やまぐち さん プロフィール

  •  
やまぐちさん: 街歩き水彩スケッチ
ハンドル名やまぐち さん
ブログタイトル街歩き水彩スケッチ
ブログURLhttp://machiinokeshiki.blog13.fc2.com/
サイト紹介文小樽や札幌の街中を歩き、古い路地や坂の景色を水彩でスケッチしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2010/11/20 07:21

やまぐち さんのブログ記事

  • 小樽歩き(その6 前編)
  • 飽きもせず、10月19日また小樽へ。坂、港、路地そして斜面のを景色楽しんできた。小樽駅からバスで手宮まで行き、そこから末広町、梅ヶ枝町を歩いてきた。2回に分けて載せたい。 末広町の坂 前の絵の登りつめで南の路地坂:正面奥の坂は十間坂 梅ヶ枝町へ向かう狭い下り:下りた所がバス通り、その後向かいの斜面へ。  梅ヶ枝町5丁目の階段坂:ここへ来るまでも登りで、この坂の上で椅子を置いて休憩。 [続きを読む]
  • 近くの澄川公園辺りへ
  • 最近公園や川べりによく行く。それ程歩かなくても3,4枚描ける。今回はいつも行く生協からぶらぶら歩いて、澄川公園で楽しんできた。 生協前の丘から澄川への下り:何度も描いているが、電柱の奥の小さな山が気になって少し大きく描いた。調べたら木挽山(こびきやま)と分かった。 澄川公園の遊び場 同じ公園の南への登り道の紅葉:次の絵はここを上った所からのもの。 好きな眺望の広がる場所  [続きを読む]
  • 鳥の模写
  • 合間合間に描いている鳥の模写。外描き出来ないときの模写頼み記事(w)。後の3枚はいつもの「凛として」さんのブログから。 先日の動物園での写真(右)と新聞の写真から合成 チョウゲンボウ チゴハヤブサ 渡りのウォームアップ(?)のマガン [続きを読む]
  • 月寒中央の洋次通り
  • 先日月寒公園へ行ったが、その後もう一度公園横を通り、通称「あんぱん通り」という、国道36へ出る辺りまで自転車で行ってみた。目的は「洋次通り」という古くからある飲食店街。山田洋次監督が「庶民の町の情景がここにある」とドラマのロケに選んだことでこう呼ばれるようになった場所。以前は「しょんべん通り」と呼ばれ、10年前にも描いているがもう一度描いてみた。 「洋次通り」 10年前に描いた「洋次通り」:雰囲気は10年 [続きを読む]
  • 円山動物園へ
  • 先日家のと円山動物園へ行ってきた。秋の遠足シーズと見えて、幼稚園児や小学生がたくさん来ていた。園内をぶらぶらし、いくつかの館や施設をみて、後はスケッチをしてきた。ホッキョクグマ館の屋上から:真ん中の建物は熱帯鳥類館 休憩所前から子供たちを 売店や別の休憩所を折角動物園に来たので人間以外の動物の絵も(w)。    檻の中の「シュバシコウ」というコウノトリ 付録:G.シュタイナー「動物絵あそび」からの模写 [続きを読む]
  • 月寒公園へ
  • 天気は大丈夫そうなので自転車で近くの月寒公園に行ってきた。 小学校生たちで一杯の遊園地:描いたのは一部、あちこちで先生のもとに集まっていた。 次に行く右下にある池への下り坂 ボート池 池のそばにある時計塔:時計は(多分故障で)カバーされていた、2段目にはドン・キホーテとサンチョ・パンサの像が置かれているが、遊びで、ピカソのスケッチの模写に変えた(w)。  [続きを読む]
  • 久しぶりの郊外行き
  • 先日町内会の行事で、札幌から1時間ほどの由仁町のユニガーデン・温泉へ行ってきた。1枚はグループから離れて描き、後は写真から。 ゆんにの湯という温泉施設の正面 ユニガーデンの建物:ベンチに座って。右下に庭園が幾つかあり、サルビア等が沢山咲いていた。 ガーデン内の小さな池と木製の階段道  [続きを読む]
  • 札幌の西:宮の森へ
  • 久しぶりに宮の森辺りへ行ってきた。今回の場所はすり鉢状の地形のため、1度上ったらなるべく下らないように歩いての半日。地下鉄円山公園駅からバスで終点の宮の森シャンツェへ。運転手に聞くとジャンプ台までは近いということで登って行った。結構の長い登り。途中で会った人が「まだまだありそうで戻ってきた、熊に気を付けて」と、なるべく足音高く登ってきた。 宮の森シャンツェ:女性ジャンパーも含め何人かが練習をしていた [続きを読む]
  • 近くのテレビ局が移転
  • 近くの丘の上にあったテレビ局が街の中心に出来た放送関係のビルに移った。今まで随分描かせてもらったが、この後様変わりするであろうと,記憶として新たに描いた3枚と以前の1枚の記事。 5月に描いた丘とテレビ局(再掲) 通称リンゴ街道の坂の上から 同じ街道の坂の下から 局の裏から  [続きを読む]
  • 中島公園へ
  • 先日 甥のTくんと中島公園の売店のパラソル席でビールと話しを楽しんだ。その時目にした景色を描きたく 後日再訪。再掲も含めての記事。 売店の様子(2015.08 再掲) 右端のパラソルに座って、ビール片手に...(w) ボート乗り場 3年前の春の景色 (再掲):赤い屋根の建物があったが取り壊された。 池の岸辺でじーと休むマガモの若鳥:鳥をその場で描けるチャンスは余りない。 [続きを読む]
  • 近場の3枚
  • 食後の散歩道の何の変哲もない景色でも描けばそれなりに楽しい。 昔 川だった所、今は暗渠、その上の遊歩道 天神山の南下:好きで何度も描いている 澄川駅のバスプールから:突きあたりで遊歩道と交差  [続きを読む]
  • 小樽街歩き:その5 後編
  • 前回の大きな三差路を左に歩いた。 三角屋根の家のある下り坂 三角堂:前の絵の右のカーブの先にある三角地に建つ小さなお堂 だんご坂:公園の展望台へ登る狭い裏道 公園の山側からバス通りへ向う坂 聖丘の坂(北ガス上の坂):前の絵の坂を下り、右に結構長い急な坂を上って。港はこんなに大きく見えないが苦労して登ったご褒美に(笑)。  [続きを読む]
  • 小樽街歩き:その5 前編
  • 9月初め2ヶ月ぶりの小樽行き。上り下りのない場所を、と思いつつ結構上下した。例によって2回に分けて載せたい。 国道5号を跨ぐ陸橋の上から:右にJr線路、すぐ先に小樽駅、フェンスにもたれての立描き、荒くなった。 妙見市場:何度か描いているが、4棟を描いたのは初めて、筋向いの建物の入り口階段上から失礼して、左の脇道が急な坂に見えるが本当はやや上り程度、次の絵はこの右にある交差点辺り。 教会のあ る交差点辺り: [続きを読む]
  • 斜里の坂
  • 前回の斜里の坂のペンスケッチに彩色した。これ1枚では寂しいので同じ斜里の坂を。 斜里町の坂:彩色奥から見て、国道334上の「天につづく道」といわれている。健康でないと天にも昇れない?(w) 同じ斜里の坂:場所は上とは別、道新「本と旅する」2017.9.17 より模写 [続きを読む]
  • 精進川沿いのペンスケッチ
  • まともに出かけていない。近場の精進川のペン描き2点+1。 何度も描いている小さな滝(Fall) 台風21号で倒れた樹々たち(Fallen Trees):記憶のために  付録:故郷に近い斜里町の坂道ずーーっとつづく下り坂に見えればいいが...道新出版「ほっかいどう100の道」より模写いづれ色を付けてみたい。 [続きを読む]
  • 寄せ集め
  • 住んでいる所は地震の影響は少なくなったが、厚真町辺りは想像に絶するほどの被害。バラバラの4枚の記事。 虎の尾(サンセベリア):居間の鉢に8年振りで咲いた。      葉の数はもっとあり、幅も広かったが... コヨシキリとツリフネソウ:花は近くの道端に咲いていたもの 国蝶オオムラサキの雄(栗山町、道新写真より) 朝日新聞の挿絵より [続きを読む]
  • 胆振東部の地震にかこつけて
  • 9月6日胆振東部の地震、その前日の台風21号、自然の力・人知の至らなさを思い知った。以前、千歳、安平、厚真、鵡川など何度か訪れている。最近では2014年秋に行っている。その時の記事に少し手を入れたもの。別の機会に厚真町でも休憩を兼ねてスケッチしているが残念ながら見つからず。 鵡川漁港:右奥の船はシャケ漁を終えての網の陸揚げ中、 漁港の廃船置き場:余り目にする機会のない廃船たち、でも未だ使えそう 勇払原野に工 [続きを読む]
  • 山鼻川辺り
  • 台風21号前の3枚。 山鼻川 1:何時も出てくる藻岩山のすそ辺りを流れ、その後すぐ下流で豊平川に流れ込む 山鼻川 2:前の絵のすぐ上流 庭のアキアカネ:庭は以前よく描いたが、今年初めて。付録 天神の毬栗:以前に載せた絵に毬栗を地上と木に追加しただけ(w)。台風の過ぎた朝、この絵の奥のポプラ2本の他あちこちの大きなポプラや松が根から凪倒されていて、景色が一変。  [続きを読む]
  • 天神山公園辺り
  • 先日久しぶりに天神山公園で椅子を置いてのペンスケッチ。どの場所も何度か描いているが、草木の変化で景色自体は初めて、と思って描いている(w)。 広場の上から札幌市内方向 頂上にある相馬神社の社務所 その近くの樹々 9月1,2日 相馬神社の秋祭り:午前の様子、午後から夕方はもっと賑やかだった。神社への登り坂は下からは見えず想像。 [続きを読む]
  • 近場のわんぱく公園辺りへ
  • 9月に入っても、元気と天気が両立しない。近場でごまかしている。   わんぱく公園の滑り台:この上から向かいの天神山公園を描こうと思って行ったが木や建物でその公園など見えなくなった 同じ公園の中の小道 公園を出て少し行った高台から西方向を 高台小学校前の道:小学校は信号の奥、自分の背中方向に平岸霊園がある。 [続きを読む]
  • 鳥の模写
  • 近場の絵が続いているので空や木の上からの鳥の模写。何時ものように「凛として」さんから借用、どれも好きにアレンジ。 空のチゴハヤブサ 木の上のチゴハヤブサ シマフクロウ(何から描いたか失念w) アオバズクの家族:追記:実際は親とヒナの2羽、後の2羽は同じヒナの別の写真から(w) カワセミ   [続きを読む]