aero73 さん プロフィール

  •  
aero73さん: andiamo
ハンドル名aero73 さん
ブログタイトルandiamo
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/andiamo55
サイト紹介文ファッション、趣味を中心に心地いいlife style って何?を探しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/11/16 14:33

aero73 さんのブログ記事

  • 069 宝来 中とろ
  • コハダ、穴子、中とろ。ボクの大好きな3つの鮨ネタ。まず鮨屋に行くとこも3つを握ってもらう。そのあとお酒を嗜んで。この3つの中で何が一番好きなのか。それは「中とろ」。お鮨を嫌いな人っているのかな。それはいるよね。差し身が苦手っていう人とか。中とろの美味しさってなんだろう。口の中でとろけて無くなる食感で撃沈。嫌味な脂じゃない甘さで撃沈。小ぶりに握られた上品さに撃沈。どのお鮨もそうだけれどサービス精神で食 [続きを読む]
  • 068 G-SHOCK DW-5735D
  • G-SHOCKの3つのモデル。スピード、フロッグマン、スティング。この3つは耳に馴染みがあるところかな。これはその中でスティングモデル。ミュージシャンのスティングがつけていたというところからそのように呼ばれるようになった。ボクはスピードモデルを2本持っている。コンパクトでスクエアなデザインでよく使っていた。だけれどこのモデルを買ってからはこればかり。他の機械式時計もあるけれど最近はほとんど使わない。このモ [続きを読む]
  • 元気かって
  • みなさん、こんばんは。お久しぶりです。元気かって。はい、ずこぶる元気です。秋、始まりましたね。笑相変らず日本と韓国を行ったり来たりしてます。18/19秋冬はblack&grayが気になっててね。写真じゃなくてstyleの方。だから最近はこんなカッコが多い。と言っても色が無いから分かんないね。笑オサレは頑張らないがカッコいい。普通でいいんです。でも「なんかいい感じ、あの人」って思われる。そんなところをボクは目指している [続きを読む]
  • 「ボクの100コ」
  • -menu-067 骨髄提供に関する同意書066 横山拓也 蕎麦ちょこ065 iittalaSarpaneva064 村上レシピ 岡本一南063 DHL MAGCUP novelty item062 大館工芸社 曲げわっぱ 梅花弁当061 中川木工芸 丸すだれ060 furuta × 海洋堂 閻魔大王059 MARIAGES FRÈRES MARCO POLO058 uka nail oil 13:00057DRAKE'S FOR BARNEYS NEWYORK056MARUNAO 極上十六角箸 縞黒檀055MASON PEARSON HANDY BRISTLE054柏木美術鋳物研究所 まよけ猫鈴05 [続きを読む]
  • 067 骨髄提供に関する同意書
  • 骨髄バンクのドナーと裁判員制度の裁判員。これはなろうと思って手を上げてもなかなかそうはいかない。そのひとつ、骨髄バンクのドナーにボクはなった。そして最終同意を行なった。同意を行なったらもう撤回することは出来ない。患者は移植に向けて放射線治療で善悪細胞を死滅させ無菌室で移植を待つことになる。もうボクの命はボクだけのものじゃなくなった。最終同意を行う時は様々なリスクの説明が行われた。特にそのようなリス [続きを読む]
  • 元気かって
  • みなさん、おはようございます。お久しぶりです。元気かって。はい、ずこぶる元気です。笑夏、始まりましたね。今日は宇多田で始めようかなって。ボクは宇多田世代、宇多田が好きです。さあどの音から始めよう。ゆっくり盤に針を落として。窓を開けて、朝の空気を取り込んで。リビングは新しい空気と宇多田の音が混ざり合う。コーヒーはフレンチプレスで淹れた。宇多田とコーヒーと夏の空気に包まれる。そんなボクの土曜日の朝がス [続きを読む]
  • 066 横山拓也 蕎麦ちょこ
  • 陶芸家 横山拓也。1973年神奈川県生まれ。Studio MAVOにて作陶。ずっと蕎麦ちょこを探していて、骨董やなんとか窯とかあれこれ。でもこれっていうのがなくて。友人のギャラリーで横山拓也の作品を説明してもらって。このひび具合や色合い、製作工程の手間。そして同じ年代の作家。手に馴染む感じと作品という感じのところが好き。和食器は陶芸作家の物が楽しい。ひとつひとつ表情が微妙に違って、そんなところに愛着が湧いて。使っ [続きを読む]
  • 065 iittala Sarpaneva
  • センスがいい写真が載っているレシピ本が好き。レシピ本の写真が好きなだけでそれを見て料理を作ろうとは思わない。同じような感じで料理の道具が好き。だけれどそれらを使って毎日料理をするかというとそうではない。それじゃあ週末は料理おっさんなのかと言うとそう言うわけではない。お気に入りの道具を身の回りにおいておきたい。眺めているだけで幸せ、たまに使って満足。そんなボクなんだけれど、この鍋もそんなひとつ。Timo [続きを読む]
  • 064 村上レシピ 岡本一南
  • 小説の中で料理の描写が出てくるけれど村上春樹の小説で出てくる料理(食事)の描写がたまらなくいい。目の前にその料理があるような想像しやすい描写で書かれているから。そんな料理の描写を実際に作ってみましたというのがこの本。料理の描写が書かれていてそれを読むと次のページに写真とレシピが載っている。料理本というより村上春樹をもう一つの楽しめるという本。ボクはいくつかレシピ本を持っているけれどそれは料理を作る [続きを読む]
  • 063 DHL MAGCUP novelty item
  • 特に取り立てて説明することもないんだけれど、ボクの現地で使っているマグカップ。前職はかなりDHLのお世話になった職場でこのノベルティーカップをスタッフが貰ったみたい。そのカップがデスクに置いてあるのを見て「これいいね、ちょうだい」って言ったら「いいよ、あげる」って。それ以来前職でのデスクカップ、そして今は現地のofficeのデスクカップとして使っています。頑丈で、黄色に赤い文字。なんだか元気が湧いてくるカ [続きを読む]
  • おっさんやってます
  • 皆さん、こんばんは。お久しぶりです。出るところは出て、垂れるところは垂れて、抜けるところは抜けていく・・・ボク、ちゃんとおっさんやってます。笑相変わらず日本を出たり入ったりの繰り返しをしています。今週は韓国で過ごしています。キャンティークラシコと気分が上がる大きなワイングラスを持って。今夜はこれを楽しもうかなって準備中なのだ。 [続きを読む]
  • 062 大館工芸社 曲げわっぱ 梅花弁当
  • お弁当箱。かれこれ10年くらい使っているかな。横にしても汁が漏れないとか保温がどうだとかそんなことはボクにはあまり重要じゃない。横にしなければいいのだしコシヒカリは冷めても美味しいお米だし。問題はそのお弁当箱で楽しいのかということ。楽しいワクワクお弁当箱、それがこれ。秋田杉を使ったわっぱ。ウレタン加工されていない内側だから適度に湿気を吸い取ってくれて適度にご飯に杉の香りが移る。だから冷えたご飯でも美 [続きを読む]
  • ウチお蕎麦
  • 冬のお蕎麦style。スレートに丸すだれを敷いて。スレートに直接薬味を盛り付ける。蕎麦猪口はスレートの黒と対照的な白い猪口。こんな感じでボクはおウチお蕎麦を楽しんでいるのだ。- buying -丸すだれ 中川木工芸スレート [続きを読む]
  • 061 中川木工芸 丸すだれ
  • お蕎麦を食べる器。ボクはこれを使っている。人間国宝中川清一氏のお店「中川木工芸」の丸すだれ。中川木工芸謹製なのでとても仕事が丁寧。一つ一つ手仕事で作られる木工芸は芸術という感じ。この丸すだれをお気に入りの器の上に敷いて丸すだれにお蕎麦を盛りつけていただく。色々お蕎麦の器を探していたんだけれど結局これに行き着いた。季節によって丸すだれを敷く器を変えてその旬の器を楽しむのもありだなって。竹編みの加護ざ [続きを読む]
  • 060 furuta × 海洋堂 閻魔大王
  • ボク、死後があるのならこの大王のところへまず行くんだろうな。そして裁かれて、なに地獄行きだろ。こちょこちょ地獄行きだけは避けたいな。フルタの食玩だった妖怪根付シリーズ。全部で50種類が存在する。大きさは45mmくらいかな。この妖怪根付シリーズには隠の巻と陽の巻があってボク、50種類をコンプしたんだよね。当時必死にお菓子を買って集めた。集めていたころはもうオトナだったから当然オトナ買いってやつをしていた。棚 [続きを読む]
  • ボクのお正月休みのお話をちょっと「ANdAZ TOKYO」
  • みなさんこんにちは。まだお正月休み中って人もいるのかな。ボクは1月4日からお仕事が始まりました。と言っても今日からまた3連休。こんなスタートがいい感じ。ボクのお正月休みのお話をちょっとしようかな。久しぶりにゆっくり休めた年末年始。年始はとにかくゆっくりしたい。でも身体は心地よく動かしたい。だからここへ向かった。虎の門ヒルズの「ANdAZ TOKYO」。ホテルを予約したのは1月1日の夜。空いててよかった。笑49Fのお [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • あけましておめでとうございます。皆さんお久しぶりです。笑お正月いかがお過ごしですか。ボクはというとこんな感じで朝起きてシャワーを浴びて何を着ようかクローゼットの中を覗いてクリーニング上がりの白シャツと濃紺のブルーデニムを出してコーヒーの準備をして、PCを立ち上げる。いつものカッコの白シャツとデニムでコーヒーの瓶を片手にこんにちはってね。笑いつものリズムで1月1日も過ぎていきました。今日は初夢、どんな夢 [続きを読む]
  • 059 MARIAGES FRÈRES MARCO POLO
  • ボクは基本的に珈琲を飲む。珈琲に関しては少しはこだわりがあってしっかりした好みがあって好きな道具をそれなり揃えてその時の気分でそれなり楽しんでいる。しかし紅茶に関していえば全くの素人である。紅茶の種類もアールグレイ、アッサム、ダージリンくらいしか知らない。紅茶の淹れ方もはっきり言ってよく分からない。ただ家にある紅茶葉を何気なく選んでティーポットに入れてお湯をそそぐ。紅茶の色を眺めながら適当な色にな [続きを読む]
  • 058 uka nail oil 13:00
  • uka nail oil 13:00。眠る前はImmuneol 100を1滴手のひらに垂らし首元や胸に香りを移して眠りにつくようにしています。とても安心して眠りに落ちられる香りだから。でもたまにこの香りも使うんだ。13:00 (イチサンゼロゼロ)はその通りで午後のリフレッシュにいかがですかっていう香り。とてもフレッシュで爽やかな香りなんだけれどこれが夜、ゆっくりリラックスしたいときにも使えるんだよね。もとはnail oilなんだけれど。眠る [続きを読む]
  • 057 DRAKE'S FOR BARNEYS NEWYORK
  • DRAKE'S FOR BARNEYS NEWYORK。DRAKE'Sのマフラーは何本か持っている。冬になるとセレクトショップの店頭に並んでいる。ドレイクスは1977年アクアスキュータムのアクセサリー・コレクションのデザイナーとして活躍していた、マイケル・ドレイクが設立した。このマフラーは一般的には特に特別ってわけじゃないDRAKE'Sのマフラーなんだけれど。ボクには世界にひとつの一番大切なマフラー。これは父へ誕生日にプレゼントしたマフラー。 [続きを読む]
  • 056 MARUNAO 極上十六角箸 縞黒檀
  • MARUNAO 極上十六角箸 縞黒檀。毎日使うものだから。だからきちんとした丁寧なモノを選びたい。食べるという行為に使う道具だけれどその行為の邪魔にならない道具。つまり食べるという行為において食べるものを摘まんで口まで運びしっかり口の中に入れる道具が箸。箸の役割はしっかり食べたい物を摘めるということと口の中に箸が入ったときに箸が邪魔にならないということ。しっかり摘めるという箸はそれなりにたくさんある。しか [続きを読む]
  • 055 MASON PEARSON HANDY BRISTLE
  • MASON PEARSON HANDY BRISTLE。1962年創業の英国ロンドンのブラシメーカ。職人がひとつひとつ手作りで作っていて使用されている毛は北インド産の高級猪毛。と書いてもピンとこない。つまりこんな感じ。このブラシで何回か髪にブラシを通す。不思議なくらいにまとまってしまう。そして自然と髪に艶が出てしまう。のだそうだ。ボクは梳かす程のヘアスタイルじゃいからまとまるとか艶が出るとかは実感できないんだけれどこの櫛で梳か [続きを読む]
  • 054 柏木美術鋳物研究所 まよけ猫鈴
  • 柏木美術鋳物研究所 まよけ猫鈴。これはねこの形をした鋳物の鈴。紐の先端を持って優しく揺らすと鈴の大きさに反比例するような大きな渇いた鈴の音が聞こえる。渇いている鈴の音なんだけれどとても癒やされる音。これは国会議事堂で議長が使う呼び鈴を作っている工房で作られている。コロッとしたねこの形が愛くるしい。そのねこにはひらがなで「まよけ」と文字が作られている。お財布やカバンにぶら下げる歳でもないので箱に入れ [続きを読む]
  • 053 Bowers & Wilkins Nautilus 804
  • Bowers & Wilkins Nautilus 804。通称ちょんまげスピーカ。Bowers & Wilkinsはイギリスのスピーカメーカ。レコーディングスタジオで使われるくらいとてもいい音を作るメーカ。この804はリビングに置いてある。ボクは特にスピーカマニアでもないし音に対して語れるほど詳しくもない。ただスピーカを選ぶときはしっかりスピーカが作る音を聴いて好みの音を作ってくれるスピーカを選ぶことにしている。あれこれスピーカってあるけれど [続きを読む]
  • 052 GUCCI
  • GUCCI t-shirt。TOM FORDの時代が懐かしいGUCCI。現 creative designerALESSANDRO MICHELEに変わってからまたGUCCIのimageが変わったなって思います。ボク、あまりメゾンの服は買わないんだけれどこれはかっこいいって思わず買った1枚。designはさりげないgraphicなcamouflage。015 SIXPACK FRANCEでも書いたようにこんなcamouflageのdesignが好きなんだよね。ちょっと威張りの効くt-shirtを1枚持っていると40上がりのオトコの格 [続きを読む]