杉篁庵 さん プロフィール

  •  
杉篁庵さん: 杉篁庵日乗
ハンドル名杉篁庵 さん
ブログタイトル杉篁庵日乗
ブログURLhttp://blog.sankouan.sub.jp/
サイト紹介文杉篁庵主人は、定年で隠居した無為徒食の渡世人です。日々感ずるところを記します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供336回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2010/11/01 21:20

杉篁庵 さんのブログ記事

  • 思ひ草
  • 紫の露に濡れたる思ひ草思ひの色のいよよ濃くせる 横雲人知れずしぼる涙に思ひ草思ひの色に染めらるる秋 横雲 [続きを読む]
  • 片時雨
  • もみぢ葉に降りみ降らずみ片時雨ぬるるおもひや袖の染まりぬ 横雲ふりそめて袖に時雨るる神無月むかしをこふる色やまされる 横雲 [続きを読む]
  • 冬に入る
  • もみぢ葉を散らす時雨の音寂しふりゆく身にも冬のきにける 横雲水鳥は冬に入りたる池のおもうきねをぞなく恋をするかな 横雲「題詠マラソン」の企画をひと段落にして、こちらにも王朝風和歌を横雲の名で、一日おきに2首のペースで、100首ほどを詠み記そうかと... [続きを読む]
  • 冬近し
  • ・未来(八慧)とりあへず楽しい未来夢に見てひと日ひと日を過ごす幸せ・動(八慧)逢えなくて季節が動き恨み葉の山の装い色を深める・マラソン(八慧)マラソンの完走報す弾む声少年少女に冬の微笑み 「題詠マラソン100首」の企画の2005年のお題... [続きを読む]
  • 色ながら散る
  • ・翼(八慧)風そよぎ歌の翼に陽のさして色ながら散る君の言の葉・留守(八慧)色づいた言葉がはらり神の留守眠る思いを掌に置く・静(八慧)秋の朝静かに明けて摘まみ取る舌にほのかに甘い椋の実 [続きを読む]
  • 傷の疼き
  • ・届(八慧)身を焼いた治りかけてる痒い傷疼いていても手が届かない・ナイフ(八慧)砂浜て拾ったナイフ錆びていて昔の傷が疼いたりする・進(八慧)大荒れの苦海の波にもまれつつ進んだ先に浄土はなくて [続きを読む]
  • 別れたのちに
  • ・巻(八慧)別れ際巻き戻してる思い出は出逢った頃の泪と笑顔・薔薇(八慧)立ち去った人の形見か本棚に枯れた白薔薇飾られたまま・暖(八慧)加賀染めの暖簾くぐれば茶屋街の夢幻世界へ登る階段 [続きを読む]
  • 天高し
  • ・占(八慧)この秋を独り占めする山頂に吹き上げてくる錦繡の風・計画(八慧)今の世は百年の計画けずに人の育たぬ為政の暗愚・食(八慧)小輩は衣食足りても恥知らず不平鳴らして天に唾する [続きを読む]
  • 高原
  • ・キャベツ(八慧)高原のキャベツ畑を駆け抜けた朝の陽射しは夏の味して・林(八慧)とぼとぼと林を抜けて見かえれば広い裾野は錦衣を纏う・胸騒ぎ(八慧)崩壊の胸騒ぎして目覚めれば落葉松散らす風のいきづき [続きを読む]
  • 秋日和
  • ・書(八慧)書きさしのメール消せずに時流れ往還のない空はピーカン・洗濯(八慧)買い換えた優しい声の洗濯機呼ばれるままの洗濯日和・罠(八慧)透き通る青い空には手の込んだ甘い罠など隠せはしない [続きを読む]