KoiKoKoi さん プロフィール

  •  
KoiKoKoiさん: KoiKoKoiのブログ
ハンドル名KoiKoKoi さん
ブログタイトルKoiKoKoiのブログ
ブログURLhttp://lyricismylife.blog136.fc2.com/
サイト紹介文趣味で作詞活動をしているKoiKoKoiによるブログです。
自由文弱い人の支えとなる作品、生きることについて、青春などをテーマに作詞活動をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 235日(平均0.8回/週) - 参加 2010/11/19 18:41

KoiKoKoi さんのブログ記事

  • 悪気のない世界
  • 偽った 傷つかぬように嘘吐いた 傷つけぬように誰だって そんな過ちがひとつくらい 当然にあるさ適当さ 目的など無い適当さ 信念さえ無い生きている それすら自動で死ぬことも 定めに委ねて悪気のない世界に 打ちのめされるんだ悪気のない世界に 当てつけもできずに現実という強風が僕らに吹き荒れる現実という恐怖が僕らを震わせる時代のせいだとか誰かのせいだとかそれすらくだらなく思わせるほどに誰だって そんな強 [続きを読む]
  • としのせ
  • 「今年はどんなことがありましたか?」教えてよ「良いことも悪いこともあったでしょう?」素晴らしいね喜び・怒り・哀しみ・楽しみのバランスが僕らの価値を決めるなんてことを考えたり来年も僕ら 泣いたり笑ったり遠出も居酒屋も思いきり行こうぜやりたいことや夢や欲しい物に近づこう「正夢はどんなふうになるのでしょう?」楽しみだね来年も僕ら 泣いたり笑ったり前見て後ろ見て思いきり悩んで来年も僕ら 泣いたり笑ったり思 [続きを読む]
  • いかないで
  • 途方に暮れてた 夕闇の中で 独りぼっちで翳りゆく窓に 走馬灯のような 日々が映って過ぎ去りし人へ 想いを馳せては 果敢なき幻潰えた約束 潰えた幸福 もう帰ってこない別れの悲しさで 強くなるのなら大人になれないで 構わないのに置いていかないで並んでた影は 遠くなっては ひとつになったいつまでも共に 歩んでゆけると 思っていたのに季節が着替える 人も同じね 大人になるのねだけどわたしには 捨てるものは [続きを読む]
  • heaven
  • ぞんざいな扱いの存在混在する意識が健在繊細な精神の覚醒停滞する異常な脳内heaven 行ってみたら多分 案外きっと ヘボい一切合財を粉砕天才の片鱗が不在heaven 行ってみたら多分 案外きっと ヘボい行ってみたら多分 案外きっと ヘボいにほんブログ村期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場 [続きを読む]
  • 恋バナ
  • 修学旅行の夜 先生にバレないようにひそひそ声で 語り合った恋の話誰が好きとか 今にして思えばくだらないのに ばかみたいに 盛り上がったねそういえば近ごろ そんな話しないよななんだか僕らも 齢をとってしまったな恋バナ 恋バナ 恋の話ほんとは あなたを 好きだったんだぜ恋バナ 恋バナ 恋の話ほんとは あなたを 好きだったんだぜそういえば近ごろ 誰かを好きになってないななんだか心が 齢をとってしまったな [続きを読む]
  • 汽車に乗って
  • 汽車に乗ってあの街へ何かが解ける気がして擦り減らしてしまったけど伝えたいことがまだある心配かけてしまったこと今も謝れてないこと戯言ばかり言っては遠ざけてしまったままそんな想いが消化不良昔遊んだあの場所や僅かな記憶のほとりがまだ残っているのならば理由はないけど見に行こう変わってしまうことばかりだから消えてしまうその前に再会したいなんてね本気で考えてしまったよ僕を憶えてくれてるかい街はもうすぐあの人や [続きを読む]
  • 無題
  • 得意なことは謝ること 苦手なことは怒ることそんな君なりの優しさに 僕はちゃんと気づいているよこんなにも世界は広いから 君の頑張りは目立たないけれど君は頑張り続ける 僕には真似できないいつの日にか届くよ あきらめないで精一杯手を伸ばせ 伸ばせいつの日にか笑えるイメージ抱いて精一杯地面蹴って 蹴って君なら飛べる 君ならできる愛されるより愛したい 報われるより報いたいそんな君なりの優しさは みんなちゃん [続きを読む]
  • 無題
  • いつまでも ウサギのように 跳ねていよう空を飛ぶ スズメのように 仲良しでいようね男は察しが悪いから 表も裏もぜんぶ言葉で教えてよ君となら どこまでも 不幸になれる覚悟なら 僕はいま 決めたからいつの日か 子供のように 嘘ついても構わない ぜんぶ丸めて 飲み込んであげるよ涙を吸い込むくらいなら 僕の胸でも足りる甘えていいからね君となら どこまでも 不幸になれる覚悟なら 僕はいま 決めたから君となら [続きを読む]
  • Remember
  • For you あなたに伝えたいことがあるFor you あなたを守りたかった それだけFor you いつから胸に穴が空いたFor you 言葉は届かないで千切れたRemember thisRemember thisTonightFor you 今更 合わす顔がないんだFor you 青空 花畑の妄想For you あの声 虚しいあのメロディFor you 今でも響いたまま消えないRemember thisRemember thisTonightFor you いつかはあの空へと還るよFor you あくびをしたらぜんぶ忘れるFo [続きを読む]
  • YouTubeで見つけたアーティスト〜湯木慧〜
  • 本日はYouTubeで湯木慧さんというアーティストをご紹介致します。繊細な世界観と素朴で透き通った歌声が魅力です。初期のあぐらをかいて演奏していた頃のYUIを思わせる。湯木慧「存在証明」YouTube動画購入は以下のリンクからどうぞ。 これから有名になっていくのではないでしょうか。応援していきたいです。にほんブログ村期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場 [続きを読む]
  • オレンジの墓標
  • なんとなく流されて生きてきた昨日までが懐かしいすれ違い 支え合い ごめんねとありがとうを繰り返して大人へと変わってく途中にはいつもそばで笑っていた焦燥や過ちで見落とした優しさとか柔らかさかけがえのないプレゼント生まれたての僕ら 若さだけでぜんぶ組み立てようとした 無謀な未来をどこへ行けばいいか そんな悩みなんて オレンジ色の空 すべてを溶かしたいつか鮮やかには思い出せなくなっても 瞼を閉じたならそ [続きを読む]
  • 輝かしい大地には輝かない花も咲く
  • 上手くいかない そんな時 周りが天才ばかりって気がするそんな感じに思い詰め 自分がだめなヤツだって感じるその気持ち 痛いほどわかる与えられたものと手に入れたもので戦うしかないさ 立ち向かうだけさ輝かしい大地には輝かない花も咲くそれが君だって悲しむことはないさ「生まれた頃に戻りたい 昔に縋ってしまう」って気持ちもおんなじさ 痛いほどわかる受け入れなきゃ 今とこれからの未来懐かしむことは否定になるから [続きを読む]
  • 救世主
  • 体操着 袖を捲った君は天使だった 僕には放課後の校舎裏で君は遠い空を見つめてたいつも明るい君が泣いているのに気がついたそれが意味することを知りたくって横にいた夕焼けに染まる僕らの時間は少しずつ溶けて 声にもならずに風に揺れるブランコの軋む音 それだけが響いてた誰もいない 彼女を受け止める救世主僕だと思った抱きしめていた夕焼けが夕闇になったあとは 手をつないで歩いてた何もない田圃道で何も言えないまま [続きを読む]
  • 放課後
  • 煤けたストーブ囲んで話尽きたら眠っていた いつの間にか目覚めた時には チャイムの後で慌てて支度をして 手をつないだっけ懐かしいそんな日々が大切なものだなんて思わなかったんだよね幼稚な僕らは叱られたって気にせず繰り返した いたずらっ子煤けたストーブ囲んで眠りこけたら思い出すのは あの放課後騒がしいそんな日々が大切なものだなんて思わなかったんだよねにほんブログ村期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら [続きを読む]
  • Syrup16g NEWアルバム「delaidback」発売決定
  • 私の最も好きなアーティストの一つ、Syrup16gが11月8日にNEWアルバムを発売するとの情報。しかも待ちに待った未音源化楽曲集。アルバムタイトルが「delaidback」というのがまたいいね。発表されている収録曲は以下の通り。01. 光のような02. 透明な日03. Star Slave04. 冴えないコード05. ヒーローショー06. 夢みたい07. 赤いカラス08. upside down09. ラズベリー10. 開けられずじまいの心の窓から11. 4月のシャイボーイ12. 変拍 [続きを読む]
  • Reborn
  • 雨が降れば避けられない傘をさせればいいのにね俺のボロじゃ避けられない貸してくれてもいいのにねみんなとても小賢くて何事も無い顔してる当たり前を当たり前にこなせるなんてすごいよねみんないつか生まれ変わるなのにどうして頑張れる苦しみから逃げるために必死になって生き延びる僕もいつか生まれ変わるだからこうして待っている苦しみから逃げるために時が経つのを待っているにほんブログ村期間限定イチ押しグルメが大集合! [続きを読む]
  • シュプレヒコール
  • 泡がはじけるのと同時に時代も急速に終焉を匂わせまるで僕らが悪いように大人はその罪なすりつける騒ぐ若者のシュプレヒコール右向け右の弱い人は金を掴まされたようだアルバイトで祭り囃子自分に嘘をついたまま自分の心知らぬまま掲げたカードの意味すら他人の感度に揺らされただけ汚れた時代に泥を塗るだけ思考が停止したら君の存在は消えるそのアルバイトは割に合わない破綻する前に気づいて騒ぐ若者のシュプレヒコール逃れて避 [続きを読む]
  • 毒針
  • 鳥にはなれなくて 蜂になり空を飛ぶ嫌われたくなくて 毒針は刺さないで生まれたまま育ち それなりに空を飛ぶ「綺麗な翼を持て」 このままじゃダメですか?わかっているつもりだよ 鳥のほうが立派に飛べることでもさ ただありのまま 生きていくことは間違いですか?毒針の美学にも 気づいてほしいのです攻撃しなければ 毒針は刺しません羽音が聞こえても 慄かずそばにいて優しい人になら 僕がわかるはずです鳥にはなれな [続きを読む]
  • 夕暮れに急かされて
  • 夕暮れに急かされて通りすがりは消えてゆく独りに慣れている若者たちに馴染ませて 早歩きをしたガットギターの音色が聴こえそうな雰囲気に酔いはじめた僕は立ち止まっては仰ぎ見るとろけそうな色をなんとなく なんとなく 今日が愛しくなったなんとなく なんとなく 明日を信じられた僕はまだ急かされて通りすがりに合わせている少しだけ安堵して嫌気のほうが増えてゆく毎日そうですガットギターの音色が聴こえそうな雰囲気に耐 [続きを読む]
  • アイボリー
  • 白が汚れたような世界の中で長いまばたきをしているいつしか大嫌いになった出会いの面倒くささ優しさの胡散くささ自己嫌悪と顕示欲どこかに落としたキーホルダー境遇の不公平感愛情の曖昧な定義肌の色と社交性誰かが落とした心拍数哲学と科学と文学と数学バブルとその崩壊老衰と病死と事故死と自殺と空を飛べない僕たちと白が汚れたような世界の中で長いまばたきをしているいつしか大嫌いになった感情と言葉と愛不器用で扱いきれな [続きを読む]
  • ラストダンス
  • 不協和音 サイレン 怖気づいて ふたり手を繋いで 駆けだす 誰もいない 廃屋へと水槽の中 僕らは深い夜を泳いだ身を焦がし 舐め合ったラストダンス 僕らは熱帯魚みたいさこのままで 繋がって 終わらせてこの町は 嫌いだ 君だけが わかるこの命と この愛 この弾で 完成する水槽の中 僕らは深い夜を泳いだ目を閉じて 弄ったラストダンス 僕らは熱帯魚みたいさこのままで 繋がって 終わらせて舞い降りた 天使が [続きを読む]
  • Let It Be
  • 東京に行けば何か 変わると思ったけれども何ひとつ変えられず帰ってきた友達はいるけれども本音は言えない都会にも田舎にも居場所などなかった過ぎゆく季節の風の中で 冷えゆく情熱の灯をただ見守る通りを歩(ゆ)く人々 誰もが眩しい羨むほど他人(ひと)がいけ好かず虚しくなる当たり前を当たり前にこなせたらいいのに普通にも異端にもなれずに歯痒かった過ぎゆく季節の風の中で 冷えゆく情熱の灯をただ見守る過ぎゆく季節の [続きを読む]
  • 青い海をみていた僕は 遠い過去を思い水平線 細めたまなざしなにかが恥ずかしくなって昔 広告塔の上から みていた青空あまり変わらないはずなのになぜ涙が出そうになるのかいつまでも 夢をみていたら失くさずに いられたのかな訳もなく乾いた 心もいつかだれかを想えるのかな酷い雨で曇った窓に 映った女学生あんなふうに僕の青春の日々も楽しげにみえていたのかなそして僕は大人になり 折り合えぬ日々に疲れ覚えて 彼女 [続きを読む]
  • 光をさがして
  • 暗闇の中に滲む月を見ていたひとりぼっちの部屋の窓を開けたら夏の終わりの夜風が僕を撫でた誰もがこの世界の自転に振り回されて暗闇から光をさがして打ち拉がれる君は君でいればいい君は君の光だけをさがして 日々をやり過ごして君の選ぶ道はすべて正しい道さ明日(あす)もまた光をさがして腑に落ちないことがあってもそれは誰かを喜ばせたってこと常々この世界の自転に振り回されて誰彼とも怒りを抱えて汚れていく君は君でいれ [続きを読む]
  • Goodbye Tokyo Town
  • 今日は記念日さ 仕事をバックレた愛車は過積載 ハイウェイを滑らせる東京に背を向ける 気分は手配犯タバコに火をつける 味しない いつになくGoodbye Tokyo Townまっすぐに生きていたつもりだったのにGoodbye Tokyo Townもうすぐだったのに 行き止まりだった引き返すしかないだろういろんな人がいて いろんな思いがあり温度差に馴染めずに 踏ん切りつけたんだGoodbye Tokyo Town耐え忍び 強くなれたはずだったのにGoodbye [続きを読む]