黒川しづこ さん プロフィール

  •  
黒川しづこさん: 水彩的生活 KUROKAWAの透明水彩画
ハンドル名黒川しづこ さん
ブログタイトル水彩的生活 KUROKAWAの透明水彩画
ブログURLhttp://kurokawa-suisai.blog.jp/
サイト紹介文関西の風景を透明水彩画で描いています。枚方・伏見で透明水彩画教室を開いています。
自由文「枚方(ひらかた)」に住まい、関西の風景を透明水彩絵の具で描いています。身近な景色を好きな色に染めることはとても楽しいです。伏見(京町通り”雅究房”)や枚方(”カルチャーハウス香里ケ丘”)にて透明水彩画教室を主宰しています☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2010/11/14 09:42

黒川しづこ さんのブログ記事

  • 〜怒りを通り越して呆れる盗作事件簿〜
  •  先日、見ず知らずの方から「黒川さんの絵が盗用されています。」とのご連絡をいただいた。『なんのことやら?』と調べてみると 見てビックリΣ(・ω・ノ)ノ!!この2014年10月16日に京都の円山公園(長楽館)に行った時の現場スケッチ写真が・・・2017年12月12日の投稿で・・・「久々のお絵描きしました少し前の福祉施設…付近にてフェルトペンmy picture」・・・ってどうゆーことやねん!!!???Σ( ̄ロ ̄|||)4 [続きを読む]
  • マスキングを使って草むらを描く③/久しぶりに見たら「黒い!」
  • 昨年はほとんどネットを見ることなく過ごしていました。久しぶりに見ると直ちに感じたのが「黒い!」ということ。(パソコンだからそう感じるだけで、実物はもっと色味を感じると思います。)黒いのはもちろん「暗い場所」の色。暗くすればするほどコントラストが出て、他の場所が明るく鮮やかに映える。明暗のコントラストをつければそうなることがわかってくると快感になり、ドンドン黒さを増していくので、私の中では『麻薬色』 [続きを読む]
  • マスキングを使って草むらを描く②/ブログ村のワンクリック応援
  • 記事の最後にいつも「ワン 応援お願いします。」って書いていますが、いつも応援してくださっている方、ほんとうにありがとうございます。これだけSNSが盛んになってきた昨今、最後まで読んでくださっている方って、実際はほんとうに少ないと思うんです。平均で1日190アクセスくらいありますが、直帰率から推測すると意図的に私のブログに訪れてくださる方は60名程。さらにその10名に1人程度の方がワン 応援 [続きを読む]
  • 久々に「初心者用画材セット」のパレット作り
  • 先日は久々にパレット作りをしました。初心者で画材も持っておられない方用のもの。絵の具を私が絞ってお渡しするので絵の具代が安く済み、すぐに始められるというのがメリット。そして私にとっては、いろんなモチーフに対応しやすいラインナップになっているので、「教えやすい」というメリットがあります。ホルベインの12色セットで事足りれば楽なのですが、ホワイトとブラックは使わないし・・・とか色々と難しくて(;^_^Aこの [続きを読む]
  • 縦長構図で…透明水彩画「さくらんぼ」
  • 透明水彩画「さくらんぼ」の完成作です。フェイスブックグループでこんなコメントをいただきました。「巣立ちを迎えた小鳥たちは、 まだまだ首を伸ばして親を呼んでいて『怖くはないよ ほら 飛んでごらん』と親鳥が寄り添いまっています。」と、この絵を見て詩が浮かんだそう。素晴らしい☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆早速、額に入れてみました。サムホール額にマット変えただけなので、縦長額が欲しい。この絵ではシュミンケ [続きを読む]
  • 7月1週目の伏見教室の様子(くろかわ透明水彩画教室)
  • 今年も半分過ぎました7月1週目の教室の様子です。Aさん作品 今までカッチリ描く描き方をされてきたところ、滲みをふんだんに生かした描き方に初めてトライされました。最初の自然な滲みも濁さずに重色。いい感じに仕上がりましたね☆また、色々なパターンに挑戦してみてください。最高齢80代のTさんは絵手紙。今日は「サルスベリが描きたいんです。」ということで、私は特徴の把握に必死(;^_^A 一番左が私の見本。もはや絵 [続きを読む]
  • アートエッセイ「誰からも文句のつけようのない活動」
  • 昔、作家さん達の考え方を整理したことがありました。例えば「水張り する⇔しない」「大きな画面で描く⇔小さな画面で描く」「写真から描くもオッケー⇔徹底的に現場主義」「絵の具 多く使うのがコツ⇔少なく使うのがコツ」「筆洗の水 たっぷり⇔少なくていい」「筆の根元に絵の具+筆先に水分⇔筆の根元に水分+筆先に絵の具」etc・・・ で、皆さん透明水彩画で活躍されていても、真逆の方針を多々発見。結果『何が正しいっ [続きを読む]
  • 「絵墨」をちょっと使った 透明水彩画「枚方の田園」
  •  ファブリアーノ水彩紙×シュミンケ透明水彩絵の具 で 地元枚方の田園地帯を描きました。 6月の梅雨の晴れ間の風景です。 枚方はいろんなところがあります。田んぼ 稲のパース 大切ですよね。ちょっと微妙〜(≡ω≡.) なんかね。途中段階が一番綺麗なんですよね。 これを濁さないように最後までもっていきたいところ。 手順を重視して、一工程ずつ、しっかりと乾かして、描き進めました。 遠近感を出すために、空も田 [続きを読む]
  • 「エタノール」を落とした 透明水彩画「枚方の街角」
  • 私の住む枚方の街を勝手な色彩で描いてみました。この絵をFacebookグループの「枚方が好きやん」でシェアすると、普通に一般公開でシェアするよりも好評でした。住む町が絵になっていると親近感が湧いて面白いよね。コメント欄も超ローカルトークで私も楽しかったです。水彩紙はアヴァロンアルシュを使い切ったので、注文しているアルシュが来るまでは、ファブリアーノとアヴァロンでしのいでます。アルシュほど滲み暈しは多用しに [続きを読む]
  • 入院中、独りでモヤモヤしていた100号サイズの違和感
  • 私が入院していた病院は絵画が多く飾ってある病院で、大きな通り廊下には100号〜120号?くらいの大きな絵が数点飾ってありました。2月は4週間、5月は3週間程入院していたので、いつも前を通っていたのだけど、その中で一点、どーしても違和感を感じてクラクラする絵がありました。下にある集落の建物が傾いて見えるのです(つд⊂)ゴシゴシ。『パースが歪んでるのかな???』と思って近づいてみると、縦の線は真っすぐ垂直だし [続きを読む]
  • 水張りするかしないか(私感)
  • 「水張り」のことで聞かれることがあったので私感をメモ・水張りをするのは良いこと。だけど、水張りがストレスで絵が描けないならしないほうがいい。・「大きな絵(F8以上くらいから)」と、「滲み暈しを多用する絵」ほど水張りが必要。・逆に、小さな絵や、ドライなタッチでしか描かないなら、しなくていいと思う。・でも、『仕上がったときに紙が歪んでいるのは嫌!!』なら水張りが必要。・水張りは板に貼るので、外で描くと [続きを読む]
  • 趣味で絵を描いて楽しむときのサイズ(私感)
  • 画面のサイズのことで聞かれることがあったので私感をメモ趣味で始められるときの設定です。・写真からでも、屋外スケッチでも F4から始められるのがおススメ…少し大きくてF6。 持ち運びなどの取り扱いにも、描くのにも、無理の無い大きさというのが理由です。画面が大きくなるほど難易度というか、気を付けないといけないことが増え、画面が小さいほど絵がまとまりやすいです。・実物を見ながら静物や花を描かれるときは  [続きを読む]
  • 「マイメリ」透明水彩絵の具はどの色でもブルーなの?
  • マイメリという絵の具の種類は知っていたけれど、画材店でもなかなか目にすることの無かったマイメリ透明水彩絵の具。数年前に「京都画材祭り(現 京都アートメッセ)」のランプライト水彩紙のワークショップに参加したときに5色セットをもらったのをきっかけに使っています。牛乳パックパレットはあまり何色も入らないので5色のこのセットがピッタリ!!これでも実際はグリーンは殆ど使わないです。赤、青、黄、茶の四色でかな [続きを読む]
  • 手軽な「牛乳パックパレット」のご紹介(*・ω・)ノ
  •  今まで「葉書絵」を描いてきた「牛乳パックパレット」をご紹介。 と言っても牛乳パックの3面をポストカードの高さサイズに切り取って折っただけです。 そして、クリップをつけてティッシュペーパーを挟んだだけ。 裏が「毎日骨太」の状態なので( ̄▽ ̄;)!! お洒落にしたい方は何か包装紙など貼られたらいいと思います。ある程度水を弾く紙がいいと思います。↓ この水筆の丸筆2本と↓ 水筆の平筆↓ 鉛筆でもよいです。 [続きを読む]
  • 葉書de一日一枚 1年半ぶりに絵が描けた 葉書サイズ
  •  病気をして昨年は絵を描く気が起こらず、カルチャーハウス香里ケ丘さんが生徒さんとのお茶会を開くなどして段取りしてくださって、教室が再開できただけで驚きの一年でした。 今年に入っても2月と5月の手術で落ち着かず、『絵を描かないのに絵を教えているなんて。』と、 教室はやめようかな?とも思っていました。 今回の入院で、「使わないかもしれないけど…」と一応持っていった「牛乳パックパレット」 まさか、それで [続きを読む]
  • 葉書de一日一枚 入院最後は「雨降り紫陽花」を描きました。
  • 退院前日、梅雨真っただ中でしたので、紫陽花とバックは雨を降らせました。 雨は水筆の平筆が活躍しました。 水筆の丸筆では絶対無理な表現。 この製品は筆先が適度に揃っていないので、ペタ―っとはなりにくく、こういった細い雨の様な表現ができますね。 他に「木の板の質感」にも「ドライブラシ」として使えそうですね。一応、途中・・・※葉書de一日一枚シリーズは、入院中(5/24〜6/10)に描いてスマホでブログ予約投稿し [続きを読む]
  • カルチャーハウス香里ケ丘講座 チラシ設置&振替は10月8日(月)に
  • カルチャーハウス香里ケ丘講座チラシが届いたので、配置しにゆきました。今度はペラペラで印刷 紙の厚さのグラム数、毎回ちゃんと覚えとかなきゃいかんなぁ。今回は180グラム。書いておこう。 6月の講座は地震当日だったため休講になりました。7月期に継続される方は10月8日(月)が振替日になります。7月期に継続されない方は、7月の講座日にお越しいただく又は返金 という取り扱いになったとのことです。詳細はホー [続きを読む]
  • 葉書de一日一枚 滲みで描いたアンニュイな猫(四匹目)
  •  なんか(笑)  尻尾の縞々滲みは気に入っています。 髭の白は「ぺんてるの極細修正液ペン」を使っています。 以前から通常の作品でも「修正液」が被覆力が高いので、瓶入りのドクターマーチンのホワイトを使っていますが、葉書絵は携帯に便利なペンタイプにしています。 でも、髭の様な繊細なものを描くには、かなり苦労を要します。 上手くいくかドキドキで、マッチを擦るようにペン先を操ります。 白のペン という手も [続きを読む]
  • 葉書de一日一枚 滲みで透明水彩ミニチュア画「冒険旅行」
  •  透明水彩の滲みは、木とか植物に相性がいいですね。 滲みで水の流れる密林をイメージしてみました。 これだけでは面白くないので、ミニチュアで船を漕ぎだす人の様子を入れてみました。 葉書という小さな世界だけど、スケール感も出ますので。遠くに行くにつれ、圧縮される形、彩度を失う色、は遠近感を出すために気を配りました。※葉書de一日一枚シリーズは、入院中(5/24〜6/10)に描いてスマホでブログ予約投稿したもので [続きを読む]
  • 伏見教室「月1回クラス(第4火曜日午前)」の設定を変更しました
  • 今回は事務的な連絡記事です。くろかわ透明水彩画教室の伏見教室「月1回クラス」の設定を変更しました。・開催 第4火曜日 午前10:00〜12:30・月謝 3,000円・定員 6名体験レッスン2,000円(色見本作り、簡単な水彩イラスト)お月謝は前月払いお休みされた場合、空席があれば他クラスに振替可と致しました。パンフレットの記載は順次訂正します。ホームページhttp://park8.wakwak.com/~kurokawa/99_blank007.html・‥…━━ [続きを読む]