気ままに さん プロフィール

  •  
気ままにさん: 気ままに気楽に
ハンドル名気ままに さん
ブログタイトル気ままに気楽に
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/thewhosnext7
サイト紹介文今日も息をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供442回 / 365日(平均8.5回/週) - 参加 2010/11/12 23:47

気ままに さんのブログ記事

  • この人、誰?
  • この人は誰でしょう好き嫌いの分かれる人ですね。でもしょうもない世襲の奴らよりかは支持がありますね。今後どういう活動するんでしょうか?なんというかもう少しうまく立ち振る舞えばいいのにねって感じる部分はあります。正解のわかった方はコメントをお願いしますね~!!承認制になっていますのでそのままコメントしてイイですよ~!! [続きを読む]
  • THE AMRICAN FOLK-BLUES FESTIVAL THE BRITISH TOURS 1963-1966
  • このDVDの映像は断片的には観たことがあるがこのヴォリュームで観たのは初めて。1930年代?から活躍したブルーズ・レジェンドたちが英国ツアーした模様を収めた第2弾、第1弾は確か本国でのTV映像を起こしたDVDのような記憶があるが又、記事にはしてみたい。1. キープ・イット・トゥ・ユアセルフ 2. ガット・マイ・モジョ・ワーキン 3. トゥ・レイト・トゥ・クライ4. ベイビー・プリーズ・ドント・ゴー 5. バイ・バイ・バード 6. ゲ [続きを読む]
  • 飢餓海峡
  • 俺達の世代にはない多くの戦前、戦中時代に生まれた人たちは色んな辛酸をなめてきたのだと痛感させられる映画。1965年に内田吐夢により映画化された本作は水上努の推理小説が原作である。この映画を観て俺はこの傑作は推理小説というよりなんというかサバイバル小説の映画化なのかな?と妄想してしまう。俺は一人で北海道旅行したときに、最後の青函連絡船に乗ったのですが海の旅って飛行機や鉄道と違い、なんとなく永遠に記憶に残 [続きを読む]
  • 年末の爆買いの残りが到着♪
  • 年末の爆買いCD、DVD残りが今日すべて届いて出そろいました。個人的にはブルーズDVDとLAST WALTZのCDがPOINTかな。T.REXのTANXもよかった、コレ紙ジャケで中身のCDはアナログのようなデザインで凝っていました。おいおいまあLAST WALTZ(映画は74回観た)なんかは買いなおしですが、聴きこんで各レビューをしていきたいと思う。ブルーズフェスのDVDの動画は歴史的映像ばかりなりでしたわ。The Band, Up On Cripple Creek The Ban [続きを読む]
  • この人、誰?
  • この人は誰でしょうもう1枚このポプラ社の装丁のシリーズは全巻読みました、学校の図書館で借りて不足分は買いました。南総里見八犬伝とこのシリーズがワイの読み物を読む原点になりました。青銅の魔人とかキャンプな内容に心踊ろされたもんでした。正解のわかった方はコメントをお願いしますね~!!承認制になっていますのでそのままコメントしてイイですよ~!! [続きを読む]
  • New World - Strawbs
  • いきなりパクリ企画の音楽(ミュージシャン、バンド音楽家名)しりとりは総勢199組が登場しました。↓https://blogs.yahoo.co.jp/thewhosnext7/33596338.html第65弾はストローブスです。失念ながらまったく知らないバンドです。60年代後半にデビュー、今もって活動中?のようです。似たようなバンドでいえばSOFT MACHINEやBANCOみたいなものか?源流はフォークにあるようですが後にバロックと融合、プログレッシヴと称される音と [続きを読む]
  • この人、誰?
  • この人は誰でしょうこの人の冠が付いた賞を貰うととりあえずベストセラー作家の仲間入りができますね。正解のわかった方はコメントをお願いしますね~!!承認制になっていますのでそのままコメントしてイイですよ~!! [続きを読む]
  • マイ・ジェネレーション   ロンドンをぶっ飛ばせ
  • この映画はなんとなくだけど劇場で俺は観なきゃいけない気がした。今日、たままたま休みで垂水の山奥の僻地のワークマンっていわゆる肉体労働者向けの衣料店に業務用靴下を買いに行ったとき、クルマの中でFM COCOLOでなんかで紹介れていた映画だった。なんだかんだブルーズだ民謡だゴスペルだR&BだソウルだFUNKだフォークだクラシックだと唸り散らしても俺の中でのRockの始祖はThe Whoはじめとするスゥィンギンロンドンなんだ。 [続きを読む]
  • JRの終日女性専用車両って逆差別やろ
  • 旧国鉄時代から俺はJRは嫌い、なんというか国営根性が未だにあるというのか、私鉄と比べてサービス品質が落ちる、まあ俺が家自体が今もだがJR沿線沿いではなく私鉄沿線沿いにあるというのもあるが。痴漢冤罪も多い、中には美人局もある悪質な被害女からの一方的な情報だけで人生を棒に振る危険性からこういう試みはOKだが終日、例えば俺の地元のJR神戸線なんか普通列車コレだ。他の阪神阪急山陽の大手私鉄はラッシュ時の時間だけで [続きを読む]
  • 猫びよりとは?
  • なんだか小津安二郎の映画のタイトルのような猫雑誌である。特に猫の飼い主が買う雑誌なのであろう。今日、本屋で手に取って早速買いました。この時期の1月号なんで実質昨年の12月に発売された先月号なんでしょう。空前のペットブーム、猫ブームなんて言われているが一方で放置飼育(ネグレスト)してる問題飼い主も居るのでただ可愛いからとかで、安易に動物を飼うのはいけないと、俺もそうだが自戒も含めてほとんどの飼い主の思 [続きを読む]
  • この人、誰?
  • コレは何でしょう?ワイの今の職場の芦屋の商業施設の駐車場には月極に止まっています。むかーし日本人の名前からとったのかかな?って錯覚してました。フルハムロードとかキング・カズとかね。スマートなモンスターカーって印象です、乘ったことないけど。正解のわかった方はコメントをお願いしますね~!!承認制になっていますのでそのままコメントしてイイですよ~!!あっ未だに我がシンパンガイタースの主砲、福留孝介なんかは [続きを読む]
  • シートクッションとは?
  • 正月4日はお値段以上ニトリで初めて買い物をしました。コレはシートクッションといいまして、いわゆる自己発熱性のあるクッションである。他にも足を入れるあったか足ポカクッションというのも買いました。こういうのは薄い生地で今まではインナーでは持っていたがクッションとは初めて買いました。腰痛持ちなので冬場は特に活躍しそうです。今までは電熱のマットをベッドの敷布下に敷いていたけどあれは喉によくないので、こうい [続きを読む]
  • rod stewart unplugged....and seated
  • 俺らが中坊の頃のナンバーワン人気ヴォーカリスト。ホット・レッグス - "Hot Legs" (Rod Stewart, Gary Grainger) - 4:24今夜きめよう - "Tonight's the Night" (R. Stewart) - 4:05ハンドバッグと外出着 - "Handbags and Gladrags" (Mike d'Abo) - 4:25カット・アクロス・ショーティー - "Cut across Shorty" (Wayne Walker, Marijohn Wilkin) - 4:58エヴリ・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー - "Every Picture Tells a Story" [続きを読む]
  • この人、誰?
  • この人は誰でしょうこの人の出たこの映画、映画館で観てショック死しそうなくらい怖かったわ今は日本でもクリスマスに匹敵するイベント化してるけど、元々怖い話ちゃうの??後にこの人もエイリアン女と同じく、ムキムキマッチョレディーとして人気でますね。正解のわかった方はコメントをお願いしますね~!!承認制になっていますのでそのままコメントしてイイですよ~!! [続きを読む]
  • ニコラス・ケイジ
  • パクリ企画第4弾  俳優しりとりは合計117名が登場しました。↓https://blogs.yahoo.co.jp/thewhosnext7/33888550.html53人目はニコラス・ケイジです。この人は1980年代前半のヤングアダルト映画に出ていたが注目されず、90年代に入ってリンチの「ワイルド・アット・ハート」に出てからその変人的個性に陽があたった様に個人的には思う。フランシス・コッポラの甥だけあって演技力は確かで、今現在のハリウッド役者の中でも個人的 [続きを読む]
  • 1月4日伯父宅にて盃を
  • 毎年恒例となった正月過ぎの板宿でスナックを経営している伯父宅訪問、来年御年90歳になる超御大でワイら馬鹿二人からしたら、両親はもう居ないので血の繋がった数少ない肉親の一人。自宅兼1階が店の三階建てのスナック、かれこれ45年は営業してるかな。毎度おなじみ下僕2号のワームン人生に剣菱(ワイが買ったんやけど)下げさせて、お邪魔する。伯父は灘の銘酒、剣菱が大好きなんだ。あけましておめでとうございます。伯母(ママ [続きを読む]
  • チャイナタウン
  • パクリ企画しりとり第3弾 映画しりとりは合計121作のノミネートがありました。↓https://blogs.yahoo.co.jp/thewhosnext7/33765665.html第71弾はチャイナタウンです。1974年に公開されたロマン・ポランスキー監督作のサスペンス。この映画は俺も長いこと見返していいないので記憶があやふやなんですが、とにかく米国、日本に限らずゼネコン利権に群がる権力に立ち向かうには相当の胆力が居るということである。この映画では水道 [続きを読む]
  • この人、誰?
  • この人は誰でしょう神戸が生んだ偉大なる映画解説者の一人と言えましょう。浜村淳がラジオにてすべて映画の内容をしゃべるのに対してこの人はぎりぎりで抑えます、摸倣した解説者も多いでしょう。ワイもこの人の解説した名画を何十本と観て育ちましたよ。正解のわかった方はコメントをお願いしますね~!!承認制になっていますのでそのままコメントしてイイですよ~!!サヨナラサヨナラサヨナラ正解はヨドチョーこと淀川長治でした [続きを読む]
  • ボクシングとK-1や総合格闘技は根本が違う
  • まず誤解の無いように言えば俺はプロレスも総合格闘技も打撃系格闘技もアマレスも柔道も好きな競技である。大相撲は嫌いですが、あれは伝統芸能で格闘技でない。で地上最強は何かというとプロボクシングの世界王者と即答する、ノールールのバーリトゥードでも世界王者レベルは速いから捕まらないしその前に本気の顔面打撃で終わらせるよ。こう俺がドカスカ言うのは元々古代ローマから格闘技(奴隷にやらせていた見世物)のパンクラ [続きを読む]
  • 寒い冬はしゃぶしゃぶに限るで♪
  • 1月2日の晩たぶん?全国チェーンではないしゃぶしゃぶ食べ放題の近所の店に初めて入店した。前はガストがあった処に3年ほど前からガストが撤退して出来た店で結構流行っているみたい。ワームン人生は昼に友人にてっちり、てっさ(フグね)をご馳走になったそうだから俺一人で行くつもりが着いてきた、フリムンめ!!まあホントは昔の仕事仲間に遭う予定にしたいたのが、没になったからイイんだけどね。此処は瓶ビールはなく生ビー [続きを読む]
  • 1月2日はどこもあいとらんのう~(+o+)
  • 31日、1日、3日は仕事のワイ。よって寸志が出るって個人商店みたいな会社やがなやけど、貴重な正月2日は外食をしたいわの。元旦はマクドナルド以外とCOCO壱以外は昼は休みで2日からぽつぽつ外食チェーンも開きだすんやが、あああー腹へったぁってなって自宅近くのもっこすに行こうかなとしたらありゃ行列出来てたがな、、、、、クソ寒い中行列までして食べるもんじゃないラーメンなんて。で更に西にクルマを走らせ板宿で食おうか [続きを読む]
  • 2018年、年末は鍋で締めくくる
  • 今日、晦日は俺の2018年の最後の休日なのでワームン人生を連れて近所の海鮮屋台おくまんにて今年のささやかな忘年会を済ましたのだ。3週間以上前から鍋コースで予約をしていました。いつもの飾らない天井のないロフト感が魚河岸風だ。生ビールでうがい、ついてきたワームン人生はカルピスサワーって子供みたいなのを呑みよる、しかし生はエビス以外美味くないね。呑み放題3500円鍋コースだからその分、瓶ビールなしなんよね。小エ [続きを読む]
  • 2018年最後のアナログ収穫♪Part2
  • ジャパニーズ邦楽の生ける伝説、若者よ!まずコレを聴いてからおっさん達にモノ言いな!!Aランク700円。おっさんになるとの。こういう笑顔が可愛いジャケが気になるんや。Aランク800円。おっさんになるとの、こういう腰ののけぞり方にブルーズを感じるんや。Aランク900円。コレは完全ジャケ買い、俺はR&BもブルーズもJAZZも何も知らんねん感性だけで動くんやな。Aランク800円。お馴染み、ジャケ痛みアリのAランク600円で合計3800 [続きを読む]
  • 2018年最後のアナログ収穫♪Part1
  • 今年最後と言っても2回目のアナログ収穫か?最近回数減ったな。いつものバス道沿いにポルシェならぬぼろの車検通したばかりのポルテを止める。60分300円路駐パーキングね。晦日とあって南京町は大賑わい、すり抜ける。元町商店街に北上東に向かう、スパイダーマンがお出迎え。完全閉店中の店の角を北上する。お馴染み、ハックルベリーの看板。さあ2階に上がって猟盤や!!帰り道は混雑を避けて脇道を通る、アチョーな店の看板。内 [続きを読む]
  • 2018年を振り返る
  • 今年はブログを立ち上げて10年ということもあり、ナマクラで何事も長続きしない俺がよく10年も持続できたなぁと感慨の念があるとともに今年を振り返ってみたい。個人的には今の会社に入社して初めて異動があったこと、別に自宅圏内だから問題ないが大会社に勤めていて転居を伴う異動って改めて大変だなぁと痛感、俺も若い頃飛ばされたりしたこともあるが、個人的には転居を伴う異動は反対だ。正直な処労働者には何のメリットもない [続きを読む]