遺言 さん プロフィール

  •  
遺言さん: ぼくの命はあとどれくらい
ハンドル名遺言 さん
ブログタイトルぼくの命はあとどれくらい
ブログURLhttps://ameblo.jp/bokunoinochi/
サイト紹介文HIV感染者の記録。
自由文2006年7月、HIVに感染していることがわかりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/11/23 07:51

遺言 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 街灯ープレゼントー
  • 誕生日祝い(自分へのプレゼント)にお肉を食べようと、意気込んで農家の台所に行った。メニューでうまそーなお肉を見たらもうダメだ。エスカレーターでお店に近づくにしたがって鼻息も荒くなる。お腹も空っぽだったので瞳孔まで開く感じだ。が!お店に着くとにこやかに店員が「まだ準備中です」と頭を下げた。開店まで1時間以上もあるのに、だ。時間を確かめずにやってきた自分を恨みつつ、空腹が限界だったので農家の台所はあきら [続きを読む]
  • 静寂ーどこへ行ったのー
  • まず足を運んだのは近所の病院だった。暗闇のなかで街灯がぼんやりと建物を照らしていた。そこで勘違いして佇んでいるかもしれないと目を凝らしたが、人影はなかった。次はバス停に向かった。「出かけなくては」という思いにかられて、最終の行ってしまったバス停に並んでいるかもしれないと思った。けれど、その予想も見事に外れた。今度こそは、と願いを込めて公園に寄ってみた。真夜中の公園はなんだか不気味で、想像による恐怖 [続きを読む]
  • 早朝ーそして夏が終わるー
  • 昨日の朝、ホームでボーッと電車を待っていると、ポトッとシャツの左袖に虫がとまった。払い除けようとよく見ると、なんと!それは鳥のフンだった!!今朝、ホームでジーッと電車を待っていると、ガサッピタッと左耳に虫がとまった。払い除けた物体をよく見ると、ギョギョッ!(↑さかなクンではない)それはどでかいゴキブリだった!!!なぜ!?どこから!?!?どうして!?!?!?あしたは何が降ってくるのか怖い。そして、何事 [続きを読む]
  • 泡沫ーおなじ週末おなじ時間ー
  • リンゴちゃん、ジェームスくん、元気でいますか?◇FRIDAY22時30分の快速出勤時間には吊革につかまっていてもグラグラするほど眠くて仕方ないのに、15時間後の車内ではゆったりと腰かけていても睡魔には襲われない。買ったばかりのシャツに身を包み、今宵の宴に思いを馳せていると眠気は少しも感じなかった。同じルートを辿っていても、ひと駅ごと会社に近づく朝の憂鬱はそこにない。高層ビル群の灯りが目に入る頃には [続きを読む]
  • 幻覚ー花狂いの旅人ー
  • ゆうげ時。 家族で食卓を囲むことが増えた。けれど、耳の悪い父は何も話さない。さっさと食事を済ませると、席を立って別の部屋に行ってしまう。残された者同士「今日は暖かかったね」とか「このリンゴ美味しいね」とたわいもない話をしていると母が訊く。 「お母さんはどこかしら」 午前2時。 玄関で物音がする。母がトイレと間違えているのだろうと耳を澄ませていると、鍵を回してドアを開ける音がする。ただ事ではない気配を感 [続きを読む]
  • 祈願ー今日を暮れと言う母にー
  • 認知機能の低下している母は、今日が何月何日かわからない。何年も前から飲み続けている薬も、朝昼晩に何をどれだけ飲むのかを忘れ、それでも薬を飲まなければならないことだけは覚えていて、夜中まで頭を抱えながら薬袋を眺めていたりする。飲み忘れや飲みすぎはザラで、体調は悪くなる一方だ。薬局では日ごとに加えて朝昼晩ごとに袋を小分けにし、飲み忘れを防ぐサービスを提供してくれる所もあるのだけれど、わずかに残ったプラ [続きを読む]
  • 継続ー49ヵ月で10万円ー
  • 某氏と付き合い出した頃、大きな貯金箱をプレゼントされた。それは、満杯になると30万円貯まる貯金箱だった。毎月2回の記念日と会えない週末はお互いに500円を貯金しよう、と某氏からの提案を受けて、ぼくたち2人はそれぞれの500円玉貯金をスタートさせた。貯まったお金はお店を始める時の資金の足しにしよう、と某氏は言ってくれた。けれどぼくは、行ったことのない北海道旅行の資金にしよう、と最初の計画はどこへやら、途中から [続きを読む]
  • 再検ーHIVと骨密度ー
  •  まずは近況などをザッと書いておくことにする。  12月に入るとすぐに大掃除を始めた。これはふだんサボっているので長時間かかることを見越して早めに手を付けただけであって、念入りに掃除する目的ではない。とにかく家の中に蜘蛛の巣が張っている現状をなんとかしたかっただけだ。  ないだろうか。カーテンレールの裏とか玄関や風呂場の天井の片隅に、蜘蛛自体はいないのに糸だけが残っていることが。あとは [続きを読む]
  • 育毛ー人生いろいろー
  • この数ヵ月。ちょこちょことお千代さんが入り込み、♪死んでしまおうなんて〜と、悩んだりもした。あ、でもそれは、自殺したいと思ったわけではなく、なんか人生もう終わりでもいいかな〜、という不謹慎な思いだった。だんだん家にいたくなくなって。朝早くに家を出て夜遅くに帰って。だけどその後ろめたさはやっぱりあって。だからといって誰かと会う気にもなれず。誰とも会話したくなく。自分は他人の世話を見られる人間ではない [続きを読む]
  • 衝撃−円形脱毛症−
  • 「ハゲてますよ」 美容師さんの衝撃の指摘から数か月。鏡で見せられた部分には見事な10円ハゲができていた。 真っ先に思い浮かんだのは飯島愛のことだった。彼女は死の少し前、円形脱毛症の患部を画像付きで公開していた。彼女もこの辺りにこれくらいのハゲができていたなァ、と。 美容師さんに相談し、あるヘアケアー商品を紹介してもらった。それは育毛だけでなく、抜け毛や白髪にも効果的という(とりあえず購入したので効 [続きを読む]
  • 小吉−ほろ苦いチョコレート−
  • −こんなこと続けていたら某氏との関係も終わってしまう− それは去年からずっと思い悩んでいたことだった。【先週】 何もかもが厭になった。 昨日、作った副菜が食卓に並ぶこともない。「出せば」と言っても母はキョトンとした顔をして「買ってきたの?」とトンチンカンなことを言う。仕方ない、とあきらめて自分でひじきの在りかを探す。 頭では理解していても感情がどうしてもついていかない時がある。ほんの些細なことなの [続きを読む]
  • 模索−週末クッキング−
  •  これまで料理とは無縁の生活を送って来て、いきなり台所に立ったからといって美味しいものができるはずもなく、いまだ手探り状態は続いている。 ただ、以前よりもすこ〜しだけ成長したのは、どうせやるなら楽しみながらやろう、と思えるようになったことと(そうでもしないと買い物も料理も本当に面倒くさいだけのものになってしまうので)、食材を見て「今夜はけんちん汁にしよう」なんてたまにひらめくようになったことか。  [続きを読む]
  • 鬱々−メンタルダメージ−
  • 【さっきの無い世界】  真夜中に物音で目が覚める。 起きているのは母親しかいない。日中は寝ぼけたような状態でいるのに、夜になると活発になる。それも時計の針が12時を過ぎる頃から片づけものを始めたりお風呂に入ったりする。ようやく物音が聞こえなくなるのは午前1時過ぎ。けれどそれも束の間。父親と母親が交互にトイレに起きる。 トイレのドアを開ける音で目が覚める。 すぐに出てくる気配があればまたすぐに眠りに [続きを読む]
  • 受容−ビーフシチューのお正月−
  •  元旦は通販で購入したおせちを食し。 では、2日は・・・ということで、スーパーで材料を購入して大晦日から取り組んだのがビーフシチューであった。ルウの箱に書いている「作り方」通りに作った4皿分がこれ。     なんか「うす〜い」と思いながら味見をしてみたら・・・。 クソまっっっずい! まるで水にケチャップを溶かしたような味なのである。どうして書いてある通りに作っているのにこんな味になるのだ! いや、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …