あがた めのお さん プロフィール

  •  
あがた めのおさん: フランスの田舎暮らし
ハンドル名あがた めのお さん
ブログタイトルフランスの田舎暮らし
ブログURLhttps://ameblo.jp/tsuguminokazoku/
サイト紹介文フランスの北ブルゴーニュ、ヨンヌ県のピュイゼ地方の生活をご紹介するブログです。
自由文日本ではまだあまり知られていないピュイゼ地方の地理と歴史について記事を投稿します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供205回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2010/10/31 06:38

あがた めのお さんのブログ記事

  • 今年のリンゴ摘み
  • 午後からこの地方にも暴風雨が来るというので急ぎリンゴを摘みました。 スウエーデンからケータイ作家さよこさんがコメントくださったように今年はリンゴの大豊作。リンゴ農家では例年の五倍も採れたそうです。ウチの二本のリンゴも生り過ぎて枝が折れそう。夏の間晴れ続きで旱魃になってしまったので絶え間なくボトリ、ぼとんと実が落ちてました。なった実のあらかた5分の4は落ちてしまった。 落ちたリンゴの一部。傷んだ部位 [続きを読む]
  • めのおの少年時代 その⑤
  • 昨日は樋を板に組み付ける作業をしました。 物置と境の金網の隙が狭く作業し難いので事前に組み付けておいて板を柱に止めるだけにしておくためです。 さて「少年時代」のつづき↓ 隣の平塚の家との境には柾(マサキ)が植わっていて大人の背丈ぐらいの高さに育っていた。この垣根はウチがこの土地へ引っ越した後に植えられたもので、次に書く記憶からすると引っ越した当初には垣根がなかったのだ。 その記憶というのは、めのお [続きを読む]
  • めのおの少年時代 その④
  • 物置の工事は進んでいます。 屋根は天然石のスレートで葺く予定ですが、数が足りません。 正常な矩形をしたのが50枚。あとは端切れなんです。どうするか? 思案中。 スレートは素人が葺くと隙間から雨漏りがするので、まずはビニールシートで予防措置。 昨日は食品の買い物ついでに、塩ビの樋を買ってきました。 大工仕事を今日も続ける前に、「少年時代」の続きを↓ 少年時代に住んでいた家の庭に生えていた木について書い [続きを読む]
  • 薪置き場を作ってます
  • カーポートと隣の家との隙間に、手押し一輪車、シャベル、犂など庭仕事の道具と、ストーブの薪置き場を作ってます。 水曜まで晴天続きの予報なので、雨期の前に工事をやってしまう予定です。 10月に入ると雨が多く、朝晩はもう寒いので、ストーヴの薪もデリバリーで薪屋さんは大忙し、とニュースでやってたので、ウチも負けずに早いとこ雨対策と冬支度を終えてしまわねば……。 柱は昔買って残っていた8cmの角材を3本。 [続きを読む]
  • 夏の終わりのポタリング
  • 日本は非常に強い台風21号の被害が関西地方に出ているとの報道を見ました。風速50m以上というのは凄いですね。日本は秒速表示で、こちらは時速。最近ではハワイで250km/hがありました。秒速50mは時速で180km/h。台風の勢力が衰え、これ以上被害がでないよう願ってます。子供の頃は東京もしばしば台風に襲われることがあり、庭のコスモスや板塀が倒されたりしました。暴風が怖くて柱にしがみついてたこともあ [続きを読む]
  • 環境大臣の辞任
  • ニコラ・ユロ(Nicolas Hulot) 環境大臣がついに辞任した。昨年の入閣時、フランスはノートルダム・デ・ランドの空港建設計画問題を抱えていたので、ナントの南のこの土地が稀少な動植物の生息地だと空港建設に反対する主に青年たちが小屋を作って棲み込み、2年前には排除に出動した機動隊の放った催涙弾の直撃を受け一人の青年が死亡する事件が起きた。 ニコラ・ユロは環境保護を訴える市民運動の中心的存在だったのでもちろ [続きを読む]
  • めのおの少年時代 その③
  • 町名変更前の西大久保二丁目の区域は山手線と明治通り(現東京メトロ副都心線が下を走ってます)、職安通り(現都営大江戸線が通ってる)と新大久保駅から明治通りまでまっすぐ繋がる駅前商店街に囲まれた範囲だった。(前回、ウチのあった位置が大久保小学校を挟んで南北と書いてしまいましたが、東西の間違いだと思います)。小学校時代のめのおは、ともかくこの範囲内で寝起きし、食べ、通学し、家に帰りカバンを置くと、近所の [続きを読む]
  • めのおの少年時代 その②
  • 幼児期から少年期にかけて戦争というものを意識したのは、幼稚園の門の前、明治通りを戦車が轟音を立てながら通るのを見たとき。それに夕方遊び疲れて掘立小屋のラジオの前に寝ころび少年向けのラジオドラマ(たとえば怪人二十面相だとか)を聴いてる間に、シベリアに抑留されていた人々が帰還船で舞鶴港に着いた報告が毎回同じ音楽と共に流されること。 そして新宿に親に連れられて買い物に行くと三越の前などに白い傷病兵の服 [続きを読む]
  • めのおの少年時代 その①
  • 前回、子供の頃住んでいた家の裏庭に小さな菜園があり、トマトやさやいんげんを栽培していたと書きました。 トマトをきっかけに少年時代のことを少し書こうと思います。 めのおが少年時代から青年期、二十歳を迎えるまで住んでいた所は新宿区の西大久保駅の近くにありました。歌舞伎町から池袋寄りに山手線を一駅行った辺り。当時は町名が新宿区西大久保二丁目でした。町名変更があって現在は大久保一丁目と変わってます。一帯 [続きを読む]
  • 枝打ち
  • しばらくご無沙汰しました。好天が続くうちに外の作業をやってしまおうと毎日庭仕事をやってました。金曜から急に寒くなりました。34〜5℃から24〜5℃へ。温度差は10℃もあります。日曜の今朝はさらに下がって13℃でした。今はもう秋の気配ですね。 先週は庭の木の枝打ちを主にやりました。枝が伸びすぎて他の木の邪魔をしたり、屋根に覆いかぶさったりしてるので切ると決め、最初の2本は切った枝葉はすべて粗大ごみ集 [続きを読む]
  • トウッシー村の朝市
  • 久しぶりに朝市に行ってきました。毎週土曜に朝市が立つトウッシー村( Toucy )は先日の青空市のメジーユからさらに10km先の隣村。日本帰還を計画したりして留守が多かったので、朝市は3年振りでしょうか? ヴァカンス中のせいか大変な人出でした。 全部のスタンドじゃありませんが近隣の菜園で作ってる人が野菜を直売してます。今日は、トマト、胡瓜、さやいんげんがお目当てです。ここしばらく、スーパーで売ってる野菜 [続きを読む]
  • 若いチャンピオンの誕生
  • 8月3日から12日まで2週間にわたって行われたヨーロッパ選手権について忘れないうちに書いておこうと思います。今年は世代交代の年でした。なによりも史上最年少(17歳)のチャンピオン誕生にヨーロッパは沸きました。8月10日(金曜)に行われた陸上男子1500m決勝で優勝したノルウエーのヤコブ・インゲブリグセン Jakob Ingebrigtsen は2000年9月19日生まれ。17歳と11か月、史上最年少のチャンピオンと [続きを読む]
  • メジーユの青空市
  • 今年もまたメジーユ(Mezille ) の青空市が巡って来ました。 ヴァカンス中のパリジャン、ドイツ、オランダ、英国など周辺の国からの客が多いです。土曜、日曜と2回行ったのですが、土曜はお年寄りが多かった。 車の突入を防ぐためのテロ対策。県道に開いた2カ所に藁が積んであった。藁でもこれだけ固めてあると重いです。 背景の建物はメジーユの市庁舎↑ 先週は毎日35〜6℃の猛暑が続きました。日中はもっぱらヨーロッ [続きを読む]
  • 11か月振りのポタリング
  • 日曜でクルマの往来も少ない昨日の午後、久しぶりにポタリングに出かけました。 昨年「樫の大木」と題して投稿したポタリングは9月10日のことでしたから11か月ぶりですね。膝を打ってから自転車を漕ぐにもガクッときそうで怖いので2kmとか8kmとか短距離を試しに走っただけでした。 昨年9月10日と同じコースを走ってみようとお昼を済ませるとすぐに出かけました。直射日光下では40℃近くもあって暑いですが、この [続きを読む]
  • 毛虫退治とロングホース
  • ベナラ事件の国会調査委員会、上院では続けられますが下院の方は野党共和派LRが要請した 証人喚問を与党LREMが議長権限で退け、調査終了を宣言しました。 国会は夏休みに入ります。昨日の下院議会で労働法の一部改正案が賛成多数で可決しました。 企業を自分の意志で退職した場合も失業手当が支給されるという法律です。ベナラを尋問している予審判事は一昨日、本人立ち合いの許、パリ郊外のベナラの自宅を家宅捜査しまし [続きを読む]
  • 快い木陰
  • 先日の強風でリンゴの実がたくさん落ちました。落ちたのは虫に食われたり傷んだりした実。今年は生り過ぎなのでリンゴの実の間引きをしました。 コートダジュールやリヨン周辺では日陰で35℃以上、ところにより40℃もの酷暑が続くフランスです。 めのおが住んでる地域は森が多く冬は寒いですが夏は幸いなことに適度な暑さで夜も寝苦しいことはないです。陽射しの下では暑すぎ汗が出ますが、木陰は適度な暑さ。毛虫にやられた [続きを読む]
  • Benalla 事件、調査はつづく
  • Benalla 事件は相変わらず調査が続いています。31日の朝、上院(Senat )でマクロン大統領の右腕ともいうべき国会担当大臣のカスタネール氏が調査委員会に招集され答弁しました。ベナラの懲戒処分は職務停止だけであり給与は支給されたと答えています。 並行して下院では、野党の共和党と社会党が提出した内閣不信任案動議が票決にかけられます。与党のLREMは絶対多数を有しているので否決されるのは明らかですが野党はそれ [続きを読む]
  • TDF シャンゼリゼ・ゴール
  • 今年は初めてモンテーニュ通りからシャンゼリゼに入った。この通りはシャネルはじめ名だたる化粧品、ファッション・メーカーが軒を連ね、ホテル・プラザ・アテネ、コンサートホールのテアトル・ド・シャンゼリゼがある超豪華な通り。 最終日の伝統どおりスタート直後シャンペンが振る舞われた。並んで語らいながら最後のレースを楽しむ選手たち。3週間の激闘を終え和み合う。 乾杯するSKYチーム↑先輩のフルーム選手と優勝を [続きを読む]
  • TDF 最終日
  • TDF (トウール・ド・フランス)は今日が最終日、パリ西郊外を12時半スタートし、コンコルド広場→シャンゼリゼ→凱旋門→シャンゼリゼ→オルセー美術館対岸のセーヌ河岸経由しルーヴル美術館地下駐車場入り口の地下道を抜け、リヴォリ通り→コンコルド広場のコースを9周して凱旋門前でゴール。今年の優勝はTDF半ばからイエロージャージを着て走った英国のゲラン・トマス。SKYチームのクリストファー・フルームが途中から [続きを読む]
  • 木登り用具
  • 昨年来気になっていた伸びすぎた木の枝の伐り落しをついに実行しました。真っ先に伐りたかったのは隣家の裏庭の幅半分まではみ出して伸びてるアトラス杉の枝です。枝の位置はそれほど高くないのですが、足場の台に上ってチェーンソー付きの長い竿を使ってもほんの少し届かない高さにあります。そこでインターネットとスポーツ店とで先月から少しずつ買いためた登山用具を使って木登りをトライしました。下が木登り用具一式です↓ [続きを読む]
  • TDF とベナラ事件
  • 昨日のTDFはコロンビアのキンタナが5年振りにステージ優勝を果たしました。 個人総合で何度かシャンゼリゼの表彰台に立ったこともあるキンタナですがここ数年揮わず、昨日のピレネーの登坂コースで溜めていた力を一気に発揮し実力を見せつけた。 全コースの8割が上り坂で時に11%の勾配も。平均9%の急坂という大変な難コースでした。ここ数年連続優勝していたクリストファー・フルームもゴールまで20km近くで舌を出 [続きを読む]
  • ベナラ事件
  • 去年はTDFレース中に応援に駆け付け並走したマクロン大統領だったが今年はピレネーで予定されていた応援をキャンセルした。それというのも今国会を揺るがせている事件がマクロン大統領の身辺護衛アレクサンドル・ベナラが起こした暴力事件だからだ。 デモに参加した青年に暴力を揮うベナラ ↑ 真ん中のヘルを被り白いマフラ様のものを出してる男がベナラ 憲法改正案を審議する筈だった国会がこの事件のために中断、野党(右 [続きを読む]