダせんべいFACTORYに行った。ところが、どこで待っていたらいいのか分からなくて、ドキドキした。それが楽しかったのでレポートする。・まず、海鮮丼を食べる前日、花巻で冷麺を食べたら、なぜか海鮮丼が食べたくなった。翌朝、私たちは酒田にいた。「海鮮どんや とびしま」さんは朝7時開店だが、6時半にはもう長蛇の列。ゆっくり食べていると8時を過ぎる。オランダせんべいFACTORYの工場見学は9時 [続きを読む]
  • わんこそば発祥の地は盛岡じゃない?
  • GWは、近場の秋田県美郷町の行った。ドライブコース選定会議でこのコースがOKになった理由は、「岩手でわんこそばを食べる」というテーマも盛り込んだためだ。結局、冷麺に変更になったのだが。・わんこそばを食べに花巻へかねてから、娘たちがわんこそばを食べたいと言っていた。いや、食べたいよりも、その楽しそうなゲームをやってみたいという方が正しいだろう。ゲームオーバーにしたい時はちゃんとお椀に蓋をしないと脇からそ [続きを読む]
  • 坂本東嶽邸に行った
  • 東根の殿様の末裔の御屋敷が記念館になっていることを先日書いた。そこに、このGW、行くことができた。坂本東嶽邸(秋田県仙北郡美郷町千屋字中小森91)である。・きれいな庭園バーっと広がる水田の中に、その御屋敷はあった。小雨が降っていたが、着いてみるとちょうど雨上がり。それが、松の木や黒塀、お庭一面に広がる苔をしっとりと艶だたせて、むしろ絶好のタイミングだったかもしれない。とにかくまっすぐ伸びた松の木が見事 [続きを読む]
  • 「いい習慣が脳を変える」読んだ
  • 2018/3/29発行の苫米地本「いい習慣が脳を変える」を読んだ。最近、なまべちの放送が減っているので、禁断症状を抑えるために(笑)。軽くて読みやすい本だ。・キーワード1:ハビットとアティテュード前半のキーワードはハビット(habit)とアティテュード(attitude)だ。どこかで出会ったことのある言葉だ。苫米地本だったか誰かが書いた心理学の本だったかは忘れた。でも、その本よりは俄然分かりやすく解説している。・キーワード2 [続きを読む]
  • 英語百遍、意自ずから通ず
  • これまで英語の勉強というと、まず単語の暗記を始めた。英語の勉強とは、英単語と日本語の単語の対応関係をたくさん覚えること。そして、英語→日本語変換を素早く行えるようになること。でも、そこが根本的な間違いだったようだ。・単語の意味は状況で決まる「日本語の上に英語を築こうとするのは間違い」という指摘をある本の中に見つけた。エッ!なんで?英語の辞書を開いて英単語ひとつひとつを見た時、一つの意味しか書いてい [続きを読む]
  • 古戦場「鷺ノ森」
  • 歴史、特に戦の辺りが好きだ。必ず死傷者が伴っているわけだから不謹慎ではあるのだが、どこかロマンを感じてしまう。愛知に住む友人に、信長・秀吉・家康に関わる古戦場が多くて羨ましいと言ったら、隣の芝生でしょうと言われた。言われて思い出した。すぐ近くの「鷺ノ森」は古戦場だった。・関ヶ原合戦が終わっても、東北では…天下分け目の関ヶ原。何年も前から家康と三成はきな臭い感じになっていた。だから、きっかけは何でも [続きを読む]
  • スマホモニタリング(格安スマホ12)
  • 長女のMNP移行に続き、次女もマイネオデビューした。・キッズケータイが故障!?キッズケータイを持っていたのだが、急に電源が入らなくなったのだ。最寄りのショップに行こうと思ったが、時間が取れないし、連絡用にケータイはすぐに必要!という事態。マイネオの使い勝手を試すために試験的に契約したマイネオ1号が遊んでいたので、それを与えた。ねえ、もうこれじゃダメなの?これでいいんだけど!これ気に入ったんだけど!キッ [続きを読む]
  • 「空海ーKU-KAIー美しき王妃の謎」観た
  • 恥ずかしながら、阿倍仲麻呂さんはノーマークだった。百人一首の解説で読んで、唐に渡って帰って来なかった歌人というイメージだけ。官吏として登用され大活躍していたようである。長安で大活躍していた倭人は結構いたようだ。それを踏まえれば空海が長安でスターだったという話もうなづける。あの短期間の滞在で大活躍しているから、超圧倒的であることに変わりないが。李白や白楽天にも親近感が湧いた。特に白楽天は「楽天」と呼 [続きを読む]
  • 音楽3部作?読んだ
  • 音楽3部作という言い方が正しいかどうかだが、「聴くだけ!クラシック音楽で脳が目覚める」(2010/11/30発行)「モーツァルトの奇跡!驚異の“重ね聴き”脳力開発法」(2011/10/15発行)「音楽と洗脳」(2017/9/30発行)の3冊を読んだ。1冊目「聴くだけ!クラシック音楽で脳が目覚める」は、クラシック音楽を重ねて聴いてIQを上げるトレーニング法について書いてある。共感覚トレーニングなども。この方法を用いれば、クラシッ [続きを読む]
  • want to は尊い(東根からK2へ)
  • 小さな田舎の片隅にも、世界に関わることは潜んでいる。ずっと気になっていた「スパイスキッチン」というお店(山形県東根市神町東3-8-1)に妻と行った。黒柳徹子の自伝的ドラマ『トットちゃん!』を見てから、インドカレーとナンがずっと食べたかった。念願がかなったのは2月21日。おいしかったので3月2日に再度。※写真は何枚かあるのでインスタのURLに移って見て頂きたい。食べていて壁のネパール国旗に気づいた。インドじ [続きを読む]
  • 「ちはやふる 結び」観た
  • 今回も気に入ったセリフが幾つか有った。例えば「聞こえているのに聞こえたと感じない音がある」的なセリフがあった。誰がどの場面で言った的な説明は控えるが、深い…。最近、妻の声が聞こえないのだ。「空気のような存在になったから」という理解の仕方もあるが、「言った!」「言わない!」の水掛け論は避けたい。聴覚の話だけど、これはスコトーマだ。既存のゲシュタルトを壊せば、聞こえない音が聞こえるようになる…。新婚当 [続きを読む]
  • ダンスに挑戦
  • 次女が小学校を卒業した。卒業式の日の夜は保護者が先生方に感謝を表す会があり、例年余興をすることになっている。私たちがやることになったのはこれ。「バナナマン日村のバブリーダンス」。 こういうテレビ番組は最近全然見てなくて、とんねるずや天海祐希さんたちが何で笑っているのか分からなかった。その上、ダンスなんて中学生の時のフォークダンス以来じゃないだろうか。ともかく、やるしかない…。ところがである。何回も [続きを読む]
  • 渡米…スリッパの思い出
  • 私は仕事でアメリカに行ったことがある。記憶の整理をしていて思い出した。日本が大きく経済成長したために、こっちに仕事を回せという圧力がかかったらしい。いわゆる「ジャパンバッシング」である。通産省から私が勤めていた会社に指示があり、たまたま私が担当していた仕事がアメリカの会社に依頼されることになった。仕事の内容を説明するため、渡米ということになった。入社数年にして米国出張。しかもゲスト待遇。こんなこと [続きを読む]
  • 「花嫁人形」で気づいた結婚観
  • 「花嫁人形」という童謡、御存知だろうか?「金襴緞子(きんらんどんす)」とか「文金島田」とか、「???」のまま子どもの頃は歌っていた。何のことか分かったのはだいぶ後のこと。先日、伺ったお客様。いつも施術中にラジオをかけて下さるのだが、その日は国会中継。ラジオを付けた瞬間に「ゲエ!」っと悲鳴をあげて、たまたま手元にあったCDをかけて下さった。「何でも良いよね?国会中継なんかより。」「はい!」合唱のCDだっ [続きを読む]