chippe さん プロフィール

  •  
chippeさん: Chippe days Claire days
ハンドル名chippe さん
ブログタイトルChippe days Claire days
ブログURLhttp://chippe0910.blog111.fc2.com/
サイト紹介文山と岩をこよなく愛する研修医クライマーの日記。気合と根性が取り柄の26歳!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2010/10/29 21:45

chippe さんのブログ記事

  • 2018/5/17〜6/6 Smith Rock クライミング レポ その1〜生活と岩場総論
  • <スミスロック州立公園>5/17〜6/6の3週間、アメリカ Oregon州にあるSmith Rock州立公園でクライミングをしてました!日本出身のOregonロックデュオ、"Black Buttes"(ブラックビューツ)。バンド名は2人が愛する"Oregon富士"(勝手に命名)こと"Black Butte"(写真中央)の名にちなんでつけられた。3週間も居た割には、登ったルート(登っていた時間)は少ないです。日中は暑過ぎて登れず、夜明け(5時)から早朝までの数時間か、 [続きを読む]
  • Bum生活満喫中です
  • ワイキキビーチのサンセット、カフェカイラのパンケーキ、青い海、白い砂浜前回のブログ後、ワイハやColoradoのボルダーの街をエンジョイした後、ペコマと別れ一路Alaska州へと飛んだ私。自然に包まれたボルダーの美しい街並、洗練された美味しいレストランの数々、犬と遊ぶペコマさん街から見えているフラットアイアン、岩場は何処もすぐ近くAlaskaの大きな雪と氷の山を登りたかったけれど、なんとEMS(国際スピード郵便)で日本 [続きを読む]
  • 旅に出ます。
  • 4月は計画していた"Climb&Ride"に向けスキー山行を重ねていましたが、2週連続悪天候に見舞われたりして中止に。仕方なく誰も居ない富士山にひとりで泊まったり、登山客だらけの富士山にふたりで登ったりしてました。5月から、アラスカに行きます。はじめてです。5月中旬には氷河入りして、6月終わりまで山登りします。でもその前に、ペコマの学会についていって、これまた人生初!ハワイを5日ほど満喫。(たぶんのぼんない) [続きを読む]
  • 2018/3/31 谷川岳西黒沢 バックカントリースキー
  • 3月最終日は谷川岳へ!西黒沢か茂倉沢を予定し入山しました。ロープウェイ始発、休日は7時。この日は1時間寝坊して5時に自宅を出発し、7時半すぎの便に乗れました。天気が良くて登山者たくさん。熊穴沢避難小屋あたりから見た西黒沢上部。熊穴沢出合のやや上あたりで滝が露出しているのが見えましたが、右岸はかろうじてつながっているようにも見える。西黒沢行けるかなー。行きたいなー。アプローチはスタートからなるべくシール [続きを読む]
  • 2018/3/25 雨飾山 P2南尾根 往復 バックカントリースキー
  • 雨飾山荒菅沢はプチ"Climb &Ride"の練習山行のつもりでした。普通にスキーのプランなら、夏道沿いに登って荒菅沢をいちど北側へ渡渉し、笹平を経由して山頂北側からのアプローチになります。でも山頂の東〜南面はフトンビシ岩峰群を形成しており、いくつかのバリエーションルートがあります。山頂直下からこのフトンビシの真ん中に切れ込んだ荒菅沢上部は、最大45度もあるといわれるエクストリーム斜面だとか。赤のラインが荒菅沢 [続きを読む]
  • 2018/3/24 蝶ヶ岳 蝶沢 バックカントリースキー
  • 先週も今週も山スキーでした。もう一週間経ってしまったけれど、先週末は日帰りで蝶ヶ岳と雨飾山に行ってました。「スキー百山」を見て、蝶ヶ岳蝶沢中俣を目指すことに。日曜日の雨飾が本気山行だったので、土曜日は軽めのを1本・・とか思っていたらまんまとやられました(笑)。手始めは10kmの林道歩き。GW前でゲートがまだ閉まっているんですね。完全にシーズンオフです。4時過ぎ行動開始。しかも融雪がすすんでおり、三股登山口 [続きを読む]
  • 2018/3/18 巻機山 米子沢 バックカントリースキー
  • 週末は巻機山米子沢に行って来ました〜!広大な米子沢上部2015年のほぼ同時期にペコマは滑りに来ている巻幡。(記録はコチラ)でもその時は井戸尾根を登って、下りも井戸尾根を落としました。米子沢に行きたかったけど経験実力不足で不安を感じやめたそうです。地平線まで続く雄大な谷川連峰をバックに、スキーをかついで高度を稼ぐ今回は米子沢に挑戦!これまでスキーでも尾根ルートがほとんどで、本当にスキーヤーしか入らな [続きを読む]
  • 2018 3/10〜11 東北ツアー 二口渓谷 「風の洞」 , 蔵王仙人沢 大氷柱
  • この週末は、知り合いTさんの東北ツアーの計画に便乗させてもらい、強強さんたちに混ぜてもらってアイス、ミックスのゲレンデで遊びました。行きははやぶさでGO!二口渓谷の奥の方のエリア、「風の洞」。2011年から二年間仙台で暮らしてはいたものの、当時はまだダブルアックスのクライミングをはじめたばかりの超初心者。せっかく二口渓谷とか黒伏山とかに通える環境にあったのに、一度も行かないまま二年が終わってしまいまし [続きを読む]
  • 2018/3/3 乗鞍岳 バックカントリー スキー
  • 気温急上昇の今週末、ペコマと何をしようか直前まで悩んでいた。4月に白馬岳主稜の"プチ"Climb & Rideを計画しているので、その練習になるようなルートへ行きたい。でも手頃なクライミングとスキーを楽しめる山は限られており、気温急上昇の日には入りたくない沢地形のコースが多かった。結局Climb & Rideには拘らず、楽しく滑ろうということに。未踏の3000m峰として残っている乗鞍岳に行ってみることにした。予報ではお昼頃から気 [続きを読む]
  • 2018 2月27日〜28日 錫杖岳 前衛壁 2ルンゼ 登攀 2日目、エピローグ
  • <1日目の夜>楽しい楽しい夜のはじまり♪手前側の部屋は2畳ほどの縦長。洞窟内には氷柱が発達しており、ラッキングにはアイスフックが大活躍(笑)でした!氷も雪も取り放題(あんまり綺麗じゃないけど)。テントじゃないからお湯こぼしても問題無し!はまり込んで天井を見つめてると、ここが垂直な壁の中だということを忘れて不思議な気持ちになる。というかこれハーネスつけてる必要全くないし!ということで、このあとハーネス [続きを読む]
  • 海谷駒ヶ岳 カネコロン 敗退記1 〜氷は生物〜 プロローグ
  • 今年の冬は寒かった。1月、2月は上空の寒気が強く、太平洋側も冷え込んで異常に寒かった。それが功を奏してか、標高の低いところのアイスは発達が良いようだ。1月中はフリークライミングに勤しみながら、そんなことを思いつつアイスクライマーたちの投稿を横目で見ていた。2月に入り、憧れのあの氷瀑のことが気になり始める。頸城山塊、日本海側の豪雪地帯にある幻の氷瀑"カネコロン"だ。標高は1500mに満たない、しかも南西向きの [続きを読む]
  • 攀船記に初トライ!
  • 2018年も早いものでもう2月!1月は城ヶ崎でクラック、2月に入ってからは数回スキーに行きましたが、2月も後半になり、やっと一足遅い冬山シーズンイン、ダブルアックスを握りはじめました。ラッセルで岩屋から前衛壁基部まで2時間もかかった模様。体力つけます・・・!先週末は錫杖岳前衛壁で今シーズン初Winter Climbing。土曜日は大雪で入山のみにて停滞。日曜日は大量に積もったぱっふぱふの新雪を内心「今日はスキーだ [続きを読む]
  • ちっぺのRP ルート一覧〜年代順
  • これまでにRPした岩ルート一覧 年代順です。 リンクはようつべ動画の別窓がひらきます。 2018年1月25日更新 グレード順(5.11以上) / グレード順(5.10以下) / ボルダー(1級以上) / ボルダー(2級以下) / マルチ・BigWall table { border-collapse: collapse;}th { border: solid 1px #666666; color: #000000; background-color: #ff9999;}td { border: solid 1px #666666; color: #000000; background-color: #ff [続きを読む]
  • 城ヶ崎クラック修行開始〜スコーピオン完登
  • お正月休みのタイツアーを終え、今週末からは、前々から通いたかった城ヶ崎クラック♪今週末の狙いは山野井さん三部作のひとつ「スコーピオン」です。圧倒的などハングのど真ん中を、クラックをつないで左下から右上まで登る超かっこいいライン!5.12aとのことだし、マリオネットの感じでいけば「数便で登れるかな?」なんて思っていましたが苦労しました。久しぶりのトラッド!初日はリード1トライ目でこてんぱん。核心部と、最後 [続きを読む]
  • 憧れのリゾートクライミングに挑戦。
  • この秋冬は乾いた岩のクライミングに勤しんでます。そして冬休みはついに彼の地"プラナン"へ登りに行きました!Ao Nam MaoからLong Tail BoatでRailayへ!これまで、"プラナン=リゾートクライミング=易きに流れるな!"みたいな妙なこだわりのようなものがあり、行ってみたいなあと思いつつも選択肢にあがることはありませんでした。でも今回、知り合いが複数人で行くと聞き、joinさせてもらうことに。それで色々誤解(?)が解消 [続きを読む]