関内司法書士事務所 さん プロフィール

  •  
関内司法書士事務所さん: 関内司法書士事務所 債務整理
ハンドル名関内司法書士事務所 さん
ブログタイトル関内司法書士事務所 債務整理
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/kannai/
サイト紹介文債務整理なら関内司法書士事務所に お任せ下さいませ。 債務整理のご相談は無料です。
自由文みなさまのお役に立ちたいと思っております。
全力を尽くします!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/11/02 22:02

関内司法書士事務所 さんのブログ記事

  • [相談業務]ヤミ金は絶対に利用しないで!
  • ソフト闇金って言葉を死語と思って、我々司法書士は油断をしていてはいけない。 ソフト闇金は、言葉は易しい語り口調でも、やっていることは月利1割〜3割の利息を取ったりなどもする悪質な輩です。 ヤミ金連絡会議というのがあります。こちらを 。 たとえ資金繰りに困ったとしても、ヤミ金からお金を借りてしまい、まともに返済等をしていくと、いつまでもヤミ金と関係が切りづらくなってしまい火の車の状態から脱する [続きを読む]
  • [閑話休題]障害者差別解消法関係の講座を受けました
  • 上智大学で障害者差別解消法関係(というか権利条約等)の講座を受講して来ました。 司法書士会の研修もあるのですが、他団体主催の講座等を受講するのも良い刺激にもなりますし、普段考えていることとは異なる内容の講座は新鮮です。自分の考えも及ばない、想像もしていなかったことを知ることも出来ます。普段目を通さないだろう情報誌に触れることもできるのも良い。 積読状態の書籍にも目をとおしながら、今回受講した講座に [続きを読む]
  • [債務整理]免責審尋
  • 自己破産の申立をした後、一定の調査期間(書類の不備等が調査され報告書等を作成し提出が求められる期間があります。)の後、個別審尋と免責審尋を経て、ようやく免責許可が出ます。司法書士は弁護士とは違い代理人ではないので、個別審尋も免責審尋も同席はできないのですが、書類作成を受託した者である以上、同席できなくとも、私の場合は原則として同行をさせていただいております。私個人としては、自己破産手続における地 [続きを読む]
  • [成年後見]変化
  • 後見業務は、変化に富んだ業務であると最近感じております。 御本人の生活環境が平穏なものにして、本人の意思を尊重する形でケアをしていくことが、どうして変化に飛んでいるかというと、後見業務は「生活」と直結する業務だからです。親族との関係が悪化していた御本人と親族との関係が良好なものになっていくこともありますし、御本人の生活の本拠もご自宅から病院または施設等へと移り変わることもあります。御本人が抱えて [続きを読む]
  • [閑話休題]誰だって
  • 誰だって「貧しい」という状態は好まない。できれば豊かでありたいものだし、豊かな人を見れば、うらやましくも感じる。それは自然な感情ではないだろうか。「世界でいちばん貧しい大統領から君へ」という書物を購入して読んでみた(本書は多分小学生でも読めると思う)。貧しいということの意味を、豊かであるということの意味を、考えさせられた。多様性のない社会などのっぺらぼうでぞっとする。景色はいろんな花や草木がある [続きを読む]
  • [不動産登記][相続・遺言]相続の登記
  • もはや「相続の登記」といえば、相続による不動産の名義変更の手続だと思っていただいても良いくらいに、我々司法書士は「相続の登記」という言葉を使用しております。売買のときは「売買の登記」といったり、贈与のときは「贈与の登記」といったりもしております。これらは法律用語ではなく、実務的に使用している言葉ですが、みなさまにとっても馴染み易い言葉として通用している言葉だと思います。 さて、前置きはこれくらに [続きを読む]
  • [相続・遺言][閑話休題]時間がかかります。
  • 相続の手続には時間がかかります。登記だけでも、相続人の調査・確定のために戸籍謄本等を全て取得する必要がありますが、戸籍謄本等をおいかける役所が多いと、それだけ日数がかかりますし、相続人が複数存在して、且つ、遠隔地に住んでおられるようなケースでは相当日数がかかります。銀行での手続が必要な場合には、各銀行に提出しなければいけない書類等のこともあったりなどして、聞くところによると、相続の手続が終了する [続きを読む]
  • [商業・法人登記]特例有限会社における取締役辞任の登記
  • 商業登記における役員の登記の添付書面が平成27年2月27日から変わりました。 代表取締役等の辞任届の押印は、登記所届出印による押印又は市区町村に登録している印鑑による押印(市区町村作成の証明書添付)が必要ということに変わりました。 では、特例有限会社の場合はどうかと申し上げますと 登記所に印鑑を届け出ている取締役が辞任する場合には,登記所届出印による押印又は市区町村に登録している印鑑による押印(市 [続きを読む]
  • [日常業務]学習会
  • 下記のとおり平成28年3月29日(火)に学習会が開催されます。 反貧困ネットワークかながわ主催の学習会です。こうした学習会に参加させていただきながら自己研鑽を積んで参りたいと思います。 画像だと見えにくいので、学習会概要を下記のとおり転載いたします。 日 時 2016年3月29日(火)19:00〜 会 場 神奈川県司法書士会館3階(JR根岸線石川町駅下車、下記地図参照) 講 師 井上 啓 弁護士(横浜法律事務 [続きを読む]
  • [相談業務]対応
  • 本日は債務整理の依頼者との面会の必要があり、その対応をさせていただくことにしました。 同日、研修会に参加の申込みもしていたのですが(申込んだ後に分かったのですが)一度、受講したことのある研修会でしたし、研修会よりも実際の相談の対応の方を優先させていただくべきだという考えから、研修会は欠席とさせていただき、上記のとおり対応のため事務所に出ております。 関内司法書士事務所(総合案内サイト) 司法書士 [続きを読む]
  • [相談業務]書籍購入
  • 考えるところがあり、書籍を2冊購入。 その差押え、違法です! 鳥取県児童手当差押え事件判決を活かす 作者: 楠晋一,勝俣彰仁,川本善孝 出版社/メーカー: 日本機関紙出版センター 発売日: 2014/08/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 基礎から学ぶ国保 作者: 寺内順子 出版社/メーカー: 日本機関紙出版センター 発売日: 2015/06/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件 [続きを読む]
  • [成年後見]徘徊の対応
  • 成年後見業務での対応で難しい場面の一つとして、御本人の「徘徊」に対する対応。 ここ2〜3日で思い知らされました。成年後見人は財産管理だけではなく身上監護も職務のうちですので、御本人の介護・生活維持に関する事項についても職務内容とします。しかし一方で、成年後見人は、本人の意思に反する入院や介護等の強制をすることは許されません。御本人の「徘徊」に対する対応は、御本人の意思尊重といったことも含めて、関 [続きを読む]
  • [成年後見]ケア会議
  • 成年後見業務の中でも「ケア会議」は非常に大事です。 ケア会議は、御本人にとっての課題を関係者で共有化し、今からでも出きることは無いか、今していることで足りない部分はないかを模索し考え、支援につなげていくための会議です。成年後見人としても、そうした会議に参加することによって、御本人のことを見守ってくれる人たちとの接点をもつことができるので、「ケア会議」は非常に大事だと考えています。皆で話し合うこと [続きを読む]