duck4 さん プロフィール

  •  
duck4さん: duck4のデンマーク留学
ハンドル名duck4 さん
ブログタイトルduck4のデンマーク留学
ブログURLhttp://duck4.blog74.fc2.com/
サイト紹介文デンマークのフォルケホイスコーレ留学の中に、フィールドワークをした内容を、1冊の本にまとめました。
自由文ヒュッゲの国デンマークのフォルケホイスコーレに留学をした、私は、多くの人々と出会いました。その留学の目的は、デンマークの教育、生涯教育、福祉事情を、学校、企業、福祉施設、農家、幼稚園を訪問して、フィールドワークをして、それを、一冊の本にまとめることでした。そして、日本にも、一生涯学べる、ホイスコーレのような学校の存在を、皆さんに知ってもらいたいと思いました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/11/02 21:24

duck4 さんのブログ記事

  • リーダーの斑ちゃんの怒りのポーズのわけとは!
  • 羽を半開きしている斑ちゃん。これは、何かに怒っている時にする仕草です。(斑ちゃん!)まさに、これは、ファイテイングポーズなのです。duck4は、何度かこのような斑ちゃんの仕草を見たことがあります。(斑ちゃんのファイテイングポーズ!)闘った後、まだ、虫の居所がおさまらなかったようで、羽を半開きして、相手に自分を大きく見せて、威嚇しています。(虫の居所がおさまらない斑ちゃん!)斑ちゃんは、滞在組の中でも思 [続きを読む]
  • 入り乱れる滞在組と飛来組!
  • 暖かかったせいか、例年よりも少ない飛来数です。といっても、早朝には、滞在組も含めて25羽ほどになっています。その一組が、このコハクチョウさんの家族。まだ、幼鳥のクチバシは、赤色でこれから黒くなっていくことでしょう。そして、この一家は、duck4には近づいてきません。(もう随分ここに留まっているコハクチョウさんの家族!)一方、アドちゃんは、コンクリートを登って近づいて来てくれました。目の前で、「ク!ク! [続きを読む]
  • 迷子のオオハクチョウさん!
  • 4羽の子どもと2羽の成長のオオハクチョウさんという組み合わせなので、家族なのかなと思っていました。しかし、1羽はだけが群れから離れた子どものオオハクチョウさんが、滞在組の近くまで泳いで来ました。(滞在組の後ろには1羽の子どものオオハクチョウさん!)独りぼっちなので、家族からはぐれた迷子のオオハクチョウさんではないかと思います。このようなこんな子を毎年のように見かけるので、とても心配になります。(迷 [続きを読む]
  • 息絶えたほっちゃれに興味を持つ斑ちゃん!
  • 息絶えたほっちゃれ(よれよれになったサケのこと)に興味を持つリーダーの斑ちゃん。沈んでいるほっちゃれを突っついていました。ところで、日本白鳥の会の会報誌にもお魚を食べるハクチョウさんのことが紹介されていました。もしかしたら、斑ちゃんも食べようとしていたのでしょうか。ただクチバシで突っついただけでは、身もほぐすことができなかったので、途中で斑ちゃんの場合は断念してしまいました。(息絶えたほっちゃれを [続きを読む]
  • みんなを追い回すコブハクチョウさん!
  • この後、ちょうど飛来してきたオオハクチョウさんの一家、4羽の滞在組とコブハクチョウさんがそれぞれ睨み合いになりました。(睨み合うコブハクチョウさん、オオハクチョウさんの一家、滞在組の4羽!)飛んで来たばかりのオオハクチョウさん一家は、手出しさせんといった感じで、両親が大きく羽を広げて、子どもを守ろうとしていました。(羽を広げて子どもを守ろうとする両親!)すると、コブハクチョウさんを飛びながら追い払 [続きを読む]
  • 七北田川にコブハクチョウさん現れる!
  • 何年ぶりかに、七北田川にもコブハクチョウさんが飛来しました。渡りの途中で立ち寄ったのでしょうか。(コブハクチョウさん!)ところで、コブハクチョウさんは、外来種で、もともと日本にはいませんでした。お堀のシンボルとして飼われていたのですが、篭脱けをして野生化したものです。オオハクチョウさん、コハクチョウさんとは、そこが違います。ところで、デンマークでは、このコブハクチョウさんが、国鳥。いたときには、何 [続きを読む]
  • 滞在組たちのお昼前!
  • 日中の滞在組は、そろぞれ、思い思いの時間を過ごしているようです。例えば、コハクチョウさんのティちゃんは、橋の下の中洲で休んでいました。(橋の下で休んでいたティちゃん!)ところで、以前にも紹介しましたが、この付近は、小石も多いようで、サケの産卵場所のひとつになっているようです。(産卵場所を求めて泳いでいるサケ!)(4匹のサケが!)そして、橋の下の中洲では、1羽お休みモードの仔がいました。おそらくミル [続きを読む]
  • 過去最高のマガンさんの飛来!変化するアドちゃんの変化!
  • 宮城県では、今シーズン初めてのガン、カモ、ハクチョウ類の渡り鳥一斉調査が11月8日に行われました。その結果、ガンさんが19万羽と過去最高を記録したそうです。その理由には、地球温暖化の影響で、繁殖が容易だったこと。また、中国では、狩猟が行われているので、日本に渡ってくるマガンさんが増えているのではないかと分析していました。ちなみに、カモさんは3万羽ほど、ハクチョウさんは5千羽ほどでした。七北田川のduck [続きを読む]
  • コハクチョウさんの家族!飛び立つティちゃん!
  • 中洲付近には、昨晩、ここを塒にしたと思しき、コハクチョウさんの一家が泳いでいました。子どものクチバシはとても特徴的で赤色です。その赤い部分も、成長するにつれて黒くなることでしょう。親鳥の1羽は、首の周り茶色に変色しているので、おそらく、田んぼの泥に突っ込んでこんなったのではないかと思います。(コハクチョウさん親子!)すると、この一家は、首を上下に振って、鳴き交しを始めました。まもなく、飛び立つので [続きを読む]
  • サケの遡上する七北田川!米ぬからしきもののプレゼント!
  • 七北田川には、サケが遡上しています。ちょうど橋の下付近には、産卵に適した石がたくさんあるので、オスとメスらしきサケが一緒に泳いでいました。どうやら準備をしているようでした。(産卵の準備中のオスとメスらしきサケ!)地元の釣りをする方から教えてもらったのですが、今シーズンは、たくさんのサケが七北田川を遡上しているとのこと。ちょうど、教えてもらっている最中にも、泳いで来たサケの陰影が見えました。そして、 [続きを読む]
  • 川霧!通過するカワウの群れ!
  • 早朝。寒くなると、気温差で霧が出ることがあります。川面の方が暖かいのでしょう。(霧が立ち込める中洲には!)中洲には、2組の家族。合計4羽のまだ灰色の羽に覆われている幼鳥がいます。体形からして、オオハクチョウさんのようでした。(2組4羽の幼鳥のオオハクチョウさん!)ところで、この日はいつもとは違う現象が見られました。それは、カワウさんの群れ。100羽以上いるとは思われます。V字編隊で、上流へと飛んで行きま [続きを読む]
  • 飛び立つツガイのオオハクチョウさん!
  • 2羽のオオハクチョウさん。もしかしたら、今シーズン最初に飛来して来たツガイかもしれません。この時は、お互い首を上下に振り、時々鳴き交わしをしています。このような仕草をする時は、「飛ぼうよ!」という合図だったのかもしれません。(2羽のツガイのオオハクチョウさん!)そして、2羽でシンクロするかのように、大きく羽を広げて、水面を水かきで蹴るかのように、走り始めました。(走り出す2羽!)水しぶきを上げながら [続きを読む]
  • 月とハクチョウさん!
  • 満月だったので、つい撮影しました。ウサギさんはどこにいるのでしょうか。(満月!)11月に入り、6羽の滞在組のハクチョウさんと合わせて20羽ほどを見かけるようになりました。これから、どんどん増えてきます。早朝でないと、月をバックにハクチョウさんは撮影できないのですが、ちょうどこの時は、いつもの中洲付近と岸にいました。ここで一晩過ごしたのかもしれません。(月とハクチョウさん!) [続きを読む]
  • すすきの葉っぱを啄ばむようなシンちゃん!
  • duck4の研究テーマのひとつに、滞在組のハクチョウさんたちは、どんなものを食べているのか。ということです。食性を知ることで、この限られた環境下の中でも、給餌以外に、何を食べているかを知りたかったからです。ところで、以前、duck4ブログで紹介した、笹の葉っぱを食べているということを投稿しましたが、それは、間違いでした。実際、その現場に行ったり、目視して確認すると、笹ではなく、すすきの葉っぱではないかと思わ [続きを読む]
  • 大沼にも飛来していたハクチョウさん!
  • 大沼は、農業園芸センターに近くにある溜め池です。七北田川からも比較的近く、遠くに見えるのが仙台港になります。このときは、23羽ほどのハクチョウさんたちが羽を休めていました。うち幼鳥が5羽いました。(大沼で羽を休めているハクチョウさんたち!)親鳥にくっついて2羽の幼鳥がいました。暖かいので、子どもたちは目を閉じて、うとうとしているようでした。(親鳥に連れられてウトウトしている幼鳥のオオハクチョウさん [続きを読む]
  • 舞い降りてくる1羽のオオハクチョウさん!
  • 滞在組のハクチョウさんたちを見つけ、1羽のオオハクチョウさんが舞い降りてきたところです。土手のすれすれを通ってこの後着水しました。(舞い降りてきたオオハクチョウさん!)この時、斑ちゃん、チンさんは、お留守でどこかにお出かけをしていました。堤防に上がっているのはアドちゃん。一緒に泳いでいるのが、コハクチョウさんのティちゃん、ミルクちゃん、シンちゃんです。地元の方が来るのを探しているようでした。(泳い [続きを読む]
  • 虹を見ると秋から冬へと季節が変ることを実感するダック4!
  • 6羽の滞在組のハクチョウさんたちが待っている定点ポイントの空には虹が。虹が出るようになると、秋も深まり、晩秋が近いことを感じさせられます。きっと、台風と共に、北から冷たい風を運んできて、このような気象状況が現れたのかもしれません。(滞在組のハクチョウさんと虹!)(虹!)台風一過の青空のもとを七北田川沿いを沿って、ハクチョウさんたちの群れが飛んで来ました。このような光景が、これから頻繁に見られるよう [続きを読む]
  • あわせて12羽になった七北田川!
  • 早朝、いつもの定点ポイントには、6羽の滞在組のハクチョウさんたちは、雨の中待っていました。(一列に並んでいる6羽の滞在組!)その後、上流へと飛来して来たハクチョウさんたちを探しに行きました。すると、歩いて100メートルもしない岸には、6羽の飛来組のオオハクチョウさんの群れがいました。写真を構える前まで、雨に打たれながら休んでいましたが、気づくと顔を上げ起きました。(飛来した来た6羽のオオハクチョウ [続きを読む]
  • チンさんはパンダさん!?飛来2羽と塒を共にする滞在組!
  • 日中、待ったりと過ごしている6羽の滞在組のハクチョウさんたち。早朝、給餌を受けた後は、羽繕い、休息して、この岸まで移動して来たようでした。(ぢべた座りをしているシンちゃん、アドちゃん、チンさん!)duck4の姿を見るや、皆、こちらに向かって歩いて来ました。ただ、チンさんだけは、片足を引きずりながらなので、ちょっと心配になります。(こちらに向かって歩いてくる6羽の滞在組!)うち、ティちゃんとチンさんは、お [続きを読む]
  • 七北田川上空を通過する26羽のハクチョウさんたち!
  • いつもの定点ポイントの七北田川。はるか遠くから鳴き交わす鳥の声が聞こえてきました。その近づいて来た正体は、ハクチョウさんたちでした。群れをなして一斉に飛んできました。(七北田川上空を通過するハクチョウさんの群れ!)高いところを飛んでいたので、滞在組のハクチョウさんは大きな声で叫びませんでした。通過して行ったということは、北から渡って来たことも十分考えられます。キレイなV字飛行で、風の対抗を少しでも [続きを読む]
  • シンちゃんのそばには産卵を終えたメスの鮭が!
  • いつもの定点ポイント。シンちゃんが泳いでいましたが、その手前には1ぴきのお魚さんが泳いでいました。(シンちゃんのそばを泳ぐ1匹のお魚さん!)シンちゃんは気にしていないようですが、このお魚さんの方は、かなり水面ギリギリを泳いでいました。(水面ギリギリを泳ぐお魚さん!)口をパクパクさせながら水面近くの空気を吸っています。また、尾びれもかなりボロボロです。(尾びれもボロボロで苦しそうなお魚さん!)おそら [続きを読む]
  • 根っこと一緒に砂を食べているアドちゃん!
  • この朝も、スタスタ登って来るアドちゃん。アドちゃんの足腰は、この坂で鍛えられているのでしょうか。(スタスタ登るアドちゃん!)そして、duck4目指してまっしぐら。前傾姿勢で、足元の段差に気をつけているようでした。(前傾姿勢で歩くアドちゃん!)しばらくすると、アドちゃんは、落し物をしました。最初は、小石ほどの小さな糞を6個ほど。その後には、茶色っぽい大き目の糞です。(ちょうと落し物!)棒で突っついて観察 [続きを読む]