さいさん さん プロフィール

  •  
さいさんさん: きのうはやあるきのじいさんにおいぬかれる
ハンドル名さいさん さん
ブログタイトルきのうはやあるきのじいさんにおいぬかれる
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/sightreea6583
サイト紹介文大会参加、走行記録等々を淡々と綴る予定でしたが・・・。嫌いでなければどうぞ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供306回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2010/10/31 23:47

さいさん さんのブログ記事

  • 確かに与えられるものではないが
  • 勝ち取るものかと言われると、どうだろう。ぼおっとしていては得られないが、勝ち取るということばとはちょっと違うようにも思う。平和に勝ち取るだから違和感があるだけなのか、よく分からない。ただ確かに、与えられるものではなくて、そのための努力は必要だと思う。いくら防大とはいえ卒業式の訓辞として、平和は勝ち取るものだというのを、いわば上に立つ者が言ってのけることそのものにも問題が無いわけではないように思うの [続きを読む]
  • そして、ただいま
  • 昨日がリハ最終日そして最後のリハ庭。同室の方が漕ぎ始めていた。紅白のハナミズキでお見送りを受けた。荷物の片付けやらお世話になった方へのお礼も済ませた。久々のタリーズ。そして、朝。最後の最後にもう一度周回。外出も含めると計1201キロ。ツツジが咲き始めたのを発見。そして。ありがとう。ただいま。 [続きを読む]
  • はやおくり
  • 気分的に膠着状態の昨今。これまでの先の見えないとか先が長いとかそういう状態のときとはまた別の怠さ。3月の日曜日は所用をこなすための外出が増えたが、そのついでによく外を漕いだ。これも自主訓練の一環ということで。その1。日がまだ高いので自宅を出て川へ行くことに。川までまだまだだが、支援学校前の桜に思わず止まる。五分かそれ以上か。なおも漕ぎ続け、漸く郊外電車の終点駅近くから川へ。この坂は急すぎるので回避 [続きを読む]
  • 病室の窓から
  • 途中、部屋替えがあったとはいえ、約5ヶ月この景色を見続けた訳で。入院して10日目の朝。鱗雲に思わず見とれる。これは初日の出。病室で迎えたなあと。まだまだ(寒さも気持ちも)厳しい1月。冬の空はやはり冬の感じが目一杯する。2月13日の夜明け前。これも。そして。2月13日の夕方。この日は何があったんだろうか。転院して3ヶ月。まだ残り2ヶ月。椿さんの前あたり。まだ寒い。3月の日曜日。お天気が良い気温も上が [続きを読む]
  • かりずまい
  • 病室は四人の相部屋で、途中1月に部屋替えはしたものの、ここで5ヶ月過ごした。これは同室の方が退院してから撮影したものだが、大体こんな感じである。儂の場合はテレビなしの台になる(因みにテレビは有料)。テレビの代わりに必要だったのがPC。ネットショッピング買い物をするときとかだけ、スマホでテザリングしたが、セキュリティのないフリーの無線ランが使えたので普段はそれを使った。転院前のK病院のときは動画でニ [続きを読む]
  • 長い寄り道
  • 退院前なのにとは思うが、ストイックにする理由はない。職場に用事ついでに海まで漕ぐ。外出時の寄り道が多いことよりも、20キロ行かずに偉そうに惚けることの方が問題かもなと想いつつ。20キロ行かんかった割には長い間呆けていた。退院前なのにここまでの風景に出会えて気が引けるというのも確かにあるが、ちゃんとリハはやっているし、あくまで寄り道の範疇ということで御了承を。今日O先生ラスト。5ヶ月もの長期に渡りあ [続きを読む]
  • 三江線一部だけトレースしてみた
  • 去年の秋。三江線トレッキングって云うイベントがあったらしい。丁度国体ボラと重なり断念せざるを得なかったのだが。この三江線は、今年の3月に廃線になるとかで是非行きたくて。で、走れなくても全部乗っても良いやというぐらいに思っていたのに、やっぱ走りたい、ということになって。で、石見銀山の翌日決行する日程に。早くに寝たわけではないが、結構夜中から目が冴えて。で、30分以上前にチェックアウト。昨日買い出した [続きを読む]
  • 介助なしではいかんらしい
  • ある記事を見つけて問い合わせるも。車椅子マラソンでそこそこの距離を漕ぐ大会はレース用車椅子を対象としているものが多くて、所謂いつも使う車椅子での参加が可能なものはなかなか見あたらなくて。で、ウォーキングなら大丈夫かこれ結構歩く(40キロ以上)し制限時間も歩く人用になっているし(現在の儂の漕ぐペースではギリギリなのだが)と思って。丁寧に対応していただいたが、参加はしてもいいが、やはり介助なしではいか [続きを読む]
  • 丁度テスト前の心境
  • 実はスランプ。退院カウントダウンの手前からモチベーションが今ひとつになって、以前より一日一日を喘ぎ喘ぎ過ごしている感じ。リハは何とか集中してやっているが、朝の自主トレ(立位でのストレッチ)は休みがちで、合間に行うリハ庭漕走も何とか最低限。では他に何をするのかと言われても何をするでもなくただ時間が過ぎるのを待っている感じ(間食の量が・・・)。天気はいい。朝日と夕日を眺めつつ過ごす。ただ、気持ちの上で [続きを読む]
  • ラン後の補給〜自宅にて
  • 家呑みは、つまみの種類と量が外呑み(ラン後の補給〜外出先にて:2月4日投稿)と異なる。要は食べ過ぎやすい。どちらかといえばヘルシーなもの。値段が高いとか珍しいとか。スナック菓子はいくらでも入るので危ない。唐揚げを初めとした「油」もときどきえらい目に遭うことが。基本は夕食のおかずを先に頂くというパターンである。珍しく炭水化物を摂取することもある。かなり特別な日。炭水化物自体はスナック菓子喰うから珍し [続きを読む]
  • 時代は違っていても
  • 入社式の記事をちらほらと見かける。儂もかなり違和感があるのだが。親ははっきりいって仕方がない。そこで、子が「来るなや」って言えるかどうかが大事だと思う(個人的にはこれが一般的なのではないかと)。実際に来ることになるかそうでないのかは兎も角として。外の場でそれが言える感覚って大事だと思うんだが。所謂外ではなく内側で親子関係がどうこうということまでは別に問わないので、せめて。 [続きを読む]
  • 時代が違っていても
  • 少し前のニュースで見た。いけないのは当然だったが、昔なら当たり前のようにあっただろうと思った。儂の場合は、就職活動と平行して院の受験も準備していた。自分の大学ではなく別のところ。自分のとこは難しくて受けなかっただけだったが、担当の教官からは結構いろいろ言われて、しまいには卒業させないみたいなことまで言われた(本当)。ゼミなんかでの指導も、厳しいと言うより単に嫌がらせみたいに感じることも普通にあった [続きを読む]
  • どう区切りをつけるか
  • 以前のように、走れなくなったからだけではないですが、本ブログについてはいろいろ考えることもあって。実際「遠くへ」のカテゴリーは後1回分(三江線トレースの記録)だけになったこととか、gooのブログは画像掲載の容量が3GBまでで、もう2/3超えているという現実的な事情とかで、ぼちぼち区切りが必要かと思っているのは確かで。公開しつつも、もともと自分の足跡の記録代わりそして半分遺言状代わりというつもりでい [続きを読む]
  • 10000
  • 一昨日の時点で「マジック86」だったが、昨日の午前中で達成。12月にリハ庭漕走が解禁になってから4ヶ月。途中、病棟での歩行訓練中心になった期間もあったが、3月末までで無事に10000周漕ぐことができた。1周は約100メートル。冬の寒い時期から黙々と漕いだ。路面凍結で中止にさせられたこともあった。青空を見上げ、遠くの山を見て気分を変えた。サクラやコブシの花が咲くまで頑張ろうと(正確には咲いて散る頃か [続きを読む]
  • 205
  • 少々情けない話になるが、先日、家人と揉めた。感情的になった。何時間経っても血圧が下がらんかった(車椅子で「転倒」した日で経過観察で測定しなければならないようでこれが相当困った)。次の日は祝日だった。雨のつもりでいたら降ってなかった。朝食後リハ庭へ。黙々と漕いだ。100の積もりが120になり150になり180になった。1周1分のペースで結局205周漕いだ。約3時間20分。倒れたのはまだ夏の終わりだっ [続きを読む]
  • 2018年の桜の頃
  • リハ庭の別名称はヒーリングガーデンというらしい。正式名なのか通称名なのかはよく分からない。庭の中心にはオオシマザクラ。退院まで2ヶ月の2月14日。3月に入る。退院まで1ヶ月。まだ変化と云うほどの変化はない。春分の日。その翌々日より。一気に。春分の日から一週間後。白い花びらが青空に映える。リハ庭にやってくる患者さんも増えたように思う。 [続きを読む]
  • 2014年の桜の頃
  • 写真整理してこれも出てきたのでアップ。3月末の堀之内。恐らくこの後「一人花見」したはず。石手川。こちらは吉藤の池。恐らく道後で歓迎会があったから、山越えルートで走っていく途中に撮影したのだろう。同じ日の松山神社。徳川家康が奉られている。道後はすぐ傍にある。 [続きを読む]
  • 石見銀山街道
  • 2017年の残り1日の夏休みを取って対岸へ。「遠くへ」のカテゴリーでは最後から二つめのラン。見慣れた風景である。この日は、ニューザッグ。この容量が丁度良い筈(結局この1度しか使わんかった)。呉から広島へ。バス待ちでしばらく走る。城の周りを走り、聖地を訪れ、朝御飯食べてバスターミナルへ。いよいよ。石見川本までは、広島から大田行きのバスに乗った。途中長めの休憩があって、割合お客さんも乗っていて。県境を [続きを読む]
  • フラットな道、狭い道、交通量の多い道、坂道、通れない道
  • 週末、午後から病院が停電になるというので外出許可を得る。エレベーターが使えないからリハの内容に影響するためで、代わりに外出して自主訓練。職場を目指して漕ぎ始める。とりあえず、外環状線まで出て歩道を漕ぐ。こちら側に出るのは初めてか。宇和海が通る。このまま行くと行き止まりというところで右脇に待避道。しかしかなりの急斜面。どきどきしながら降りる。スタジアムでトイレを借りる。川を越えて外環状終点まで。ここ [続きを読む]
  • 現状維持
  • 家人は2年契約が終わろうとするauを継続するかMNPするかで検討をしている様子だが。儂の場合、2018年3月現在で小さい方はFOMA(通話のみ月980円で1000円無料分付)とso−netの0円sim(データのみで500MBまで無料)の2枚差し仕様に改造したXperia(SO−05D:3.7インチ)とネットとか電子書籍閲覧用にしているヤマダ電機のsimフリースマホEVERYPHONE(EP−171 [続きを読む]
  • 開花
  • 転院したときから待ち焦がれていた。リハ庭真ん中に咲くオオシマザクラ。そして一日遅れたが卒業おめでとう。充実した4年間だったのだろうかと。先で顧みて懐かしめたらいいのだが。 [続きを読む]
  • 乖離
  • 先日のこと。前にいた病院に受診。休職の経過報告に診断書がいるのだが、受診の上でということになった。いつもながらの大混雑。前は9階の病棟にいたのでここには特に思い入れはないものの、やって来た感はある。お世話になった看護師さんやリハの先生とか親身に対応してくださった神経内科の先生や話し相手になってくださった研修医の先生はこの建物の中にいる。いるが会うことはない。会いに行く時間的な余裕もそうしていいとい [続きを読む]
  • 今年の黄の色と土の筆
  • 先週の外出(自主訓練)。車の多い通りを避け、一本筋を外して近くの札所を目指す。と、突然の急勾配。全く上がれず、後ろ向きもだめで結局傾斜がやや緩い脇の道から上がる。門の前の橋。これもどきどきしたが何とか越える。まだ1キロぐらいなのに冷や汗の連続。漸く川沿いの自転車道へ。山に向かって漕ぐ。一旦降りてまた川沿いへ。追い風プラス平坦で路面の状況も良いが、知らず知らずのうちにかなり登っているらしい。あまり進 [続きを読む]
  • なにやってもあかんとき
  • 雨の外出全く止まず、診断書1枚に3時間、休日の予定二転三転迷惑掛けました、便秘→浣腸2個も完全除去ならず、うっかり転倒プラスその後の(病院だから当然の)丁寧な(しつこいぐらいの)指導と入れ替わり立ち替わりの言葉掛け、家人と喧嘩、夜になっても転倒に伴う処置(バイタルチェック)→血圧が下がらん・・・(原因は転倒ではないなあと)。一昨日から続く。まだ治まらない。まだまだくるか。もうええってば。さっき3時 [続きを読む]