duck4 さん プロフィール

  •  
duck4さん: duck4のデンマーク留学
ハンドル名duck4 さん
ブログタイトルduck4のデンマーク留学
ブログURLhttp://duck4.blog74.fc2.com/
サイト紹介文デンマークのフォルケホイスコーレ留学の中に、フィールドワークをした内容を、1冊の本にまとめました。
自由文ヒュッゲの国デンマークのフォルケホイスコーレに留学をした、私は、多くの人々と出会いました。その留学の目的は、デンマークの教育、生涯教育、福祉事情を、学校、企業、福祉施設、農家、幼稚園を訪問して、フィールドワークをして、それを、一冊の本にまとめることでした。そして、日本にも、一生涯学べる、ホイスコーレのような学校の存在を、皆さんに知ってもらいたいと思いました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/11/02 21:24

duck4 さんのブログ記事

  • よく出会うカワセミさん!それぞれの羽事情!
  • よく出会うカワセミさん!定点ポイントの対岸には、カワセミさんが止まっていました。よく、このあたりで見かけるので、ここで繁殖をし、子育てをしていたのでしょうか。じっくりと、観察を続けていると、カワセミさんが飛びまわっていることに気づかされます。ボラのような小魚を取って食べているのかもしれません。(カワセミさん!)それぞれの羽事情!ところで、シンちゃんは一時、チンさんのように片足を引きずって歩いていた [続きを読む]
  • 前を歩くツガイのキジさん!?ついに羽が抜け始めるチンさん!
  • 前を歩くツガイのキジさん!?周りは茂みになっていますが、ヒトも歩く舗装された遊歩道。そこは、歩いているキジさんのペア。何も警戒されずに悠然と歩いているところを撮影できたのは初めてのことでした。後ろにいたduck4に気づいていたのでしょうか。どうやら、気づかれていなかったのかもしれません。その後、一緒に茂みの中へと隠れてしまいましたが、まるで、道案内されているような気持ちになりました。(前を歩くツガイの [続きを読む]
  • ハクチョウさんの羽が落ちている岸!
  • 早朝、6羽の滞在組のハクチョウさんたちが、岸に現れました。そして、ここには、白い羽が落ちていました。(岸に集まってきた6羽の滞在組のハクチョウさん!)そして、落ちている羽のほとんどが、もう換羽が始まっているいるミルクちゃんのものが、ほとんどではないかと思います。こうやって、目の前で羽繕いをしている時にも、古くなった羽毛を落としていました。(羽繕いをするミルクちゃん!)そして、骨折している羽の一部か [続きを読む]
  • 自分の縄張りを守るために鳴くモズさん!
  • 滞在組のハクチョウさんたちがいる七北田川では、オオヨシキリさん、ホオアカさん、そして今日紹介するモズさんとよく出会います。滞在組を探しに行く途中。茂みからけたたましく鳴くモズさんが、まるで機関銃で撃ちまくるような「キキキキキキキイ!」と大きな声を連発してました。すると、そのモズさんから数メートルも離れていないところに、もう1羽いて、鳴いていました。(「キキキキキイ!」とけたたましく鳴くモズさん!) [続きを読む]
  • ミルクちゃんの換羽宣言!ネコをじっと見つめている5羽の滞在組!
  • ミルクちゃんの換羽宣言!まだまだ若いよ。そんなミルクちゃんは、堤防を上がって来ます。そして、duck4の近くで立っていました。近くで、よく見ると、すかすかになっている羽もあるようです。(ミルクちゃん!)カメラで高倍率にして撮影してみると、2本ほど白くてピンク色っぽい羽軸が伸びてきています。どうやら、ミルクちゃんは換羽が始まっているようです。6月16日の夕方のことでした。翌日には、橋付近で、長くて立派なボロ [続きを読む]
  • まだ若さを保っているミルクちゃん!
  • ミルクちゃんもアドちゃん同様、duck4のそばまで近づくハクチョウさんです。この時も、岸に上がってきて、そばまでやって来ました。(ミルクちゃん!)年齢不詳ですが、斑ちゃん、チンさんたちよりは、まだ若いように思われます。ただ、2012年に初めて会ったときからいた滞在組の一員だったので、もうすでに成鳥だったので、7歳以上にはなっているはずです。(7歳以上になっていると思われるミルクちゃん!)年を見るひとつの方法 [続きを読む]
  • 橋を利用して子育てするイワツバメさん!充血している斑ちゃん!
  • 橋を利用して子育てするイワツバメさん!住宅地を中心に飛び回っているのはツバメさん。、最近では、巣立った一番子が電線に止まって親鳥が餌を運んで来るの待っているところを見かけるようになりました。定点ポイントの河川敷では、ツバメさんが飛び回っていますが、ここより下流にある大きな橋の付近では、イワツバメさんたちが、水溜りのそばで休んでいるところを見ました。それも10羽ほどいたかと思います。(水溜りのそばで [続きを読む]
  • 自分の縄張りの主張をして鳴いているモズさん!アドちゃんの止血の痕!
  • 自分の縄張りの主張をして鳴いているモズさん!定点ポイントの茂みにいたモズさん。枝に止まって囀っていました。他の仲間に対して縄張りでも主張していたようです。(囀っているモズさん!)遠く離れたところからだと、気づいているのかどうかわかりませんが、動かずにいてくれることもあります。このモズさんもそうでした。(縄張りを主張していたのかな!?モズさん!)アドちゃんの止血の痕!ところで、翌日のアドちゃんは、い [続きを読む]
  • 枝の天辺で囀るホオアカさん!ティちゃんとアドちゃんの羽の変化!
  • 枝の天辺で囀るホオアカさん!5月に入ってから何度か目撃したホオアカさん。以前、目撃した場所から離れたところにいました。ということは、複数の仔たちが、このduck4の定点ポイントの七北田川で、子育てしていることも十分考えられます。(ホオアカさん!)そして、天辺に止まって囀っているホオアカさん。自分の縄張りを主張しているようでした。ということは、この仔のまわりにも同じ仲間がいるのかもしれません。目撃場所を地 [続きを読む]
  • もしかしたらまもなくミルクちゃんは換羽!?
  • いつも一緒の6羽の滞在組のハクチョウさん。岸で待っていると集まって来てくれました。ところでミルクちゃんは、そばまで歩いて来て、こちらを覗き込んでいました。そんな、ミルクちゃんですが、例年だともうそろそろ換羽が始まる頃なんですが、目で見る限りでは、まだのようです。(覗き込むミルクちゃん!)そして、羽を見てみると、赤い血のような、いやそうでないような痕がありました。これは、そろそろ羽が抜ける前の兆候で [続きを読む]
  • 10日に梅雨入りした仙台!
  • 東北南部も6月10日に梅雨入り。これから、ジメジメしたうっとうしい日々が続くことでしょう。ところで、梅雨の季節になると、滞在組のハクチョウさんたちの体にも変化が現れます。早い仔たちだと、6月中旬頃から換羽が始まるからです。それから、もうひとつの変化というと、早朝、下流の定点ポイント付近で待っていることが多くなります。今シーズンもそのようです。(集まる滞在組のハクチョウさんたち!上陸しているのはミルクち [続きを読む]
  • 休んでいた3羽よりも早く来たアドちゃん!
  • 夕方、定点ポイントのひとつ中洲に行ってみると、そこには、斑ちゃん、チンさん、ミルクちゃんが休んでいました。その数分後には、上流にいたアドちゃんが、こちらへ向かって急いで泳いで来ました。(中洲で休む斑ちゃん、チンさん、ミルクちゃんのところに現れるアドちゃん!)そして、中洲を歩いて通過。duck4のところに近づいて来ました。(中洲を歩いて通過して近づくアドちゃん!)そして、コンクリート堤防を上って来て、duc [続きを読む]
  • 二重まぶたの斑ちゃん!もくもく煙をあげる石炭火力発電所!
  • 二重まぶたの斑ちゃん!リーダーの斑ちゃん。野良猫のジージくんや滞在組のお世話をしてきた地元の方からは、はなくろちゃんと呼ばれていました。クチバシの黒い模様が独特だからだと思います。(斑ちゃん!)よく見ると、はなくろちゃん。いや斑ちゃんのアイリングが、若干、灰色に変色していてようです。そのため二重まびたに見えます。(二重まぶたの斑ちゃん!)この斑ちゃんは、仲間の間では、一番強く、みな一目置かざろうえ [続きを読む]
  • 生まれたばかりのガルがモさんの雛ちゃんたち!ティちゃんの名前の由来!
  • 生まれたばかりのガルがモさんの雛ちゃんたち!初夏は鳥さんたちにとって子育ての季節。duck4の定点ポイントで、めっきりカルガモさんの姿を見かけなくなります。川幅も広いので、子育てには不向きな場所なのかもしれません。ただ、川幅の狭いところで、たくさんのカルガモさんの雛ちゃんを見ました。まだ小さいので生まれて、そんな経っていないようです。(カルガモさんの雛ちゃんたち!)近くに、我が仔たちをじっと見つめるカ [続きを読む]
  • 上がってきて目の前でイネ科の草の種を食べるアドちゃん!
  • このように上がってくるのは、アドちゃんだけ。この日も、duck4の姿を見ると登って来てくれました。(アドちゃん!)そして、堤防に自生していたイネ科の草の種を啄ばもうとしていました。好物のひとつのようです。以前、同じ草の種を食べていたところを見たことがありました。(イネ科の草を食べているアドちゃん!)そして、食べた証拠にクチバシの先には、種がくっついています。(先に草の種がくっついているアドちゃんのクチ [続きを読む]
  • 迷い込んだあなたは幼鳥のイソヒヨドリさん!?
  • 初夏になり雛ちゃんたちの鳴き声があちらこちらから聞こえてきます。巣立ちが始まっているからです。1年のうちで一番、鳥の数が増える時季。そして、どうやら、この雛ちゃんも巣立ったばかりのようで、まだ羽毛に覆われていて、風切羽も伸びている途中でした。(巣立ったばかりのような雛ちゃん!)ところで、この雛ちゃんですが、迷い込んでようで、網の外には出られずにいました。近くで、この雛ちゃんの親鳥らしき気配を感じま [続きを読む]
  • 巣にいる親子のサギさん!
  • 定点ポイントの七北田川に餌を探しに来ているサギさんたち。今シーズンもまた、ビール工場内の松林にコロニーを作って子育てをしていました。そのコロニーの中の家族では、親鳥が、蜷ちゃんたちの盾になり、日差しを遮ってあげているようでした。(盾になって雛ちゃんたちの日差し避けをしている親鳥!)よくよく見て見ると、この巣には4羽の雛ちゃんがいました。この狭い巣の中で、片方の親鳥が餌を運んで来るのを待っているよう [続きを読む]
  • 夕方、休息していた6羽の滞在組のハクチョウさんたち!
  • いつもは早朝行くのですが、この時は、夕方、滞在組のハクチョウさんたちに会いに行きました。この日は、川の水位が下がって陸続きになってしまった中州の近くの対岸に、皆で休んでいました。(夕方、対岸で休んでいた6羽の滞在組!)そして、立ったまま目を閉じるチンさん。川の中では、小さく見えてしまいますが、この姿からは、結構、大きく感じました。ふっくらしたオオハクチョウさんなんでしょうか。(立ったまま目を閉じて [続きを読む]
  • 棒に止まっているカワセミさん!チンさんと斑ちゃんの体!
  • 対岸には、1羽のカワセミさんが、棒の上に止まっていました。小魚も遡上するようになってきたので、それを狙ってやってきたのかもしれません。蛍光色の翡翠色なので、遠くからでも目だって見えました。(カワセミさん!)ところで、最近の気がかりのひとつがチンさんのこと。片足を引きずって歩くことは変らず、脚気は良くならないようです。また、首に横線があり、これがなかなか消えません。この痕は、なんあんでしょうか?病気 [続きを読む]
  • いつまでも地域ネコのジージくんを見守っていてくださいね!
  • 七北田川に棲みついているオスのネコちゃん。名前をジージくんと呼ばれています。地元の方が可愛がり、増えてないようにと、兄とともに去勢を施しました。そのジージくんの兄も、交通事故に遭い天国へと旅立ってしまいました。そして、ジージくんをお世話していた地元の方も、2月上旬にお亡くなりになられました。昨年12月ごろまで元気でいらっしゃったので驚きました。とてもやさしい方だったので、その知らせを聞きとてもとても [続きを読む]
  • コサギさんの舞い!あなたは何シギさん!?ミルクちゃん!
  • コサギさんの舞い!初夏になり、サギさんの飛来が多くなってきた七北田川。今シーズンは、まだサギさんたちのコロニーへ行っていないのですが、時々、サギさんが飛んでいる姿を見ると、巣で待っている雛ちゃんに餌を運んでいる親も来ているのかもしれません。ちょうど、滞在組のハクチョウさんたちを観察していたときには、1羽のコサギさんが、川面にいる食べ物を探しているようでした。(コサギさん!)同じ白い鳥ですが、ハクチ [続きを読む]