dreamline さん プロフィール

  •  
dreamlineさん: ホビーばんざい
ハンドル名dreamline さん
ブログタイトルホビーばんざい
ブログURLhttp://dreamline.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文鉄道模型のある日常を綴っていきます。いつのまにやら50代後半に突入です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2010/11/01 15:57

dreamline さんのブログ記事

  • 特急あさしお 蘇る!
  • KATOの181系が再販されたせいか山陰と同じような冷たい雨が降っているせいか突然あさしおを走らせたい衝動にかられて久々に復活運転です。ワオ!止められません。この車両ホンマ好きですわ。整備中のレイアウト一番の見せ場大カーブに差し掛かりました。ウヒャー風を感じる。エンジンの咆哮を思い出しますねえ。アレレ・・・電連がない!これがよくなくなるですよ。作りかけのトンネル(笑)にあっという間に吸い込まれていったの [続きを読む]
  • キハ58系 KATO 新規編成調達!
  • 毎回のように再生産されるごとに購入しています。最近はDCCサウンドに飽きがきてしまいもっぱら車両のリアリティ追及で雑な工作に傾倒中にて今回はアナログ用に2両編成の新規調達となります。 いきなり完成披露です。 例によってバラバラにして床下や台車、屋根上はすべて塗装してプラ臭をなるべく消し去りました。汚しすぎは記憶の中の車両と異なるので墨入れ程度にしています。 台車と車輪、床下機器も写真を参考に、細かく大 [続きを読む]
  • ヨ8000 KATO
  • KATOのヨ8000が入線しました。本日もいきなりバラバラです(笑) 下回りと屋根上はすべて塗装しました。そしてマスキングして手すりやステップの一部を実物の写真を参考に白色に着色しました。 バラしてわかりましたが、中にはこんな大きなコンデンサーが組み込まれていたんですねえ。2軸貨車の安定集電には欠かせない技です。テールライトがちらつきもなく鮮やかに点灯するはずです。 いきなり組みあがりです。 コンデンサーを [続きを読む]
  • ED62 KATO
  • KATOのED62を購入してきました。 いきなりバラバラです(笑) こんなんになりました。いつものように下回りと屋根上(パンタ周辺)を塗装。エアホースを取付けてと・・・あとは・・・かなり手を抜きました(笑)でもいい感じの顔つきになりました。 誘導員手すりが太くてみっともないのでこれは真鍮線に置き換えたいと思います。 こちらは・・・KATOではありません。ずっと昔に入線済みのトミックス製です。固定式レイアウトが [続きを読む]
  • ロクヨンセン  整備完了!
  • TOMIXのEF641000に手を入れてみました。といっても大昔に中古で購入した初期ロット品です。 下回りの塗装と色差し、屋根上機器の塗装手すりを真鍮線に置き換えるなど今回も前回とほぼ同じパターンです。 だいぶ良くなりました。信号炎管は真鍮製に交換しましたが、まだ塗装していません。 動輪の塗装と台車の塗装はきわめて効果的です。ぐっとリアルになります。分解ついでに清掃と新しくグリスを充填しておきました。動力は快調 [続きを読む]
  • やっとできた クモハ12052
  • 長いことかかりましたがようやくできました。 手すりが曲がっていたり、色剥げはご愛敬ということで屋根の手すりもモールドを取りさり何とかしたいのですが暑くて意欲が湧きません。 例によって下回りは車輪も含めて塗装しましたのでだいぶ良くなりました。 屋根上も実車の写真を見ながら塗装しましたが、屋根はもっと濃いグレーの方が実物に近いかもしれません。もっとこてこてにしたいのですが・・・難しいですねえ。 最小曲 [続きを読む]
  • クモハ12 052 鶴見線 入線しました
  • 入線しました。当方の370Rの最小曲線を通過する車両としていつまでも走り続けて欲しいとの思いです。 走りもスムーズでライトの点灯も実感的です。 17m級の単行運転は当方の小レイアウトでは絵になります。 シート表現があります。シートは塗装しておいた方が室内灯を入れた場合いいかもしれません。いつものDCCの8ピンのコネクター付きです。 付属パーツはサボ受けのみで手すり等の表現も省略されています。よく見ると穴あけ [続きを読む]
  • 20系客車を弄る
  • ここのところこればかりやってます(笑) 車輪の塗装です。 こうなりました。重厚感がたまりません。プラ製HO車両の下回りの塗装は必須ですね。 20系カニ21を弄っています。カプラーはimonのHO-101に交換しました。エアホースは後で取り付けます。 見えにくいですが、乗務員室内はクリーム色で塗装しております。 内部機械室はタミヤの灰緑色のスプレーで手っ取り早く塗装しました。 屋根はグレーで塗装したあと墨入れと軽く [続きを読む]
  • KATO HB-E300系 を弄る
  • 当方も購入しました。 個体差でしょうか。走り出しがぐずぐずしていて低速だと軽快に走りません。かなり不満でしたが、台車をちょこちょこ弄り、しばらく走らせているとだいぶ良くなりました。こんなものでしょうか。KATOらしくありません。 外観や塗装はよくできていてさすがです。ただ屋根がピカピカのシルバーでプラ臭の漂う下回りが気になります。実車のいろいろな角度からの写真を探してトレーラーの方をまず弄ってみました [続きを読む]
  • タキ43000を弄る
  • 長らく放置されていたタキを弄りました。湿度が高く、塗装には不向きな天気ですが、車輪の側面を塗装して全体的に艶を抑えました。 初めに加工した方です。塗装に失敗して見映えは悪いですが元の艶々よりは実感的になりました。 後で加工した方です。車輪はマッハのメタルシールを筆塗りしたあとエナメルの艶消し黒を筆塗りしました。塗料の食いつきもよく、いい感じになりました。 カプラーはケーディー5に交換しました。こち [続きを読む]
  • 毎日毎晩 EF65を弄る!
  • どうしても気になるので手すりを0.3ミリで作り直しました。いきなり完成披露写真です。 こちらは2エンド側です。出雲のヘッドマークを付けてみました。かっこいいですねえ。 手すりの主張がかなり緩和されました。やはり0.3ミリくらいがいいようです。元の穴はそのままなので、少し緩いですが裏から水性ボンドで固定しました。カプラーは少し鉄の味わいを出そうとレッドブラウンを軽く噴いてあります。イメージがかなり変わりさら [続きを読む]
  • Nゲージ KATO EF65 1000 走る
  • ようやく車両工作を再開して、一気にやってしまいました。 塗り分けは16番と同じ東京機関区の機関車です。さすがにフックは見送りました。今回は実物の写真では汚れているようにも見えますがランボード上も黒く塗装してみました。 Hゴムの色も気にしていません。実車も白と黒が混在しているものもあるようですのでモニタの窓のゴムも黒く塗りつぶしています。この辺は昔からアバウトです(笑) 同じように墨入れと多少汚しました [続きを読む]
  • こんども同じ機関車ですが、Nゲージです
  • KATOのEF65 1000 後期形は同じですが、こんどの工作はNゲージです。小さいので、老眼には難易度が高い! バラバラにしました。 取付済みの手すりの軟質プラ感が嫌なので。 0.4ミリ真鍮線で作りました。 某社のクリーム色の色味が合いません。これはもう一度やり直しです。 スカートを工作します。前から購入していたこれを使います。 一部モールドを削り、0.5ミリの穴をあけて水性ボンドで固定しました。ホワイトメタルのエ [続きを読む]
  • EF65 1098号機 初工作の出来は?
  • 工作能力があるのかないのかよくわかりません。粗だらけですが、一応完成しました。ボナのナンバープレートを使い1098号機としました。 真鍮0.4ミリ線で手すりも作りました。 ボナのナンバープレートは未塗装のため、塗ってから磨きだしましたが、塗装が少し剥がれてしまいました。老眼だと見えません。(笑)立体的になり、いい感じです。 東京機関区の区名表示を何とかしなければいけません。 手すりを金属製に変えたり細か [続きを読む]
  • KATO EF10 24  走る!
  • EF10 24号機が入線しました。 お気づきのように数少ない写真を見ながら墨入れやウォッシングなどをして経年のヤレをを表現してみました。 下回りも弄りたい所ですが、この台車はバラすと特殊な集電板がやっかいでこれまでにダメにした台車があるものですから、下回りはそのままです。せめてこのプラ感だけでも抑えたいのですがねえ。 かなり強めに汚しているように見えますが肉眼ではほどよい具合です。先輪は工具箱の中に残って [続きを読む]
  • EEF65 屋根上と足回りほぼ完成!
  • 屋根上の作り込みはモニターが黒い東京機関区タイプに塗り分けました。この辺は何号機にするかにもよりますがまあタイプということにしておきます。 フックも効果的で初めてにしては上出来でしょうか。 いきなり屋根上の完成です ホイッスル、信号煙管や無線アンテナなどパーツは細かいものまですべて塗装し、実物の写真を参考に自分としては珍しく色を入れてみました。配管と細かいボルトは墨入れもやってみました。塗り分け [続きを読む]
  • KATO EF65 1000 後期形 HO 車両加工その2
  • 本日の作業は仕事終了後、2時間ほど。 屋根上のフックとスカートです。フックはスルーしてしまう人も多いようですが、実車では目立つので、やってみました。 フックはモールドを削り取り、0.3ミリの穴を開けて0.3ミリの真鍮線をUの字型に曲げて通して表現しました。何しろ初めてなので、こんなもんでしょうか。 必要最小限のタッチアップとフックは手塗りで済ませようと考えていましたが、考えが変わりました。特定号機にするわ [続きを読む]
  • KATO EF65 1000 後期型 HO 車両加工その1
  • KATOの EF65 1000 後期型を購入しました。 今までは車両に手を加えるといっても色差し程度しかやったことはありませんでしたが、本機は習作としていろいろと挑戦してみたいと思います。 まずはプラの質感が強烈に漂う下回りを。 バラバラに分解しました。 動輪の輪芯を塗装しました。メタルプライマーを下塗りしてから、艶消し黒を塗りました。 台車もメタルプライマーを噴いたあと、艶消し黒で塗装しました。半艶にすべきか [続きを読む]
  • DD16 300番台 タキ コトコト走る!
  • ずっと我家の暗闇で眠っていたトラムウェイのDD16 300番台の整備がようやく完了しました。 小さなレイアウトにはもってこいの機関車です。ただ精密さは今一つ。フニャフニャプラ製手すりの曲がりが気になります。雰囲気や密度の高さでは、Nゲージの方がリアルかもしれません。 先日購入したタキで遊んでみました。 とりあえず、そのまま線路上に投入です。値段と質感のバランスが取れたとてもお得なタンク貨車ですねえ。再生産 [続きを読む]
  • 急行「砂丘」走る!
  • TOMIXの急行「砂丘」が入線しました。なぜか大量に在庫があって購入してしまいました。(笑) よくできてますねえ。16番のあれやそれよりずっと雰囲気があって記憶の中の姿と重なって、懐かしさがこみあげてきます。 その昔岡山に行くときによく乗りました。とても遅い急行列車です(笑)鳥取駅の高架から因美線に入るととにかく揺れがひどくなったのを思い出します。 最近スーパーはくとに乗りました [続きを読む]
  • KATO クモハ41+クハ55 小レイアウトを走る
  • 前回買いそびれたクモハ41+クハ55が本日入線しました。この車両こそ小レイアウトにはピッタリのはずですが・・・ R490、R430ともに走りはスムーズでスローでも安定して走ります。仕様書最小半径はR370ですので、KATOの最急曲線いわゆる欧州規格R1でも大丈夫ということになります。ただ・・・ 直線でこの連結間隔はいただけません。Nの方がずっとリアルです。伸縮カプラーではないので、車両同士が接触しないよう [続きを読む]
  • TOMIX DF200 は小レイアウトを走破できるのか。
  • こんばんは。これまでの間レイアウトを何度も作っては壊しを繰返してきたため家人もなかばあきれた顔をしていますが、またしてもレイアウト製作に着手しました。 それは・・・ 16.5ミリのレール幅で日本型・欧州型問わず遊べる小スペース・小レイアウトです。 線路配置はオーバルの複線。レールはユニトラック2メートル15センチ×1メートル20センチのスペースに最大カーブR490(一部ポイントのみ550Rを使用)最小カ [続きを読む]
  • C11形蒸気機関車 入線
  • 久しぶりの更新です。鉄道模型はずっと続けておりましたが、方針転換をしまして、興味のある車両をひたすら購入するのはやめました。自分の好きな少数の車両のみの楽園を作ろうとNゲージも16番もレイアウトはすべて解体しまして小規模なレイアウトを作りながら遊んでおります。 そんな当鉄道には欠かすことのできない車両として小さい頃から慣れ親しんだC11形蒸気機関車がKATO・TOMIXのダブルで入線しました。 ともに精 [続きを読む]
  • DF50 茶色の記憶
  • たぶん3歳か4歳頃の記憶なのですが、今でも思い出すのがこの茶色のDF50機関車なのです。今回は2両購入しましたがうち1両を整備しました。母親の実家がある山陰線の駅のホームで待っているとどこか親しみのあるやさしい顔つきのこいつが現れ私の方へとやってくるのです。その機関車の姿と音がそもそも私の鉄道の原点なのかもしれません。幼少のころの記憶がより鮮やかに蘇るできのよさです。いつの間にか、機関車の色は朱色に [続きを読む]