kakapo1233 さん プロフィール

  •  
kakapo1233さん: デザイン・シンキングでイノベーションを!
ハンドル名kakapo1233 さん
ブログタイトルデザイン・シンキングでイノベーションを!
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kakapo1233
サイト紹介文QFDは、企画から製造までのプロセスを展開することで、顧客満足を得ることを目的としています。
自由文QFD(Quality Function Deployment:品質機能展開)は、新製品や新サービスの開発において、顧客ニーズと品質要素〜品質特性をリンクさせることによって、課題や問題点を明らかにし、確実な品質を作りこむアプローチです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2010/11/06 13:28

kakapo1233 さんのブログ記事

  • 「仕組み」仕事術
  • 最少の時間と労力で最大の成果を出す 「仕組み」仕事術著者 : 泉正人ディスカヴァー・トゥエンティワン発売日 : 2008-03-03ブクログでレビューを見る?才能、意思、記憶力に頼らない。 仕事を仕組み化する3つのポイントは、1.才能に頼らない、2.意思の力に頼らない、3.記憶力に頼らない、記憶より記録。 導入するだけではなく、継続的すること、定期的に効果を測定し、見直すことが大事ですね。「仕組み仕事術」を導入す [続きを読む]
  • 「仕組み」思考術
  • 「仕組み」思考術著者 : 泉正人アスコム発売日 : 2009-07-01ブクログでレビューを見る?「自己意識」の考え方の下では、目の前に起きている「現実」はすべて正しく、すべての事象の原因は自分にあるととらえます。そうすることで物事が解決しやすくなるからです。 泉 正人さんの本を読むのは「仕組み」節約術、「仕組み」仕事術、お金の大事な話、に続いて4冊目。泉さんが日々を送るうえで常に心がけているキーワードは・自己意 [続きを読む]
  • なぜ、あなたの仕事は終わらないのか
  • なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である著者 : 中島聡文響社発売日 : 2016-06-01ブクログでレビューを見る? 2016/6/7第一刷発行なのに、BOOK OFFの〜200円コーナーで見かけるようになってしまった『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』。Windows 95、98のアーキテクトを務めたプログラマーは「集中力を無理に弾き出さなければいけない仕事をそもそもするな」言い放ち、若干強引な方法を使いながらも、 [続きを読む]
  • 人生って、それに早く気づいた者勝ちなんだ!
  • 人生って、それに早く気づいた者勝ちなんだ!著者 : 千田琢哉ぱる出版発売日 : 2013-09-02ブクログでレビューを見る?『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』を探していたところ、すべての著書が同じような内容のようなので、安くなっていたこの本を手に入れた。これから就職する若者向けなのか、50の金言が4ページにまとめられ読みやすい。 読書に馴染みのない方にも薦められるが、そのような人が自 [続きを読む]
  • ジーパンをはく中年は幸せになれない
  • ジーパンをはく中年は幸せになれない  (アスキー新書)著者 : 津田秀樹アスキー・メディアワークス発売日 : 2009-10-09ブクログでレビューを見る? この度紹介するこの本ですが、決して、ジーパンをはく中年が、幸せになれない原因や、その対策を述べたものではありません。このタイトルは、書店で「ジーパンをはいている中年の皆さん(あなたかもしれません)」に手にとって買ってもらうためのもので、この本は、そのような中年 [続きを読む]
  • 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること
  • 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)著者 : 河合雅司講談社発売日 : 2017-06-14ブクログでレビューを見る? 自分の身の回りで起きていることも、本書に書かれていることを意識してみると、様々な兆候が表れていることがわかります。 人口が減少する理由と影響を様々な証拠に基づいて説明している。人口減少は、毎年、百万人減るとかの穏やかなものではなく、雪山を転がる雪だまのように、いずれ雪崩に [続きを読む]
  • 自分の時間を取り戻そう
  • 自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方著者 : ちきりんダイヤモンド社発売日 : 2016-11-26ブクログでレビューを見る? 3ヵ月半後に定年を迎える私は『日本流イノベーション』『未来の年表』『クラウドからAIへ』など、自分を取り巻く環境はどのように変わるのか?その変化に対応するためにはどのような選択肢があるのか?という問いに対するヒントが与えてくれそうな本を中心に読んでいる [続きを読む]
  • マーケット感覚を身につけよう
  •  ---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法著者 : ちきりんダイヤモンド社発売日 : 2015-02-20ブクログでレビューを見る? 隣人との物々交換の時代から、ネットワークで繋がった他者と情報を交換する時代になったことによって、企業の場合は、できることを期待している人に届けるために、個人の場合は、自分がやりたいこと、できることを求めている人を見つけるために、従来のマーケティングではなく、ちきりんさ [続きを読む]
  • 自分のアタマで考えよう
  • 自分のアタマで考えよう著者 : ちきりんダイヤモンド社発売日 : 2011-10-28ブクログでレビューを見る? ちきりんさんは、月に百万以上のページビュー、日に2万以上のユニークユーザーを持つブロガー。社会人になったころ、上司に「考えが浅い!もっとよく考えろ!」と何度も叱られたことがあり「なにをどう考えればいいのよ!?」と心の底で叫んでいたそうです。 この本は、あのころの自分に役立つような、わかりやすく、読んで [続きを読む]
  • 僕がグーグルで成長できた理由
  • 僕がグーグルで成長できた理由(わけ) 挑戦し続ける現場で学んだ大切なルール著者 : 上阪徹日本経済新聞出版社発売日 : 2014-02-26ブクログでレビューを見る? ドキュメンタリーでも小説でもRPGゲームでも、私が最も面白いと思うのは成長譚です。 この本は、徳生さんというヒーローが成長する軌跡を描いた物語…。 上阪さんというライターによって、かなりブーストされているところや、あっさり切り取られてしまったところもある [続きを読む]
  • お題「人間ドックは受けていますか?」に参加中!
  • 人間ドックは、受けたことがないんですけど、健康診断で引っかかって、大腸内視鏡検査を2回、受けたことがあります。いずれも、千駄木にある病院で受けて、1回目は、全く問題なかったが、2回目は、とんでもない痛みがあったので、先生の技術によって、苦痛の度合いがかなり違うことがわかりました。皆さんも、大腸内視鏡検査を受ける場合には、評判の良い病院(先生)を指名した方が良いと思います。 [続きを読む]
  • いいデザイナーは、見ためのよさから考えない
  • いいデザイナーは、見ためのよさから考えない (星海社新書)著者 : 有馬トモユキ講談社発売日 : 2015-04-24ブクログでレビューを見る?・かつてプロダクト・デザイナーの端くれだった私が、当時常々感じていたことを代弁してくれています。・この本は、かつてプロダクト・デザイナーの端くれだった私が、当時常々感じていたことを代弁してくれています。デザインは、消費者の感性に働きかけたり、行動を変容させたり、時には社会の [続きを読む]
  • お題「お気に入りのヘアスタイルは?」に参加中!
  • 私は、禿げているので、貝印(中身はロゼンスター)のバリカンを使って自分で刈っています。だからと言うわけではありませんが、男のくせに手のかかりそうなヘヤースタイルをしていたり、美容院に行っている、などと聞くと、バカじゃないのと思います(完全に嫉妬です)。まあ、そう言うことは、逆にみっともないので、黙っていますが、基本的には、相手にカッコいい!と思ってもらえないまでも、不快感を与えない清潔なヘアスタイ [続きを読む]
  • お題「新社会人へアドバイスするなら?」に参加中!
  • 新社会人って言うか、新社会人だった頃の自分にアドバイスしてあげたい。それは…英語を勉強しておくこと…AIによる翻訳が実用化されつつありますけど、コミュニケーションをとらなければならない相手のコンテクストを理解して会話するとなると、やはり自分自身の英語力が必要です。また、英語で考えるようになれたら、これからの時代に求められるロジカルシンキングの面でも有利になるでしょう。ITを勉強しておくこと…とにかく使 [続きを読む]
  • お題「買い物は現金派?カード派?」に参加中!
  • そうだったのか!日本人にとっては、駅前に最低でも二つぐらい銀行があって、コンビニやスーパーマーケットにATMがあるのは、当り前の光景なんですけれども、現金は電気や水道、ガスのように、電線や水道管、ガス管などを通って供給されるはずもなく、警備会社の人が車で運んで来て補充するんですよ。現金が引き出せなくなったりしたら、私たちは困りますし、人によっては、烈火のごとく怒るかもしれませんが、実はこのシステム [続きを読む]
  • 嫉妬と自己愛
  • 嫉妬と自己愛 - 「負の感情」を制した者だけが生き残れる (中公新書ラクレ)著者 : 佐藤優中央公論新社発売日 : 2017-02-08ブクログでレビューを見る? 引用されている、味は淡白だけれども凶暴な魚「ナイルパーチ」生き残るためには、一見おとなしく見えても、いざとなると勝負強い実力が必要な時代なのかもしれません。本の感想・レビューとは関係のないキャチコピー 紀伊國屋書店(流山おおたかの森S・C店)に行くと、いつも平 [続きを読む]
  • できるアメリカ人 11の「仕事の習慣」
  • できるアメリカ人 11の「仕事の習慣」 (日経プレミアシリーズ)著者 : 岩瀬昌美日本経済新聞出版社発売日 : 2017-07-11ブクログでレビューを見る? 岩瀬昌美さんが、出会った多くの「できるアメリカ人」から学んだこと。「"働楽(はたらく)"ことは生きること。懸命に働き続けると仕事が楽しくなり、また一生学び続けることが何よりも大切――。」ということ… 岩瀬昌美さんが、最も言いたかったんだろうなぁ〜と思うことは、あと [続きを読む]