天路Tenro さん プロフィール

  •  
天路Tenroさん: 人生が変わる“0ゼロ”潜在意識クレンジング
ハンドル名天路Tenro さん
ブログタイトル人生が変わる“0ゼロ”潜在意識クレンジング
ブログURLhttps://ameblo.jp/daizouk/
サイト紹介文心と身体の癒し、願望成就のサポートヒーラー天路Tenroのブログ
自由文天路アセンションラボアートクリニックの天路Tenroこと小林大三です。また、「広島ゆかりの画家たち」(広島県立図書館)のうちの1人として美術作家としても活動しています。ホームページへ http://tenro.jimdo.com/
わくわくする人生は、いくつになっても始まります。幸福観察学会会員No.2
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2010/11/13 15:53

天路Tenro さんのブログ記事

  • お金の流れを悪くしている要因
  • ※この記事は、2012年12月12日に、公開したものです。先週末から今週末にかけて行っている無料クレンジング(解放)体験にご参加いただいた半数以上の方からお受けした具体的なテーマは、現在の世界金融情勢を反映してでしょうか。お金に対するブロックをどうにかしたいというものです。セッションを通じてこちらに伝わってくるのは、お金の流れを堰き止めている物が不安や怖れというマイナスのエネルギーの塊だということです。 [続きを読む]
  • スティーブンジョブズも持っていた能力
  • 今回は、無料メール講座【THE HIBON (非凡)】The Awakening as a THE HIBON~ 本当に生きたかった人生を創造する方法 ~ https://daizo4348.com/lp/を受講していただいた方から、届いた感想を紹介します。治療家であるお母さんのエネルギーケアを続けていらっしゃる方からのお便りで、2015年の秋頃、エネルギーの次元を高めて魂の器を拡張すべく僕が不定期に行っている超0療術養成講座を受講くださってます。僕とのご縁が生 [続きを読む]
  • 引き寄せの法則は『波動共鳴』である
  • 配信不要の方は、お手数ですが以下のURLから解除・変更願います。→ http://www.mag2.com/m/0001214510.htmlどうも、小林です。このメルマガでも案内している【テンロ通信 パワーライブ版】https://thehibon.net/np/usf/75efvjls8S4oyd.htmlの登録者が3号目を配信した現時点で、336名と、このブログを読んくれていてる方の六分の1に達しました。せっかくなら、より多くの人に僕の想いがリアルタイムで届けばという気持ちから [続きを読む]
  • エネルギーの増減のメカニズム
  • こちらのブログでも何度か案内してきている【テンロ通信 パワーライブ版】としては、2通目のパワーライブ配信メルマガ、となります「さらに先のゴール」https://thehibon.net/np/usf/75efvjls8S4oyd.htmlの配信が、数日前に完了しています。確認した配信数342名の方の中には、まぐまぐ版「自分から覚醒できる 潜在意識革命」やブログ、FBから登録していただいた方のほか、僕と直接お会いして名刺交換したことのある方、僕が [続きを読む]
  • 本当に生きたかった人生を創造する方法
  • ブログでも何度か案内してきている【テンロ通信 パワーライブ版】としては、記念すべき、最初のパワーライブ配信メルマガ、となります「本当に生きたかった人生を創造する方法」https://thehibon.net/np/usf/75efvjls8S4oyd.htmlの配信がつい先ほど、完了しました。確認した配信数411名の方の中には、まぐまぐ版「自分から覚醒できる 潜在意識革命」やブログ、FBから登録していただいた方のほか、僕と直接お会いして名刺交換した [続きを読む]
  • 未来は右脳からはじまる
  • ※この記事は、2012年10月21日に、公開したものです。●未来は右脳からはじまるあなたが自由な魂を持っているなら、人類と地球の問題とその原因がよく見分けられるはすです。あなたの魂が健康であれば、地球の問題が何であるか、つぶさに見えることでしょう。健康でない魂は、その原因を、他人のせいにばかりにします。宗教やオカルト、カリスマと呼ばれるスピリチュアリストに妄信するのもその意味では同じです。しかし、健康な [続きを読む]
  • 人生が変化する瞬間
  • 僕は、四歳のときに重い肺炎を患って、死にかけた経験があります。医者からは両親に、「あと48時間が山です」と伝えられました。つまり、死を覚悟しておいてください。という意味です。この話は、僕の自己紹介動画の中でも触れてますが、https://youtu.be/EKcQxti-04c入院したのは12月。病室の窓の外で雪がちらついていたとき、「雪が降ってるよ、見える?』と言われたのをなんとなく憶えてるんですが、意識が朦朧としてほと [続きを読む]
  • (更新)5ZIGENヒーリングDVDラピュタのご案内
  • 5ZIGENヒーリングDVD「ラピュタ」は、2015年10月19日、オランダにあるケッシュ財団によって、フリーエネルギー装置が販売されたことと同じインパクトで、反重力子が、これから数世紀に渡って、地球に大きな影響を与えることを直感して完成しました。重力波はすべてのものを蘇生させる本物には、蘇生化するはたらきがあります。それはハイレベルなよいエネルギーを空間から集めつづけ、周辺に供給しつづけているもののことだといい [続きを読む]
  • イタリア王家宮廷晩餐会招待記念メルマガ創刊のお知らせ
  • どうも、小林です。明日27日、都内で開かれるイタリア王家サヴォイア家宮廷晩餐会http://daizo4348.xsrv.jp/charity.pngの招待を記念して、【テンロ通信 パワーライブ版】https://thehibon.net/np/usf/75efvjls8S4oyd.htmlを創刊します^一^今日はその案内をしたいと思います。その前に、宮中晩餐会へのお誘いという、本来ならありえないような出来事の発端はというと、僕が主催するコミュニティ「天路くらぶ」の元会員で、現在 [続きを読む]
  • 【超0考察】
  • 2016年の暮れに、『「超ゼロ」という発想には、感心しました。』という1通のメールが手元へ届きました。その送信主を調べてみると、日本初の上場コンサルティング会社でもある船井総合研究所の(故)船井会長が書籍化した、『船井幸雄と天才たち Rart2』(ビジネス社)に掲載されている、元国立生物学研究所員だった東晃史博士からのものだったのですが、そこから始まったご縁は、とても大きく、素晴らしいものでした。 [続きを読む]
  • 量子論は、宗教的な運命論を否定します
  • ※この記事は、2013年10月5日に、公開したものです。人間の脳は、想像や理屈を超えた出来事に遭遇したりすると、ベッドの横に宇宙人が立っていて寝てる間にUFOの中へ、アブダクション(拉致)されて何か埋め込まれたとか。。過去の経験から答えを自然とクリエーションすることによって、なんとか現状との整合性を保とうとする習性があります。「過去(世)での行為が、良い行いにせよ、悪い行いにせよ、いずれも自分に返ってくる [続きを読む]
  • ”量子論はスピを証明していない”
  • 「スピリチュアル界でも、量子力学の研究成果の一部だけを切り取って、拡大解釈している人が多い。それは、物体と中間の話を同一視してしまっている。」からこのブログに書かれてあることを読むと、人間の脳がいかにお花畑状態になりやすいかよくわかると思う。。中間に位置してる要素が複雑な因果律(縁起)でお互いに関係し合って、一定のレイヤーごとにバランスが保たれつつ微調整され現象化してるのが物質世界であって、その [続きを読む]
  • 『愛』とか『情』とかも記述できる「素領域理論」
  • 20世紀の理論物理学者であるアインシュタインは、特殊相対性理論で、E = mc2エネルギー E = 質量 m × 光速度 c の2乗であるという物理法則の数式を表しました。これは物理学の関係式で、「質量とエネルギーの等価性」とその定量的な関係を表しています。定量的な関係というと、わかりにくいかもしれませんが、この等価性の結果から、質量の消失はエネルギーの発生を、エネルギーの消失は質量の発生をそれぞれ意味します。したが [続きを読む]
  • ピカソの名言あるある
  • ピカソの名言で、とくに好きなのが、。。。。人はあらゆる物や人に意味を見出そうとする。これは我々の時代にはびこる病気だ。っていう言葉。僕は、あるきっかけで去年から『船井幸雄と天才たち』(New pradigm books the Funai)という本の中で、「10人の天才たち」の一人として登場している元国立生物学研究所の東晃史博士に声をかけてもらい、西洋科学の分子生物学的な物理法則を超える未発表論文の海外出版とその啓蒙に向けて [続きを読む]
  • 初公開「小林大三の自己紹介」
  • 今朝早く、ブログのヘッダー画像を変更したのと関係してるんだけど、今年の春くらいから、本格的にオンラインコーチングプログラムの仕組み作りをコツコツと進めてきました。6月下旬から、モニターになってくれそうな人に声をかけてはじめ、10月下旬からスタートする無料メール講座登録ページには、僕の世界観を表現したコピーを盛り込んだ画像に仕上げてます^一^今日は、プログラムに先駆けてアップした自己紹介動画をいち早く [続きを読む]
  • 引き寄せの法則の本質は『波動共鳴』
  • 僕が創ったエネルギーヒーリングCDやDVDの中でも、毎月の売り上げが断トツトップなのが、天波3 新☆人類なんですが、商品ごとの注文件数を見てもらうと一目瞭然かと思います。そして、毎週のように何通か届く感想も、やはり断トツです( ´Д`)y━・-----さっそく送って頂いたCDをかけています。1日目はとても強いエネルギーが降り注いできました。2日目、痛めていた足腰の痛みがとても増して辛い1日でした。そして3日目、身体が [続きを読む]
  • まるでその星から自分が超高速で遠ざかっているかのように…
  • この記事は、2012年10月8日に公開した記事を新しく読者になった方にお読みいただくことにより、より深く理解してもらうために再公開しております。この季節、残暑の続く日中をどうにかうっちゃって、秋の気配を感じながら、星々が満天に輝く夜空を見上げていると、「宇宙はどこまで広がっているのだろう」と人類が太古から考えてきた疑問が大きく膨らみます。人類は大昔からずっとわたし達の住む世界がどんな構造になっているのか [続きを読む]
  • 「cd(天波3☆新・人類) を聴いた感想です」
  • 天波3☆新・人類を購入いただいた方から感想が届きました。質問やお問合せは、こちらから。投稿メール取り扱いポリシーについて-----* 60代女性 自由業 持病もなく体調良く健康です丁度一週間前に受け取り 毎日聞いておりますCD をかけると 一番 頭に感じます 少し外部から圧がかかるような感じです小さなジーという音の様な感覚もあります目の奥から前頭葉 側頭葉〜後頭葉へ エネルギーが移動するのを感じますまた小さな音も 頭 [続きを読む]
  • 前代”非凡”のコーチングプログラムを部分公開
  • エネルギーCD『天波3 新☆新人類』を体験された尿漏れ予防 骨盤底筋 体幹引き締めトレーナーの方からアメブロ http://ameblo.jp/datefcホームページ www.datefc.com届いた感想が、前代”非凡”の体感レベルだったため、今、ひそかに進めてる【The Hibon】プロジェクトを最後の方で公開しちゃってます。-------早速かけてみました頭全体にずっと外から 圧力のようなものを感じました 軽いものです次に 軽くですが心臓にくっと圧 [続きを読む]
  • 現在の中に未来の予兆を見るとは?
  • ご紹介させていただく記事は、2011年8月に一度公開したものを新しく読者になっていただいた方にお読みいただくことによって、現在公開中の記事をより深くご理解いただくために再公開しております。予めご了承ください。未来の情報は、現在の中にすでに存在してます。あとは「過去の視点から現在を眺める」か、もしくは「未来の視点から現在を眺める」かの違いだけです。 自分の視点をテレビカメラだと考えてみてください。そのカ [続きを読む]
  • なぜ未来が見えないのか? 原因その1 スコトーマの問題
  • ご紹介させていただく記事は、2011年8月に一度公開したものを新しく読者になっていただいた方にお読みいただくことによって、現在公開中の記事をより深くご理解いただくために再公開しております。予めご了承ください。 「未来の情報は、現在の中にあります。」という記事に書いた「情報空間においては、すべての未来も過去も、現在と同時に存在している」という話を、さらに発展させて考えると、「未来はすでに起こっている」と [続きを読む]
  • H博士の哲学
  • ことし5月中旬に福岡で対談した東晃史博士が、関係諸機関向けに論文解説HPを開設しました。----東晃史Higashi Akifumi(phD-Tokyo.univ.)学歴//東北大学・理学部・生物学科卒業//東京大学・理学系大学院・修士・博士課程修了//理学博士職歴//東京大学・医学部・生理学教室・助手//岡崎国立生理学研究所・研究員//定年後に、独自で、“生命科学の統一理論”(=“自我や意識”を、定量的に導入した、生命科学の手法)を創造。----未 [続きを読む]
  • 「Do」でなくて「Be」
  • 少し前にアップした「現在の中に未来を見る」http://daizo4348.blog.fc2.com/blog-entry-1250.htmlという記事に届いたコメントに、----未来を因とし、現在を果とする、現在における正しい未来認識をする。 それは、思考は現実となるような、自分のなりたいと言う我欲なのか、童心の時の純粋なものなのか。 その確固たる『これになりたい』 が、曖昧になっています。 只、カウンセラーに昨年なりたいと思い今なれている。それの繰 [続きを読む]