杉篁庵 さん プロフィール

  •  
杉篁庵さん: 杉篁庵日乗
ハンドル名杉篁庵 さん
ブログタイトル杉篁庵日乗
ブログURLhttp://blog.sankouan.sub.jp/
サイト紹介文杉篁庵主人は、定年で隠居した無為徒食の渡世人です。日々感ずるところを記します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供336回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2010/11/01 21:20

杉篁庵 さんのブログ記事

  • 春を待つ
  • 老いの身のね覚に春を待つここちして月影はあり明の空 横雲年ごとのたより途切れて梅蕾色のかたきや春遠くして 横雲 [続きを読む]
  • 寒烏
  • 風渡る梢の孤影寒烏翼垂らして一声啼きぬ 横雲大ぶりの冬の烏の影ひとつ梢にありて日の暮るるかな 横雲 [続きを読む]
  • 松明け
  • ふればこそ恋しかりけれうき雲の峰にわかるる松明けの空 横雲豊御酒のゑひ醒めてこそ松過ぎの色香の見えてうれしかりけれ 横雲 [続きを読む]
  • 初夢
  • 日ノ本の落つるを知るもとどめ兼ねひたすら落つや初夢の憂き 横雲初夢の覚めておぼろにはかなくもうつつのやみに惑ひぬるかな 横雲 [続きを読む]
  • 今朝の春
  •  歳旦三つ物(己亥元旦)  杉竹猪垣(ししがき)に輪飾りひとつ揺らしけり畔(ほとり)に若菜摘みゆく二人わが影の老(ふ)くも三界(さんがい)朧にて細き月かかる鳥居や大旦(おほあした)  杉竹 [続きを読む]
  • 薄氷(うすらひ)
  • 池水の泡をやどせる薄氷のあやふき想ひやがて消ゆるも 横雲薄氷をつつきて知るや今朝の冷え人の心のたのみがたきも 横雲 [続きを読む]
  • 霜晴の眩しき空に風のありちぎりの袖に木の葉の散りて 横雲散れる葉の色そめかへす今朝の霜わか言のはの色やかはらぬ 横雲 [続きを読む]