のむさん さん プロフィール

  •  
のむさんさん: ウロギネットてらす|野村昌良のブログ
ハンドル名のむさん さん
ブログタイトルウロギネットてらす|野村昌良のブログ
ブログURLhttp://urogynenet.com/wp
サイト紹介文子宮脱、尿もれなど女性泌尿器疾患の症状や治療の情報をウログネ科専門医が発信。
自由文子宮脱、膀胱脱、直腸脱といった骨盤臓器脱や尿もれ、頻尿など女性泌尿器のトラブルで悩んでも、恥ずかしくて誰にも言えず、あきらめてしまう人も少なくありません。そんな方々へ専門医が症状や治療法を説明するサイトです。多くの方へ専門科であるウロギネ科を知っていただき、希望の光が照らされますよう、開設しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2010/11/12 23:13

のむさん さんのブログ記事

  • 今日は朝から!
  • 今日は朝から泌尿器科の学会で京都へ!ただ今新幹線なう。なんか久しぶりの新幹線、やっぱり好きです。なにかワクワクする新幹線での移動。飛行機とは違うよさがありますよね。そして今日での学会、今回は発表はなく、専門医更新のた [...] [続きを読む]
  • よく晴れた北九州!
  • よく晴れた北九州でウロギネウィーク始まりました。今日は忙しかったですね。みんなで力を合わせて、やや遅れ気味でしたが終了!みんないい仕事しました。4月ですから張り切って頑張ります。明るい笑顔の北九州。やっぱ、なん [...] [続きを読む]
  • 北九州へ!
  • さあ北九州へ!毎回新鮮な気持ちです!それが大切なんですね。今日亀田に手伝いに来てくれたアラフォー先生と一緒です。逆さまですみません!いつも頼りになる男です。いよいよ出発、ちょっとワクワク! [続きを読む]
  • 志!
  • 志のあるとこに道が開ける!有名な言葉です。我々の志が、我々の道を開きます。我々の志の1つとして、常にアジアに目を向けて、世界に目を向けてオープンな気持ちを持ちながらウロギネネットワークを発展して行きたいと思っています。 [...] [続きを読む]
  • 方向性を決める!
  • 我々のようなウロギネセンターという専門性があり、また多くの症例があつまるところは、ウロギネの領域においてしっかりと日本をリードしていかないといけません。そのためにきっちりと方向性を定めることが大切です。我々の方向性が日本 [...] [続きを読む]
  • 今日はみんなで!
  • 今日はみんなで腹腔鏡の研修会でした。1日中、しっかりと頑張りました。いろいろなことを想定して、その場面に会った方法を考え,実践しながらスキルアップを目指します。そのトレーニングが我々のレベルを向上して行きます。手 [...] [続きを読む]
  • ウロギネ歓迎会!
  • 昨日はウロギネ歓迎会!婦人科出身の岡チャン先生。何かの縁を感じる若手の参入。ウロギネも若い力で頑張りますぜ。香港から短期留学のMandy先生。日本のラーメンすきだとのとこ。みんなで力を合わせて今年度も頑張りまし [...] [続きを読む]
  • ドリアン!
  • 空港に行く前にSuskhan先生たち何人かとドリアンを食べに行きました。絶品ドリアン、なんと道ばたでもぎたてのフレッシュドリアン。タイのドリアンと比べると小ぶりなドリアンですが、味は絶品です。まさにKing o [...] [続きを読む]
  • 昨晩はカラオケ!
  • ラティ夫婦アルファ夫婦とともにカラオケにいきました。なかなかモダンなカラオケ。イルミネーション奇麗です。ラティのご主人!武道をやっているとのことでかなりマッチョででかいです。明るい笑顔のナイスガイです。 [続きを読む]
  • 熱烈歓迎!
  • 熱烈歓迎インドネシアでした。TS Lo先生とアザミとともに。日本で一瞬、縮んだアザミ、またインドネシアですっかり大きくなっていました。発表も盛り上がりました!ありがとうインドネシアン!ラティ、アミル、デービッ [...] [続きを読む]
  • 羽田国際線なう!
  • 羽田国際線なう!今からインドネシア、ジャカルタまで旅立ちます。インドネシアウロギネ学会に招待されました。30分の講演2つとかなり大変ですが、情熱をつたえてきます。インドネシアと日本はウロギネで密接につながっております。大 [...] [続きを読む]
  • 新年度!
  • 亀田もフレッシュマンで一杯です。新たな風が吹いてくると組織が若返ります。人生に節目って大切なんでしょうね。今年度もいろいろな企画があり、ウロギネは全速全開で走り続けます。常に変化をしていく、それが我々ウロギネです。力を合 [...] [続きを読む]
  • 桜!
  • 満開からむしろ散りかかっている桜。今日は春爛漫で幕張の外来でした。多くの新患で盛り上がりました。いつでも患者さんと同じ目線で、患者さんの気持ちを考えながら、等身大の自分を見失うことなく、サポートして行きたいと思います。 [...] [続きを読む]