ニンジャ@田舎住人 さん プロフィール

  •  
ニンジャ@田舎住人さん: 愛知の田舎で古民家暮らし
ハンドル名ニンジャ@田舎住人 さん
ブログタイトル愛知の田舎で古民家暮らし
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/natural_person/
サイト紹介文過疎化地域へ家族と移住。ユンボを使って自作の丸太テラス、車庫をDIYし、農業と共に田舎生活満喫中
自由文過疎化地域への移住促進制度を活用し、田舎の築100年超の古民家へ家族で移住。休耕田や管理されてない里山を借り、ユンボ(パワーショベル)、トラクターなど農機、重機を用意し、田舎農地や里山の活性化をはかっています。ノビノビと遊ぶ子供の日記も
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2010/11/04 08:41

ニンジャ@田舎住人 さんのブログ記事

  • いよいよ…仕掛けます
  • 今日は先週に続いての町内美化活動。私の組(町内を6分割して組み分けしている)はこの田舎道の路肩の草刈と側溝の掃除。手慣れた作業とは言え、高齢化もあるし、若い方が住んでいても突然の出勤で参加できないなど今日は参加者が少なめ。。。一人の負担が増えますがなんとか通行に支障が出ない様綺麗にすることが出来ました。そして、、、害獣であるイノシシに毎日餌付けをし続けていた檻。大きなイノシシの足跡が中々見つけられ [続きを読む]
  • 田舎道の草刈管理
  • 今日は前もって休みにしようと予定を開けていたが梅雨入りした為、雨により草刈作業など外作業が諦めていた。でも。。。晴。ならばと。。。。今週末に町の行事で予定されている我が町を通る田舎道沿いの事前草刈を。そして、これまたついでに。。。。前々から気になっていた事を。。。。道沿いの三角地帯に出来た沼地の整備。ここは道路の反対側の山間の谷から流れて来る山水が道路下の配管を通って出てくる場所。ここで一旦地上に [続きを読む]
  • 田舎の町民自身での県道沿い草刈
  • 今月は我が町に限らず、田舎の近隣中で道路沿いの草刈の時期です。我が町では、まず、我が町を縦断している長い区間の県道沿い草刈です。これら写真は作業の終わりごろで、刈残った草の処理をしている最中。老若男女全員集合です。田舎の家には1家に一台ある軽トラがここでも大活躍。荷物を運んだり、刈った草を載せて集積場に運搬したりと。例年通り私も含め、県道沿いの土地の管理者による事前草刈作業もあり、作業はスムーズに [続きを読む]
  • 害獣イノシシとの捕獲への攻防
  • 私の管理田の一つの近くに設置したイノシシ捕獲用檻に4月初旬からイノシシが出没し始めていました。ただ、まだ通りすがり的に毎日来ている感じではなかった。それが5月初旬からイノシシの足跡や荒らす跡が安定的に出始めその頃からイノシシの檻の周辺にイノシシの好物の一つ「米ぬか」を置き始めていました。その米ぬかを匂いが発生するように多めに置いてみたら、置いたその夜に全て食べていきました。ここまで来れば捕獲へのカ [続きを読む]
  • 町内の草刈シーズン
  • 今月は、町内を縦断する県道と市道沿いの路肩を町民総出で草刈りし、町内美化活動をする月。それは来週(県道沿い)、再来週(市道沿い)に予定されています。ただ、当日の2日だけで、県道や市道沿い全てを道沿いの草刈をすると終日作業となってしまい高齢者比率が極端に高い田舎では体力的に無理がある。なので、それぞれの作業日に半日で終わる様県道や市道沿いに自分の所有地や管理者がある人は事前に「その部分だけでも草刈を [続きを読む]
  • ツバメの親も忙しい
  • 我が家母屋の横に建つ納屋1階の天井梁に巣作ったツバメの卵が孵ったようです。夫婦で超高頻度に出入りするたびに黄色いヒナの鳴き声が玄関前に響いています。ちょっと覗いてみると・・・人の音だけでも、親鳥が来たと思い雛たちは必死に口を開け鳴き続けます。まだ目が見えて無く音、フラッシュの光に反射して鳴いている様子。何匹巣の中で孵ったのかは確認していませんが例年孵らなかった卵は、大きくなったヒナにより巣の外に落 [続きを読む]
  • 作業靴(安全靴)もこんなに進化
  • 新しく買った作業靴(安全靴)。アシックス社製値段、1万5千円程(ネットの最安値)。ありえません、今までの自分でこんなに高額な作業靴を買うのは。3月に足の裏の腱を痛めた事を報告しました(当日ブログ「これも田舎暮らしの勲章か・・・」)実は、まだ完全完治とまで行っていません。普段の生活においての歩行では、ほぼ痛みを感じることはありません。ただ、田んぼの畔や法面(のりめん/斜面の事)を草刈する時などつま先 [続きを読む]
  • 古いコンバインの維持管理
  • 2016年(平成28年)9月以降、不動だった我が家のコンバイン。昨年、このコンバインを使わなかったから。不動期間1年8ケ月。2年前の秋の稲刈り後、しっかり清掃はしてあるし軽油も満タンに保管し、バッテリーも外して長期保管に備えていたがそろそろ古くなった軽油の交換と、動作確認をしないと。。。。そう思っても日々の忙しさの中で優先順位の低い事は後回しになっていた。ユンボが我が家に運びこんでいる今ユンボの置き場所 [続きを読む]
  • 大むかしの生活道路を再整地
  • 我が家の納屋と蔵の間に通る道。ただの私道ではありません。大昔(昭和初期)まで、この道は田舎の道でした。この上にある民家はこの道を通って我が家の下にあったメイン道路(と言っても相当細い道だったらしい)に下りるルートだったそうだ。登記簿を見ても、これは宅地では無く、道の表記になっています。田舎に我が家が移住して、8年になろうとしていますが当初は、これよりもう少し広かったと思います。私が、この上の畑を半 [続きを読む]
  • ユンボで排水マス詰まり掃除
  • 先日の大雨で道路U字溝が詰まり雨水が溢れた跡。普段ならここまで詰まる事は無い場所。なぜかと言うと。。。。この上流に大型の排水マスがありそのマスには大型の配管が通っているので下流にここまで落ち葉が大量に流れて来ることは無いから。実は大雨当日、道路にあふれる雨水に気づいて雨の中雨合羽を着て、詰まった落ち葉を取り除こうとしたのだがあまりの多さに諦めていた。何にしても、ここは町内のご近所に年2回水路掃除を [続きを読む]
  • 軽トラにバイク積載
  • なんか久しぶりです。軽トラにバイクを積むのは。写真撮影して、写真を見てる分にはそう思えませんが実際にこのバイクを荷台に積んだ時にはバイクが普段より大きく見えたものです。XRモタード/50改反応無いスピードメーターを自分で交換しようと、部品を注文したものの新部品を取り付ける周辺パーツの交換も必要の可能性が出てやむなくバイクごとSHOPへ持ち込むことに。う。。。。。ん・・・・・ちょっと下調べが甘かったか。最 [続きを読む]
  • 水路に堰を作る
  • 昨年の2月、山の採石の為に水路の整備が行われ私の管理田んぼの横の水路が整備されました。当時ブログ「水路作り直し工事完了」その水路も2年目になり水路内に苔などが生え滑り易くなっています。その為、水路内に堰をつくって田んぼの中に水を導こうとしていても先日の大雨で、置いといた土嚢(どのう)袋が流されてしまいました。どうしようか思案。。。。。で、水路両脇に杭を打ちその杭をささえに棒を渡しその棒をつっかえ棒 [続きを読む]
  • ミネアサヒ米の苗の田植え完了
  • 雨の合間に一気に田植えを終えることが出来ました。これだけのひきの写真では、植えたばかりの苗はわかりませんね。田植え機が走行した後が線になって見えるだけで。私の田植え機は、4条植えの乗用田植え機。田んぼの移動は、この様に軽トラに積載し移動します。お米の苗は、委託してここまで成長させてもらっています。背丈は充分と言うか、ちょっと長い位。根の張りがイマイチですが、まぁ何とかなるでしょう。中山間地で、標高 [続きを読む]
  • ユンボで斜面の再整地
  • ユンボが自宅にあるうちにしておかねばならぬ事と。。。竹などが生い茂ってしまって、堆肥置き場の周りが荒れ果ててしまっていたのでユンボで荒療治。作業前の写真を撮り忘れていましたので状況が分かりずらいでしょうが竹の根がはびこって、地面がまったく見えない状況でした。根を引きちぎったので、これでしばらく竹の進出を押さえられるでしょう。もともとはここはこんな状況でした。2011年の早春。田舎に移住してきた時、雑草 [続きを読む]
  • 田んぼ代かき完了
  • 全田んぼの代かきが完了しました。我が管理田の一つ。この景色を見ると、「あ、ここまで来たなぁ。。。次は田植えだ!」作業開始が遅くなったこともあり日没前に撮影できたのはこの一枚。汚れたトラクターの泥が乾く前に洗車した方が土が乾いた後より効率が良いので、急いで洗車。この後も、畑の土おこしなど春先はトラクターの活躍時期、洗車しても数日後には再度使うので洗わなくても良いかと思う気持ちもあるが洗車すると、オイ [続きを読む]
  • 田んぼ、水の入れ始め
  • 今年(平成30年)のお米(ミネアサヒ減農薬)の植付け準備が直前になってきました。田んぼに水の入れ始め。田んぼに水を溜め、田植えをする為の床の準備、溜まれば代かきです。ここまで来るのに、田んぼの周りの草刈から始まり、田んぼに水が来るように、水路の掃除も。掃除と言っても、掃除機で吸うのとは違い水路に入りこんだ雑草やその根を切り水路に覆いかぶさるようになっている土も避け山からの自然水を導いているがゆえ一緒 [続きを読む]
  • ツバメの巣
  • 今年もツバメが巣を作りました。しっかり巣が完成し親ツバメが巣の中に身を潜めている所からするともう卵がありそうです。ここは毎年ツバメが巣を作る所。昨年は、この梁の裏側に巣を作り子供が巣立って行きました。毎年巣作りするので、巣立った後の巣は、取り壊しておきます。毎年新しい巣を作るので壊してあげた方が、巣作りする場所がなくなってしまうので。この場所は・・・・母屋の東隣にある二階建て作りの納屋の一階。移住 [続きを読む]
  • 田舎の道を運転初心者
  • 我が家の敷地に入ってくるのにこの田んぼ脇の土手上を通る道を抜けてこなければなりません。この道は、昔の村道。今は市町村合併し、市道の様ですが。この道は、2トントラックでも入ってこれる道幅なのですがイノシシ避けのスチールメッシュがフェンス代わりに張り巡らされているので実際より狭く感じるのは確か。ここを最近やっと通れるようになった車。。。娘の運転する我が家で唯一の5ナンバー車。5ナンバーでも全然余裕で出 [続きを読む]
  • たまには息子と…
  • この春から入学した高校での寮生活を送っている息子。同じ豊田市内とは言えこっちは豊田の田舎で、息子は中心地。まだまだ新しい生活で不足する物もある。この冬までは、親の送迎(スクールバスもあり)での登校だったり衣類も一緒に生活しているので、言えばすぐ買ってくれただろう。また、髪の毛も伸びれば家ですぐ散髪もできた。幼い時から短い髪(坊主頭)がお気に入りで汗をかいてもタオルひと拭きで汗が拭けるし髪の毛が伸び [続きを読む]
  • 休耕田の維持管理
  • 昨年夏以降、時間的に余裕が無く手入れしてなかった休耕田。冬に枯れたとはいえ、長い下草が密集してトラクターで耕うんするとトラクターの刃に絡み付いてトラクターに負担が高すぎるのでとりあえず、トラクターを碁盤の目の様にタイヤ跡がつくように走らせトラクターの重量で、長い下草をブチブチと出来るだけちぎってみようと。。。。。このまま雨が降り、溝に水が溜まれば枯れ草も柔らかくなり、もっと言えば少しでも腐り始めて [続きを読む]
  • 田んぼの田植え準備は着々と
  • 毎年ゴールデンウィーク中が私が住む田舎町の田植えシーズンなのですが、それに向けて、春にしか活躍しない、出来ない田植え機の動作チェックです。使い終わった後、洗車してガソリンもタンクだけでなくキャブレター内まで完全に抜いて保管しておいたのでエンジンは毎年ビックリするくらい普通に始動してくれます。始動と、動作のチェックを確認後、駆動部の各所に注油。洗車もしたい所だが、実際に使うまでに1ケ月はあるからそれ [続きを読む]
  • ユンボの下部ローラー交換
  • もう2年ほど前から不良個所を気が付いていても掘削作業に支障ないと言う事で交換してこなかった物を交換しました。ユンボを自らの力で持ち上げていると言う事は下周りの部品の問題と。。。。今では、この手の作業も何ら苦も無く行っていますがユンボを手に入れた当初は、こんな姿勢にする事自体恐くてできなかった物です。交換個所はこれ。鉄キャタピラー(鉄クローラー)の下側を支えているローラー(下部ローラー)。私のユンボ [続きを読む]
  • 河川に堆積した土砂取り除き工事…続き
  • 2016年の1月の写真。この時、あまりの堆積砂の量で市の処分予算を超えてしまって全て除去しきれませんでした。同じ年の4月の写真。で・・・・2年後の今、予算がついたのか、再工事が始まっていました。3月中旬。そして、今。。。。。綺麗に。これだけ河川底と田んぼ面との落差があれば河川からイノシシが上がってくる心配はしなくて済みそうです。また、河川に勢力をましていた、「葦(ヨシ)」の雑草もだいぶ根っこも除去されて [続きを読む]
  • ユンボで休耕地の除草作業
  • 先日、地元の方からダンプを借りて自分のユンボを搬送したのは、これをしたかったから。一昨年まで芋を中心として作物を作っていた畑も一年放置するだけでこの様な状況になってしまいます。雑草も地面一面を覆い尽くしこれほど密集し、低く覆い尽くしていると刈払機で刈り取るのは至難の事。まして、この畑はうね立ての土の形のままなので凸凹の状態では、なおさら草刈機は使いにくい。なので、一層の事ユンボで雑草を引きちぎりな [続きを読む]
  • ダンプにユンボ積み回送
  • 私の管理田畑の一つに置きっぱなしのMyユンボを町内の一番端まで回送する方法を思案していたら田舎移住当初からお世話になる地元建築業の方のダンプを今日空いているとの事で、貸して頂け早々に搬送しました。私がレンタカーで借りている低床平トラックとは違いダンプは基本的に荷台が高くなるので車への積み込みの不慣れな私には大変緊張する作業です。でも、自分で積み込みしないといつまでも慣れないので。。。。と良い聞かせ。 [続きを読む]