圭 さん プロフィール

  •  
圭さん: 下弦珊珠
ハンドル名圭 さん
ブログタイトル下弦珊珠
ブログURLhttp://kagensanju.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文酒と読書と彼女を愛する いなかレズビアンの つらつらのろけブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2010/11/09 23:43

圭 さんのブログ記事

  • 愛ゆえに手を離さない
  • 我が彼女あきらさんと、ポッキーをつまんでいて、最後の1本。ふたりの手が、なんとなく宙に浮いて止まりました。 が。 あきらさんは、甘党。わたしは辛党と言うには相当甘味も食べているけれど、YながFみ氏と同じで、ふつうの食事に比べれば、甘いものの好きさ加減は7割くらい。いや、6割くらいと言ってもいいかな。 ここは、彼女に譲ります。甘いものを与えたときの彼女のぱっと花ひらく笑顔、プライスレス。 しかしこのあと [続きを読む]
  • きみはホット
  • こんばんは、圭です。 彼女がこたつで眠ってしまった夜、まあそのうちふとんに引き揚げてくるだろうと先に寝室で待っていたら、一睡もできませんでした。 寒くて。 だから翌日は彼女をつらまえてベッドに引きずりこみがっしり巻きついて就寝。2人ぶんの体温、最強。 快適に眠り、朝、起きてみたらほどけていたのでそのままふとんから出ようとすると、あらあら、めずらしい、彼女のほうがしがみついてきました。 おほほ、こういう [続きを読む]
  • 宇都宮餃子を食べるなら
  • こんばんは、圭です。 ブログ村レズ板を徘徊していたらあら、栃木までお越しになった方があらせられる。 宇都宮餃子を召し上がったそうです。 が。 残念、おいしくなかったと言うのですな。 なんたること、なんたること。よそ様がせっかく来られたのですよ、味で歓待しなさいよ、戦犯はだれだ。 各店の餃子のスペックはそれなりに覚えている栃木県民、くだんのブログに掲載された写真の餃子や皿の形・色・大きさなどから、すみま [続きを読む]
  • 我らの優雅な秘密
  • こんばんは、圭です。 ここしばらく寒すぎてブログが書けなかったよ。こたつにもぐりっぱなしになるものだから、机まで這っていくのが、もう拷問。無理。 今日は、老いつつある愛兎が「寒さは骨身に沁みるんじゃ、早よストーブつけんかい」という眼でにらみつけてきたので昼間からストーブを焚いており。 これなら。ブログ、書ける! で、すこし前の話なんだけれど。あきらさんと、久しぶりに美術館に行ってきました。 めあては、 [続きを読む]
  • 「少女」のいやらしさ
  • 「イヤミス」の語を、ご存じですか。 いやらしいミステリー、つまり、不快感を喚起するミステリー。 後味のわるい作品を指すんだそうです。 そして「イヤミスの女王」なる称号をもつのが、湊かなえ氏。 彼女の小説は好みの部類なので『告白』、『贖罪』、『花の鎖』、『Nのために』、『夜行観覧車』、『白ゆき姫殺人事件』、『サファイア』と、つぎつぎに読んできたのですが 読もう読もうとおもいながらも、期待が高まりすぎ、畏 [続きを読む]
  • 甘味は堆積する
  • こんばんは、圭です。 我が家の愛兎べえやんは、よく、あきらさんといっしょにこたつに入ります。 横になった彼女の、ちょうどおなかの前あたりに伏せ、うっとりと眠るうさぎ。その背中を撫でる彼女の、穏やかな手つき。 気もちのいい光景です。 ですが。 それが長時間にわたると、そわそわ。そろそろ、わたしも、ハグをいただきたく。 で、彼女が「もうおやすみ」とべえやんをサークルに戻したところを狙いすまし、同じようにふと [続きを読む]
  • 女と服の闘い
  • こんばんは、圭です。 だいぶ前にレビュー記事を書いた『13月のゆうれい』は、わたしの肌に合った、 共感しながら読めるまんがでした。 絵も線がシンプルで見やすく、好きだったので、本屋で見つけて、あ、同じ作者! 買ってきました、『あたらしいひふ』 裏表紙によれば、「女と服」の関係を群像劇で描いた作品だそうな。 帯には「人が見た目じゃなかったら、私はこんな悩まない」と書かれています。 悩んでいるわけではないと [続きを読む]
  • 監督、お願いします
  • こんばんは、圭です。 我が家では、ふたりとも料理をするのですが味をばっちり決めるのは、常にあきらさんの役目です。 鍋の具がやわらかくなったら、煮汁ごと持って、台所からこたつへ走ります。監督、あきら監督、お味見を、どうか。こんなもんでいかがっすか。 「もっと砂糖入れたほうがいいよ。お弁当のおかずにもするんでしょう?」 監督のGOが出たものが、食卓にならぶのです。 しかし、今日は。 「監督、圭監督、こ [続きを読む]
  • ファンタスティック立ち耳
  • こんばんは、圭です。 11月11日はあなたにとって何の日? というタグがツイッターで出回っていました。 ポッキー&プリッツの日。ではなく「立ち耳うさぎの日」と提唱しているひとがいますので、よーし、便乗して祝福を与えよう。 火に当たってうっとりする愛兎。 待てよ、耳が立ってない。というか耳、どこいった。 我が家は、今日からストーブを出しました。 人間はこたつにもぐり、ストーブの火はうさぎ小屋に向けるのが常 [続きを読む]
  • さくら咲いたらハンバーグ
  • こんばんは、圭です。 昨日の夜にブログ記事を書いていたら書きあがったころには日付を越えていて、カレンダ上は、本日、木曜日に記事を更新していました。 気もちの上では「水曜日に記事を上げた」つもりでいたものですから、今朝起きて あれ? わたし昨日ブログを上げたよね?てことは昨日は、木曜日だったの?てことは今日は、金曜日なの? やったー! 1日儲け! 今日がんばれば週末! 糠喜びの見本である。 木曜日って、週 [続きを読む]
  • 彼女にだけは溺れても良い
  • こんばんは、圭です。 風呂。 我が家は、ふたりでいっしょに入ることが多いのです。あったかくして、だらだらしゃべっているのは楽しいし、光熱費の節約にもなると信じて。 ひとりが先に体を洗って湯舟に沈み、もうひとりが後から入るので 先に入ったほうは、だいたい先に風呂からあがります。 で、浴室を出るときは必ずかける、この一言。 「のぼせる前に、出なさいね」 だいぶ前のことだけれど一度、こわいことがあったのよ [続きを読む]
  • 熊本の手引き vol.4
  • こんばんは、圭です。 我が彼女あきらさんが「圭さん、ほら、圭さん」と連呼するので はいはい、なんでしょう? と笑顔で振り向いたらテレビで皇室特番がやっていました。 プリンセスの婚約者のほうかよ。 さて、なんの脈絡なく熊本旅行記の続きをば。 お昼に熊本ラーメンを堪能したあとはあきらさんにハンドルを預け、熊本市内へ戻る。 車内では、友人T氏が買った「ユーリ!!! on ICE」のサントラをかけ、ああ、そうだ [続きを読む]
  • 子を持たぬレズの悲歌
  • こんばんは、圭です。 祖父の法会を済ませ、無事に帰宅しました。 それにしても、紅葉シーズンの三連休、甘く見すぎでした。新幹線はみごとに満席、東京までン時間立ちっぱなし。 しんどかった。 親戚の集まりはさほどしんどくはなかったけれど。 や、しんどくはなかったけれども。 親戚の子どもたちを両腕にかかえてうれしそうに苦笑する我が父という光景を見たときは隅田川の少女たちに再会してしまった、と、背筋がさむくなりま [続きを読む]
  • 偏向で分化的な書体入門
  • こんばんは、圭です。 1日に2回も3回もまちがえました、今日は金曜日。 「あたしたちは、土・日・月の三連休に慣れすぎてしまった」 と、あきらさんが言います。そのとおりだ、三連休の初日は土曜日だと、おもっている。祝日は今日だってこと、忘れている。 忘れてはいたけれど、祝日の趣旨は、文化の日なので。 レズものろけも関係なく、趣味本の記事を。 「レズものろけも関係ない趣味本」については前にも書いたことがある [続きを読む]
  • 霜月にして君を離れ
  • 11月になりました。 わたしにとっては亡くしたひとを偲ぶ月です。 祖父。 「まず健康をだいじにせえよ」が口癖、最晩年には癌を患いながら、「癌細胞もおじいちゃんだから、活発ではありません。寿命のお迎えのほうが先に来るでしょう」と言われ、そのとおり老衰で世を去りました。 もうひとり。仕事を介して知り合った友人。 彼のことは、一度ブログに書き、その記事は、読んだ方から「おもしろかった」と評価していただいたりも [続きを読む]
  • 熊本の手引き vol.3
  • 熊本旅行記の続き。 思い出せるうちに、書いていきます。時節の狂いに驚くなかれ、去年の冬の話です。 熊本城を見たあとは、夜ごはん。 昼にも馬刺しをすこし食らったが、夜はザ・クマモトのオンパレードだった。 海なし県民には垂涎の海鮮。辛みと旨みに手が止まらぬ辛子れんこん。 にんにくと浅葱たっぷりの馬肉。 初耳の郷土料理、分葱に酢みそをつけた「ひともじのぐるぐる」。 もちろんアルコールとともに。お店の [続きを読む]
  • 記事タイトルの付け方
  • こんばんは、圭です。 ブログを書き始めたころのような勢いでせっせと更新しまくった10月も、今日で終わり。 巷間では、ハロウィンイベントが行われているのですね。縁がなさすぎて忘れていたわ。 こんなわたしでも、ハロウィンシーズンのディズニーに、彼女と行ったことがありました。女性限定のハロウィンパーティに参加した年も、ありました。 こうして過去を振り返るとき、ブログ、書いておいてよかったなあ、とおもう。 よか [続きを読む]
  • 熊本の手引き vol.2
  • 10月はブログを書こうという気もちが高まって気づけばほとんど毎日、更新しています。 書こうとおもっていながら書かずにきてしまった話をひとつ、またひとつ、消化。 ネタ帳の底が見えてきたところで、そうそう、これがありました。 去年の冬の、熊本旅行。 彼女とのふたり旅行ではなく、現地の友人T氏と合流しての3人旅だったので、レズ成分はひかえめに。 書き始めたところで、ブログ放置期に突入してしまったのでした。 もう [続きを読む]
  • 7年めのできちゃった結石
  • こんばんは、圭です。 10月29日は「いいお肉の日」 うさぎの肉を取って食うわけではないのだけれど、我が彼女あきらさんが、うさぎのべえやんと暮らし始めた記念日。覚えやすくて助かっています。 こたつに足をつっこんだあきらさんの膝に乗り、ちゃっかりじぶんもこたつにもぐっているべえやんの図。 群れ意識が強いので、こうするとわかりやすく喜ぶのなんの。 我々ふたりだけでこたつにいると、「なぜじぶんだけサークルの中 [続きを読む]
  • AIに恋するお年ごろ
  • かわいいものは「食べちゃいたい」と表現することがあります。 今日も昼休みに彼女とLINEでやりとりしていたら彼女があんまりかわいいのでおいしそう、おいしそう、と騒がずにいられなくなり。 「食べものじゃありません。なくなっちゃうでしょう」 と、たしなめられました。 が。 ひとくちくらい、いいよね!と遠慮なく「食べちゃいたい」を連呼。 あきらさんの形而上学的な反撃を誘発するにいたりました。 「圭さんが食べ [続きを読む]
  • たとえ不倫にならぬとしても
  • こんばんは、圭です。 おすすめの百合まんが、なにかない?と訊かれたとき、おすすめと言うほどではないが、最近読んだから、という理由で挙げてみたところ、 「男ありきのやつは、苦手」 と、レズ友だちにばっさり切られたこのまんが。 推薦記事というよりも、読んだ記録として書いておこうとおもうよ。 tMnR 『たとえとどかぬ糸だとしても』 ※ネタばれを避ける努力をしていないので、念のため分けます。 [続きを読む]
  • 過去の彼女に届けたい声
  • こんばんは、圭です。 こたつにもぐり、彼女に巻きついてスマホゲーをしていたら、「今日はブログを書かないんだね」と言われました。 か、書くよ。書く予定は、あるよ。 「ほんと? じゃあ、圭さんが書いてる間に、あたしもう一仕事しちゃおうかな」 台風22号が迫ってくるまえに、洗濯機をまわしてくれた彼女です。お皿も洗ってくれています。 もう一仕事って、なにするの? 「明日のごはんを炊く」 たのしみにしてくれ [続きを読む]
  • 散りゆくセクマイ
  • こんばんは、圭です。 百合まんがをレズ小説をときどき読んで、記録しているこのブログ。 ネタにするのは本屋でたまたま見かけたら、表紙やポップで中身が知れたものだったり、発売前から「それが理由で」話題になっている作品だったり、「ガールズラブ小説まとめ」に載っていたからこそ読んだものだったり。 ほとんどの場合、わたしはみがまえて読んでいます。言い換えれば、期待して読んでいます。 でも、これは、そうではなかっ [続きを読む]
  • 彼女は落選しました
  • お、ランキング6位。過去最高位です。 うれしいし、ありがたいのだけれどいつの間にか分母、ずいぶん減ったなあ、と時代の変遷に想いを馳せもします。 昨日は衆院選の投開票日。夜の選挙特番は、あきらさんとふたりで夕飯を食べながら見ました。 見終わってとつぜん始まる、あきらさんの茶番劇。 あ「なんということでしょう、当選確実と目されていた圭さんが、まさかの、まさかの落選です! や、これは予想ができませんでした [続きを読む]
  • 思い出にキスをください
  • こんばんは、圭です。 雨がつづくので引きこもり。平日にためこんだ録画を消化する週末です。 あなたのことが、ずっと好きだった。と告白するA子。 じぶんには、C子がいるから。と断るB男。 涙ながらに「最後にキスして。そうしたら諦める」と懇願するA子。 応じてあげるB男。 B男を「不誠実だ」となじるC子。 朝っぱらから、そんなシーン。 いや、まったくB男は不誠実だよ。「C子がいるから」を理由にA子を振るなら [続きを読む]