業 さん プロフィール

  •  
業さん: ある冒険者の手記
ハンドル名業 さん
ブログタイトルある冒険者の手記
ブログURLhttp://runequester.seesaa.net/
サイト紹介文ゲームを中心とした趣味などについてだらだらと書き連ねていくブログです。
自由文ゲームであれば、ボードゲーム、TRPGといったアナログなものから、コンピュータまで節操なく手を出します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/11/19 00:18

業 さんのブログ記事

  • 宮崎ボードゲーム会(2018/11/11)
  •  今回プレイできたゲーム↓◆Dungeon Saga◆ORBIS◆Cat Shit One◆ミープルサーカス◆JUMP DRIVE 『Dungeon Saga』は個人的にも気になっていた、豊富なミニチュアが魅力のダンジョン探索ゲーム。 今回、拡張のキャラ作成ルールからランダムダンジョンでの冒険まで遊ばせてもらいましたが、作成もほどよく悩ましく、探索はサクサク進む楽しい作品です。 成長ルールもあるのでキャンペーンで育てたいですねえ。 [続きを読む]
  • 宮崎ボードゲーム会(2018/10/28)
  • ◆主計総監 最適人数が6人のエリア支配ゲームにもかかわらず、比較的短時間でプレイできる良作。 今回はアメリカを担当。思ったより早く日本軍に硫黄島をおさえられて少しひやりとしたのですが、イギリスの方が頑張ってくれたおかげで連合軍の勝利で終わりました。◆Warhammer40k FORBIDDEN STARS ウォーハンマー40kの世界観は好みなものの、豪華なコンポーネントと斬新ながら粗いシステムでおなじみのFFG社ということでそ [続きを読む]
  • シャドウラン5th キャラ作成をしてみた
  •  ようやく出てくれた『シャドウラン第5版 日本語版』。 先日のTRPG会にて、ルール勉強会を兼ねたキャラ作成を行いました。 基本的なルールは4版を踏襲しているものの、結構様変わりもしている感じです。 キャラクター作成も、4版のポイント制から2版のような優先度制になっており、作りやすくなったとは思いますね。 5版のキャラクター作成は、メタタイプ(種族)、能力値、魔力/共振力の素質、技能、資産の5分野にAからE [続きを読む]
  • 宮崎ボードゲーム会(2018/10/14)
  •  今回プレイできたゲーム↓◆チケット・トゥ・ライドNY◆KOKORO◆みんなでぽんこつペイント◆ROOT◆進撃の巨人ボードゲーム 『ROOT』は様々な種族が森の支配権を争うゲーム。 各種族ごとにアクションや得点のルールが異なるためインストに時間がかかりますが、その手間を上回る面白さを持った作品です。 今回担当した種族でもまたプレイしたいですし、ほかの種族も面白そうで再プレイ欲求が高いですね! 『進撃の巨人』は(失 [続きを読む]
  • DIABLO3 セットアイテム・ヘルトゥースの装具
  •  ウィッチドクターってこんなに楽だったっけ?と思えるくらいさっくりセット報酬を得ることができましたw 強化されるのが2種の召喚スキルと「酸の雲」など使いやすい範囲攻撃スキルが多く、私が普段使っているスキルばかりということもあってかすごく戦いやすいですね。 起動条件の「亡者の壁」もリチャージは8秒のため、常時6セット効果を発揮することができます。 ペットとDOTが多いためどうしても瞬発力に欠けますが、 [続きを読む]
  • 宮崎ボードゲーム会(2018/9/9)
  •  今回プレイしたゲーム↓◆PAX◆センチュリー:イースタンワンダーズ◆レース・フォー・ザ・ギャラクシー◆ティカル◆リキュール ザ・ゲーム◆センチュリー:スパイスロード◆ラブレター・フロム・ヨザクラ 『ティカル』は見た目も内容もボドゲらしくて良いですね。ただ、イメージ的にはじっくり遺跡発掘をしそうな感じですが、実際は露骨に点の高い遺跡を取り合ったりするので人を選びそうな作品ではあります。 『リキュール [続きを読む]
  • ソードワールド2.5
  •  近年のTRPGとしては珍しくキャラ作成にランダム性があるのですが、たまにはダイスに翻弄されるのもよいですね。まあ、事前に作成しておけないという欠点もありますけどw あと、プレイそのものは遊びやすくて良いものの、誤射やアイテム保持に関するルールなどゲームが面白くなるわけでもない無駄に細かいルールが気になります。 個人的に誤射などの特技に関する部分は特に気になっていて、特技でキャラが強くなるのではなく、 [続きを読む]
  • 宮崎ボードゲーム会(2018/8/12)
  • ◆シヴィライゼーション ローマを担当。 やはり、この手のゲームは誰かが軍事に注力しだすと軍拡競争が始まりますなw 結果は、交易が得意なのに軍拡に夢中になったせいで最後のひと押しが足りず敗北した感じでした。◆ハーフパイント・ヒーローズ ゲームは変則ポーカーといった感じなのですが、得点方法が独特で良い役を作れば勝てるというわけではないところが面白いですね。 [続きを読む]
  • DIABLO3 セットアイテム・ナターリャの復讐
  •  これでデーモンハンターの6セットアイテムをコンプリートです。 他のデーモンハンターのセットは6セット効果を維持するのが楽なんですが、こちらは10秒ごとに<復讐の雨>を発動させる必要があるため慌ただしいです。エリートを狙って撃つ余裕はないですしw <復讐の雨>はリチャージ時間は長いもののデーモンハンターの最大火力なので、それが気楽に発動できるのはよいですね。 ただし、難易度が高くなると雑魚が1体残っ [続きを読む]
  • アドバンスド・ファイティング・ファンタジー第2版
  •  最近のTRPG復刻ブームは何なんでしょうw こちらは初版の日本語版が出たのが28年前と古い作品だけにルールもシンプルで、正直私好みのキャラビルドを楽しめる作品ではないのですが、今プレイしておかないとまた死蔵しそうなので卓を立てさせてもらいました。 プレイをしてみて、キャラ作成や魔法など変化した点はありますが大枠は昔のままで、やはりいろいろと荒さを感じます。 しかし、今のTRPGが忘れてしまった「遊びやす [続きを読む]
  • 宮崎ボードゲーム会(2018/7/22)
  • ◆センチュリー:イースタンワンダーズ 『センチュリー:スパイスロード』の独立型拡張。 単独と組み合わせたルールの両方で遊ばせてもらいましたが、組み合わせたほうがシンプルすぎる感のあったスパイスロードに歯ごたえができて面白かったですね。 このシリーズは3部作らしいので、第3弾も楽しみです。◆マンハッタン 古典的名作の復刻版。 拡張の目的カードを導入すると、毎ラウンド異なる得点条件が追加されてより悩ま [続きを読む]
  • 宮崎ボードゲーム会(2018/7/8)
  • ◆ヒストリー・オブ・ザ・ワールド 歴史が題材の『スモールワールド』。 やはり領土争いはリアルな地図上でするほうがイメージが湧いて面白いですね。◆パルサー2849 宇宙における新資源パルサーの開発競争を行います。 テーマは楽しいんですけど、ゲームが進んでも得点が増えるだけで資金が増えたりとかはないため、開発が進んでる感じはしないですねえw [続きを読む]
  • DIABLO3 セットアイテム・影の外套
  •  こちらも揃いましたw 微妙だろうなと思いつつも気になっていたセットではあります。 2セット効果が肝ですねw 弓を捨てることでほとんどの攻撃スキルが使用不可能になります!・・・その割にダメージの上り幅が控えめな気が。 4セット効果でスキルがシンプルに強力な防御系バフと化します。 6セット効果がねえ・・・。 数値上は派手なんですが、貫通効果を持たせたとしても一体にしかこのダメージがいかないため、乱戦 [続きを読む]
  • DIABLO3 セットアイテム・不浄な精髄
  •  プレイしているうちに、こちらのセットも揃いました。 2セット効果は微妙かなあ。 リソース生成スキルはプライマリースキルに限定されてはいないので、レジェンダリーパワーでセカンダリあたりに生成効果がつけば6セット効果と合わせてマルチショットの補助に使えるかも? 4セット効果は一見よさげなのですが、この効果ってエリートにくっつかれる等の肝心な時に効果を当てにできない類のものなんですよねえ。 6セット効 [続きを読む]
  • DIADLO3 セットアイテム・略奪者の権化
  •  デーモンハンターは育成がきついですねえ。 リソース消費型スキルの燃費が悪いため、高レベルまで火力の乏しいプライマリースキルに頼る戦いとなります。 「セントリー」を出せるようになると一息つけるのですが、このセットはそのセントリーを軸としたものになってますね。 2セット効果で、烏、蜘蛛、蝙蝠、猪、フェレット、狼が勢ぞろい。フェレットだけは2匹組ですw 正直、劇的な効果は実感できないのですが、バフ効果 [続きを読む]
  • 宮崎ボードゲーム会(2018/6/24)
  • ◆ビーチリゾート・パラダイス 近年はひねりを利かせたゲームが多いなか、直球なボードゲーム。 今回は拡張を入れてのプレイでしたが、それでも重くはならないですなw◆シャドウレイダーズ 正体隠匿系ゲーム。 運の要素が強く思考を楽しむという感じにはなりにくいですが、短時間でサクッと遊べる作品です。◆アルティプラーノ チット構築型ゲーム。 打って変わってこちらは思考しっぱなしです(*´▽`*)◆アイル・オブ・ス [続きを読む]
  • 宮崎ボードゲーム会(2018/6/10)
  • ◆ソード&ソーサリー タイトルどおりの『ディセント』風協力型アドベンチャーゲーム。 この手の作品はバランスを気にしてか戦力が拮抗していて戦闘がダルいものが多いのですが、このゲームは英雄が最初からある程度強くてサクサク敵を倒していけるので面白いですね。 プレイ中にレベルアップできる成長ルールや、雑魚敵も複数の特殊能力をもっていて多彩だったりして、個人的には日本語版が出たらほしいなと思えるほど好み。  [続きを読む]
  • 宮崎ボードゲーム会(2018/5/27)
  • ◆モーレア 物々交換で財を増やしていくカードゲーム。 ゲームが加速する感じがしないのもあって個人的にはいまいちかなあ。◆ビーチリゾート・パラダイス 丘サーファーたちが、いかにして海に入ることなく波に近づけるかを競うチキンレースw テーマのバカバカしさに合った、皆でワイワイと盛り上がれるゲームです。◆村の人生 自分の一族から村の名士録に名を遺す人物を輩出すべく画策するゲーム。 村における各役職に就く [続きを読む]
  • D&D5e キャリオンクロウラー怖い(; ゚Д゚)
  •  TRPG部にて、プレイヤーとして参加。PC(レベル3)ハーフオーク・バーバリアン(狂戦士の道)ヒューマン・クレリック(光の領域)ヒューマン・ウォーロック(契約・フィーンド)ヒューマン・パラディン(復讐の誓い) レベルが上がってくるのに従って、敵の特殊能力がどんどん厳しくなってきますねw 状態異常はどれも食らうとやばいので対策等をしておきたいところなのですが・・・。 [続きを読む]
  • D&D5e ファンデルヴァーの失われた鉱山(7)
  •  長らく放置していた「赤印組」の隠れ家に向かうことに。 どのクエストからでも挑戦できるという構造上仕方がないのですが、レベル3になったPCたちにとってはもはや脅威にならない感じでしたねw あとずっと気になっていたのですが、赤印組という名称もそうですし、獅子盾商会など名詞を無理やり日本語訳しなくてもいいと思うんですけどねえ。 [続きを読む]
  • 宮崎ボードゲーム会(2018/5/13)
  • ◆AEONS END デック構築型の協力ゲーム。 まず特徴的なのはデックをシャッフルしないという点で、山札が尽きたときは表向きに捨て札にしていた束をそのままひっくり返して新たな山札にします。このルールにより、ある程度計画的にデックを回すことが可能になっていて面白いですね。 面白かったので2回連続で遊ばせてもらったのですが、倒すべきボスたちも個性的で手強く、味方を支援するカードなどを駆使して協力し合わないと勝 [続きを読む]