RUST LONDON さん プロフィール

  •  
RUST LONDONさん: RUSTロンドンのブログ
ハンドル名RUST LONDON さん
ブログタイトルRUSTロンドンのブログ
ブログURLhttp://www.rustlondon.com/
サイト紹介文ロンドンのジュエリー・ブランドRUSTのブログです! デザイナー2人の日常を綴っています!
自由文わたしたちは、イギリス人女性のアルテミスと、日本人男性内海直仁のカップル。ふたりで、ロンドンのジュエリーブランドRUSTを経営しています。
そのかたわら、イギリスのアンティーク・マーケットや、郊外の街、カントリー・サイドへ・・・
ロンドンでの暮らしを綴っています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2010/11/19 17:14

RUST LONDON さんのブログ記事

  • 〈 ヤーマスの駅 〉
  • RUST本店から歩いて3分。廃線になって以来、60年以上使われていなかったヤーマスの駅舎を改装した、カフェをご紹介します!内装はやはり、駅がテーマ。荷台に革のトランクが積まれたり...旅を連想させるインテリアが並びます。 毎日午前8時半からオープンしており、こんな晴れた朝には、目の前に広がる草原を望めるテラスの席がおすすめです!すぐ前に流れる川を訪れる野鳥。木苺を摘んだり、すぐ隣の貸自転車でサイクリングに出か [続きを読む]
  • 〈 シャンパン・ダイヤのピアス 〉
  • RUSTにとってロングセラーとなりつつあるのがこちら、シャンパン・ダイヤを使ったコレクションです。主張はしすぎず、でも存在感のある、黄金色に光るシャンパン・ダイヤ。特別すぎないことが逆に、プレゼントとしても人気の理由なようです。こんなに小さくても、よく見ると...軸には英国政府の貴金属保障刻印"ホールマーク"が刻まれます。ダイヤの石留めも、16歳から伝統技術を習得する道に入ったロンドンの職人バリーによるもの [続きを読む]
  • 〈 庭の工房 〉
  • ワイト島で暮らす、RUSTのデザイナー2人の、家の庭に建てられた、工房の近況をご紹介します!もともとは植物の温室を改装したアトリエなので、光と暖かさだけは(!)ふんだんに取り入れることができます。ここでは、新作のデザインと、その最初のサンプルとなる、プロトタイプを製作します。2週間に1度、ロンドンの工房に通うのですが、そこで職人たちと詳細を確認できるところまで、形にする作業です。もう何年も使っている道具...内 [続きを読む]
  • 〈 夏の終わり その5...? 〉
  • もうこれで終わり...と、何度思ったことでしょう!夏の"最後"の夕方を、名残り惜しく見届けようと車を走らせてビーチへ。それもこれでもう5度目です。本当に晴れて暑い日が多かったこの夏(と言ってもせいぜい25℃ほどですが??)。それは9月に入っても断続的に続きました。もちろん考えることはみな同じで、先客が数名。子供達が3人...日が沈んだ後の寒さなど気にせず、海に入って本当に楽しそうに遊んでいます。母親の呼び声で海か [続きを読む]
  • 〈 秋の日差し 〉
  • 英国RUST本店の、秋のディスプレイをご紹介します!最大の日照量があり、イギリスで一番最後に秋が訪れると言われるワイト島も、このとおり...草原をひと回りすれば、乾燥した野草がたくさん(しかも無料で!)手に入ります。レディースのデザイナー、アルテミスが、自らウィンドウの飾りつけをしました。古いエナメルのランプを月に見立てて、その周りを植物が一周。ヤーマスの人々も、いつもRUSTのウィンドウを楽しみにしてくれるよ [続きを読む]
  • 〈 職人技とは? 〉
  • こんにちは、RUSTメンズのデザイナー内海直仁です。今日は、職人技についてお話ししてみようと思います!みなさん、職人技と聞いて、どんな技術を思い浮かべるでしょう。寸分の狂いのない、完璧な神業のようなものでしょうか。ぼくも20代まではそう思っていました。でもここ10数年で、CADやコンピュータ・グラフィック、3Dプリンターなどのテクノロジーが台頭し、完璧さでは、人間は機械に絶対に勝てないことを思い知りました。それ [続きを読む]
  • 〈 8000人のフォロワー 〉
  • おかげさまで、RUSTロンドンのインスタグラムのフォロワー数が今週、8000人を超えました!RUSTロンドンのインスタグラムwww.instagram.com/rustjewellery/本国イギリスはもちろん、ヨーロッパ、アメリカにアジア、オーストラリア...世界中からRUSTへいただくご注文がずっと伸び続けている背景には、インスタグラムの普及があります。主に写真による、言語や文化を超えたコミュニケーションでこうして世界中の皆さんとつながることが [続きを読む]
  • 〈 ビンテージのイベント 〉
  • 昨年に始まって、みなさんから好評をいただいたRUST主催のアンティークフェア...ヤーマス・ビンテージ・カーブーツセールを、今年も開催しました!www.vintageyarmouth.com面積だけ見れば、実は、ワイト島の大きさはロンドン以上。人口も8万以上あり、H&Mやスターバックスなどなど、多くのチェーン店もたくさんあります。 基本的になんでも揃うワイト島ですが、唯一ないものといえば、アンティーク・フェア。ロンドンでは毎日のよ [続きを読む]
  • 〈 夏の嵐 〉
  • かつてないほど温暖で晴れた日が続いていたワイト島。久しぶりに雨の気配を感じたら...嵐でした!7月の時点でもうすでに、日照りによる乾燥で黄金色に染まっていた草原。久しぶりの雨で、すこしは緑が戻るでしょうか、と思いきや...なんだかこのまま冬になってしまいそうなほどの雲行きですよね。  海のそばに車を停めて、ココアを淹れてブレイク。自分たちではなく、エネルギーを弄ばせた子供たちを静かにするための"口封じ"のコ [続きを読む]
  • 〈 トリロジー・リング 〉
  • RUSTのエンゲージリングでも、人気デザインで常に上位3つに取り上げられる、トリロジー・リング。大小3つのローズカット・ダイヤを横1列に並べたデザインが、日本そして英国でも、とても多くの女性に支持されてきました。ダイヤの大きさが、中央から両端に向かってグラデーションとなり...石枠とバンドが接続される箇所の段差が小さいことから、マリッジリングとの重ね付けの際の違和感が少ないのも、人気の理由の一つ。石の台座の [続きを読む]
  • 〈 3つの菱のネックレス 〉
  • RUSTレディースの新作は、鉱石の結晶をイメージした、菱型がモチーフ。3つの菱を等間隔に並べて、ミニマルかつ存在感のあるネックレスに仕立てました。夏の胸元にはもちろん...これからの季節、ニットの上に身につけてもエレガントなデザイン。すべて、コーディネート次第...自分流にアレンジができる、お洒落の上級者にとっては、挑戦しがいのあるネックレスと言えます!ぜひトライしてみてくださいね。 [続きを読む]
  • 〈 真夏のロンドン 〉
  • かつてないほどの好天が続いたイギリスの夏。海風の吹くワイト島でも暑かったのに(と言っても24度ほどですが??)、ロンドンはそのまた上...子供の学校は夏休みとはいえ、ご注文は入ってくる一方なので...仕事と旅行を兼ねて、家族でロンドンへ行ってきました!最後にここを訪れたのは何年前でしょう...近いと意外に行かないところってありますよね。ここコロンビア・ロードのフラワーマーケットもその一つ。特に家族連れだと、自然 [続きを読む]
  • 〈 夏の夜 〉
  • かつてないほど温暖で晴れた日が続いた今年のワイト島。夜の気温が20度近いという日も多くあり...そんな日は、少し夜更かししてみたくなりますね。ということで、庭に大きなテーブルを持ち出して、その上を電球でデコレートしてみました!クリスマス、イースター、そして夏至、と...季節の節目に、ささやかなお祝いをするのが定番行事となりつつあるラッセル=ウツミ家。電球に明かりを灯し、テーブルはキャンドルでライトアップ。 [続きを読む]
  • 〈 ロンドンの職人ギャビン 〉
  • 今日は、RUSTのエンゲージ・リング、及び、一部の結婚指輪を製作する職人ギャビンと、彼のアトリエをご紹介します!ギャビンが工房を構えるのは、ロンドンのジュエリー街ハットン・ガーデン。RUSTのアトリエから歩いて1分...道路を渡った斜め向かいの、金工職人たちが集まる、1910年代の建物のなかにあります。作業台には、一見同じに見える道具がたくさん並びますが、それぞれ用途が少しずつ異なり...ダイヤの大きさや高さ、地金の [続きを読む]
  • 〈 コンプトン・ファーム 〉
  • (長い長いポストでスミマセン...)かつてないほど温暖で、晴れた日が多かった今年のワイト島。それがまさかこんなに長く続くとは想像すらできず..."今のうちに"、"晴れてるうちに"と隙を見てはキャンプにでかけていたので、気がつけば家の外で寝泊まりしているほうが多いような状態でした??その中でも一番長く滞在したキャンプサイトがこちら、コンプトン・ファーム。家から車で10分ほどの距離ですが、そこは現実から離れた別世界 [続きを読む]
  • 〈 2つの菱のネックレス 〉
  • RUSTレディースの新作は、鉱石の結晶をイメージした、菱形がモチーフです。柔らかい光を放つ、しずく形のムーンストーンを組み合わせました。夏はもちろん、秋、そして冬も...季節を選ばずに身につけていただけます。2つの菱のネックレスhttp://www.rustjewellery.jp/?pid=133346302〈 お知らせ 〉RUST東京店では、新作のラウンチを記念して、ご注文いただいたお客様へ、オリジナルのカメラ・ストラップをプレゼントしています。 [続きを読む]
  • 〈 カメラのストラップ 〉
  • ウェディングフェアなど、イベントを開催する度に製作してきた、RUSTオリジナルのレザー・アイテム。今回は、メンズの新作のラウンチに合わせて、カメラ周りのアクセサリーを、プレゼントとしてご用意してみました。まずはこちら、ネック・ストラップ。その名のとおり、首から掛けて持ち歩く際に使う、もっとも一般的なタイプのストラップです。カメラを購入すると、メーカーのロゴの入ったストラップが付属されていることも多いの [続きを読む]
  • 〈 メンズの新作シグネットリング 〉
  • RUSTメンズの新作は、麦の穂とイニシャルを組み合わせた、手彫りのシグネットリングです。ご自身、ご家族、苗字、そして愛犬...シチュエーションに合わせて、イニシャルを、最大で4文字お選びいただくことができます!4文字のイニシャルには、中央でクロスした、2本の麦の穂を。2文字のイニシャルには、クロスに加えて、麦の穂が上下平行に配置されたデザインを。1文字のイニシャルには、上記に加えて、シンプルに1本の麦の穂を刻ん [続きを読む]
  • 〈 ビーチ・パーティー 〉
  • 西ワイトに暮らす人々にとって、金曜日はビーチ・パーティーの日。石窯でピザを焼く、ビンテージのシトロエン・バンも到着し...フレッシュウォーターのビーチは、夕食がてら、友人とゆっくり時間を過ごす人たちで、とても賑わいます! みんな冷えた白ワインで乾杯。用意周到な人たちは、バーベキュー、そしてデザートまで(!)持ち寄って、とても素敵な夕暮れの時間を過ごします。パドルボードやサーフィンを見ながら、とりとめもな [続きを読む]
  • 〈 フレッシュウォーター・コーヒーハウス 〉
  • この春、ヤーマスの隣町フレッシュウォーターにできた、新しいカフェをご紹介します!ロンドンでの慌ただしい暮らしに見切りをつけて、ワイト島に移住してきたオーナー夫婦と2人の幼い子供たち。バカンスに訪れたこの島で、自然に囲まれた環境での暮らしと、クリエイターが移り住んで変わりつつある様子に可能性を感じて、引越しを決意したそうです。そして、コミュニティーに根ざした取り組みを、ということで...このカフェがオー [続きを読む]
  • 〈 キャラバンでの暮らし 〉
  • いつもは4月、遅くとも5月なので、すこし出遅れましたが...今年もキャラバンを"出動"させてきました!キャラバンの中には去年のものがそのまま残っているので、1年前の年齢で読めた絵本やおもちゃと再会。懐かしいと同時に、やや物足りなそうな表情を浮かべるペアー。"自動車中毒"ぎみのリーフは、まるで昨日も遊んでいたかのように、すぐにミニカーに夢中です。今回訪れたのは、自宅から車で15分ほど、ワイト島の南側にあるグレン [続きを読む]
  • 〈 2段ベッド 〉
  • 2歳を過ぎて数ヶ月。赤ちゃん用の柵が付いたベッドを出て、リーフがついに、子供用ベッドに移動します。そして、新しいベッドは...2段ベッドです!寝室が2部屋しかないラッセル=ウツミ家。子供達の成長とともに手狭になって、いつかは引っ越さなければならない時が来るかもしれませんが、それまではこの2段ベッドでスペースを節約。すこしでも"その時"がくるのを伸ばそうと、あの手この手を使っています。勉強+お絵描きコーナーも [続きを読む]
  • 〈 ウィッシュボーンリング: ホーンテクスチャー 〉
  • こんにちは、RUST東京店です。今日は、ロンドンのアトリエより届いた新しい指輪をご紹介します。浅いVのラインが美しい'ウィッシュボーンリング'...東京店にサンプルが届きましたので、実際に手にとってご覧いただくことができます。リングには、'ホーンテクスチャー'がひとつひとつ、職人の手作業で刻まれます。あえてツヤを出さずに傷をつけてゆき...金属がもつ本来の輝きを秘めた、永くRUSTで作り続けているシリーズです。結婚 [続きを読む]
  • 〈 ローズカットダイヤのネックレス 〉
  • こんにちは、RUST東京店です。今年の春、とてもとても人気だった、ローズカットダイヤのネックレス。めずらしく揃ってロンドンのアトリエより、東京店に届きました!透明感があり、みずみずしいローズカットダイヤ。小さくきらきらと輝くダイアモンドは、写真にとるのがすごく難しいですね。シンプルな一粒ネックレスは、年代 ・シーンを選ばず、永く身につけられそう。大切なギフトにも、おすすめです。'3mm Rose Cut diamond neck [続きを読む]
  • 〈 タプネル・ファーム 〉
  • RUST本店のあるヤーマスの街から、車で約5分。2年前にできたテーマパーク、タプネル・ファームをご紹介します!今も家族経営の酪農牧場でもあるタプネル・ファーム。牧草を収納する大きな納屋を改装した巨大なプレイグランドをはじめ、レストランやカフェ、ログキャビンなどの宿泊施設に、たくさんの動物たち。そしてこの景色...オープンしたその日から人気スポットとなり、イギリス国内の多くのテーマパークの賞で入賞してきました [続きを読む]