やまぐち さん プロフィール

  •  
やまぐちさん: 街歩き水彩スケッチ
ハンドル名やまぐち さん
ブログタイトル街歩き水彩スケッチ
ブログURLhttp://machiinokeshiki.blog13.fc2.com/
サイト紹介文小樽や札幌の街中を歩き、古い路地や坂の景色を水彩でスケッチしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2010/11/20 07:21

やまぐち さんのブログ記事

  • 小樽歩き2 : 後編
  • 前回のつづき:埠頭から駅に戻る途中、錦町、稲穂町を通り目にした景色を写し、家へ戻ってからの描いたもの。 海岸からの通り 奥に光明院というお寺のある坂:小樽は坂の街、石垣・擁護壁が多いが、これほど両側に並んでいるのはみごと。 年季の入った家 1 年季の入った家 2  年季の入った家 3:ここは以前道路の向かいから描いたころがあるが、久しぶりに再見。 [続きを読む]
  • 小樽歩き2: 前編 総合博物館、色内埠頭
  • 4月19日今年2度目の小樽行き。前から知ってはいたが行っていなかった総合博物館へ。その後近場の色内埠頭、稲穂の坂を歩いてきた。 転車台と機関車庫 屋外展示車両と残雪の天狗山 色内埠頭 稲穂5丁目の狭い坂の上から 先の絵のちょっと上った場所の空き地からこの日は天気も良く、どこも椅子を置いて描けた。ここへ来るまでに錦町というところをぶらぶらし、何か所か写真に撮ってきた。それをもとにしてのものを次回載せたい。   [続きを読む]
  • 公園のスケッチ:精進川公園
  • 春らしい天気が続くようになった。近くの公園で外描きを楽しんだ。この公園は精進川を挟んで南北500m位の幅の狭い、遊具はないが広場のある公園。北の端には昔 氷を切り出したことから氷池というのがあり、広場の奥に藤棚、今回は描いていないが南端には小さな滝がある。 氷池と連絡階段通路 まだ咲いていないが藤棚 同じ所から藻岩山方向を:何時も描く藻岩の頂上の鉄塔は1本、   今回は3本、お化け煙突ならずお化け鉄塔。 [続きを読む]
  • 変わった自転車
  • 変わった形の自転車の4枚。 東京・谷中の景色何時も見せてもらっている漫あるきさんの13日のブログから,自転車はオージナリ自転車(だるま自転車)と言うそう。 F・パターソン「サイクリングユートピア」からの模写(16.04掲載) 芸人カール・ヴァレンティンの写真模写: 山口昌男「知の狩人」(岩波,1982)の表紙より、ペン書きに画像ソフトで黒色をいれた 水平維持自転車:J・カレルマン「おかしな道具のカタログ」(1 [続きを読む]
  • 公園のスケッチ:西岡公園
  • 天候などで行きそびれていた通称西岡水源地へ4月10日行ってきた。水芭蕉にはまだ早く、池も半分ほど氷で覆われ、木道もシャーベット状の雪で歩きずらい。池囲りで3枚、公園門近くで1枚描いてきた。公園の全体スケッチのつもり 家に戻ってからの思い出し絵:現場で描いた場所は①から③(ちょっと見えずらい)右奥は空沼岳 ① 公園入ってすぐの所から:奥の取水塔失敗、次の方がマシ(w) ? 池に近づいて:今は機能して [続きを読む]
  • 工場のスケッチ:その2
  • 前回の続き、工場の写真からのペン模写。工場にも製鉄所、製紙工場、化学プラント等など色々あるが自分には区別が付かない。前回挙げた本:石井哲他「工場萌え」や同「工場グラフティ」などを、ただ線描きの材料として利用させてもらった。 室蘭( 新日鉄か日石) 愛知県知多市 三重県四日市市 ドイツ・工場保存公園内 大阪府・高石市 静岡県・富士市:本の説明によると中央の塔が回転するそうで面白い  [続きを読む]
  • 工場のスケッチ:その1
  • 4月に入っても天候は不規則。室内模写遊び。先日の新聞にJr貨物車両基地のCM写真が載っていて面白いので模写したみた(4枚目)。その延長で「工場萌え」という10年以上前の本を引っ張り出しあっちこっちの工場を模写した。以前に描いたスケッチも引っ張り出し再掲。  室蘭の知人の工場:入り口に椅子を置いて描かせてもらった。(再掲) 小樽・稲穂の町工場:通りがかりに断って描かせてもらった(再掲)。 白老の製紙工場( [続きを読む]
  • 公園のスケッチ:中島公園つづき
  • 中島公園のつづき:前回3月27日は寒くて途中で退散し、4月2日天気が良さそうなので、リターン・スケッチ(w)。 キタラという音楽ホール前辺り 菖蒲池 豊平館:前の池はまだ半分ほど凍っていた:これを描いた後椅子を置き忘れ、後で戻ってみたが、無かった。線の書き過ぎで疲れていた? 老化?次の日 公園管理事務所に聞いてみたら、保管しているとのこと。付録 前回の「公園内の木々と鴨々川」に色を塗ってみた。 [続きを読む]
  • 小樽歩き1:色内、石山、豊川、手宮
  • 3月28日今年初めての小樽行き。天気予報では16度位の風速3mとなっていたが、予報はずれ。風もあり気温も低かったがトボトボと歩いてきた。 浄応寺の坂:道が狭く立ち描き小樽で1,2の急坂(20%)、何度か描いている。 石山町から豊川町の上り 石山町の三角屋根付近:左下はやや傾斜のある駐車場、斜めの白線が傾き過ぎた(w)。   家の入り口付近の雪の状況から冬の間使われていなかったかも?    日の出湯( [続きを読む]
  • 公園のスケッチ:高台公園
  • 「公園のスケッチ」という言い方は あいまい。公園で…、公園を…、公園から描く といろいろあるが あいまいがいい。今回は近くのTV局のある公園:高台公園とも言われている2枚と、その近辺2枚。 TV局の駐車場から右手に公園、奥に手稲山 公園を下から:いつも上から描いているが たまに下から描いてみた 公園を出た所の2軒の食べ物屋の裏:こんなのが好きで以前よく描いていた 店の向かいの別の小さな公園のポプラの木など   [続きを読む]
  • 公園のスケッチ:澄川公園
  • そろそろ外歩きが出来そう。今年は公園徘徊スケッチしようかと思っている。歩いて行ける公園が10ヶ所ほどあり、何処も何度も行っているが四季折々描きに行こうと思う。今回はその手始めにまだ雪のある澄川公園へ行ってきた。 公園へ上るジグザグ階段と遊具 階段を登った所から続く石段:実際はもう少しジグザグしていている、上は高台になっており民家が並んでいる。 公園の上から西方向:奥は砥石山 公園の上からやや南方向  [続きを読む]
  • 月寒公園へ
  • 春分の日気温も5度ほどで近くの池のある月寒公園へぶらぶら行ってみた。池はまだ雪に覆われて真っ白、広場では何組かの親子連れがソリ遊びをしていた。 雪に覆われた池の辺り:中央の白い部分が池の右端 広場の遊園地1:雪から顔を出していたテーブルに失敬して座って描いた,この右側の斜面に下の絵のような遊具がある。 広場の遊園地2:一部だけに色を塗ってみた。 [続きを読む]
  • 新聞記事で遊ぶ
  • 来たばかりの新聞に、懐かしい絵に関係する記事が載っていたので昔描いた絵を載せた。 2002年に描いた旭川の雪の美術館:安野光雅画伯の「世界の旅」展を見ての帰り国道脇に車を止めて描いたもの。手前の林が今もあれば、木の陰になってこうは見えないと思う。 「究極の雪と氷のファンタジー」:道新3月16日夕刊の記事 上の2枚をもとに再描してみた:絵に元気がなくなった(w)1枚目の絵の額に押さえとして入っていた古新 [続きを読む]
  • 鳥の模写
  • 公園などで鳥が少し増えてきたように思える。地鳴きはきれいでない鳥も美しい声で囀り始めた。例によって、ブログや新聞の写真からの模写。 オジロワシなど キバシリ、オオアカゲラ、ヤマゲラ キクイタダキ、アカゲラ スズメ コオリガモ雌雄  [続きを読む]
  • 近場の雪の景色
  • 大分春めいてきたとはいえ、囲りはまだ雪。描いたのは少し前で雪は白かったが今は黒ずんできている。 精進川公園端と藻岩山 上の絵の右下辺り 天神山展望台への階段 上の絵の右上奥にある神社のシバグリ:何度か描いている   [続きを読む]
  • 模写
  • 何度も見ては模写している三浦敏和「筆が見た旅」を模写して遊んでいる(勉強?)。これに関して、4年前「今年はこんな絵を」という記事を書いたが、当然実現していない。再挑戦。 パリのピカソ美術館の通り モンマルトル シャンゼリエ通り フラメンコ・タブラオ:奥の影と、右の棚は空きすぎたので追加(w)似ていない模写にはオリジナリティがある…、なんて言えない(w)。追記:2015年にも同じ本の模写をしていた。これで3 [続きを読む]