むらごん さん プロフィール

  •  
むらごんさん: むらごんの思い込みWeblog
ハンドル名むらごん さん
ブログタイトルむらごんの思い込みWeblog
ブログURLhttp://www.muragon.net/blog1/
サイト紹介文日常の散歩や食べ歩き、読書、出来事など。TwitterのTweetのまとめ。2つのブログです。
自由文MovableType、Twitter、iPhone、思い込み、日々の事、歴史、経済、美味しいもの、読書、ガンダム
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2010/11/22 17:30

むらごん さんのブログ記事

  • 湯島天神(湯島天満宮)の梅
  • 梅まつりを開催中の湯島天神(湯島天満宮)では梅が咲き始めていました。東京の学問の神様と言えば、菅原道真公を祀る湯島の天神様です。 ”湯島天満宮(湯島天神)は、雄略天皇2年(458)1月勅命により創建と伝えられ、天之手力雄命を奉斎したのが始まりである。降って正平10年(1355)2月郷民が菅公の御遺徳を慕い、文道の大祖と崇め本社に勧請しあわせて奉斎した。文明10年 [続きを読む]
  • 職人が集うお洒落なガード下「2k540 AKI-OKA ARTISAN」
  • 「2k540 AKI-OKA ARTISAN(ニーケーゴーヨンマル アキオカ アルチザン)」はJR秋葉原駅と御徒町駅間の高架下にある商業施設です。ブラブラと歩くだけでも楽しく癒される場所で、時々足を運んでしまいます。 「2k540 AKI-OKA ARTISAN」はジェイアール東日本都市開発が運営する施設で、2010年12月10日に開業しました。 名称の由来 「2k540」:東京駅を起点として2,540m付近であること 「AKI-OKA」: [続きを読む]
  • 黄金色のご利益「金神社」は商売繁盛・金運アップ
  • 岐阜市の中心部に位置する金神社(こがねじんじゃ)は、商売繁盛や金運招福のご利益がある神として多くの信仰を集めています。西暦135年の鎮座と伝わる古い社です。現在の社殿は昭和63年(1988)に造営されました。 ”主祭神は、渟熨斗姫命(ヌノシヒメノミコト)。景行天皇の第六皇女で、伊奈波神社の主祭神五十瓊敷入彦命の 妃である。金神社は古来より産業繁栄、財宝・金運招福、商売繁盛の御神徳あらたかな神として [続きを読む]
  • 歴史を感じる岐阜市内レトロ散歩(地図付き)
  • 岐阜市内には歴史を感じる場所やレトロ空間が多く残っています。岐阜駅の北側、長良川に近いエリアを散策してみました。散策コースマップは最後に紹介します。 伊奈波神社界隈→岐阜大仏界隈→岐阜城・金華山界隈→川原町界隈の順で巡りました。駅から通じる国道256号線沿いの「伊奈波通り」というバス停から伊奈波神社を目指しました。 国道256号線から伊奈波神社に通じる十字路に石柱があります。一度、御鮨街道を渡り [続きを読む]
  • 川原町の古い町並みはレトロ空間そのもの
  • 鵜飼観覧船のりばから続く「湊町・玉井町・元浜町」の町並みは「川原町」として古い町並みを残しています。町家を利用したお洒落なお店が多くありました。伝統工芸品「岐阜うちわ」や岐阜銘菓「鮎菓子」など、岐阜のお土産品を買うことが出来ます。 「川原町」は、岐阜県が推進する岐阜の宝もの認定プロジェクト『明日の宝もの』に認定されています。湊コミュニティ水路忠節用水放水路沿いに整備された「湊コミュニティ水路 [続きを読む]
  • 川原町の古い町並みはレトロ空間そのもの
  • 鵜飼観覧船のりばから続く「湊町・玉井町・元浜町」の町並みは「川原町」として古い町並みを残しています。町家を利用したお洒落なお店が多くありました。伝統工芸品「岐阜うちわ」や岐阜銘菓「鮎菓子」など、岐阜のお土産品を買うことが出来ます。 「川原町」は、岐阜県が推進する岐阜の宝もの認定プロジェクト『明日の宝もの』に認定されています。湊コミュニティ水路忠節用水放水路沿いに整備された「湊コミュニティ水 [続きを読む]
  • 岐阜のパワースポット伊奈波神社・黒龍神社
  • 景行天皇14年に創建されたと伝わり、1900年以上の歴史を持つ神社です。斎藤道三にゆかりがあります。初詣には岐阜市内で最も多い参拝客が集まるそうです。 多くのご利益があり、岐阜のパワースポットとして多くの人が訪れているようです。 ”主祭紙は、「五十瓊敷入彦命(イニシキイリヒコノミコト)」。第十一代垂仁天皇の長男で、第十二代景行天皇の兄にあたり、古事記、日本書紀にも記載されている。五十瓊敷入彦命 [続きを読む]
  • やさしいお顔の金鳳山正法寺「岐阜大仏」
  • 日本三大仏の一つにも数えられる岐阜大仏、奈良や鎌倉の大仏とは違った雰囲気感じる大仏です。乾漆仏としては日本一の大きさを誇っています。天保3年(1832)に、38年を費やして完成しました。 金鳳山正法寺は、元禄5年(1692)に創建された黄檗宗(おうぼくしゅう)の寺院です。"正法寺の文化財 金鳳山正法寺は、この地に1683(天和3)年に開山始祖・廣音和尚が草庵を結んだことに始まり、1692(元禄5)年に千呆和尚を開 [続きを読む]
  • 金華山のチャート(岩石)が守る難攻不落の岐阜城
  • 岐阜と言えば、織田信長です。岐阜という名前を付けたのもの織田信長だとされています。岐阜城は標高329mの金華山(旧名:稲葉山)山頂付近に建てられた難攻不落のお城でした。 金華山北側には長良川、南側には大きな岩壁で濃尾平野に接しています。平らなところにそそり立つ姿によって標高以上の高さに感じてしまいます。鎌倉時代、幕府の執事二階堂行政が軍事目的築いた砦が岐阜城(当時:稲葉山城)の始まりです。その [続きを読む]
  • 世界遺産「中尊寺」の紅葉ライトアップ
  • 平泉町の世界遺産「中尊寺」で紅葉ライトアップが今年から始まりました。 開催期間は10月28日(土)から11月12日(日)まで、時間は16:00〜18:00です。金色堂の拝観は17:30までとの案内がありました。岩手県内でも紅葉スポットとして知られる「中尊寺」でのライトアップは注目を集めていました。後から知りましたが、正式には「紅葉銀河2017〜紅イ星フル山ヘ、ヨウコソ」というタイトルがついているそうです。最終日の11月1 [続きを読む]
  • 朝の木洩れ日差す「北海道大学キャンパス」を写真散歩
  • 緑豊かな北海道大学のキャンパスを散策しました。10月初旬の朝、ポプラ並木やイチョウ並木などの自然、レトロと近代が調和する建築物を見ながら写真散歩です。 大都会の札幌駅付近から、歩いてすぐの場所に自然溢れる北海道大学の広大なキャンパスがあります。 キャンパス内の自然、レトロ建築、近代建築の順に紹介します。イチョウ並木紅葉の時期に是非訪れてみたいものです。ポプラ並木北海道大学と言えば、ポプラ並木 [続きを読む]
  • 報恩寺(盛岡市那須川町)の五百羅漢
  • 盛岡市の北山にある報恩寺羅漢像に五百羅漢が納められています。 立派な山門を抜けていくと綺麗にされた庭があります。 現存するのは1つ少ない、499体だそうです。報恩寺第17世の曇樹和尚が大願主として施入したものです。享保16年(1731)から享保19年(1734)の4年間に京都の9人の仏師によって製作されたそうです。 羅漢堂は,棟札に享保20年(1735)8 [続きを読む]
  • 矢巾町煙山「ひまわり畑」
  • 矢巾町営キャンプ場の隣りに「ひまわり畑」があります。約1.3haに約2万本のひまわりが咲いているそうです。8月中旬ごろが見頃ですが、8月26日に行ってきました。 見頃は過ぎていましたが、圧倒される光景です。 「幸せを呼ぶ鐘」だそうです。少し高台になっていて全体が見渡せます。 花の見頃が過ぎ、下を向いたひまわりがほとんどでしたので元気なひまわりのアップが多くなってしまいました。 夕焼けをバック [続きを読む]
  • 名古屋のレトロでお洒落な「覚王山」散歩(地図付き)
  • 名古屋のレトロでお洒落な街、「覚王山」の散歩を紹介します(散策コースマップは最後)。名古屋の中心部は近代的な建物が立ち並び、大都会という印象ですが、覚王山(かくおうざん)地区はレトロな雰囲気とお洒落なお店が混在する魅力的な街です。 日本で唯一お釈迦様の遺骨を安置する寺院「日泰寺」が核となり広がった街だと思います。 名古屋は、木曽三川(木曾川・長良川・揖斐川)によって形成された [続きを読む]
  • 五百羅漢(遠野市綾織町新里)の神秘的な情景
  • 江戸時代中期、自然の花崗岩に彫られた石像群が残る五百羅漢。日本の原風景とも云われる遠野の中でも神秘的な場所です。 恋愛のパワースポットとして有名な「卯子酉神社」から約300mほど遊歩道を登ります。 五百羅漢は「天明の大飢饉」による餓死者を供養するため、大慈寺の義山和尚が彫ったと伝わります。 "今よりも平均気温が3度も低かった江戸時代、高冷地の遠野はしばしば凶作に [続きを読む]
  • 名古屋の老舗喫茶店 昭和レトロな「コンパル大須本店」でモーニング
  • 昭和22年創業の喫茶店「コンパル」、昭和23年に現大須本店所在地に移転したそうです。今でも昭和レトロな雰囲気を残しています。 2016年7月22日にNHKの「ドキュメント72時間」で『名古屋 レトロ喫茶へようこそ 』として放送されました。 モーニングメニューにはハムエッグトーストがあり、名物はエビフライサンドのようです。今回はコーチン玉子サンドに目が行きました。 アイスコーヒーは、小さめのカップに入ったコ [続きを読む]
  • 冬の第二和賀川橋梁(ワーレントラス橋)を渡る北上線
  • JR北上線のほっとゆだ駅とゆだ錦秋湖駅の間にある「第2和賀川橋梁」です。湖面や川面に雪が積もって赤いワーレントラス橋が映えます。 「第2和賀川橋梁」の写真は2003年の青春18きっぷのポスターに使われたそうです。 錦秋湖はダム湖(湯田ダム)で、昭和41年に完成した高さ89.5mの重力式アーチダムです。 春夏秋冬でそれぞれい美しい姿を見せる「第2和賀川橋梁」、紅葉時期にも訪 [続きを読む]
  • 『女川町復幸祭』2017〜ぜんぶ女川のせいか?〜
  • 3月19日(日)に開催された『女川町復幸祭』(宮城県女川町)です。東日本大震災から1年後の2012年3月に始まり、6回目を迎えます。 「東日本大震災から新生女川へ向けて進む姿を全国の人に見て頂きたいという想いと、『千年に一度の町づくり』への夢と希望を託す」ために始まったそうです。 食イベントやステージイベントを中心に活気と盛り上がりを見せていました。 食イベント ONAGA-1 [続きを読む]
  • 西和賀の冬景色(弁天島)
  • 岩手県内でも豪雪地帯として知られる西和賀町の冬景色です。 和賀川にある小島「弁天島」、美しい川の流れをみることができます。 弁天島には厳島神社が祀られています。 沢内街道(およね街道)沿いには多くの氏神様が祀られています。 今冬は雪が少ない年でしたが、沢内街道沿いの雪を見てなぜか安心した気 [続きを読む]