Junk Photograph さん プロフィール

  •  
Junk Photographさん: The Storm Chaser
ハンドル名Junk Photograph さん
ブログタイトルThe Storm Chaser
ブログURLhttp://tornado.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文悪天候を追い続ける日本のストームチェイサー。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/11/12 23:13

Junk Photograph さんのブログ記事

  • 2019年カレンダー
  • 2019年カレンダー、12月10日発売です。少々出遅れましたが良いものが出来ました。12月中に版元の直販サイトでご購入いただくと消費税がサービスになります(送料無料)。クーポンコードを添えてお申し込みください→「JGDH9NSL」 *版元直販サイト yui-books.com http://yuibooks.shopselect.net/items/15299028 [続きを読む]
  • 朝霧と雲海の季節
  • 2018年10月29日、今年も朝霧と雲海の季節がやってきました。寒暖の差が大きくなるこの時期は深夜から早朝にかけて霧が発生しやすく、雲海を撮影できるチャンスが多くなります。この日も前日の昼間との気温差が-10℃以上、適度に湿気があり微風、まずまずいい条件が揃いました。日の出前には薄かった霧が夜明けと同時に濃くなり、朝日を浴びて幻想的な光景を見ることができました。雲海はこれからがシーズン本番です。関東では11月 [続きを読む]
  • 晩秋の雷雨 時雨
  • 2018年10月20日、上空5500m付近に氷点下18〜21℃以下の寒気が流れ込み、東日本の広い範囲で大気の状態が不安定になりました。北関東では夕方から雷雨になり、短時間にザッと雨が降りました。ストームチェイスのシーズンオフに入り1ヶ月、雷雨にも季節が現れています。真夏のように引っ切り無しの落雷と違い、10分に1回光る程度です。積乱雲自体も背が低く、小さな雨雲がポツポツと点在しているような感じでした。晩秋から初冬に見 [続きを読む]
  • 上空寒気による豪雨 アーチ雲の通過
  • 2018年9月18日、寒気を伴う気圧の谷の通過により、関東地方では局地的に豪雨になりました。当日、栃木県宇都宮市方面から流れてきた雨雲を南東に位置する真岡市で捉えました。茨城県側からもその姿がハッキリと見えるような巨大なアーチ雲が現れ、通過時には緊張が走りました。2018年シーズンも終盤、そろそろシーズンオフを意識しています。 17時35分頃の強雨域の様子、出典…東京電力・雨量・雷観測情報。 *当サイト内 [続きを読む]
  • 前線通過によるガストフロント
  • 2018年9月10日、秋雨前線の通過に伴い埼玉県、茨城県、栃木県で積乱雲が発達、ガストフロントが複数発生しました。1つ目は14時過ぎに栃木県南部の真岡市で発生、2つ目は16時過ぎに茨城県西部の筑西市で発生、幸い2つとも突風被害は無かったようです。9月は突風被害が多い月です。今年は秋雨前線の活動が活発ですので、怪しい雲を見かけたら迷わず屋内に避難しましょう。 14時過ぎの強雨域と風の様子。出典…東京電力・雨量 [続きを読む]
  • 不安定な空模様は続く
  • 2018年9月1日、秋雨前線や湿った空気の影響により不安定な空模様が続く北関東です。この日も昼過ぎから夜にかけて積乱雲が発達、雷雨になりました。前日よりも前線が南下したため、東京・埼玉・茨城南部・千葉北部が中心でした。一進一退を繰り返しながら秋が深まっていくわけですが、災害が起こらない程度に大地を潤して欲しいと思います。 9月1日、21時30分頃の強雨域と落雷の様子…出典・気象庁ホームページ。*当サイ [続きを読む]
  • 秋雨前線が活発に
  • 2018年8月31日、秋雨前線の南下と湿った空気の影響により栃木県・茨城県を中心に激しい雷雨になりました。両県では落雷による停電や道路の冠水など、各地で障害が発生しました。当日は栃木県益子町〜茨城県桜川市〜筑西市〜つくば市と追跡を行い、落雷やガストフロントの様子を撮影しました。週明けにかけて台風21号の影響も出てきそうで、北関東では今後も雷が発生しやすい状況が続きそうです。初秋の雷雨は凶悪そのものですので [続きを読む]
  • アーチ雲と雲放電
  • 2018年8月27日、秋雨前線の活動が活発になり、関東全域で雷雨が発生しました。日没近くなり、栃木県南部ではアーチ雲が発生しました。最初は細長いロール状の層積雲でしたが、数分後には立派なアーチが完成しました。その後、やや南下した位置から雷撮影、雲放電が中心でしたが、広がりのある稲妻をいくつも見ることが出来ました。 秋雨前線の動きが活発になっているため、まだ数日は雷が鳴りやすい状態が続きそうです。*当サ [続きを読む]
  • カナトコとライサマ
  • 2018年8月26日、前日に続いて37度を超える厳しい残暑が続いています。この日も湿った空気と昇温により、夕方から夜にかけて積乱雲が発達しました。茨城県桜川市で撮影していましたが、いくつものカナトコ雲が発生して、複数の方向で発雷している状況でした。色々なパターンの雷を撮影することが出来て、シーズン終盤になって撮れ高を挽回している感じです。 シーズン終盤は秋雨前線が鍵になります。前線+αがストーム [続きを読む]
  • 厳しい残暑と激しい雷雨
  • 2018年8月25日、台風20号の通過後に厳しい残暑がやって来た北関東です。地元、茨城県筑西市では37.7℃と観測史上1位を更新、群馬県伊勢崎市や茨城県古河市では38℃を超える暑さになりました。気温が上がれば午後になって雷雲がモクモクわいてきます。栃木県北部では昼過ぎから雷雨になり、夕方以降は南下して栃木県南部や茨城県でも激しい雷雨になりました。栃木県真岡市では夏まつりの会場で屋台のテントが強風で吹き飛ぶ被害が出 [続きを読む]
  • 栃木県で記録雨
  • 2018年8月10日、関東甲信を中心に激しい雷雨になりました。特に栃木県北部から県央にかけては1時間に100mmを超える猛烈な雨が降りました。宇都宮市や高根沢町で120mm/hの雨になり、記録的短時間大雨情報が発表されています。他にも土砂災害警戒情報、竜巻注意情報も発表されました。当日は宇都宮から約10km離れた市貝町より撮影。引っ切り無しの雷鳴と防災無線に緊張が走りました。夏の北関東は雷が多いですが、8月は災害級の雷雨 [続きを読む]
  • Heat Wave
  • 2018年7月23日、連日耐え難い暑さが続いている関東甲信・東海地方ですが、ついに観測史上最高の41.1℃(埼玉県熊谷市)が観測されました。ここまで来ると熱波というよりも災害です。気象庁からも高温注意情報が発表され、熱中症の注意を呼びかけています。暑さに強い北関東内陸の住民も、さすがにウンザリしていることでしょう。 高温多湿の影響が空にも現れています。連日のように反薄明光線や燃えるような夕焼けが見られます [続きを読む]
  • 雷雨と夕焼け
  • 2018年7月16日夕方、北関東で激しい雷雨になりました。夕方から茨城県北部で積乱雲が急発達、茨城県・栃木県を中心に激しい落雷にみまわれ、電力会社の緊急車両を何度か見かけました。積乱雲接近時にはガストフロントも発生、田んぼの稲が大きく揺れるような風が吹き抜けました。 その後、雷雨は足早に通過して、西の空が真っ赤に染まりました。空いっぱいに広がる積乱雲の影と光芒、日が沈むとカナトコ雲の上に月と金星も見ら [続きを読む]
  • 激しい雷雨
  • 2018年7月11日、北関東に雷雨の季節がやってきました。夜のはじめ頃から夜半頃にかけて、栃木県・茨城県を中心に激しい雷雨になりました。スローペースな今シーズン、やっと北関東に夏が来たような気分です。梅雨の後半からずっと少雨傾向でしたが、これで少しは潤ったでしょうか。 茨城県桜川市からつくば市にかけて落雷が多発し、一部で停電も発生しています。北関東の夏は激しい雷雨が風物詩、落雷で電気製品を破損することも [続きを読む]
  • 折返し地点
  • 2018年6月2日から始まった写真展「空/日本の四季」も折返し地点に来ました。遠方からお越しくださる方も多く、感謝のひとことに尽きます。後半も多くの方々に見ていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします! 埼玉県防災学習センター、写真展「空/日本の四季」7月31日(火)まで。入館無料、午前9時〜午後4時半(入館は4時まで)、月曜休館(祝日の場合翌日)、駐車場あり(15台)。*当サイト内で使用している写真は全て管 [続きを読む]
  • 反薄明光線
  • 2018年7月2日、日没前に反薄明光線が現れました。西の空には積乱雲からのびる薄明光線、その薄明光線が東の空までアーチ状にのびて反薄明光線になっていました。反薄明光線は太陽の反対側に現れる光芒で、年に数回は見られる現象です。しかし、西から東まで一筋のアーチになることは非常に珍しく、ワタシも初めて見ることができました。 *当サイト内で使用している写真は全て管理人自身による撮影です。写真の無断転用は厳禁です [続きを読む]
  • 早すぎる梅雨明け
  • 2018年6月29日、関東甲信地方が梅雨明けしました。観測が始まってから最も早い梅雨明けです。まとまった雨もないままに、今後水不足が心配されます。6月29日、30日には西日本を中心に荒れ模様の天気になりました。29日午後には滋賀県米原市で竜巻(JEF2)が発生、大きな被害が出ています。関東では猛暑となり、夕立の気配すら感じませんでした。30日夕方には群馬県西部で局地的な雷雨が発生、直線距離にして約80km離れている茨城県 [続きを読む]
  • 写真展「空/日本の四季」
  • 情報解禁になりました!埼玉県防災学習センター・そなーえにて写真展「空/日本の四季」を行います。6/2(土)〜7/31(火)、入館無料、午前9時〜午後4時半(入館は4時まで)、月曜休館(祝日の場合翌日)、駐車場あり。http://saitamabousai.jp/ 「空/日本の四季」と題して、四季折々の空景を各季節6点、合計24点を展示します。今回、2017年夏〜2018年春に撮影した新作を中心に、カレンダー(2016〜2018年)に使用した作品を加えて構成してい [続きを読む]
  • 春雷轟く
  • 2018年3月24日、寒気を伴う気圧の谷の影響により、夜遅くから北関東で激しい雷雨になりました。群馬県南部〜栃木県南部〜茨城県西部では雹が降り、一部では積もるほどでした。雨雲の通過に伴い気温も急激に低下、日付を跨いで撮影していましたが寒さに震えるほど冷たい風が吹き荒れました。例年、桜が咲く頃になると雹を伴う雷雨になることが多い北関東、今年はいつもより少しだけ早いシーズンインになりました。今年はどんなシー [続きを読む]
  • 関東地方の大雪
  • 2018年1月22日から23日未明にかけて、南岸低気圧の通過により関東地方全域で大雪になりました。茨城県西部では昼前から雪が降り出し、夕方までに数cmの積雪がありました。夕方以降は本格的に雪が積もり、23日未明までに地元の茨城県筑西市(下館)では20cmを越える積雪になりました。2014年2月以来の大雪です。23日朝には、雪晴れの中、筑波山に見事な笠雲がかかりました。母子島遊水地では20〜30cmの積雪があり、長靴を履いていて [続きを読む]
  • 雲上の夜明け
  • 2017年12月5日、前日の雨と未明から明け方の冷え込みの影響で、茨城県は濃霧になりました。夜明け前に県西地域にある低山の展望台に着くと、月明かりに雲海が見えました。霧の影響で月は光環をまとい、幻想的な雰囲気の中で撮影を続けました。夜明けが近づくと地球影が、山の向こうに日が昇ると朝日に染まる雲海が見られました。日の出の直後から霧はますます深くなり、数10m先も見えないような状況に。霧が晴れたのは9時過ぎで、 [続きを読む]
  • 接地逆転層と朝霧
  • 2017年12月4日、茨城県桜川市・旧岩瀬町周辺は農地が多く周囲を低山に囲まれているため、風のない冷え込んだ朝には霧が発生しやすくなります。接地逆転層が形成されると地上付近に霧が閉じ込められ、まるで水墨画のような風景が広がります。11月〜12月中旬頃までが最盛期で、雨の翌朝や放射冷却が強まる明け方によく見られます。また、盆地ならではの陰影も楽しめます。 *当サイト内で使用している写真は全て管理人自身による [続きを読む]
  • 初冬の雲海
  • 2017年11月8日、立冬を過ぎて暦の上では冬になりました。昼間はまだまだ暖かいですが、朝晩は冷え込むようになりました。1日の気温差が大きい11月は、霧の発生が多くなります。そして、濃霧が発生した時に高いところに登ると、雲海を見ることが出来ます。霧は空気中の水蒸気が冷やされて小さな水粒になり、空中を漂っている状態です。風が弱い日の深夜から早朝にかけて発生することが多く、低気圧や前線が接近中、雨の翌日などによ [続きを読む]
  • 風雲急を告げる
  • 2017年11月4日、午前中は穏やかな陽気でしたが、午後になり上空を気圧の谷が通過した影響でにわか雨になった茨城県西部です。昼過ぎまでは半袖で丁度いいくらいでしたが、気圧の谷の通過と同時に北風が強まり気温が下がりました。地元の茨城県筑西市周辺では、14時から16時の2時間で20℃から13℃に急降下しました。北関東もそろそろ冬支度です。 *当サイト内で使用している写真は全て管理人自身による撮影です。写真の無断転用 [続きを読む]