sympathy さん プロフィール

  •  
sympathyさん: Warm song
ハンドル名sympathy さん
ブログタイトルWarm song
ブログURLhttps://ameblo.jp/sympathymelody/
サイト紹介文warm song. あたたかい詩をテーマに自作詩を書いています。 人を想う気持ちなどを綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2010/10/24 19:00

sympathy さんのブログ記事

  • 思うと想う
  • 思うは利己想うは利他心の中でオモうその違いはオモいの対象相手を思うから想いであって自分だけを思うならそれは思う止まり自分だけではなく相手を思うそうやって心に想いを増やしてくそうやって心にあなたを増やしてく [続きを読む]
  • 繋がるHz
  • 君と僕とが出会ったのはきっと偶然なんかではない言葉と言葉その奥の想いと想い伝わるもの感じるもの繋がったそれは周波数のようなものいろんなHz飛び交う中で同じ周波数でお互いが拾いあった言葉のHzその奥の想いのHz感じあったから君と僕は出会ったんだ [続きを読む]
  • 愛の重さ
  • 愛の重さを知った重ねれば重ねるほどに愛は重くなるそれはまるでミルフィーユもろく崩れやすい重ねれば重ねるほどにずっしりと重くなり繊細になる愛するという責任深まれば深まるほどに色濃くなっていく [続きを読む]
  • そのいつか
  • あなたを好きになってよかったとそう思えるいつかが来たらまた次の恋へと進めるのでしょうそのいつかきっと来るからそのいつか来るまで今は写真のあなたを抱きしめる [続きを読む]
  • 褪せる愛の歌
  • 愛を歌ったこの歌は今どこで流れてる?あの日歌ったあの歌は今どこで流れてる?いつしか楽譜は擦り切れ失われていった音符古びたノート今誰がその歌を歌えるの?いつかその歌は蘇るの? [続きを読む]
  • 空を見上げるのは
  • 私たちが空を見上げるのは見上げたい何かがあるからなのでしょう私たちが空を見上げるのは掴められない何かがあるからなのでしょう雲を掴もうとするように星をつまもうとするように得れないなにかを求め欲し探しているからなのでしょう [続きを読む]
  • いつかの道
  • いつかを君と歩いてた手を繋ぎ離されないようにしながらいつかを君と歩いてたこの道はいつかの道この道は実在しない道きっといつか必ずいつかいつかを信じて歩いた道この道はいつかの道君と歩いてたいつかの道 [続きを読む]
  • 心に津波
  • それは一瞬で全てを破壊し流してしまう残るものは荒廃心に訪れる突然の津波迫る波を呆然と見ながら何もできず立ち尽くすしかなかった心に襲う心を壊すこれは悲しみなのかこれは怒りなのかそれとも両方なのか入り混じるその感情が波を立て心全て壊していく跡形もなくただ瓦礫だけを残して [続きを読む]
  • 悲しみの濁流
  • 抑えきれない悲しみが心を襲う不安で不安で怖くて怖くて所詮ボクはひとりぼっちだと心はボクに訴える悲しみがボクに訴えるとどめようもない濁流となって心の中を流し去っていく木々を草ぐさを花も緑もなぎ倒し引きちぎり心を壊してく悲しみがボクを襲うんだ [続きを読む]
  • 朽ちないもの
  • この世界には朽ちるものしかなくてくどんなに頑丈な物でもいつかは崩れてしまう形あるものは朽ちていくもしも朽ちないものがあるのだとしたらそれはきっと形ではなく無形のなにかたとえば誰かを想う強い心だったりするのかもしれない [続きを読む]
  • 汚れた心
  • 好きと言って好きと言われて満足してるそんな自分そんな心好きと言われたい好きと言いたいただの欲こんな自分こんな心いつから心はこんなに汚れてしまったのだろう [続きを読む]
  • 欺瞞
  • 好きだと言ったその心好きと言い聞かせているもしかしてそんな自分がいるんじゃないかと自分を疑った [続きを読む]
  • 利己心
  • 失うのが怖いから繋ぎとめておく失いたくないからもしかしてそれは利己心なのではないかとふと自分に問いかける [続きを読む]
  • 夢を見続けること
  • 夢を見るのは悪くない人はいつだって夢を見る夢を見なければ明日は来ない喜びも希望も夢を見なければ失われてしまう生きる気力も明日を見る力も夢を見ることで得ることができるからあきらめたりしない夢を見続けよう明日を捨てないために [続きを読む]
  • いつかは君に④ ーすれ違いー
  • 伝えようと決めた想いを伝えようと走り出した気づいたから今日を逃せば最後だと気づいたから君のもとへと走り出す気づいて伝えたくて君の名を叫ぶそれでも声を出した時には君はもういなかった少しのすれ違いそのすれ違いは決定的なすれ違いもう少し早ければこの声は君へと向けられたのにこの声は届くことなくかき消えた [続きを読む]
  • 抱えた想いが溢れる涙
  • 忘れられない想いがある何年経っても何十年経っても忘れられない想いがあるふと蘇る記憶と想い胸が苦しくなるその感情抑えることしかできないから涙がぽろり音も立てずに声も出さずに涙がぽろり流れてく [続きを読む]
  • いつかは君に② ー想いの交差ー
  • その笑顔に触れたくてその心に触れたくてそれでも勇気が出せず伸ばした手引っ込める触れるのが怖かった壊れるのが怖かった想いと躊躇いの交差ここは立ち止まった踊り場登り始めた想いの階段見上げた上に感じた不安一歩進むのが怖かったその笑顔に近づくのが怖かった何もできないでいた自分その笑顔に希望と失望その笑顔を見送ることしかできないでいた [続きを読む]
  • いつかはまた君に
  • あの時のすれ違いが全てだと諦めていた重ならない時間が永遠だと思いから消していた忘れることが1番だと自分に言い聞かせていたでもそれが全てではないとこの世界は教えてくれた奇跡もあると信じた物語 [続きを読む]
  • 知ってるよ
  • 知ってるよ君が頑張っていることを知ってるよ君が人知れず涙流していることを知ってるよ君が不安抱えながらも前を見ていることを知ってるよその笑顔が輝いているのは知ってるよ君が一生懸命生きてきた証だって知ってるよ [続きを読む]
  • 好きと言える幸せを
  • 好きと言える幸せも愛してると言える幸せもいつかは終わってしまうものだから限りある時の中伝えられるときに伝えたいとおもう限りない幸せも限りある時の中に押し込めていつかは言えなくなるその日までその幸せを言葉にして好きと言える幸せを愛してると言える幸せを今このときに伝えよう [続きを読む]