Giovanni max さん プロフィール

  •  
Giovanni maxさん: 人生とはゲームなり。
ハンドル名Giovanni max さん
ブログタイトル人生とはゲームなり。
ブログURLhttp://giovannimax.blog120.fc2.com/
サイト紹介文FC TECH+の内蔵ゲームをレビューします。その他随時レトロゲームを語りたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/11/21 09:35

Giovanni max さんのブログ記事

  • フラッピーの歌。
  • フラッピー (作曲:デービーソフト)今回はファミコン版『フラッピー』のゲーム中BGMに詩を乗せました。個人的な話をしますと、当時はMSXユーザーだったにもかかわらず、フラッピーはファミコン版でばかり遊んでいました。そんな訳で久々にファミコン版を遊んでいまして、BGMが耳に残った為、作詞いたしました。で、これをMSX版で歌おうと思ったら…そもそもの曲が違う!さらにMSX版には無印ROMと『Limited'85』ROMがあり、それぞ [続きを読む]
  • 2018年夏、MSXの夏。
  • 最初に言っておく!タイトルは誇大表現だ!!…まあ、単にRepro Factoryから無事にゲームカセットが届いたのが嬉しかっただけですが(笑)。これでオランダ・スペイン・フランスを制覇しました!(ウソTM)。ブラジルもIcon Gamesからダウンロード購入できたので、もはや世界制覇と言っても過言ではないっ!!…すみません、調子に乗りましたでも世界一周も実際は地球一周なわけで、全ての国を制覇するわけではないですから、あな [続きを読む]
  • レトロゲームの誘惑。
  • ミニファミコンが発売されて以来、世界各地でレトロゲーム回帰がムーヴメントとなっています。それ以前から需要はありましたが、あくまでもマニアックなもので採算が取れるとは誰も考えてはいなかったのでしょう。しかし、老舗の任天堂が成功例を示したことに味を占め、各社がメーカーのライセンスを取って販売する潮流ができました。その代表例がこちら。My Arcade以前から携帯ゲーム機を作っていた会社ですが、正直スマホで無料 [続きを読む]
  • 聖飢魔Ⅱ 悪魔の逆襲
  • シーン#1 ヘブンズ・プリズン 影一つない光溢れる真っ白い空間にポツンと存在している影のような存在。 堕天使〈エース〉。 神の子でありながら悪魔に加担し、ゼウスの怒りを買い、悪魔のような姿に変えられ、光の牢獄に閉じ込められている。 片膝に腕を乗せて座っている彼の表情は哀しそうでもあり、満足そうでもあった。 その唇から歌が紡ぎだされている。 (アカペラ・ANGEL SMILE)エース   『夢を忘れ [続きを読む]
  • Mini-MSXへの道。
  • 世間ではミニゲーム機ブームでして。「ミニファミコン」から始まり、「スーファミ」「メガドラ」「ネオジオ」、海外では「アタリ」や「インテレビジョン」も復刻の動きが有り。そんな中、昨年HAL研究所が製作したのが「パソコンミニ」。PasocomMini実機のOSは使っていませんが、ラズベリーパイ上でSmileBASICと対象機種のエミュレータが動作します。周辺機器の制御機能はありませんが、SDカードとUSBキーボードを使えば、エミュ [続きを読む]
  • 東京終末戦争
  • MSX未発売ゲームを作りたい!第三弾はテクノポリスソフトの『東京終末戦争(トウキョウハルマゲドン)』です。テクノポリスソフトの最高傑作と言えばMSX版『忘れじのナウシカゲーム』かファミコン版『オフザーケン』か迷うところではありますが、やはりMSX2版『単騎狼ウルフAT』が不動であります。【狼】なのに【ウルフ】!頭の頭痛が痛くなりそうなネーミングです。内容も「無いよぉ」って感じな劣化版「ダブルドラゴン」であり [続きを読む]
  • チャムクリスマス
  • 幻のMSXソフト製作委員会第二弾はザインソフトの『チャムクリスマス』です。ザインソフトと言えばMSXよりも国産PCをメインに商品展開していたメーカーでしたが、MSX2の最盛期にはMSXにも力を入れて移植やオリジナル作品を発売していました。代表作は『トリトーン』、メーカー名のスペルは「SEIN」「XAIN」「ZAIN」と変異を遂げた進化するゲームメーカーでした。その適当っぷりを満喫する為に『未来』を参照していただきましょう。 [続きを読む]
  • 密林の秘宝
  • 死ぬまでにやっておきたいことってありますか?僕、あります。MSXの未発売ゲームを発売したい!!誰得など関係ありません。利益は度外視となるでしょう。でも今際の際に後悔したくはありません。誰かに殺された際に残すダイイングメッセージが【ブレイクショット】になる可能性だって有り得ます。私と同じ気持ちのMSXユーザーが一人一本ずつ担当すれば、30本程度は解消されるのではないでしょうか?…という思いを、先日MSX2で動 [続きを読む]
  • 欧州非常事態宣言。
  • 先日のMATRA&Bitwiseに続いて、MSX cartridge shopの通販に挑戦してみました。MSX Cartridge Shop挑戦とは言うものの、PayPalさえあれば国内のネット通販と大差ありません。MATRAは終売品も掲載していますが、こちらのサイトは定期的に商品を入れ替えているため、欲しいと思った商品があったらこまめなチェックが必要です。スペインから日本まで2週間ちょっとで無事に到着しました。MATRAとMSX Cartridge Shopは現在のMSX同人カー [続きを読む]
  • MATRA & Bitwise
  • ※この記事の情報は2018年3月25日時点のものです。以前紹介したMSX新作ソフト。日本で新作MSXカートリッジが買える件。bit-gamesさんではすでに扱いがなくなっているようですが、本国スペインでは続々と新作が作られております。MATRANETここ数年MSX中心に生活していなかった為、金はあっても興味はなかったのですが、金銭的余裕が無くなった今になって俄然購入欲が湧き、ついに個人輸入に踏み切りました。注文はPayPalさえ登録 [続きを読む]
  • JAM Game Case と ASCII。
  • 以前記事を書きましたMSX1用カートリッジ『JAM Game Case』。JAM Game Case の場合。JAM Game Case の件。そのアスキー編が存在していたようなので、紹介しておきます。2本に纏められていますが後述するように、まだ未収録作品もたくさん有ります。アスキーはパブリッシャーとしての面も大きく、自社ソフトではない作品が多いので、このラインナップはちょっと中途半端かな、という印象です。「ASCII」編 vol.101 3D Tennis(3Dテ [続きを読む]
  • Retro-Bit Cartridge for NES
  • Retro-bit カートリッジに海外NESおよびSNES用がありましたので紹介しておきます。Retro-Bit Data East All Star Collection CartridgeRing King(ファミリーボクシング)Bad Dudes(ドラゴンニンジャ)Side Pocket(サイドポケット)Burger Time(バーガータイム)Buggy Popper(バギーポッパー)今回のラインナップの唯一のNES版です。ファミコン版カセットには『大怪獣デブラス』と『ダークロード』が加わり、ファミリーボクシ [続きを読む]
  • Kai Magazineを宣伝してみる。
  • Kai MagazineのMSX用ソフトを一通り遊んだので、お気に入り順に感想をば。まずは『DIM X』です。オススメのポイントは3点。①3Dモードがある。②エロがある。③ゲームが単純。グラフィックは綺麗ですが、ゲームは光るボールを奈落へ落とさないように地面をジャンプさせて行くだけです。それだけですが、意外とハマります。 続いて『LIFE ON MARS』です。メトロイドっぽい雰囲気の横スクロールアクションゲームです。ジャンプが [続きを読む]
  • Kai Magazine 2018
  • 久しぶりにMSXを堪能しております。まだ引退していません。生涯現役、たまに長期活動休止中(笑)。今回はヤフオクでROM版『INK』を入手したのをきっかけに、「MATRA」と「MSX Cartridge Shop」からROMを買うぞぉ〜!と心に決めて色々と検索をしていたら、なんとあの「Kai Magazine」もROMを作っているではありませんか!kai-magazine HPKai Magazineといえば、日本語化移植された18禁同人ソフト『人参君1・2』が有名です。MSX旋 [続きを読む]
  • パワーブレイザー〜エネルギー開発
  • エネルギー開発 (作曲:山下絹代)クラリスディスク『Rom Cassette Disc in TAITO vol.2』収録のファミコンソフト『パワーブレイザー』より「エネルギー開発」に詩を乗せました。明るい曲調ではありますが、海外版『パワーブレイド』をイメージしてテーマは「ハードボイルド」としました。…というのを2番の歌詞に苦戦している最中に閃いたので、後付けしました。テーマを決めてからは一気に仕上がり、ようやく国内版&海外版共 [続きを読む]
  • たけしの戦国風雲児〜さむらいさんば
  • さむらいさんば (作曲:タイトー)クラリスディスク『Rom Cassette Disc in TAITO vol.2』収録のファミコンソフト「たけしの戦国風雲児」より「さむらいさんば」に詩を乗せました。お祭りっぽさを出すために囃子言葉を検索してみたところ、ヘブライ語へ辿り着いたため、ちゃっかり拝借してみました。大意では「真っ直ぐに進め!」ということらしいです。『侍SAMBA』みんなで踊ろ!サムライサンバ士農工商なんてものは関係な [続きを読む]
  • ザナドゥ〜エンディング
  • エンディング (作曲:高橋俊弥)1985年にシャープX1を皮切りに発売された国産PC用RPG『ザナドゥ』。そのサントラが30年後の21世紀に初めて発売されました!拍手!!『ザナドゥサウンドコレクション』https://beep.theshop.jp/items/4475919おかげで初めて知ったのですが、オリジナルザナドゥにもボス曲とエンディング曲があったのですね。何かのサイトで1曲のみをアレンジして使っていると書いてありましたので鵜呑みに [続きを読む]
  • キョンシーズ2〜民家
  • 民家 (作曲:タイトー)クラリスディスク『Rom Cassette Disc in TAITO vol.2』収録のファミコンソフト『キョンシーズ2』より「民家」に詩を乗せました。当時は「幽幻道士」と「霊幻道士」の違いも判らず、なんで「2」なのか不思議でしたが、wikiによれば「幽幻道士」が日本で最初にビデオ化された際に「キョンシーズ」という邦題だったそうで。その続編ゲームということで「キョンシーズ2」になったと。ちなみに「霊幻道士」 [続きを読む]
  • パワーブレイザー〜生命研究
  • 生命研究 (作曲:山下絹代)クラリスディスク『Rom Cassette Disc in TAITO vol.2』収録のファミコンソフト『パワーブレイザー』より「生命研究」に詩を乗せました。作詞イメージは80年代TVアニメの挿入歌です。よくCDドラマとかで合間に流れるカッコいい感じの曲を目指しました。でもやっぱり海外版『パワーブレイド』には合わない歌だなぁ、と実感。ロックマン風少年コミック的世界観と、魂斗羅風ハードボイルドな世界観の [続きを読む]
  • パワーブレイザー〜エンディング
  • エンディング (作曲:山下絹代)クラリスディスク『Rom Cassette Disc in TAITO vol.2』収録のファミコンソフト『パワーブレイザー』より「エンディング」に詩を乗せました。そもそもは唐突ながら「ロックマン」の歌を集めようと思いつき、CD数枚集めたところでプレミアという壁にぶつかり、なら「自分で作ってしまえ!」と考えていたのです。ところが別件で入手した「パワーブレイザー」の曲があまりにも素晴らしく、こっちへ [続きを読む]
  • たけしの挑戦状の歌。
  • たけしの挑戦状 (作曲:タイトー)「レインボーアイランド」以来、タイトーのゲームミュージックにハマってまして「あめのしんかいち」の2番を作ろうと思い立ち、クラリスディスクの『Rom Cassette Disc in TAITO vol.2』を購入しました。そんな訳で、早速既存の1番込みでお送りしましょう!『雨の新開地』1.あなたのためなら どこまでもついてゆける わたしせつないおもいを うたにしてあめふる しんかいち2.明日の二 [続きを読む]
  • レインボーアイランドの歌。
  • Over the Rainbow (作詞:Yip Harburg/作曲:Harold Arlen)メインテーマ (作曲:Harold Arlen/編曲:小倉久佳)タイトーの『レインボーアイランド』のメインテーマ曲は、映画『オズの魔法使い』主題歌『Over the Rainbow』をモチーフとしています。当時の日本は著作権の認識が緩く、古い物なら大丈夫!みたいな風潮がありました。まあ同じ頃、中韓はその遥か上を行くのですが、それはまた別の話。そのため、アーケード版と同 [続きを読む]
  • ディグダグⅡの歌。
  • Here we go!! (『ディグダグⅡ』ファミソン8BIT MIX) 作曲:NBGI(Jesahm) 編曲:KPLECRAFT久しぶりの「アイマス」替え歌シリーズです。別にシリーズ化するつもりはなかったのですが、突然思い付いて「ファミソン8BIT」を聴き直してみたら、この曲が良さげでしたので活用してみました。収録アルバムはこちら。『ファミソン8BIT☆アイドルマスター05 如月千早/水瀬伊織』例によってカラオケはベスト盤に収録されています。『 [続きを読む]
  • ザ・ベストテン
  • 気づけばゲーム音楽に詩を乗せるという活動もとっくに100曲を越えていました。音楽に優劣をつけるのは好きではないのですが、好みかそうでないかは個人差があるとは思います。ただタイトルだけ並べても、初見の方には取っ付きが悪いと思いますので、メジャー受けしそうな歌ランキングという物を考えてみました。初めはベストテンに限定しようかとも思ったのですが、結局絞りきれなかったので男女ボーカル別ベストテンとしました。 [続きを読む]
  • 影の伝説の歌。
  • メインテーマ (作曲:小倉久佳)タイトーのアーケードゲーム『影の伝説』よりメインテーマに歌詞を付けました。原曲には同人サークル「EtlanZ」さんによる音楽CD「ファミコンベスト・ヒストリー」収録のアレンジヴァージョンを使用しています。BGMとしては問題ないのですが、歌として捉えると少々尻すぼみな曲調なのが難しかったです。タイトーの歌ものといえば『奇々怪界』か『たけしの挑戦状』が有名ですが(笑)、『レイン [続きを読む]