かものはし さん プロフィール

  •  
かものはしさん: 平凡な日々の呟き
ハンドル名かものはし さん
ブログタイトル平凡な日々の呟き
ブログURLhttp://kamonohashi0000.blog129.fc2.com/
サイト紹介文主婦が、主にドラマ等の感想を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供267回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2010/11/15 21:25

かものはし さんのブログ記事

  • モンテ・クリスト伯
  •   #9   ・「モンテクリスト伯」??疑問→呆然→失笑→(ディーンさん 新井さん 高橋さん     美月さんなどのキャストを見て)浮上→やっぱり不安→    西谷弘さん監督(今まで西谷監督に外れなし!)再浮上!!    となった3ヶ月前の自分を殴りたい!いや殴ってくれ!!名作!超名作!!!!    登場人物外れなし! ほぼ初めての桜井ユキさんも土屋役の三浦誠己さんも    神楽の秘書の牛山役の久 [続きを読む]
  • 正義のセ
  •   #10   ・最終回らしい感じだったのは事件というより温子の結婚が認められたこと    結婚して家業を継ぎたい と言ってくれる男はなかなかいないと思う    温子の恋人の後藤君が事件に巻き込まれる!という展開があるのか?    と予想したけどがあったけど家は家仕事は仕事 家庭では色々あっても    基本平和な感じでこれはこれでよかった    生瀬さん 宮崎さん 広瀬アリスさんが勿体ない使い方だ [続きを読む]
  • シグナル
  •   #10   ・2000年3月20日 「このままじゃ兄が殺されます」の続き    きっと兄は助からない とは思っていたけど それよりも何よりも    中本が自らのてを汚していたことにびっくり!でもいざ未成年を殺すとなると    自分でするしかないか 他に頼んでもリスクが大きい   ・過去の兄の事件調べ始める→ 三枝は岩田さん殺害の犯人とされ追われる    →三枝が逃亡したために無線は残され桜井さん [続きを読む]
  • コンフィデンスマンJP
  •   #10 「コンフィデンスマン編」   ・ダー子たちの本当の部屋番号は「000」!!! そして「エピソード0」の話    ボクちゃんがまだ五十嵐と知り合う前 すごいなあ    まあ順不同の話 つまりエピソードが混在して 同時進行しているドラマだとは    知っていたけど あっぱれ!! そして1話に繋がる…   ・「真実を見つけた者を疑え」 深い   ・「コンフィデンスマン編」なので 鉢巻は実は同 [続きを読む]
  • 崖っぷちホテル
  •   #9   ・今回最大の謎の人物である宇海の謎が明かされる!という感じだったので    そうか最終回なんだ と勝手に思っていた よかったまだあって   ・テレビ番組「ヒノメヲミル」    インヴルサの逆転劇を取材に来たと思ったら 宇海を見て    「ホテルグランデインヴルサの真相」という題に変更されたのを知ったら    皆がざわざわするさ でも前のホテルを辞めた理由で引っ張る    こともなく  [続きを読む]
  • モンテクリスト伯
  •   #8   ・愛梨が明日花ちゃんからの電話に動揺して南条幸男が自殺現場に    戻ってしまった これも真海の予想どおりなのか? と    思っていたけど違った というかいつもクールでシニカル 怒ったところを    想像できなかったけど グラスを手で割って怒鳴ってワイン?の瓶を投げる姿    素敵じゃん!! 怒髪天姿もさまになる   ・このドラマには死屍累々 死体の山 を求めている?ので    南 [続きを読む]
  • 未解決の女
  •   #8   ・7話の続きの前後編(全部で8話は短くないですか?)   ・朋は絶対助かると思っていたので1週間予想した      ①実は防弾チョッキ着用     ②手帳で銃弾止まる     ③重症だけど急所外れる         ②だけど辞書かー考えたな!さすが「文書捜査係(自称)」   ・前編で2003年の「3億円事件」は秋田と藤枝と男Cの共謀    男Cはたぶん百瀬    藤枝と秋田の仲間れ→秋田が藤枝 [続きを読む]
  • 正義のセ
  •   #9   ・痴漢冤罪を訴える人に東幹久さん チョー久しぶり!   ・ほぼ冒頭で痴漢冤罪が立証されてしまう→凜々子はいつもすごく慎重に    取り調べをするのに何故?→取り調べ可視化のビデオ録画を見ると    素直に自供してるやん→自白はおかしい だから他に被害者がいるかも…    の流れがなかなかいい   ・真犯人は痴漢サイトの書き込みをしていた ていうか今回の    村井についてネットの書き [続きを読む]
  • シグナル
  •   #9   ・元暴力団員の岡本所有の別荘から死体発見 大山死亡確定    真っすぐな性格の大山のことを知る人なら誰でも覚悟はしていた    「18年間待っていた人がいたことを喜んでいると思う」の言葉は深い    でも撃たれたのは病院じゃないの?と思ったけど運ばれた ということでいいか   ・1999年三枝からこの事件に兄が関わっていることを聞かされる→    母親に会いに行って弟の健人が母の名字の三枝 [続きを読む]
  • コンフィデンスマンJP
  •   #9 「スポーツ編」   ・ターゲットは桂公彦 プロスポーツを買収して無茶苦茶にして放り出す奴    クラブはオモチャ   ・平野美宇ちゃん本物!ていうか カモシカコンビ(笑)   ・「ひげダンス」からの「ガチョーン!」 五十嵐持っていくなあ   ・桂が本当に狙うのはバスケ そして架空の「熱海チーターズ」      強い卓球チームを買わなかった時点でダー子は桂の目的を節税対策と読む    赤字 [続きを読む]
  • 崖っぷちホテル
  •   #8   ・マラヒナ王国の女王がジャガー横田さんというセンスが好き    そしてその日本人の女王の強い遺伝子(笑)を受け継いだ7人の王女    山口まゆさんしか知らなかったけど それぞれ売り出し中の女優さん    なんだろう ていうのは分る   ・「ベットメイキングがなっていない」「大きいテレビ」「イケメン」と    無理難題を言う王女たち    その王女たちが実は初めての海外 というヒントを [続きを読む]
  • モンテ・クリスト伯
  •   #7   ・「モンテ・クリスト伯」 名作! 見てよかった名作!    この中だるみしないヒリヒリした感じで最後までよろしくお願いします    ・次は絶対神楽だ!と思った予感は外れた    真海がわざわざ神楽を呼び出して「安堂は詐欺師 南条幸男は香港警察から    目をつけられている」と話した そのことを香港マフィアから目をつけられて    焦っている幸男に話し そして真海が自分(神楽)も潰すつ [続きを読む]
  • 未解決の女
  •   #7   ・あの「三億円事件」?!と思ったら違う「三億円事件」    2003年発生で未解決    死体と二千円札とフラッシュカード この組み合わせは興味をそそる   ・初にこのされた9枚のカード そのカードですぐ「RISK,HELP」と分る鳴海先輩    まあここまでは余裕    そして次のカードで苦しみ朋と連想ゲームで笑いあう姿     最期までこんな打ち解けた様子が見られるとは思っていなかったのでちょ [続きを読む]
  • 正義のセ
  •   #8   ・有名俳優を乗せた車がひき逃げ事件を起こして 事務所社長が    出頭してきた    こうなると「浅見光彦シリーズ」でもあったように事務所の人間が    俳優を庇い自首 というのが当然の流れ(「金田一少年」でもあったような気が…)    「その時は全く気づきませんでした ニュースで知りました」    という供述を怪しく思い 「警察と検察で徹底的に調べます」と言われたら    すぐに素 [続きを読む]
  • シグナル
  •   #8   ・岩田さんが中本さんに噛みついた時点から まあ岩田さんが消されるだろう    ということは予想はついていた というか たとえ間に合わなくても    早く救急車呼べよー! 早くしろよー!と思ったのは私だけではないはず    大山さんが殺された件は前回の空き巣事件の時のフロッピーディスクが    発端だろうと思っていたけど 今回の「武蔵野集団暴行事件」が原因らしい   ・1999年の1人の女 [続きを読む]
  • コンフィデンスマンJP
  •   #8 「美のカリスマ編」   ・本当の美しさとは何か という上っ面の話でなく    「女は生まれた時から綺麗になることを義務づけられている    オンナにとって美は逃れられなくても逃れられない呪い」 この言葉深い    それでもボクちゃんのKーPOPPOPの赤い髪をもうちょっと見ていたかった    しかし 似合わなかったなー なんで似合わないと思ったか不思議だけど    わざと外しにかかっているとは思 [続きを読む]
  • 崖っぷちホテル
  •   #7   ・佐那の兄登場 ホテルのお金を持ち逃げしたという話が出てたので    出てきてもおかしくない人物    ・お金が無くなったからといって金を持ち逃げしたホテルに舞い戻る    鉄の心臓の持ち主 テンション高くチャラい兄を佐藤隆太さん好演    最近静かで悩む役が続いていたので これはこれで楽しそう   ・お金の持ち逃げの件で警察に追われている!勝手に思っていたけど    誰も警察沙汰に [続きを読む]
  • やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる
  •   #6   ・決してスカッとしない いい意味で現実的なドラマなので    イジメ問題とどう向き合うのか興味があった   ・田口が被害者の弁護士になると弁護士職務規定違反になる     だから小柴先生再登場!これで小柴先生がミラクルを起こして一気に解決!    かと思っていたけど甘かった…自分甘かったそんなドラマではなかった…    小柴先生は田口先生のあやつり人形的な感じだったけど それだけ田口 [続きを読む]
  • モンテ・クリスト伯
  •   #6   ・真海は莫大な財産を使って復讐相手を調べ上げ 後はその資料に基づいて    人の心にほんのちょっとの“(悪魔の)囁き”をして 化学反応を待つ…   ・〈南条家〉 新聞を使い 香港時代に付き人をしていた「ショーン・リー一家失踪事件」           それを匂わせかつての仲間だった香港マフィアの疑いを招くようにする    〈神楽家〉 国有地買収の事業を危機に陥らせ 南条の弱みを握らせ [続きを読む]
  • 未解決の女
  •   #6   ・朋@波留さんの私服姿がとにかくカワ(・∀・)イイ!! という一言に尽きる!!   ・2012年に1人のダンサーが殺された それが朋の同級生    朋の同級生の磯野君は 朋が警察官だから相談しようと思った というよりも    元々ちゃんと信頼関係があったということは分る   ・同窓会のSNS だのやり取りでなく1467年の“応仁の乱”や“バレンタイン”の    数字を使った縦読み変形でのやり取り     [続きを読む]
  • 正義のセ
  •   #7   ・保育園の園児が遊具から落下して大怪我    被害届を出した父親が「日頃から怪我が多い」と証言    この話から①先生がサボっていた ②先生の虐待 ③園児同士の喧嘩    ④逆に父親による虐待 とか色々考えながら見ていたけど思いつかなかった展開    ちょうど保育園も経営されてた人の保釈請求が許可されたばかりでタイムリー!   ・園児の怪我→自ら落ちたと証言→被害届取り下げ?→救急車 [続きを読む]
  • シグナル
  •   #7   ・1998年 連続窃盗事件の続き    紅一点の桜井さんは必ず生き返るはず!という点のみで推移を見守った   ・犯人とされた工藤に「力を貸してください」と頭をさげられるようになったのは    桜井さんのおかげ    20年前のことを工藤に思い出してもらうために日付は当然だけど    長野オリンピックのこと 天気や気温 ゴールデンウィークというワードを    出して丁寧に記憶を取り戻す作業が [続きを読む]
  • コンフィデンスマンJP
  •   #7 「家族編」   ・6話7話と騙された相手も幸せになったじゃん的な素晴らしい話    今回の7話を1話目に持ってきてガツン!とカウンターパンチを食らわせても    よかったのに…でも中盤でもだれずにこのクオリティーは素晴らしい   ・“家族”の定義 心 絆 くそー難しい問題を持ってきやがった   ・経済ヤクザの与論要造の遺産を巡る戦い 2サス的展開とは一味も二味も違う   ・ダー子ばかりか長男 [続きを読む]
  • 崖っぷちホテル
  •   #6   ・「このホテルに犯罪者がいる」という書き出しでずっと秘密にしていた    横領事件?が明るみに!と思ったら「時貞支配人が暴力」でえっ?と    なった今回 話の流れから時貞さんはホテルの悪口を言われたので    売り言葉に買い言葉 ホテルに来いよ!来てやるよ!になったんだろうなと    いうことは中盤ぐらいには思っていた 時貞さんツンデレ?だな    ホテル内で自分が暴力事件を起こし [続きを読む]
  • やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる
  •   #5   ・予告で田口が弁護士資格はく奪の話をされていたので    校則を変えようとする動きが自殺に繋がったのか?それで責められた?とか    色々考えて1週間過ごしたけど違った でも事態は想像よりも深刻だった   ・親の立場としてこのドラマは見ているから小堺一機さんのことが    嫌いになれそうなぐらい校長がムカつくけど 自分が校長の立場だったら    どうかなー?と考える部分もある     [続きを読む]