やまぐち さん プロフィール

  •  
やまぐちさん: 街歩き水彩スケッチ
ハンドル名やまぐち さん
ブログタイトル街歩き水彩スケッチ
ブログURLhttp://machiinokeshiki.blog13.fc2.com/
サイト紹介文小樽や札幌の街中を歩き、古い路地や坂の景色を水彩でスケッチしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供182回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2010/11/20 07:21

やまぐち さんのブログ記事

  • Coopからテニスコートへ
  • 何のことか分からないタイトル。何時も行くCoopの近くの高台に市の配水池があり、耐震工事が終わり8年ぶりに配水池の上のコートが新装オープンした。以前テニスをしていたが今はやっていない。この高台からの景色を見に行ってきた。 Coop前の賑やかな交差点 高台下の通り:左上にテニスコートがある 高台への登りの途中で テニスコートを背に藻岩山方向を:グリーンの屋根とその右はアメリカンスクール  [続きを読む]
  • 野幌森林公園へ(つづき)
  • 100年記念塔辺りを後にし、公園の奥にある「北海道開拓の村」へ行った。ここには開拓時代からの小屋や建物が50個ほど移築・再現されている。入口の旧札幌停車場、近くの2枚と5年も前の1枚の記事。 「開拓の村」の玄関:旧札幌停車場 入ってすぐ右にある :旧近藤染舗  これも入ってすぐ:旧来生旅館 奥の方にある 旧山本消防組番屋(再掲)  [続きを読む]
  • 野幌森林公園へ
  • 先日前後で1日だけの好天の日 車で野幌森林公園へ行ってきた。ここには北海道百年記念塔、博物館、開拓の村などがある。 公園出入口から振り返って:坂の下は国道12号 駐車場から記念塔方向:50年前 開道100年を記念して建てられ、老化と耐震化などで解体も含め議論されている。 記念塔を背に:西洋タンポポがいっぱいこの後 公園の奥の「開拓の村」へ行って何枚か描いた。次回載せたい。  [続きを読む]
  • 琴似発寒川べり(追加)
  • 先日 琴似発寒川べりのを何枚か載せた。その記事への追加分。撮ってきた写真を見ての室内描き。上流から順に載せる。 木々の間から本流に流れ込む:この上流に、今回は行けなかったが「平和の滝」がある 3本の橋:どれも名前を調べ忘れ(w)、手前が「平和橋」と思う やまなみ橋  [続きを読む]
  • 小樽3景(模写)など
  • ブログ「小樽日記」から桜町の2枚、「小樽スケッチ」から花園の路地を、模写させてもらった。それと既載の絵2枚加えた記事。 桜町熊碓神社祭り中の坂:この坂は2年前下から見ていたが、描かなかった。 坂の先のロ−タリー交差点:道内でも珍しいロータリー、別方向から描いたことがある(↓)。 2年前に描いた同じ場所の絵:後ろは札樽バイパス 花園の嵐山通りの飲食街路地 同じ路地の逆からのもの(2年前に描いた)  [続きを読む]
  • ファクトリーへ(2)
  • サッポロ・ファクトリーを出て、近くをぶらぶらし、懐かしい場所へ行ってみた。写真を撮り、それをもとに描いたもの。 2010年に描いたもの: 同じ場所から:背景が変わっているのと建物が2,3軒 無くなっていた。 同じ場所を逆から 北1条の教会:ここも何度か描いているが、右に 以前1階建ての保育所があったが新しい3,4階建ての建物になっていた。 [続きを読む]
  • サッポロファクトリーへ(1)
  • 大型商業施設ファクトリーに隣接する永山公園の2年がかりの改修整備が終わったということで行ってみた。改修は主に内部らしく外は変わっていないようだ。何度か描いているが、ファクトリー内のサッポロビール麦酒醸造所と、永山公園内の旧三菱鉱業寮と旧永山邸の3枚。  サッポロビール麦酒醸造所 旧三菱鉱業寮 旧永山邸遊び:上の2枚を画像ソフトで1枚に繫いでみたが、繋ぎ方も下手。施設の門の外から見た感じはこんな感じ。 [続きを読む]
  • 川べりのスケッチ:琴似発寒川上流
  • 先日 地下鉄とバスを乗り継いで、琴似発寒川上流へ行ってきた。この川は手稲山の山肌辺りを源にし、札幌の西部を通り、新川と合流し、石狩湾に流れ込んでいる。途中の琴似辺りでは何回か描いているが上流では初めて。 バスの終点「平和の滝入り口」付近の赤い橋 川の右の民家 青い木製の人道橋:1枚目はこの橋から描いた 更に下流の「風の子橋」から前回の記事にも蛇が出てきたが、今回も「マムシ出没」の看板を2,3目にした [続きを読む]
  • 川べりのスケッチ:豊平川
  • ちょっとの晴れ間にまた近くの豊平川沿いへ。 川へ降りる道から: ミュンヘン大橋の南から 精進川が豊平川へ流れ込む辺り 蛇足:上の絵を描いているとき後ろに蛇が、足は自分の足…(w)二匹いるように見えるがニヒキヘビならず、下の色付きは驚いて拡大(w) 7条橋の上から:別の日に描いたもの [続きを読む]
  • 小樽へ行った気で
  • 小樽へは5月末に行ったきり行けていない。先日の道新日曜版の「本を旅する」をもとにした記事。今回は小林多喜二の「転形期の人々」が取り上げられ、輝きと影を併せ持つ当時の小樽の印象を描写した未完の小説。その繁栄の礎の一つが広井勇らによる北防波堤。その写真からの模写が1枚目。次のは、新聞の同じ面に、小樽総合博物館の写真(北一硝子の広告)があり、それからのもの。 北防波堤 小樽市総合博物館の機関車庫と転車台: [続きを読む]
  • 近くの公園へ
  • 自転車で近くの月寒公園へ行ってみた。春に行ったときは池はまだ雪に覆われていた。池と公園の外での2枚の記事。風が強くなってきたので早々に退散。  ボート池 公園の西側の店のある通り 帰りに見た別の公園への階段  [続きを読む]
  • 鳥瞰的スケッチ
  • 今回もやゝ鳥がらみ。先日札幌旭山公園展望台からのスケッチを載せたが、時々載せる鳥の模写からの連想でのねつ造記事。3枚目以降はすでにどこかに載せている。 鳥の見た景色(w)  大雪・扇ヶ原(2009・9) 長崎港:駅向かいの丘の上のホテルから 小樽全景 トレド鳥瞰   [続きを読む]
  • 鳥の模写
  • 最近外歩きが少なくなって、ブログに載っている鳥の写真からの模写などが増えた。今回も、「凛として」さんの写真の模写、といっても背景は適当にアレンジ。 エゾセンニュウ(多分)に止まるノビタキ クロツグミ オオアカゲラ キセキレイ   [続きを読む]
  • 本に刺激されての記事
  • 先日の新聞で知った、M.ウルヴィチ「東京店構え」という面白い本を早速入手。東京の6エリアのレトロで小さな店のイラスト集。この本に刺激されての記事。この本に取り上げられている、以前描いた1枚とその近くのを載せ、後は札幌の似たような場所の再掲。 神保町の鶴屋呉服店:本では左部分がもっと緻密に描かれている 神保町の喫茶「ミロンガ」 喫茶「聲」(廃業、撤去)  秋野薬舗 う月食堂 [続きを読む]
  • 西岡の坂
  • 自転車の修理の待ち時間に近くの丘をひと回り。 いつも行く生協近くの自転車屋辺り 自転車屋 裏の丘の狭い坂道 何度も描いている生協横の階段坂:普段はペンで下書きするが、これは鉛筆での下書き。真ん中のニセアカシアの花が見事でそれを描きたくて。家で描き直したがうまく表現できず…(w) 前の絵の階段坂の1本南の急な坂 ちょっと歩いて望月寒川:遠近法練習向きの景色  [続きを読む]
  • 定山渓の景色
  • 先日 娘からのプレゼントで定山渓に1泊してきた。その際の5枚。 豊平川と二見吊橋:振り返った景色が次の絵。 月見橋方向 かんのん坂:右下の赤い屋根の所に、岩戸観音堂と足湯がある。描いている場所の向かいに、与謝野晶子の碑「石狩の 定山渓の山荘は 夜半も朝も 川のみぞ鳴る」がある。 かんのん坂を下から 部屋の窓から小天狗岳方向  [続きを読む]
  • 川べりのスケッチ:豊平川あたり 前編
  • 過日今年初めての真夏日になるという日、早めに自転車で出て豊平川の幌平橋あたりと中島公園へ行ってきた。2回に分けて載せたい。 19条橋と恵庭岳 幌平橋と藻岩山 2本の橋:奥のアーチは水管橋、手前はでんでん橋といい、水と通信用で、人・車は渡れない。 水に脚をつけて冷をとるカモメたち:河口から数キロあるがカモメなどの海鳥を見かける。いつもは人の撮った写真から描くが、これは自分で撮った写真から。  [続きを読む]
  • 小樽歩き:その3 後編
  • ロープウエイで麓におり、辺りをぶらぶら。 千秋通り:長い下り坂、描くのは2度目だが思うように描けない。対岸は増毛連峰でこれ程鮮明に見えるのは珍しい。 上の絵の右手前陰にある古いお寺(廃寺?) 脇道の細い通り 付録:JR札幌駅3番フォームから  [続きを読む]
  • 小樽歩き:その3 前編
  • 5月末天気も良さそうなので小樽の天狗山展望台へ行ってきた。麓までは2年前に行っているが、ロープウエイでの展望台は初めて。上で描いた後、麓へ降りてその近辺をぶらぶらして描いてきた。2回に分けて載せたい。 展望台から:景色は180度のパノラマ、大分狭めて描いた。海の向こうの山々は残雪の増毛連峰。 ロープウエイの駅横から 残雪の(多分)朝里岳あたり スキーリフト  [続きを読む]
  • 新聞の写真で遊ぶ
  • 5月20日道新の「本と旅する」は火野葦平の「花と龍」で、北九州市若松地区の写真が載っていた(下の4枚目)。「近代化支えた工業と庶民と」ということで、北九州市の高塔山からの若戸大橋を含む洞海湾を挟んでの夜景の写真である。同じ場所の昼の写真をネットで探し模写してみた。少し彩色のペン模写、街に彩色、3枚目は夜の景色、という3変化スケッチ(w)。 1.ペン描き+少し色 2.更に少し彩色 3.夜の景色に 道新の [続きを読む]
  • 水辺のスケッチ:精進川
  • 暖かiい日、近くの小さな滝を描きに出かけた。場所は何度も描いている精進河畔公園。滝の前に2枚、滝、その後で2枚。 滝の少し上流 川は見えないがほぼ同じ場所から 目的の小さな滝:何度も描いているが… 滝の少し下流の川べりでのセキレイ:急いで描き、木々と川はセキレイが飛び去った後でゆっくり。現場で鳥を描くのは初めて。少し大き過ぎ(w)。 水量を調節する装置(名前不明)のある辺り  [続きを読む]