bun さん プロフィール

  •  
bunさん: 『お月様でナイスショット』
ハンドル名bun さん
ブログタイトル『お月様でナイスショット』
ブログURLhttps://ameblo.jp/bun609/
サイト紹介文いつか月面でのラウンドを。そんなことを夢見て、今は地球で練習しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2010/11/19 21:28

bun さんのブログ記事

  • 秋めいたレンジで調理?
  • 今日の東京は、終日、曇天で、気温も20数度止まりでした。こんな気候に後押しされ、二週間ぶりにレンジに向かいました。 同好の士は数多く、平日の日中というのにレンジは、かなり混んでいました。 自身の練習テーマは抱えきれないほどありますが、この日のメインは、最近、ずっと封印している「ユーティリティの再生」です。 数十発打っていると、なんとか当たるようにはなりました。しかし、ダフリやフック等が散発しますの [続きを読む]
  • 男の料理 その17 <回鍋肉>
  • 最近、このブログはゴルフというより、料理ブログになりつつありますな。 そのタイトルを『お月様でナイスクッキング』に変えるべきかしらん  で、今回も男の料理です。 その第17弾は「回鍋肉」。つまりは、ホイコーローですな。 今回も参考にしたレシピは、陳健一さんのものです。 まず、薄切りの豚ロース肉を炒め、薄切りしたニンニクと長ネギを加え、さらに炒める。次に、豆板醤(トーバンジャン)、甜麺醤(テンメンジャン [続きを読む]
  • 男の料理 その16 <鯛のアラ煮>
  • 「肉ばっかし、喰わせンじゃねぇ〜よ!」 今年1月に開店した極私的食堂「bun亭」のお客様達からクレームが寄せられました。 「たまには違うもン、喰わせろや!」 口の悪いクレーマーだなと思いましたが、全てを他責にしては問題は解決しません。自省して、これまで「bun亭」で提供したメニューを調べてみました。こんな感じでした。 男の料理 その1 <豚モツの煮込み>男の料理 その2 <牛すじのカレー>男の料理 その3 <豚の角 [続きを読む]
  • 男の料理 その15 <しらたき焼き>
  • ダイエットが必須なのに、好物は炭水化物。いや、炭水化物が好きだから、ダイエットが求められるのか。 うむ。永遠のテーマですな。 しかし、実は、この問題の解は簡単です。炭水化物を他のモノに置きかえれば良いのです。 そんな発想で、bunの大好物のソース焼きそばの代用として、「しらたき焼き」に挑戦しました。 中華麵の代わりに、しらたき、豚バラ肉の代わりに鶏ササミ、ソースの代わりにオイスターと醤油と、ヘルシーな [続きを読む]
  • 男の料理 その14 <ピーマンシューマイ>
  • 第14弾は、ピーマンに肉ダネを詰めて、蒸し焼きにした「ピーマンシューマイ」。 これまでのメニューの中で最も手間が掛りました。段取りと共に調理の工程も数多くあり。 しかしながら、その難儀に見合う以上の美味しさを手に入れることが出来ました。 柔らかな豚肉とピーマンが絶妙な味わいを醸し出します。なお、肉ダネの上に鎮座しているのは、カニカマですな。 ■ 第14弾  「ピーマンシューマイ」・・・85点  こりゃ、イケ [続きを読む]
  • 男の料理 その13 <生ハムと大根のサラダ>
  • 今回のメニューは、料理と言うには余りに簡単すぎます。しかし、美味すぎるのです。 簡単すぎですから、工程は、極、少ないす。 まず、大根と生ハムを近所で買ってきます。 生ハムは、プロシュートのような高いものではなく、例えば、カルディで売っている、生ハムの切り落としで十分です。 次は、大根をピーラーで薄く切ります。長さは10センチくらい。それを水で洗ったあと、ペーパータオル等で水分を切ります。 それを皿に盛 [続きを読む]
  • ラウンド♯283の結果とランチ 〜すっきりしない天気の中〜
  • 一昨日、ここでラウンドしてきました。 この日は、灼熱地獄からは逃げられましたが、一日中、雨が降ったり止んだりの生憎の天候でした。 上の写真は後半に撮ったものですが、空の様子は、終日、こんなでした。 そういえば、一週間前のラウンドでは、短パンを履いていましたが、この日は、スラックス。暑がりのbunだけではなく、周りを見ても短パンの人は誰もいませんでした。一気に秋へ突入かしらん ? で、結果は以下の通り。 [続きを読む]
  • 男の料理 その12 <ピリ辛ウインナー>
  • 12品目はお手軽なレンチン料理。 ウインナーに包丁を入れ、薄切りした玉ねぎを合わせ、ケチャップと豆板醤等を加え、かき混ぜます。それをレンジに入れて、ほぼ5分。 完成です。 料理と呼ぶには、余りに簡単。しかし、旨い。ビールが進むクン。 ■ 第12弾  「ピリ辛ウインナー」・・・80点 お手軽で旨い。こういう類のレシピも増やしたいところですな。  [続きを読む]
  • 男の料理 その11 <ローストビーフ>
  • 男の料理の11品目は、「ローストビーフ」。今回のトピックスは、炊飯器の保温機能を使った低温調理です。 下味を付けた牛のモモ肉の塊の表面にフライパンで焼きを入れた後、ジップロックに入れます。炊飯器のオカマに70度くらいの湯を張り、そこに肉を入れたジップロップを落とし入れ、保温ボタンを押して、30〜40分。ボーとしていると、出来上がりです。 初めての挑戦でしたが、美味しく頂けました。 ■ 第11弾  「ローストビ [続きを読む]
  • 男の料理 その10 <ホルモンのピリ辛味噌炒め>
  • 男の料理のメニュー数も二桁となってきました。  今回は、「ホルモンのピリ辛味噌炒め」です。ホムコのランチメニューにラインナップされていて、これもbunの大好物の一つです。家で再現できたら、サイコーだぜ、ということで挑戦してみました。 ネットから複数のレシピを参照しつつ、それらを総合したレシピを作り、調理してみました。 その結果は・・・。 チョイと辛味が強かったですが、ホムコのモノと同等に旨かったぁ。 ■ [続きを読む]
  • 二週間振りのレンジで汗まみれ
  • 本日の午後、何気に気温計を見ると、29℃を示しています。「今日は気温がやや低めだな」と、二週間振りの練習へ出掛けました。 しかし、アニハカランヤ、湿度が異様に高くて、レンジはムレムレ・ムンムン。おっさんは、早々に汗まみれ。 嗚呼、メガネにワイパーが欲しい・・・。 嗚呼、裸でクラブを振り廻したい・・・。 そんなかんなで、10球打っては打席の裏のクーラーの効いた室に移動し、キープ・オン・クーリング。  こ [続きを読む]
  • 男の料理 その9 <葉生姜の豚肉巻き>
  • 男の料理の九品目は、「葉生姜の豚肉巻き」。 旬の葉生姜の生姜部分を包丁で成形し、そこに豚バラ肉を巻き、フライパンで焼き、醤油等を絡めるだけ。 このメニューは好物というか、初めて食しましたが、実に美味ですなあ。火を加えることで仄かになった生姜の辛味に豚肉の甘みが絶妙に絡み、「うめェ〜、うめェ〜」の唸りが止まりません。暑い盛りの肴としては秀逸ですな。 ■ 第9弾  「葉生姜の豚肉巻き」・・・85点 今度は [続きを読む]
  • 男の料理 その8 <エビチリ>
  • 男の料理も、八品目となりました。今回は、エビチリに挑戦しました。 男の料理ですから、自身の好物しか作りません。これは信条というか、当然の帰結ですな。だから、上手く出来た時には、恍惚の至福を得られるのです。 ■ 第八弾  「エビチリ」・・・70点 今回、マズマズの出来でしたが、少々パンチが足りず、チリとまではいかず。次回は、豆板醤とケチャップをレシピ以上に入れて、至福の高まりへ行こう。  [続きを読む]
  • ラウンド♯282の結果とランチ 〜灼熱の夏、リターンズ〜
  • 一昨日、ここでラウンドして来ました。 二週間前の前回ラウンドでは、厳しい暑さからは逃げられたのですが、この日は灼熱地獄の再来。 多分、今年のゴルフでは、一番の暑さと湿度だったかも。  最終ホールを残し、持ち込んだ1.5リットルのポカリアスのお代わりを飲み干してしまい、少々焦りました。 こんなですから、一緒に廻っていた元気なおっさん達も、ラウンド終盤になると無言の行進となりました。ただ、自身の無事の生 [続きを読む]
  • 禁煙、8年目へ
  • 夏のこの時期、毎年恒例の記事であります。 そして、これは自身の生存の印(しるし)でもあります。 40年以上も吸い続けたヘビースモーカーが、ドクターストップを受け、禁煙を始めたのは、2011年夏のベトナム旅行の後。 これまで使用していたアプリが使用中止となり、新しいアプリのショットで紹介します。 この時から本日まで、浮いたお金は、153万円超。安い軽自動車が買える? また、伸びた寿命は、585日。 いずれも実感はあり [続きを読む]
  • 男の料理 その7 <青椒肉絲>
  • 8月の頭、懲りもせず、男の料理の新メニューとして、青椒肉絲(チンジャオロースー)に挑戦しました。 今回の挑戦の中で、レシピに必ず書かれている、「少々」と「ひとつまみ」の違いを理解しました。皆さんは既にご存知かと思いますが、以下の通りでした。 ■ 「少々」は親指と人差し指の指二本でつまんだ量。小さじ1/8〜1/10(約0.5グラム)。■ 「ひとつまみ」は親指、人差し指、中指の指三本でつまんだ量。およそ、小さじ1 [続きを読む]
  • 男の料理 その6 <麻婆豆腐>
  • 先月末、男の料理の新メニューとして、麻婆豆腐に挑戦しました。 参考にしたレシピは、かの陳建一さんのものです。形から入るbunとしては、まず、レシピに書かれた、以下の調味料を買い集めることから始めました。 ■ 甜麺醤(ティエンメンジャン) ・・・中華甘みそ。 肉や野菜の炒めものをまろやかな風味に仕上げる。■ 豆鼓醤(トーチジャン)・・・良質の黒豆を麹で発酵させて作ったもの。 炒めものや煮ものをより本格的にさ [続きを読む]
  • 一ヶ月振りのレンジ
  • 今日の東京は、湿度が二ヶ月振りに30%以下に低下し、過ごしやすかった。 風は強かったけれど。  こんな気候に誘われて、一ヶ月と数日振りにレンジへ。  夏休みのせいか、レンジは空いていました。 最近のラウンドの出来と同様に、アイアンは良くて、ドライバーが暴れます。ダフッたり、引っ掛けたり・・・。しかし、途中から、右足体重のまま打つと、安定して来ました。 次回ラウンドは、次週の土曜日。こいつを忘れないよう [続きを読む]
  • ラウンド♯281の結果とランチ 〜蒸す夏のテンプラは寂し〜
  • 昨日は、ここでラウンドして来ました。 前月のラウンド時の灼熱地獄はありませんでしたが、朝方に降った小雨のせいもあり、かなり蒸し暑かったですな。 で、結果は・・・。 今回もアレゲットならず。  前半と後半、それぞれに+4打の爆裂ホールが、いかにも残念です。前半のは、ドライバーを引っ掛けてしまい、テンプラ気味のボールは、左の山へ吸い込まれていき、迷走の長旅が始まりました(下の写真です)。  後半も、ドライ [続きを読む]
  • カロリー過多なコンサート記
  • 昨日は、7年ぶりに小田和正のコンサートへ行ってきました。 まずは腹ごしらえです。隣町の初訪問となるイタリアンへ。 オイリーなパスタは熱々で、実に美味しかった。リピート、決定 腹をさすりながら、更に隣町に移動し、コンサート会場へ。久し振りの酷暑に汗まみれとなり、ギブアップ寸前でした。 で、エアコンの効きが弱い会場で、エンターテイナーのほぼ3時間の演奏を楽しみました。 オッサンにとって、彼の歌詞は少々気 [続きを読む]
  • 7年ぶりにコンサートへ
  • 明日は、久しぶりで小田和正のコンサートへ出掛けます。 下に掲げた写真は、前回のものです。もう7年前になりますが、その時のお恥ずかしい事件、いや、事故については既に書きました。  明日は台風13号が心配でしたけれど、なんとか大丈夫そうです。 今回も、bunの主たる役目は連れのボディカードです。だから、コンサート帰りに寄る、隣町の旨い焼き鳥屋が楽しみです。 [続きを読む]
  • ラウンド♯280の結果とランチ 〜悶絶の灼熱地獄 第3弾〜
  • 一昨日、またまたまた、灼熱地獄の中、ここでラウンドして来ました。 いや〜、この日も激しく暑かった。酷暑もこの日を最後に緩和していくとのことでしたが、過去2戦(ラウンド♯278、ラウンド♯279)と同等以上の灼熱地獄でした。 これまでの反省から、OS-1を4本持ち込みましたが、全てを完飲。2000mlすな。ビール大瓶だと3本強・・・。よく飲んだな。 しかし、調べてみると、OS-1の塩分はポカリスエットの2倍とのこと、血圧が [続きを読む]
  • ラウンド♯279の結果とランチ 〜灼熱地獄にまたまた悶絶す〜
  • 昨日、またまた灼熱地獄の中、ここでラウンドして来ました。 いや〜、暑かった。 前方の窓が下せるカートだったので、走行中は風が吹き抜けて、なんとか暑さをしのげるのですが、停車すると、ムレムレ・ムンムン状態。 まるで鉄板の上で焼かれる牛肉のように感じ、周りからジュージューと音が聞こえたのですが、これは既に熱中症の初期症状だったのでしょうか。 但し、救いは、ピーカンではなく、薄曇りだったこと。多少は、気 [続きを読む]
  • ラウンド♯278の結果とランチ 〜灼熱地獄に悶絶す〜
  • 一昨日、ここでラウンドして来ました。 この日は、bunにとって今年一番の灼熱ゴルフとなりました。 流れ出る大量の汗を拭き拭き、2リットルのスポーツドリンクを飲み飲み、数多くの塩飴を舐め舐め、その間隙を縫って、クラブを振るといった感じでした。途中、耳鳴りがし始め、どうなるものかと心配しましたが、そんな中の救いは、キャディさんが持ち込んでくれた氷嚢です。適宜、私たちプレーヤーの首すじを冷やしてくれました。 [続きを読む]
  • 練習記録、追記
  • 先々週、風邪を引き、一週間ほど家でジッとしていました。夏風邪は、なかなか治らず、厄介ですな。 で、先週、やっと体調が復活し、二度ほど練習に出かけました。 以下、備忘録として、アップしておきます。 なお、M4の方ですが、その実力発揮はまだのようです。  ---------------------------------------- bun's record of practice golf ♯18 〜打つべし、100球以上/回〜---------------------------------------- ■日 [続きを読む]