jun さん プロフィール

  •  
junさん: サラリーマン大家で手取り月収50万を稼ぐ
ハンドル名jun さん
ブログタイトルサラリーマン大家で手取り月収50万を稼ぐ
ブログURLhttp://yms-partners.seesaa.net/
サイト紹介文サラリーマン大家で手取り月収50万を稼ぐブログです。銀行融資(アパートローン)の最新情報も
自由文サラリーマン大家で手取り月収50万を稼ぐブログです。銀行融資(アパートローン)の最新情報と物件の分析方法も提供いたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2010/10/31 17:08

jun さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ■スルガ銀行の不動産投資向け融資緩和(軽量鉄骨と木造)
  • スルガ銀行の不動産投資向け融資緩和(軽量鉄骨と木造)スルガ銀行のアパートローン融資に変化があった模様。軽量鉄骨造の物件に対する融資期間が50年マイナス築年数となります。・築20年の中古物件であれば、融資期間30年。 50年−築年数20年=融資期間30年・築25年の中古物件であれば、融資期間25年。 50年−築年数25年=融資期間25年今回のスルガ銀行の融資緩和により良質な軽量鉄骨造の物件は、狙い目となる。金利は、原則4. [続きを読む]
  • 「あすか信用組合」の融資情報! ユニークな信金信組情報。
  • ●あすか信用組合●半年ほど前からあすか信用組合で不動産投資向けのアパートローン融資を受ける投資家が増えています。あすか信用組合は、東京都新宿区に本店を置く在日韓国人系の信用組合である商銀信用組合です。あまり聞きなれない金融機関ですが、意外に営業エリアの広い信金信組である。あすか信用組合の営業エリアは下記となっている。東京都内、埼玉県、北海道、青森県、秋田県、岩手県、宮城県、福島県北海道や東北各県に [続きを読む]
  • 地方RCをスルガスキームで購入させられて自己破産へ
  • スルガ銀行と結託した不動産業者に騙され自己破産する不動産投資家が増えているそうです。典型的なスルガスキームに嵌められています。表面上は積算評価が高い地方のRCをスルガ銀行の3.5%or4.5%の高金利な借入で買わされて、間もなく家賃の下落、空室、修繕負担で収支が回らなくなりデフォルトとなります。スルガ銀行結託業者が、なぜスルガ銀行の融資を利用させるかといえば融資付が楽だからです。さらに融資承認ロジックが単 [続きを読む]
  • Airbnbの周辺ビジネスのほうが儲かっている
  • Airbnbなど民泊に参入する不動産投資家も多いようですが、Airbnbの周辺ビジネスのほうが儲かっているようですね。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−沸騰シェアリングエコノミー「民泊」湧き出す代行業、エアbnb契機、VB玉石混交、ゼンスなど、便利と安心両立探る。 「もうかって仕方がない」。インターネット不動産業を営むベンチャー企業リーウェイズ(東京・渋谷)の巻 [続きを読む]
  • ■八千代銀行のアパートローン情報
  • 昨年の後半から八千代銀行が不動産投資向けにアパートローンをパッケージ化して力を入れています。<八千代銀行アパートローンの概要>■金利条件:1.5%〜2%前半■融資期間:木造 最長30年     :RC・鉄骨 最長35年■融資エリア:東京都と神奈川県の支店のあるエリア、千葉県と埼玉県は東京寄りの一部八千代銀行アパートローンの物件評価については、路線価をベースに収益評価を加味する。対象不動産の評価を出す [続きを読む]
  • ■シティバンクの不動産投資向け融資<br />
  • ■シティバンクの不動産投資向け融資 外資系のシティバンクが、収益不動産向けのアパートローン融資に力を入れています。特徴は、法定耐用年数を超えた木造物件にも融資をしてくれる。・融資エリア:東京、神奈川、千葉、埼玉(3県は東京寄りのエリア)・属性:年収700万円以上・金利:2%半ば・融資額:規定上は1千万以上1億以内(例外あり)若干、変わったところがあり、アパートの場合には小ぶりな物件を好む。築30年以内の [続きを読む]
  • ■大光銀行のアパートローン融資情報
  • 大光銀行は、新潟県の地方銀行であるが、都内と横浜市、大宮市にも支店があり支店のエリア内であれば融資が可能となる。大光銀行のアパートローンの融資実績が私の友人の間でも増加しています。金利は、2%前半が多い。属性が良く金融資産が多ければ、1%後半も十分可能。融資期間は、最長30年となる。融資金額の上限は2億円まで。千葉銀行と同様にメインバンクとして融資することを重視したい意向がある。個人向け融資であれば [続きを読む]
  • 過去の記事 …