うみねこ さん プロフィール

  •  
うみねこさん: View in mind
ハンドル名うみねこ さん
ブログタイトルView in mind
ブログURLhttps://uminyan.exblog.jp/
サイト紹介文野鳥と夜景の写真をメインに日記を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/10/25 23:45

うみねこ さんのブログ記事

  • 櫛形山と河口湖ー11月25日〜26日
  •  11月初中旬は休みと天気がかみ合わず、また、休みに仕事が入ったりと出かけられない日々が続き、もう紅葉が終わっちゃうよーと嘆きつつ悶々としていた。やっとチャンス到来で勇躍出かけたのだった。とりあえず下見も兼ねて早めに出るつもりが、遅くなってしまって、少し慌てて出発。三連休の最終日なので、しかも天気が良かったので中央高の上り線は超混雑。それを横目に鼻歌交じりで飛ばすのはちょっとした快感だ。 遅... [続きを読む]
  • 三浦半島からの富士山ー10月29日
  •  横須賀市走水は三浦半島の東側から唯一見られる富士山のスポットである。地図を見る限り不思議な気がするのだが、ちゃんと富士山が見える。東京湾越しに見える富士山は夜景とのマッチングも良い。数年前にも一度訪れているが、その時は富士山がかろうじて見える程度で今ひとつだったのでリベンジしたいとかねがね思っていいたし、先週に続いて天気が良さそうだったので、今度こそ富士山を拝みたいと高速を走らせた。 日没... [続きを読む]
  • 富士山撮影三昧ー10月21、22日
  •  二日間で3箇所を回る予定で出発。まずは山梨市にある高原へ向かう。 10月はここ数年暖かい日が多く湿気もあってあまりいい写真が撮れていないので、あまり期待できない。到着は昼過ぎなのでロケハンのつもりで訪れた。ところが意外や意外、結構富士山もくっきり見えていて紅葉もまずまずで、早速撮影開始。 逆光なので、富士山を飛ばさないようにすると、紅葉が冴えない。午前中はどんな景色が見られるのだろうか。次... [続きを読む]
  • 白樺峠ー9月23日
  •  9月は鷹の渡りを見に行くのが恒例となっている。シギチも一段落しそろそろ山の鳥が恋しくなってくる。紅葉も始まり、青く澄んで高い秋の空と爽やかな風を受けて、飛んでくる鷹たちを見るのは無類の楽しみである。たとえ良い写真が撮れなくても、ダイナミックな鷹の渡りは何度見ても飽きない。 今年の9月は結構雨続きで、鷹たちも渡るタイミングが難しそうだ。先週の19日の水曜日には4千羽以上が一気に渡って行ったの... [続きを読む]
  • 田貫湖〜大石公園ー6月25日
  •  日本代表はW杯ではベスト16で終わってしまったが、グループステージのセネガル戦の日である。白熱した試合をラジオで聞きながら、朝焼けの田貫湖を目指して高速を飛ばした。試合が終わる頃に到着し、仮眠して来たので早速3時くらいから撮影に入る。梅雨時期なのでどんな富士山が見られるか楽しみだ。 ピント合わせのため高感度で撮っていたら面白い画が撮れた。 その後少しずつ夜が明けていき、空の色が刻一刻と変化... [続きを読む]
  • 奥庭の鳥たち(ウソ)ー6月3日〜4日
  •  奥庭の鳥たちの最終回はウソって本当の話。口笛のような鳴き声からウソという名前がついた鳥である。平地では冬鳥で、ソメイヨシノの蕾を食べてしまうため嫌われることもあるが、ずんぐりむっくりした体系はどこかマツコデラックスのようだ。 その他よく出て来たのがヒガラである。小柄で地味だが好きな鳥の一つである。今回見られなかった鳥で最近見ていない鳥はカヤクグリだ。この近辺ではオコジョも出現するよう... [続きを読む]
  • 奥庭の鳥たち(キクイタダキ)ー6月3日〜4日
  •  キクイタダキはとても小さな鳥である。全長約10cm、日本最小の鳥である。全体は緑色をしていて頭部にある黄色と赤の模様がチャーミングだ。興奮するとこの頭部の黄色が花開く。とてもすばしっこい鳥で、撮影は結構辛い。鳥を追いかけて連写するしかないが、ほとんどカメラ任せである。 以前、頭部の黄色い部分が開いたキクイタダキを取り損なった思い出があって、レベンジできるかと期待していたけれど、残念ながら黄... [続きを読む]
  • 奥庭からの富士山
  •  今回は野鳥がメインではあるが、間近に富士山があるので、当然風景も見逃せないところだ。平地と植生と雰囲気が異なり、富士山の半分を見上げることになる。特に早朝と夕方の雰囲気は格別である。もっとじっくり撮りたかったのだが早足での撮影となってしまった。紅葉の時期にも来てみたいと思う。 少し登った反対側の展望台では南アルプス山々が衝立のように広がってこれまた見応えがあった。田貫湖などの湖も俯瞰でき... [続きを読む]
  • 奥庭の鳥たち(ホシガラス)ー6月3日〜4日
  •  ホシガラスも標高の高い所に生息する野鳥のの代表格である。日本ではカラスの仲間は12種ほど見られる。カラスの仲間は一般的には知能が高いと言われているが、他の鳥よよりも警戒心は強い印象がある。今回も大勢のカメラマンが取り囲んでいる間は姿を見せなかったのに、4時過ぎになってほとんどのカメラマンが撤収した後に悠々と登場した。確か前回来た時も見られなかったと記憶する。今回は奥庭荘に宿泊のためギリギリ... [続きを読む]
  • 奥庭の鳥たち(メボソムシクイ)ー6月3日〜4日
  •  ルリビタキ同様、標高の高いところでよく見られるのがメボソムシクイだ。ムシクイ系はスマートで似ているので冬場は結構識別が難しいが、今の時期はさえずりが聞かれるので識別は容易である。メボソムシクイはたくさんの鈴を鳴らしたような綺麗なさえずりをするのですぐにそれとわかるが、森の中では結構見つけにくい。でも今回は水場なので向こうから近づいてくるので楽チンである。 ヒタキ系に劣らずなかなか可愛らしい... [続きを読む]
  • 奥庭の鳥たち(ルリビタキ)ー6月3日〜4日
  •  梨が原から標高の高い奥庭に移動。奥庭荘には20年ほど前に訪れて以来だ。行こうと思えばいつでも行ける距離なのだが、スカイライン代が高いこともあって行きそびれていた。 ここは小さな水場に集う小鳥たちがとても愛らしく、この時期に平地では見られない鳥たちが間近で見られるのでバーダーに人気の場所である。近くを散策できて、富士山は言うまでもなく南アルプスまで見渡せる展望台もあって、なかなか観光地として... [続きを読む]
  • 梨が原ー6月3日
  •  梅雨入りも近いので、天気がいいうちに高原の鳥でも見に行こうと、友人を誘って奥庭探鳥計画を立てた。6月にしてはとても天気が良く、直接奥庭に行くのももったいないので、午前中は梨が原によって探鳥することにした。ここは平日は入れないので、日曜に行くしかない。キノコ採りの人がほとんどだが、オオジシギなどの鳥を見に来る人も多い。自衛隊の演習場なので人工物が少なく鳥を撮るにはなかなか良い環境だ。加えて富... [続きを読む]
  • 大野山ー5月11日
  •  5月の爽やかな富士山が見たくなって、神奈川県の大野山に行ってみることにした。 ここは山という名がついているが、頂上が牧場となっていて、山頂近くまで車で行けるのでものすごく楽である。日頃の鍛錬を怠っている老体には丁度良い山だろう。駐車場からわずかばかりの登山もどきで頂上に到着。駐車場にも頂上にもトイレがあるので、色々な意味で安心である。 富士山はといえば、これまた見応えがあっていい雰囲気で... [続きを読む]
  • 5月4日〜6日ーGWの鳥見
  •  連休前半は近くのお山に出かけた。山ツツジが満開でとても綺麗だったのだが、鳥はパッとせずオオルリとサンショウクイを確認したのみで早々に帰宅。 連休後半は3日が天気が悪く、1日遅らせて出発。長野から新潟に回るはずだったが、順序が逆になってしまった。 まずは星峠の棚田を見たくて、昼にロケハン。雰囲気はとても良いが昼間はやはり写真としてはイマイチ。5日の早朝に期待し宿に戻る。しかし、翌朝は新潟方... [続きを読む]
  • 2018年3月〜4月
  •  今年の花粉はひどかった。いつもなら3月初旬から中旬にかけて鼻が炎症を起こしてしまうのだが、今年は違った。2月の終わりから4月の上旬まで酷い状態が続き、アウトドア派の私さえ外に出るのが億劫なほどだった。なんでも、今年の花粉はPM2.5と黄砂などが混ざったハイブリッドだという説もあってとにかく鼻炎の薬浸けの毎日だった。 そんな状態の中、それでも日帰りで出かけたりはしていた。ただ、思ったような成... [続きを読む]
  • 念願叶い…最高の風景ー2月7日
  •  もう10年ほどになるだろうか、SNSで知り合った方が撮られた1枚の写真に釘付けとなったことがある。圧倒的な夜景の広がりと、その奥に凛としてそびえる黎明の富士。強烈なインパクトだった。 あれから10年、ずっと心の片隅にその風景があって、いつかは撮ってみたい…と思っていた。それがついに叶い、しかも最高の天気に恵まれて久しぶりに心高ぶる1日となった。 場所は静岡県駿河区小坂の朝鮮岩である。知る人... [続きを読む]
  • 国会議事堂と富士山ー1月25日
  •  以前、どこかで誰かが撮っていて気になっていた場所である。国会議事堂のライトアップと富士山という組み合わせは結構面白いと思っていたので行ってみることにした。 連日寒い日が続いていて、関東でも数十年ぶりの寒波とこのと。なので結構厚着をして向かったのだが、室内なのでとにかく暑い。ここは丸ビルの35階の展望室。遠くに東京タワー、近くに皇居や国会議事堂、その後ろにどっしりと富士山が鎮座している。夕... [続きを読む]
  • ヤツガシラー2017年12月21日
  •  時間が前後するが、昨年の12月の話である。ヤツガシラが昨年に続いて今年も出ているとの情報を見て早速行ってみることにした。 群馬県の某公園に到着すると、すでに午前中から見ている人たちで結構賑わっている。三脚をスタンバイするもカメラをのぞいている人はほとんどいない。午前中に一度出て以来、遠くに飛んで行ったきり戻ってきていないとのこと。気長に待つしかない。私が到着した11時ころから時間が経つにつ... [続きを読む]
  • 千葉県より富士山を望むー1月14日
  •  家から高速道路を使わずに行けるスポットが袖ケ浦海浜公園だ。地元千葉県から富士山を見ようとすると、相当空気が澄んでいないと難しいが、幸い、年が明けてから天気の状態がよく、これはチャンスとばかりに出かけて行った。日曜日なのでそれなりに混んではいたが、公園以外は特に何もないところなので、カメラマンは数名しかいなかった。今日は富士山がくっきり見えて十分期待できそうだ。 陽が沈む位置が南寄りのため、... [続きを読む]
  • 伊豆スカイラインー12月14日
  •  11月は久しぶりに風邪を引いたりして、歳のせいか治りも遅くやっと体調が戻ったところで、どこに行こうかと悩んだ末、前回の撮影で大失敗をした伊豆スカイラインを選択。前回撮った時、RAWで撮っているつもりが、最低画素数のjpeg設定になっていたので、全く使い物にならず、いつかリベンジしたいと思っていたのだった。 スカイラインの前に、大根干しと富士山を狙って、いろいろ走り回ったけれど、なかなか思う... [続きを読む]
  • 秋富士
  •  秋の富士山が撮りたくてプチ登山を計画。当初、雁ヶ腹摺山を計画していたのだが、予定を変更して大蔵高丸に登ることにした。先日の台風で一旦は富士山が冠雪したのだが、ここ数日の暖かさで雪が溶けてしまったのは残念だ。 夜明け前に湯の沢峠に到着し、ヘッドランプの明かりを頼りに山道を登ること約30分。体が温まる頃に到着。 着いてみると山の東側が早くも朝焼けし始めている。 顔を90度右に向けると富士山が... [続きを読む]
  • 葉山より富士山を望むー10月26日
  •  神奈川の山が紹介されている本を読んでいて、偶然見つけた仙元山というところ。富士山と江ノ島が見渡せる良い雰囲気なのだが、意外と訪れている人は少なく、とにかく一度行ってみようということになった。折良く天気も良さげで期待できそうだ。 事前調査で駐車場がないということだったので、葉山元町のコインパーキングに停めることにした。 まずは駐車場から教会へ向かう。ここまでかなり急な舗装道路を歩く。もしか... [続きを読む]
  • シギチ天国・稲敷市ー10月12日
  •  10月といえば、そろそろ渡りも終盤に近い。このところネットでも話題のアメウズを見たくなって、稲敷市に行ってみた。 その前に遠いが、エリマキシギの群が見られたので記念撮影。場所を少し移動してアメリカウズラシギのポイントへ。同じ蓮田には、ウズラシギ、トウネン、ハマシギ、タカブシギなどもいて賑やかだ。ちょうどうまい具合に、ウズラとハマとトウネンが同じ場所に集まった。そこに、アメウズ... [続きを読む]
  • 力芝と富士山ー10月4日5日
  •  鳥の渡りも一段落して、久しぶりに富士山を見たくなった。折しも力芝が見頃の季節。紅葉には少し早いので、6月の撮影ですっかり気に入った田貫湖に朝焼けを期待して出かけてみた。早朝狙いのため昼過ぎに出て、力芝のポイントを下見してから田貫湖に向かった。到着と同時にずっと見えていなかった富士山がひょっこり顔を出していたので、慌ててカメラを出して撮影。そのあとすぐに雲の中へ消えてしまったのだが、夕日に照... [続きを読む]
  • 渡りの季節②ー9月20、21日
  • 《9月20、21日ー白樺峠》 この時期は休みと天候がうまく合わなければ、なかなか遠出はできない。昨年はほとんど行けなかったこともあって、今年はなんとか一度は遠出しようと考えていたら、運良く台風が過ぎて好天が続きそうな気配。本当は新潟方面へ下見も兼ねて行く予定だったのだが、前線の影響で長野方面の方が良さそうだったので、白樺峠に出陣した。平日なので、渋滞を避けて前日の夜に出発。途中で仮眠して現地... [続きを読む]