川越市の税理士 さん プロフィール

  •  
川越市の税理士さん: ドラッカーに学ぶ!成果をあげる習慣
ハンドル名川越市の税理士 さん
ブログタイトルドラッカーに学ぶ!成果をあげる習慣
ブログURLhttps://ameblo.jp/ohbayashi
サイト紹介文成果をあげる習慣・税務の110番!川越市の税理士 大林税務会計事務所
自由文ドラッカーの名言を通して、仕事で成果をあげる習慣を身につけましょう!提供:ドラッカリアン税理士・大林 茂樹(ドラッカー学会会員)
http://www.ohbayashi.ac.fm
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2010/10/30 16:06

川越市の税理士 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 拡大路線の限度を知る
  • 「いかなる企業といえども,市場の拡大と歩調を合わせていくうえで必要とされる最低限度の成長を超えて,より大きくなろうと懸命になる必要はない。」「繰り返すならば,目標としての成長は幻影である。」マネジメント下P261会社の規模のモノサシとして,よく使われるのが,年商○億というものです。あるいは,社員数や営業拠点などですね。マスコミなどで取り上げられるのは,比較的規模の大きな企業が多いだけに,年商などの会社の規模の [続きを読む]
  • もっとうまくやれないかを考える
  • 「うまくいっているときほど『もっとうまくやれないか』を考えなければならない。改善の戦略において原則とすべきものがこの成功の追究である。うまくいったものをさらに改善することである。変えることである。これら全ての責任はトップにある。組織の風土や姿勢に関わることはトップの責任である。」非営利組織の経営P76うまくいっているときは,何もいじらない。そのように行動してしまうものです。うまくいっているときは,これ [続きを読む]
  • 信頼できるデータを疑ってみる習慣
  • 「ノーということのできる者を顧客と呼ぶならば,非営利組織には何種類もの顧客がいる。」非営利組織の経営P60何も非営利組織に限らず,あらゆる組織にいえることですよね?最近のマクドナルドは,評判よろしくありませんが,日本マクドナルドの創業者である藤田田氏は,店の前を通過する通行人を追いかけて,なぜウチの店に入らなかったのかを聞いていたそうです。追いかけられた人はさぞかし迷惑だったでしょうけどね。会社にはいろ [続きを読む]
  • 過去の記事 …