KUROKAWA さん プロフィール

  •  
KUROKAWAさん: 水彩的生活 KUROKAWAの透明水彩画
ハンドル名KUROKAWA さん
ブログタイトル水彩的生活 KUROKAWAの透明水彩画
ブログURLhttp://kurokawa-suisai.blog.jp/
サイト紹介文関西の風景を透明水彩画で描いています。枚方・伏見・阿倍野で透明水彩画教室を開いています。
自由文「枚方(ひらかた)」に住まい、関西の風景を透明水彩絵の具で描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。春と秋には屋外スケッチにも行きますよ☆  伏見(京町通り”雅究房”)や枚方(”カルチャーハウス香里ケ丘”)にて透明水彩画教室を主宰しています☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/11/14 09:42

KUROKAWA さんのブログ記事

  • 最高齢でもスポンジのような吸収力のSさん
  • 私の教室の中では最高齢だと思われるSさん。同好会に入られて自己流で描かれていたところ、三年前に入られた。当初は 不自然だった遠近の描き分け から習得され、描いたことの無かった 都会の街中の風景にチャレンジされたり、次は、全く入れたことが無かった人物に挑戦・・・当初は「不審者」がいっぱい頭の位置もバラバラ・・・だったのが、人物の頭の位置も正確だし、頭でっかちでもなく、股が割れていることもなく、そして [続きを読む]
  • 透明水彩画「波遊び」(空想)
  •  透明水彩画「波遊び」(空想) 製作途中製作途中水彩紙:アルシュ中目26×36? 絵具:ホルベインキラキラはイリデッセントメディウムを使いました。ホルベイン 水彩メディウム イリデッセントメディウム 60ml W474ホルベイン 水彩用メディウム イリデッセントメディウム W474 60ml [おもちゃ&ホビー]ホルベイン工業楽天やアマゾンの回し者ではございません。いつも応援ありがとうございます☆ ワン 応援どうぞよろ [続きを読む]
  • 輪郭線で描く?明暗で描く?リトマス試験紙にもなる「カーボン紙大作戦」
  •  全く慣れていない1作品目〜数作品目までは、写真の写し絵でもいいと思っています。 透明水彩絵の具の扱いが少しわかってきたら、描く前に「どんな絵が描きたいのか?」イメージしてみるのは大切なこと。でも次に、具体的な方法を考えるとなると、初心者の方にとっては難しい。 以前記事にした「描く前に考える10のポイント」を配ったり、「ハガキに簡単なエスキース」を描いてみることを提案してきましたが、「人によってピン [続きを読む]
  • なにかしら表現を その8「主題と情景描写2」
  • 「情緒」「雰囲気」「印象」「詩情」「ムード」「ドラマ」「物語性」・・・「情景描写」「何かしら表現されている作品」・・・「主題(テーマ)」 前記事のキーワードを並べてみました。 生徒さんの作品展でも人目を惹く作品は『何故なんだろう?』と考えると『「情景描写」が前面に出ているな。』『主題がはっきりしているな。』と感じたし、手を入れる時にちょっとでもそれを浮き出すことが出来た時は「そんな絵が描きたかった [続きを読む]
  • なにかしら表現を その7「主題と情景描写」
  • 今までのことを振り返りながら、これからのことも考えつつブログを書いています。ほんとうに皆さん上手になられて、それを生かして自由に楽しく描いていただけたらと思っています。・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 写真のとおりに写したものではなく、何かしら「表現されている絵」は魅力的ですね。 でも私は昔「自由に表現しましょう。」と言われてもピンと来なかった。最初の頃は写真を透明水彩画に描き写すので必死だったから、 [続きを読む]
  • 透明水彩画「風そよぐ」&ちょっと休憩記事
  •  ここは伏見の何でもない場所。きっと、『えっ?ここが?』という感じだと思う。また機会があれば撮影してきます。 自転車の人物画私に似ているらしいです。 塀の板の変化を面白がってみました。 使っているのは体験の落ち葉の絵でしている「ぶつけてぶつけて勝手に滲む技法です」 2本で色を交互に変えてのつもりが、集中しているといつの間にか3本、4本と増えていきました。休憩 最近、家の近くに大学ができました。 全 [続きを読む]
  • なにかしら表現を その6「重色のおさらい」
  • 今までのことを振り返りながら、これからのことも考えつつブログを書いています。・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 最初は初心者の方のほうが多かった教室。気づけば皆さん数年続けられて上手な方が多く、『今後どんなことを提案していったらいいかな?』といつも考えているのですが あるとき気づいたのが、もう充分素敵な作品を描く力があるのに、透明水彩の基本技法【重色(ウェット・オン・ドライ)】で損している人が多いのでは [続きを読む]
  • なにかしら表現を その5「手を入れること2」
  •  溜まりに溜まった生徒さんの作品や写真を掲載すべく、今までのことを振り返りながら、これからのことも考えつつブログを書いています。・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 前回に引き続き 手を入れる時は混乱が無いように「描く前に考えるポイント」と「描画中に考えるポイント」に沿ったことをしているのだけど、と透明水彩画の『難しいところ』は、一旦取り掛かると原則的に・・・ ・構図が変えられない ・濁ったところは鮮やか [続きを読む]
  • なにかしら表現を その5「手を入れること2」
  •  溜まりに溜まった生徒さんの作品や写真を掲載すべく、今までのことを振り返りながら、これからのことも考えつつブログを書いています。・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 前回に引き続き 手を入れる時は混乱が無いように「描く前に考えるポイント」と「描画中に考えるポイント」に沿ったことをしているのだけど、『難しいところ』というのは透明水彩画って一旦取り掛かると原則的に・・・ ・構図は変えられない ・濁ったところは [続きを読む]
  • なにかしら表現を その4「手を入れること」
  •  溜まりに溜まった生徒さんの作品や写真を掲載すべく、今までのことを振り返りながら、これからのことも考えつつブログを書いています。・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 「手を入れる」のは一切しない方針の教室もあるけれど、私は生徒さんに頼まれたり、どうしても気になって生徒さんがOKなら手を入れさせていただいています。 教室を始めたころは頼まれても「えっ?いいんですかっ?」と、恐る恐るその方のイメージに沿うよう [続きを読む]
  • なにかしら表現を その3「エスキース作戦2」
  •  溜まりに溜まった生徒さんの作品や写真を掲載すべく、今までのことを振り返りながら、これからのことも考えつつブログを書いています。・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 前回に引き続き エスキースを描きながらご説明するのは、手順がわからない方、どうしてもイメージがつかめない方にしています。 私が描いたものはお渡ししていますが、掟があって「それを見ながら描かないこと」をお願いしています。「写す作業」と「ポイント [続きを読む]
  • なにかしら表現を その2「エスキース作戦」
  •  溜まりに溜まった生徒さんの作品や写真を掲載すべく、今までのことを振り返りながら、これからのことも考えつつブログを書いています。 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 前回の引き続き 描く前に構想してから取り掛かる・・・それは大切なのだけど、何故か不思議と「描く前のポイント」を意識的にしてくれる人のほうが少数派。「『上手くなりたい』という思いはジンジン伝わってくるのに、何故構想しないのだろう?ここに自由が [続きを読む]
  • なにかしら表現を その1「描く前の仕事」
  • 水彩画教室を始めた時から「描く前に考えるポイント」を箇条書きにしたものを生徒さんにはお渡ししている。それは、美術短大では、「水彩での風景の描き方」とかは教えてもらえないので、最初は「どうやったらいい感じの絵が描けるのだろう?」と悩んで・・・構図、目線やパース、色あい、明暗、陽射しの方向、遠近感、季節や時間、雰囲気、主役や主題・モチーフに魅力に感じているところ、手順…etc色んな素敵な作家さんがいる [続きを読む]
  • やっと「あの、ほれ!」がとれた件/入院中のエピソード記事
  •  今回はプライベート記事 2月はずっと整形の病棟に入院していました。命に係わらないからか患者さん達が皆明るい。 男性は独りで過ごす人が殆どだけど、女性はすぐに友達になってデイルームでワイワイガヤガヤ。 70代の方が殆どなので私は隅っこで話を聞く専門でおらせてもらって、特に仲良くさせてもらった方が前半で一人、後半で一人。 毎日、毎日 皆、時間だけは持て余しているので、その2人分、生い立ちから旦那さん [続きを読む]
  • アップ出来ていなかった生徒さんの作品特集
  • みなさんこんにちは。変な題名ですが、お休みする前から用意していたのに、アップ出来ずにいたもの。気になっていたので私的にホッの記事です。Mさん作品 「阪急中津界隈」 いつも何気ない街角やシーンを題材にされます。着眼点が面白くて好きです。 同じくMさん作品。香里ケ丘の一風景です。カルチャーハウス香里ケ丘のあるところですね。 道幅のことは置いといて、左側のあたりとか、この地域の方なら 「うーん!わかるわか [続きを読む]
  • 伏見教室は5月から1階に移動しました☆
  • 皆さんこんにちは。よく考えれば彼是丸4年2階で開催していましたが、雅究房さんのご都合で1階に移動しました。先週は模様替え途中だったので生徒さんにはご不便をおかけしましたが、雅究房さん最大限に配慮してくださり、ソファーを撤去し広くなり、照明も明るいものに取り換えてくださって、教室らしくなりました。1階ですので階段を上がる必要が無く、足に不安のある方でも楽かと思います。もう片方の照明ももっと明るいもの [続きを読む]
  • ちょっと出遅れましたが「春の絵」特集
  • 今年は桜の開花と散るのが早かったですね。4月は皆さん、桜、桜、桜、で桜攻めに遭っていました。桜の絵はとにかく繊細です。「白」を残すことで表現する透明水彩ならではの「ネガティブペインティング」をまさに使わなければ描けない題材。陰の部分を桜色で陰影をつけて立体感を出す。バックの空や緑をうまく活用して桜を浮き立たせる。桃色を塗るだけでは桃の花になってしまいます。最後に枝を描く。よく観察して、木の幹から追 [続きを読む]
  • 透明水彩画「野花」と共に お久しぶりです。
  • こんにちは。お久しぶりです。このGWに1年数か月ぶりにパソコンを開きました。ご心配をおかけしまして申し訳ありません。昨年と今年に入院を要することがあって。メッセージも色々と頂いていましたが、余裕がなくて保留にしておりました。お許しください。水彩画教室はカルチャーハウス香里ケ丘講座は昨年の8月から、伏見教室は昨年の12月から、新規募集はせずに以前からご縁のあった生徒さんだけで始めていました。今後も6 [続きを読む]
  • ホームページを(若干)わかり易くリニューアルしました!
  •  みなさんこんにちは! ホームページリニューアル!!というと、「めっちゃ綺麗になった!」て期待させちゃうけど、本体は今まで通りで、中の記載を見直してわかりやすく更新しました。 水彩画教室のレクチャーの見直しと合わせてこの数ヶ月色々と考えてきて、やっと仕上がったという感じです。 また随時よかれと思ったら更新をしてゆきますが、やっと私の教室の主旨や雰囲気が伝わりやすいものになったかな?と思っています。 [続きを読む]
  • ホルベイン透明水彩絵の具2種類の三原色
  •  三原色で描く絵というのもありますね。 シンプルイズベストなのが好きな方や、混色をとことん鍛えたい方には向いていると思います。 でも、一昨年にホルベインの工場見学に行った時、技術の方が「理論上は三原色でどんな色でも出るということになっているけれど、実際は理論通りにならず色がずれます。現実的に出来たら4原色とかで描いてもらいたいんだけど・・・。」というような旨、話しておられたのが印象的でした。 ウィ [続きを読む]