京都精華大学 水槽学部 部員一同 さん プロフィール

  •  
京都精華大学 水槽学部 部員一同さん: 京都精華大学水槽学部の水草ブログ
ハンドル名京都精華大学 水槽学部 部員一同 さん
ブログタイトル京都精華大学水槽学部の水草ブログ
ブログURLhttp://seikasuisoubu.design
サイト紹介文京都精華大学水槽学部の部員達が、日々の活動の様子をお伝えするブログです。必見!
自由文京都精華大学水槽学部とは...
自然への理解を深め、芽吹く命とともに美しいデザインを学ぶため、タナカカツキ客員教授により設立された架空の学部です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2010/10/31 02:35

京都精華大学 水槽学部 部員一同 さんのブログ記事

  • 45センチ水槽レイアウトの遍歴
  • 顧問のタナカカツキです。 水草水槽を新しく立ち上げるのは楽しい。でも、部屋に何本も水槽を置くわけにもいかない。 せっかく作ったレイアウトも、リセットしなければ新しい絵が描けない。水景画の悩ましい部分です。 同じキャンバスに何回も新しい絵が描けると思うしかない! というわけで、これまでの45センチ水槽の遍歴です。 2010年 この頃、金魚と水草の同居がテーマでした。せま苦しそう〜〜 2 [続きを読む]
  • 木箱をつくる
  • 顧問のタナカカツキです。 本日もよろしくお願いいたします。 これら流木素材を収めるための木箱をさがしているのですが 収めたい場所にきちっと収まるようなちょうどよいサイズのものが売ってないので自作することにします。 収めたい場所の寸法を測り、ぼんやりした図面を描いて 自分でもわかりにくい…… ホームセンターへ。 すのこ材を購入。 カ [続きを読む]
  • 初夏の学校通信 2018
  • こんにちは、部長のマックスです 少し遅くなってしまいましたが春から夏にかけた水槽学部の活動をダイジェストでご報告させていただきます この期間は何と言ってもコンテスト出品に向けた制作が佳境をむかえます 120cm学校水槽を タイタイが担当 60cm学校水槽を ワラビーが担当 加藤水槽さん来校 学生が構想中の水槽にアドバイスをいただきました 5月中旬以降は授業後に連日、顧問とスカイプをつなぎ 最 [続きを読む]
  • PLANTS DESIGN/プランツデザイン その4
  • こんにちは、部長のマックスです 前回、「PLANTS DESIGN/プランツデザイン その3」からの続きです 数年間継続してきたこの活動をさらに深め、社会へ発信するべく 「植物と人との関わり方をデザインし、豊かな生活を創造する」事を目的とした「PLANTS DESIGN /プランツデザイン」という研究工房を立ち上げる事にしました 今後は、この研究工房での活動をWebサイトやSNSを通じて発信し社会とコミュニケーションをとっ [続きを読む]
  • PLANTS DESIGN/プランツデザイン その3
  • こんにちは、部長のマックスです 「PLANTS DESIGN/プランツデザイン その2」からの続きです 新鮮な展示イメージ管理の簡便化空中湿度と通風性に注目 この3つのコンセプトで完成した新モデル このモデルをベースとしてさらなる展開が図れないか検討 新モデルを制作した事で見えてきたのが パーツを積み上げる(積み替える)事で多様な育成環境に対応できる可能性が出て来た事 その特徴を活かしてバリエーシ [続きを読む]
  • PLANTS DESIGN/プランツデザイン その2
  • こんにちは、部長のマックスです 前回、「PLANTS DESIGN/プランツデザイン その1」からの続きです 新鮮な展示イメージと管理の簡便化 2つのコンセプトを軸に継続してきたプランター制作ですが この開発の特徴を明確にし室内緑化を楽しむ多くの方に貢献できるプロダクトにするべく試作とリサーチを繰り返してきました その中でシダやコケ、水草水上葉などを育成する時に重要になってくる空中湿度と通風性のバランスに [続きを読む]
  • PLANTS DESIGN/プランツデザイン その1
  • こんにちは、部長のマックスです 以前B級植物育成装置という名前で紹介させていただいた 底面給水式プランター 既存の道具の組み合わせによって 新鮮な展示イメージと管理の簡便化を目指した試みですが いつしか自作するようになり 気がつけば パイプ式植物育成装置と名付け バリエーション展開 その後も 試作を繰り返しておりました この試みは今も色々な方々の協力を仰ぎな [続きを読む]
  • NAパーティーって何? 2日目
  • 顧問のタナカカツキです。 前回からのつづきです。 NAパーティー、2日目 宿泊のホテルから、シャトルバスで天野尚氏自邸の4メートル水槽見学 写真集などで見ていたあの水槽が目の前に。じ〜〜〜ん 裏側も 管理システムをジロジロ お庭の完成度がすごい。 本日は雨。 アクアデザインアマノ本社へ移動 NAギャラリー見学 美しく管理された水槽 [続きを読む]
  • NAパーティーって何? 1日目
  • 顧問のタナカカツキです。 水草水槽をはじめたころ、世界コンテスト関連のブログを読みあさってました。 時折出てくる「NAパーティー」というキーワードを目にしては何のことやろ〜?って思ってました。 ネイチャーアクアリウム・パーティーのことだったんですね。 出品するようになってから毎年参加させていただいております。 今年も10月13日(土)14日(日)、新潟での開催が決定したようです。祝〜〜! 主催のADA、 [続きを読む]
  • ブログには書き方があります
  • 顧問のタナカカツキです。 今回の記事はブログの書き方でーす。 「水草」という日々変化する素材を使っておりますから写真を撮って、記録を残しておくことは大切です。 扱う素材がどれほどの期間で成長していくのか記録を残しておくと、時間経過を含めて理解することができます。 ログを残しておくという意味でもブログを書いてみる。 撮った写真画像もありますから、水草水槽とブログはとても相性がいいです。 部員のみな [続きを読む]
  • 使える流木、使えない流木 その2
  • 顧問のタナカカツキ 前回のつづきです さて、流木を購入するとき、気をつけなけれないけないのは「使える流木」を買うことです 前回、見ていただいたこのようなフォルムの流木は見た目いい感じですが、実際に使いこなすのは難易度が高いのです 微妙な調整がきかず、これまで一度も使えたことがありません新品のままです 使えない流木はほんとうにゴミを買ってしまったことになる… 「 [続きを読む]
  • 使える流木、使えない流木 その1
  • 顧問のタナカカツキです本日も、よろしくお願いいたします 水景画制作におきまして流木や石などの素材は何度でも使用することができます 上の画像と、同じ流木ですが 見る角度によって印象の違うフォルムになるので、同じ素材で新しいレイアウトができます コンテスト出品前に、どうしても素材が足らなくなってあちこちの水草ショップに出向き、素材をかき集めそれでもなかなか理想 [続きを読む]
  • 撮影後に旬をむかえる
  • 顧問のタナカカツキです 毎年、我が水槽学部も、顧問の私も、マックス部長も世界コンテストに出品しておりますが作品が完成して撮影後、ほっと一息ついた頃、水槽は旬をむかえます 本当は旬をむかえてから、撮影するのが理想ですが締切前は慌ただしく、作品はどうしても散髪したての、いつもとは違うよそゆきの様相になってしまうものなのです 画像は一昨年前の応募作 応募のミッションが終了し [続きを読む]
  • メーカーの熱量!
  • 顧問のタナカカツキです本日もよろしくお願いいたします 水槽メーカーは国内でいくつくらいあるのでしょうか? 私が持っている、あるいは一度は試した商品でいうとアクアデザインアマノ、ニッソー、コトブキ、ジェックス、スドー、カミハタ、水作、…他にももっとあったかな? メーカーそれぞれの得意な分野、ご自慢の商品やサービス、あると思いますがあらためて、サイトなどを覗いております [続きを読む]
  • CAJ対談 ワタクシエリさん
  • 顧問のタナカカツキです 世界水草レイアウトコンテスト今年も、水槽学部、CAJのメンバーも無事応募できました 出品作品の撮影がおわったあとのワタクシエリさんとおしゃべりしました〜 ワタクシエリさんのブログワタクシエリさん過去作品一覧 徳差江里 世界水草レイアウトコンテスト2017(世界ランキング20位)© AQUA DESIGN AMANO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED. 顧問「あのー去年、なんとまあ、 [続きを読む]
  • ネット情報があるからこそ
  • 顧問のタナカカツキです 本日もよろしくお願いいたします わたしたち水槽学部のブログは活動の記録(ログ)であり且つ、読み物として楽しんでいただきたいという気持ちとさらには、「水草水槽」をやりたい!という方の何らかのお役に立てればうれしいなあと思い本日もブログの更新をしたいと思います 顧問も水草水槽をはじめた頃はネットの情報をたよりに、あらゆる水草関係のブログを読みまくって勉強をしました [続きを読む]
  • 小物どうするねん問題
  • 顧問のタナカカツキです本日も、よろしくお願いいたします 水槽事をやっていると、このように、ストックの器具今は使わないんだけど、一応取っておこう的な小物が増えつづけます ほんとに使わないものは、じゃんじゃん捨てておりますがそれでも、溜まってゆきます 先日も、逆止弁が壊れて、ストックあったかな〜って探してあった!ストックあった!とっといてよかった〜!なんてこともありました 小さな [続きを読む]
  • ほったらかしても
  • 顧問のタナカカツキです 本日も、よろしくお願いいたします 急勾配のあるレイアウトはミスト式で下草を絨毯化させ、しっかりと根張りをさせてから注水しても崩れない、強い地面の上で行いたいものです そんな強い地面を作ります 上部の方、光が強すぎるのか枯れておりますがやがて地面を覆うほど展開してくれることでしょう ほったらかしとけば、下草は絨毯化してくれます 緑が地面を覆えば、流 [続きを読む]
  • うわさのAQUA-Uを使ってみた その4
  • 顧問のタナカカツキです Uタワー上部まで注水完了〜 フィルターの運転開始!モーター音静か〜 ミリオフィラムの子株だけをひとまとめにして レイアウトに追加 上部、石と石の間に差し入れる 白砂で細流を作って 魚を入れて、出来上がり 小型水槽なので、小さな魚(ラスボラブリジッタエ)をチョイス プリンターで出力したグラデーションのバックス [続きを読む]
  • うわさのAQUA-Uを使ってみた その3
  • 顧問のタナカカツキです 前回もつづき、AQUA-Uで遊んでまーす ミスト式管理ガラス蓋がピタッと合うのが気持ち良しです 照明は一日10時間くらいつけてました 一ヶ月ほどが経ちました 室温がまた低い時期だったので、それほどの展開はしなかったですがそろそろ注水していいかな〜というかんじです もともと傷んでた部分が枯れて、新芽が展開しております 下草だけ [続きを読む]
  • うわさのAQUA-Uを使ってみた その2
  • 顧問のタナカカツキです さっそく遊んでみました〜〜〜 石を使ってレイアウトしてみますできるだけキメの細かい平べったい石を集めて、縦に差すように配石 小型水槽ですので、あっというまに空間が埋め尽くされてしまいます配石終了〜〜〜 ソイルをザザザ〜〜〜 こんなかんじかな〜〜 底面フィルターがまだ見えておりますので、もう少し足します [続きを読む]
  • うわさのAQUA-Uを使ってみた その1
  • 顧問のタナカカツキです GEXから発売された、うわさのAQUA-Uを使ってレイアウトしてみました 不思議な構造をしておりますね 左の白いタワーの中に、フィルター、ヒーター、 CO2の配管などインすることができます 配管や配線が水槽から見えなくなって、水景だけを楽しめる画期的な水槽です(加藤水槽さんの特許使用) 水槽サイズは18×18×23センチと小型です 中身はこんな [続きを読む]
  • 美しくないと買わない その2
  • 顧問のタナカカツキです 前回のつづきです 私たち水槽学部がよく行くお店、京都のWASABIさん いつ行っても、ほんまキレ〜〜〜! メンテンナンスが行き届いております 水草の状態もよく、お店も明るく 完璧に美しいレイアウト水槽が維持管理されていますね〜〜〜 うっとり… こういうお店に来ると、本来アクアショップというのはこうでなきゃ!って思います ショップの展示水槽 [続きを読む]