遺言 さん プロフィール

  •  
遺言さん: ぼくの命はあとどれくらい
ハンドル名遺言 さん
ブログタイトルぼくの命はあとどれくらい
ブログURLhttps://ameblo.jp/bokunoinochi/
サイト紹介文HIV感染者の記録。
自由文2006年7月、HIVに感染していることがわかりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/11/23 07:51

遺言 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 悦楽ーおっさんずラブー
  • 週末の楽しみが増えて続けている。土曜日は「オードリーのオールナイトニッポン」。日曜日もニッポン放送の「ヨブンのこと」。でだ。今、一番の楽しみは土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」。これがめっちゃ面白い。簡単にいうと男(おっさん)同士の恋愛劇なんだけれど、BLではないので腐女子からする「なんか違うー」と言われるかもしれない。そう、「おっさんずラブ」はBLではなくおじさんたちの恋愛コメディで、同じ職場のせまー [続きを読む]
  • 甘味ー悪魔的ドラマー
  • ダイエット中に“絶対に”観てはいけないドラマがある。それは「さぼリーマン甘太朗(かんたろう)」だ。これは悪魔のドラマだ。観たが最後、そのあと(あるいは翌日)に必ず甘いものを食べにお店に駆け込む。ぼくも然り。あんみつやホットケーキの回を観たものだから、早速お店に走った。今回のチョイスはホットケーキだ。がッ!!ホットケーキがメニューにあるお気に入りのカフェは閉店していた。(↑あるある)しゃーない、あきらめる [続きを読む]
  • Vol.13ー深海ー
  • もうダメだ。いや、まだやれる。その繰り返しで人生はできている気がする。ただ、もうダメだ、と思っているときにはなかなか明るい未来は描けない。雨の休日。寒い一日。また夜が来る。2017年7月12日完成☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆「深海」たとえるならば褐返し出口の見えぬ 闇の色逃れられないこの暮らしとわに思える 果ての色ひとつ ひとつ 物事を教えてくれた 母が今ひとつ ふたつ 日常を手放してゆく 難破船一度沈んだ想 [続きを読む]
  • 暴食ー心にデザートー
  • 性格はスパイシーなのに味覚は甘党という、難儀な掛け合わせで今日も生きている。甘党な人間が何も考えずにメニューを選ぶと、とーっても体に悪い事態を招くので、ふだんは「甘さ控えめ」を心がけて生活している。が。ストレスが溜まると無性に甘いものが腹一杯食べたくなる。だから食うッ!!!ドドーン。これって誰が食べるんだろう(きっとみんなでシェアするんだろう)と、常々思っていたメニューを注文する。一人っきりで。無表 [続きを読む]
  • Vol.6ー満ちる月 欠ける月ー
  • 漠然とした状態から書き始めることもあれば、明確な意図があって書き始めることもある。これは後者だった。しっかりとシチュエーションを決めていた。けれど読んでくれた人の反応を見て自分の思いが伝わっていないことがわかった。これまでもきっと、自分だけがわかったつもり、伝えたつもりで誤解を生んでいたことが多々あるのだろう。2017年6月9日完成☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆「満ちる月 欠ける月」夜空に近い場所から 見 [続きを読む]
  • Vol.9ーふっと消えてしまいたいー
  • 昔から不眠症ぎみで。眠れない辛さはもちろんのこと、それによってもたらされるよからぬ思考が、さらに重くのしかかる。今の気分を、と訊かれたら、きっとこれを選んでしまう。2017年6月17日完成☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆「ふっと消えてしまいたい」何故と理由を訊かれても答えることはできませんそれはなんだか曖昧でとても形になりません罰あたりです 親不孝です何不自由なく生きてきてある日突然 すべてを捨てて消えてし [続きを読む]
  • Vol.001ー傘もささずにー
  • あの頃は間近に控えたGWもさほど嬉しくはなく、日々、鬱々とした気持ちだけが膨らんでいた。そんな時間の中でこの詞を書き上げた。当時の気持ちは少しも入っていない(気がする)。なぜかその時の心情ではなく、昔の別れを思い出していた。2017年5月3日完成☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆「傘もささずに」飽きられてるの感じてたライトが照らす 通り雨わかってる そう わかってるタバコの煙が語ってるさよならを言うタイミングあな [続きを読む]
  • 言葉ー伝わること、伝わらないことー
  • ゲイ能活動を始めてから、すっかり忘れていた夢があった(注:「芸」能活動ではないのであしからず)。それを去年の春、突然思い出した。それは・・・作詞家になること(笑った奴はぶっ飛ばす)。確か中学1年の時に思い立った夢である。なぜ、そんな夢をいだいたのかは謎だ。おそらくアイドルが好きで、片っ端から音楽番組を観たりラジオを聴いているうちに、「自分でも書いてみたい」と思ったのだろう。とはいえ、作曲の才能なとある [続きを読む]
  • ”緊急!”
  • ゲイ能活動を始めてから、すっかり忘れていた夢があった(注:「芸」能活動ではないのであしからず)。それを去年の春、突然思い出した。それは・・・作詞家になること(笑った奴はぶっ飛ばす)。確か中学1年の時に思い立った夢である。なぜ、そんな夢をいだいたのかは謎だ。おそらくアイドルが好きで、片っ端から音楽番組を観たりラジオを聴いているうちに、「自分でも書いてみたい」と思ったのだろう。とはいえ、作曲の才能なとある [続きを読む]
  • 願事ームーンダストー
  • 帰りに何気なく花屋に寄った。ふと、彼女を花に例えるとなんだろう、と思った。バラか。マーガレットか。シンビジウムか。どれも違う気がした。店内を見回していると、見慣れぬ花と目があった。まるで彼女がひっそりと佇んでいるようだった。青いカーネーション。偶然にも、その花言葉は彼女に降り注いでほしいものだった。買ってきた花は殺風景な部屋に彩りだけでなく、「また会おう、必ず」という強い思いも咲かせてくれた。生き [続きを読む]
  • 救済一ラジオデイズ一
  • 新年、あけましておめでとうございます。モー娘。のシングル並みに更新の少ないブログですが、本年もよろしくお願いいたします。あー、さてー。既に年が明けて3日目。今更感ハンパないものの、昨年出会ったものについていくつか書いておきたいと思います。まずはラジオ。常々、ラジオって一体誰が聴くのだろう、と思っていました。これまで生活の中に「ラジオを聴く」という行為が組み込まれておらず、携帯アプリ「radiko」も手つ [続きを読む]
  • 街灯ープレゼントー
  • 誕生日祝い(自分へのプレゼント)にお肉を食べようと、意気込んで農家の台所に行った。メニューでうまそーなお肉を見たらもうダメだ。エスカレーターでお店に近づくにしたがって鼻息も荒くなる。お腹も空っぽだったので瞳孔まで開く感じだ。が!お店に着くとにこやかに店員が「まだ準備中です」と頭を下げた。開店まで1時間以上もあるのに、だ。時間を確かめずにやってきた自分を恨みつつ、空腹が限界だったので農家の台所はあきら [続きを読む]
  • 静寂ーどこへ行ったのー
  • まず足を運んだのは近所の病院だった。暗闇のなかで街灯がぼんやりと建物を照らしていた。そこで勘違いして佇んでいるかもしれないと目を凝らしたが、人影はなかった。次はバス停に向かった。「出かけなくては」という思いにかられて、最終の行ってしまったバス停に並んでいるかもしれないと思った。けれど、その予想も見事に外れた。今度こそは、と願いを込めて公園に寄ってみた。真夜中の公園はなんだか不気味で、想像による恐怖 [続きを読む]
  • 早朝ーそして夏が終わるー
  • 昨日の朝、ホームでボーッと電車を待っていると、ポトッとシャツの左袖に虫がとまった。払い除けようとよく見ると、なんと!それは鳥のフンだった!!今朝、ホームでジーッと電車を待っていると、ガサッピタッと左耳に虫がとまった。払い除けた物体をよく見ると、ギョギョッ!(↑さかなクンではない)それはどでかいゴキブリだった!!!なぜ!?どこから!?!?どうして!?!?!?あしたは何が降ってくるのか怖い。そして、何事 [続きを読む]
  • 泡沫ーおなじ週末おなじ時間ー
  • リンゴちゃん、ジェームスくん、元気でいますか?◇FRIDAY22時30分の快速出勤時間には吊革につかまっていてもグラグラするほど眠くて仕方ないのに、15時間後の車内ではゆったりと腰かけていても睡魔には襲われない。買ったばかりのシャツに身を包み、今宵の宴に思いを馳せていると眠気は少しも感じなかった。同じルートを辿っていても、ひと駅ごと会社に近づく朝の憂鬱はそこにない。高層ビル群の灯りが目に入る頃には [続きを読む]
  • 幻覚ー花狂いの旅人ー
  • ゆうげ時。 家族で食卓を囲むことが増えた。けれど、耳の悪い父は何も話さない。さっさと食事を済ませると、席を立って別の部屋に行ってしまう。残された者同士「今日は暖かかったね」とか「このリンゴ美味しいね」とたわいもない話をしていると母が訊く。 「お母さんはどこかしら」 午前2時。 玄関で物音がする。母がトイレと間違えているのだろうと耳を澄ませていると、鍵を回してドアを開ける音がする。ただ事ではない気配を感 [続きを読む]
  • 祈願ー今日を暮れと言う母にー
  • 認知機能の低下している母は、今日が何月何日かわからない。何年も前から飲み続けている薬も、朝昼晩に何をどれだけ飲むのかを忘れ、それでも薬を飲まなければならないことだけは覚えていて、夜中まで頭を抱えながら薬袋を眺めていたりする。飲み忘れや飲みすぎはザラで、体調は悪くなる一方だ。薬局では日ごとに加えて朝昼晩ごとに袋を小分けにし、飲み忘れを防ぐサービスを提供してくれる所もあるのだけれど、わずかに残ったプラ [続きを読む]
  • 継続ー49ヵ月で10万円ー
  • 某氏と付き合い出した頃、大きな貯金箱をプレゼントされた。それは、満杯になると30万円貯まる貯金箱だった。毎月2回の記念日と会えない週末はお互いに500円を貯金しよう、と某氏からの提案を受けて、ぼくたち2人はそれぞれの500円玉貯金をスタートさせた。貯まったお金はお店を始める時の資金の足しにしよう、と某氏は言ってくれた。けれどぼくは、行ったことのない北海道旅行の資金にしよう、と最初の計画はどこへやら、途中から [続きを読む]
  • 再検ーHIVと骨密度ー
  •  まずは近況などをザッと書いておくことにする。  12月に入るとすぐに大掃除を始めた。これはふだんサボっているので長時間かかることを見越して早めに手を付けただけであって、念入りに掃除する目的ではない。とにかく家の中に蜘蛛の巣が張っている現状をなんとかしたかっただけだ。  ないだろうか。カーテンレールの裏とか玄関や風呂場の天井の片隅に、蜘蛛自体はいないのに糸だけが残っていることが。あとは [続きを読む]
  • 育毛ー人生いろいろー
  • この数ヵ月。ちょこちょことお千代さんが入り込み、♪死んでしまおうなんて〜と、悩んだりもした。あ、でもそれは、自殺したいと思ったわけではなく、なんか人生もう終わりでもいいかな〜、という不謹慎な思いだった。だんだん家にいたくなくなって。朝早くに家を出て夜遅くに帰って。だけどその後ろめたさはやっぱりあって。だからといって誰かと会う気にもなれず。誰とも会話したくなく。自分は他人の世話を見られる人間ではない [続きを読む]
  • 過去の記事 …