ハリ魔王 さん プロフィール

  •  
ハリ魔王さん: ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記
ハンドル名ハリ魔王 さん
ブログタイトルハリ魔王の気まま、ダイビング水中記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/h_t_m_harima
サイト紹介文水中撮影機材のテストモニターを中心に、書いています。 マクロ・ワイド・魚露目8号ワイドマクロ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2010/11/05 23:22

ハリ魔王 さんのブログ記事

  • 唯一の問題点 SEA&SEA MDX-D850②
  • 明日から、ネットの無い空間へそこで、もう一つアップしておきたいと思う。 『SEA&SEAMDX-D850』を使ってhttps://www.seaandsea.co.jp/products/digital_slr/mdxd850/問題を感じた部分は、一点のみであった。それ以外は、使いやすいハウジングであった。こう書くと、まるでφ(・ω・ )メモメモチョウチン記事の様に見られてしまうが、中身が、万人向けではないので、一般ダイバーは、次のモデルに期待して待った方がいいだろう。 D850 [続きを読む]
  • 設計上の問題点 Bigblue VTL-6300P⑤
  • Bigblue VTL-6300Pを借りて、現在、一か月になる。 先に、書くがハリ魔王はこのライトが気に入っている。(そのままでは、使う予定なし) 予算ができ次第購入予定だ。ZERO社担当さんには、すでに伝えてある。http://zero-zero.co.jp/購入するにあたって、心配な点である。モニター機のグリップを取り外して気が付いた。 そんなに、使用頻度が高いとは、言えないレベルで、すでに、本体側に電蝕がおきているのが確認できた。 アルミボ [続きを読む]
  • ソニーDSC-RX0本体 ソニーDSC-RX0/MPK-HSR1対応レンズ
  • ソニーDSC-RX0/MPK-HSR1対応レンズは、ソニーDSC-RX0からhttps://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX0/書いて行きたいと思う。 このカメラの特徴は、 ウェラブルカメラと見間違えるほどのコンパクトな点だろう。 ソニーでの立ち位置は、デジタルスチールカメラレンズ、ツァイス テッサーT* 24mm(*2)F4(固定)を搭載した。コンパクトカメラということである。 コンパクト化のために、小さくできるものは、すべて、 [続きを読む]
  • 改善ではなく新時代到来(*≧m≦*)  SEA&SEA MDX-D850
  • SEA&SEA MDX-D850の相性https://www.seaandsea.co.jp/products/digital_slr/mdxd850/新型MDX-D850対応MDX用光コンバーター/N1のテストのφ(・ω・ )メモメモ前に(*≧m≦*) SEA&SEA MDX-D850について書きたいと思う。 それだけ好印象のハウジングであった。 使用上気を付ける事は、一点だけ このブロクでは、もちろん注意点として、書いて行くが、 SEA&SEA MDX-D850の好印象からスタートしたい。 まず、ベテラン営業マンさんにさらっ [続きを読む]
  • 水中カメラ用としてニコンD850を検討した場合の考察記Ⅴ
  • 考察記は、今回で最終回 次回からは、ニコンD850とSEA&SEA MDX-D850の相性https://www.seaandsea.co.jp/products/digital_slr/mdxd850/新型MDX-D850対応MDX用光コンバーター/N1のテストのφ(・ω・ )メモメモ順番にシフトしたいと思う。 前回の自然光に続き同行ダイバーを俯瞰で、ストロボは、マニアル発光で、連続撮影をしてみた。 アームは、一般的な長さMサイズ相当を使い、高画素化のフレアー現象や、水中のゴミの浮遊の影響を確か [続きを読む]
  • バッテリーと、バッテリーチャージャは? Bigblue VTL-6300P④
  • 『バッテリーと、バッテリーチャージャは? Bigblue VTL-6300P③』の続きをhttps://blogs.yahoo.co.jp/h_t_m_harima/22179290.html先に、アップしたいと思います。 では、続きです。この様な事に気を使いたくない。 または、うっかりと、忘れそうだなという方は、Bigblue VTL-6300Pを始めこの様なタイプの大光量LEDライトは、ハリ魔王はおすすめをしないと書いておくφ(・ω・ )メモメモ その様な方にお勧めなのはφ(・ω・ )メモメモさら [続きを読む]
  • バッテリーと、バッテリーチャージャは? Bigblue VTL-6300P③
  • 沖縄本島に残務整理で行ってました。一日だけ、さぼって、海に行くとレッドビーチで、見覚えのある方が、トレードマークの口髭は変わらずでした。 そう、レジェンド吉野水中カメラマンお会いするのは、何年ぶりでしょうか もちろん、現役で取材中でした。 吉野さんは、「最近、海で会わないのは、沖縄に移り住んだの」勘違いされてました。 現在の[ハリ魔王]ハンドルネームのは、吉野さんには、ピントキテイナイようです(爆) それ [続きを読む]
  • 水中カメラ用としてニコンD850を検討した場合の考察記Ⅳ
  • 日記の更新遅くなり申し訳ありません。 伊豆大島に行っていました。 新モニター品の検証をしてきました。 来週は、沖縄本島に野暮用で向かいますので、更新できる限りでね、頑張りたいと思います。 ニコンD850の陸上での再検証で、水面直下をこのカメラで撮影する場合 夕方や、曇り空の様に、光量の安定した条件の方が、特徴がつかみやすいと考え始めた。 そこで、島影になる側で、夕方、撮影をしてみた。 ニコンD500までのモデル [続きを読む]
  • ニューモニター開始(*≧m≦*)Ⅱ Bigblue VTL-6300P②
  • 「ニューモニター開始(*≧m≦*) Bigblue VTL-6300P①」のhttps://blogs.yahoo.co.jp/h_t_m_harima/22154583.html続きを先にアップします。 続きの本文 その前に、一般のダイバーが、Bigblue VTL-6300Pを撮影に導入した時に使える範囲を明確にして行きたいと思う。まずは、他社水中撮影用ライトと サイズ比較Bigblue VTL-6300Pは、大きすぎず丁度良い範囲にはいっている。 モニターには、 以上の様なセットで送られてきた。 本体 [続きを読む]
  • ニューモニター開始(*≧m≦*) Bigblue VTL-6300P①
  • ニューモニター開始をする事になった。 今回のモニターは、『ハリ魔王の気まま、ダイビング水中記』をお読みの皆様への情報と言うより ハリ魔王の単純な興味(*≧m≦*) Bigblue VTL-6300P Bigblue正規輸入代理店株式会社 ゼロが輸入している。 LEDライトであり、元々、撮影用ではないメーカーである。しかし、近年、そのままでは、色温度が難しいが、他社にない高出力で、撮影に使用されている。 いくつか、チャレンジさせてもら [続きを読む]
  • 水中カメラ用としてニコンD850を検討した場合の考察記Ⅲ
  • 【ニコンD850を水中用と検討している方へ】下記リンクの「ニコンD850のセンサーはソニー製造のIMX309AQJ」http://digicame-info.com/2018/06/d850imx309aqj.html記載通りφ(・ω・ )メモメモ ソニー製であるが、それ以前のニコンデジタル一眼カメラのセンサー特性と全くの別物、性格を持っている。 画素数は、ニコン史上最高であるが、ダイナミックレンジは、極端に狭くφ(・ω・ )メモメモホワイトバランスも、ニコンD5・D500で、大評判の [続きを読む]
  • 手持ちと、イノン水中三脚システム使用の差
  • 水中で、イノン水中三脚システムを使う違いを見せるのに、いい例は無いかと探した。 ライカ MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8は、動画撮影に使うと設計が、古い為に、フォーカスが泳ぐ事がある。 この様な撮影をする場合は、動画を考慮しているレンズを使うべきである。 無理をしている方が、差が生まれやすいので、その辺を考慮して見てほしい。 OBSCRE BLENNYの♂が、ハッチアウト寸前の卵を守っていた。 まずは、通常の手持ちで撮影You [続きを読む]
  • 水中カメラ用としてニコンD850を検討した場合の考察記Ⅱ
  • 【ニコンD850を水中用と検討している方へ】下記リンクの「ニコンD850のセンサーはソニー製造のIMX309AQJ」http://digicame-info.com/2018/06/d850imx309aqj.html記載通りφ(・ω・ )メモメモ ソニー製であるが、それ以前のニコンデジタル一眼カメラのセンサー特性と全くの別物、性格を持っている。 画素数は、ニコン史上最高であるが、ダイナミックレンジは、極端に狭くφ(・ω・ )メモメモホワイトバランスも、ニコンD5・D500で、大評判 [続きを読む]
  • 水中三脚ハブ イノン水中三脚システム⑤
  • イノン水中三脚システムで、ハリ魔王が気に入った点の二つ目について書いて行きたいと思う。 水中三脚ハブに、脚部として、『カーボン伸縮アームSS/S/M/Lボディ』・『スティックアームXS-T/SS-T/ S-T/M-Tボディ』を、使う点 これにより、使用状況に合わせて、脚部の交換が可能になる。 ハリ魔王の感想では、ネジは、かなりキツメに設計されている。 ガタツキを防止する為だろう。 取り換えには、かなりのコツがいるとそうていされ [続きを読む]
  • 水中カメラ用としてニコンD850を検討した場合の考察記Ⅰ
  • 今回の新シリーズは、ニコンD850用に、再設計進化した。 SEA&SEAのMDX用光コンバーター/N1についてモニターテスト記を書く予定でいたが、 いい意味と、悪い意味で、この組み合わせには、裏切られた。 今回の10日間の遠征で、ニコンD850を使いこなせなかった。 今回以降いい意味の部分だけを読んで、誤解を招くとまずいので、下記注意分を巻頭に必ず、表記したいと思う。 ご了承いただきたい 【ニコンD850を水中用と検討している方 [続きを読む]