むらごん さん プロフィール

  •  
むらごんさん: むらごんの思い込みWeblog
ハンドル名むらごん さん
ブログタイトルむらごんの思い込みWeblog
ブログURLhttp://www.muragon.net/blog1/
サイト紹介文日常の散歩や食べ歩き、読書、出来事など。TwitterのTweetのまとめ。2つのブログです。
自由文MovableType、Twitter、iPhone、思い込み、日々の事、歴史、経済、美味しいもの、読書、ガンダム
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2010/11/22 17:30

むらごん さんのブログ記事

  • 日和山公園(石巻市)から眺める往時の賑わい
  • 宮城県石巻市にある日和山(ひよりやま)は60メートルほどの標高ですが、見晴らしは最高です。江戸時代、米の積出港としてにぎわった北上川河口が眼下にあり、出航によい風向きや潮の流れなど「日和」を見る場所だったようです。春には桜の名所として花見客で賑わう、石巻のシンボルともいえる山です。石巻に来たら是非立ち寄りたい場所です。 ”日和山 日和山は標高60.4メートル。山上に延喜式内社である鹿島御児神社 [続きを読む]
  • 中尊寺の紅葉ライトアップ「紅葉銀河」
  • 今年も中尊寺で紅葉ライトアップ「中尊寺紅葉銀河」が開催されました。10月26日から11月11日(16:00から18:00まで)まで参道などの色づいた紅葉が照明で浮かび上がります。最終日の11日に見学して来ました。11日の17:00からは経蔵にて法楽が催されました。 月見坂から続く参道約300メートルの所どころに照明が設置され、色づいた紅葉が闇夜に美しく映し出されていました。 目のご利益があるという「峯薬師堂」前の池です [続きを読む]
  • 毛越寺の紅葉=美しい浄土庭園と紅葉=
  • 毛越寺の紅葉を見てきました。紅葉の時期に毛越寺に参拝したのは初めてです。浄土庭園と紅葉は本当に美しい景色でした。 毛越寺は嘉祥3年(850)、慈覚大師によって開山されました。奥州藤原氏二代基衡(もとひら)から三代秀衡(ひでひら)の時代に壮大な規模の伽藍が整備されたと伝えられています。往時には堂塔40、僧坊500もの伽藍を有し、中尊寺をしのぐ規模だったそうです。 現在は「大泉が池」を中心にした浄土庭園、 [続きを読む]
  • 古都の風情を残す「鎌倉二階堂」を散歩(散策ルート地図付き)
  • 人気の観光地である鎌倉の中にあって、古都の風情を残す二階堂地区は落ち着いた雰囲気です。鎌倉散策を味わえる隠れスポットとも言えるのではないでしょうか。散策コースの地図は最後に紹介します。 二階堂という地名の由来は、源頼朝が建立した永福寺に由来します。奥州合戦から凱旋した際、中尊寺の二階大堂「大長寿院」を模して建立しました。二階建てであったことから二階堂と呼ばれたいたようです。後に永福寺は廃絶 [続きを読む]
  • 護良親王を祀る鎌倉宮(大塔宮)
  • 鎌倉宮(別名:大塔宮、おおとうのみや・だいとうのみや)は、後醍醐天皇の皇子である護良親王(もりながしんのう)を祭神とする神社です。鎌倉時代は「東光寺」というお寺でした。 ”後醍醐天皇の皇子である護良親王を祭神とする神社です。 護良親王は、後醍醐天皇の鎌倉幕府倒幕の動きに呼応して幕府軍と戦うなど、貢献しました。 幕府が滅亡し天皇親政が復活(建武の新政)すると征夷大将軍に任じられましたが、 [続きを読む]
  • 平成の大改修「清水寺」〜今しか見られない清水の舞台〜
  • 国宝「清水寺本堂ほか8棟保存修理事業」は平成20年度から32年度まで実施されています。国宝の本堂と重要文化財8棟の修理をあわせて行うという、まさに大改修が行われています。改修工事中の姿を見るのも貴重な体験です。 清水寺は宝亀9年(778)に僧賢心(延鎮)が草庵を建てたのが起源とされています。延暦17年(798)、坂上田村麻呂が仏殿を建立、千手観音像を安置したのをはじまりと伝わります。創建依頼、幾度となく大火 [続きを読む]
  • 弁天島(和賀郡西和賀町沢内)の紅葉
  • 和賀郡西和賀町沢内にある「弁天島」は和賀川の中にある小島です。島にある厳島神社に七福神の弁財天が祀られていることから「弁天島」と呼ばれるようになったそうです。「弁天島」は季節に関係なく本当に美しい景観です。特に紅葉の時期には訪れる人が多く、岩手の紅葉スポットとして人気がある場所です。以前、冬に訪れた時(西和賀の冬景色(弁天島))には雪の間を流れる美しい川の姿を見ることが出来ました。 弁天 [続きを読む]
  • 京都「祇園」の石畳をフォト散歩(散策ルートマップ付き)
  • 八坂神社の門前にある「祇園」は平安時代より栄えた街です。「祇園」は舞妓さんとすれ違うこともある華やかな花街として有名で、外国人観光客からも人気のスポットになっています。石畳や町家があり、古都の風情を残す場所でもあります。人がいない早朝の「祇園」を散策してみました。散策ルートの地図は最後に紹介します。 鴨川 三条大橋鴨川を渡って祇園に進みます。右岸には飲食店の川床が連なっています。三条大橋の擬 [続きを読む]
  • 鎌倉二階堂のカフェ『cafe kaeru』でランチ
  • 鎌倉市の二階堂地区は古都の趣を残す地域です。小町通りや長谷、江ノ島の賑わいとは違い、静かで落ち着いた雰囲気の街です。『cafe kaeru』はそんな街の雰囲気に溶け込んだカフェでした。 木々に囲まれたお店の門をくぐり、緑いっぱいの素敵な庭を通ってお店に向かいます。お店の窓からの眺めにも癒されます。窓にはカエルのうちわがありました。店内にはカエルグッズが沢山あります。落ち着いた店内は、二階堂で長年愛さ [続きを読む]
  • 日本一のツツジの名所「徳仙丈山(気仙沼市)」
  • 日本一のツツジの名所とも言われる 「徳仙丈山(とくせんじょうさん)」、展望台から眺めは絶景です。 毎年5月中旬から6月上旬にかけてが見ごろですが、今年は少し早かったでしょうか。5月19日現在、ちょうどピークでした。10時過ぎに到着すると駐車場はほぼ満杯でした。 駐車場から山頂(711m )まではゆっくり歩いても約40分ほどとなります。今回は、山頂手前で引き返しましたが十分にツツジを楽しむこと [続きを読む]
  • 風が気持ちいい「風の沢ミュージアム(宮城県栗原市)」
  • 宮城県栗原市一迫にある「風の沢ミュージアム」、いつまでも滞在したくなる癒しの空間でした。訪問した日は「サステイナブル縄文展」(2018年4月27日〜5月6日)が開催中で、縄文土器ワークショップも行われていました。 風の沢ミュージアムは、現代美術館、ギャラリー、カフェ、里山公園からなる複合施設となっています。現代美術館は築200年の古民家をそのまま利用しています。長年放置されていたそうですが、修復の際は [続きを読む]
  • こけしだらけのカフェ「準喫茶カガモク」(宮城県大崎市)
  • 鳴子温泉郷の川渡温泉に「準喫茶カガモク」はあります。2017年6月24日にオープンしたばかりですが、こけしのふる里である鳴子温泉で人気店となっています。楽しいこけし雑貨やカフェグッズも売られています。 東京で制作活動をしていたそうですが、2015年6月に鳴子で工房を構えたそうです。その後、「準喫茶カガモク」をオープン。建物や内装、テーブルなどは手作り、店内にこけしが隠れていますので探すのも楽しいお店で [続きを読む]
  • 湯島天神(湯島天満宮)の梅
  • 梅まつりを開催中の湯島天神(湯島天満宮)では梅が咲き始めていました。東京の学問の神様と言えば、菅原道真公を祀る湯島の天神様です。 ”湯島天満宮(湯島天神)は、雄略天皇2年(458)1月勅命により創建と伝えられ、天之手力雄命を奉斎したのが始まりである。降って正平10年(1355)2月郷民が菅公の御遺徳を慕い、文道の大祖と崇め本社に勧請しあわせて奉斎した。文明10年 [続きを読む]
  • 職人が集うお洒落なガード下「2k540 AKI-OKA ARTISAN」
  • 「2k540 AKI-OKA ARTISAN(ニーケーゴーヨンマル アキオカ アルチザン)」はJR秋葉原駅と御徒町駅間の高架下にある商業施設です。ブラブラと歩くだけでも楽しく癒される場所で、時々足を運んでしまいます。 「2k540 AKI-OKA ARTISAN」はジェイアール東日本都市開発が運営する施設で、2010年12月10日に開業しました。 名称の由来 「2k540」:東京駅を起点として2,540m付近であること 「AKI-OKA」: [続きを読む]
  • 黄金色のご利益「金神社」は商売繁盛・金運アップ
  • 岐阜市の中心部に位置する金神社(こがねじんじゃ)は、商売繁盛や金運招福のご利益がある神として多くの信仰を集めています。西暦135年の鎮座と伝わる古い社です。現在の社殿は昭和63年(1988)に造営されました。 ”主祭神は、渟熨斗姫命(ヌノシヒメノミコト)。景行天皇の第六皇女で、伊奈波神社の主祭神五十瓊敷入彦命の 妃である。金神社は古来より産業繁栄、財宝・金運招福、商売繁盛の御神徳あらたかな神として [続きを読む]
  • 歴史を感じる岐阜市内レトロ散歩(散策コース地図付き)
  • 岐阜市内には歴史を感じる場所やレトロ空間が多く残っています。岐阜駅の北側、長良川に近いエリアを散策してみました。散策コースマップは最後に紹介します。 伊奈波神社界隈→岐阜大仏界隈→岐阜城・金華山界隈→川原町界隈の順で巡りました。駅から通じる国道256号線沿いの「伊奈波通り」というバス停から伊奈波神社を目指しました。国道256号線から伊奈波神社に通じる十字路に石柱があります。一度、御鮨街道を渡ります [続きを読む]
  • 川原町の古い町並みはレトロ空間そのもの
  • 鵜飼観覧船のりばから続く「湊町・玉井町・元浜町」の町並みは「川原町」として古い町並みを残しています。町家を利用したお洒落なお店が多くありました。伝統工芸品「岐阜うちわ」や岐阜銘菓「鮎菓子」など、岐阜のお土産品を買うことが出来ます。 「川原町」は、岐阜県が推進する岐阜の宝もの認定プロジェクト『明日の宝もの』に認定されています。湊コミュニティ水路忠節用水放水路沿いに整備された「湊コミュニティ水路 [続きを読む]
  • 川原町の古い町並みはレトロ空間そのもの
  • 鵜飼観覧船のりばから続く「湊町・玉井町・元浜町」の町並みは「川原町」として古い町並みを残しています。町家を利用したお洒落なお店が多くありました。伝統工芸品「岐阜うちわ」や岐阜銘菓「鮎菓子」など、岐阜のお土産品を買うことが出来ます。 「川原町」は、岐阜県が推進する岐阜の宝もの認定プロジェクト『明日の宝もの』に認定されています。湊コミュニティ水路忠節用水放水路沿いに整備された「湊コミュニティ水 [続きを読む]
  • 岐阜のパワースポット伊奈波神社・黒龍神社
  • 景行天皇14年に創建されたと伝わり、1900年以上の歴史を持つ神社です。斎藤道三にゆかりがあります。初詣には岐阜市内で最も多い参拝客が集まるそうです。 多くのご利益があり、岐阜のパワースポットとして多くの人が訪れているようです。 ”主祭紙は、「五十瓊敷入彦命(イニシキイリヒコノミコト)」。第十一代垂仁天皇の長男で、第十二代景行天皇の兄にあたり、古事記、日本書紀にも記載されている。五十瓊敷入彦命 [続きを読む]