不二子 さん プロフィール

  •  
不二子さん: ニュージーランド馬物語
ハンドル名不二子 さん
ブログタイトルニュージーランド馬物語
ブログURLhttp://nzuma.blog25.fc2.com/
サイト紹介文ニュージーランドの馬と馬にかかわる人たちのおはなし
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/11/23 18:32

不二子 さんのブログ記事

  • ペギーの抵抗
  • 門を出て右に行くと8kmの外乗コース左へ行けば 1kmの折り返し(2km)のらくちんコースというのを老獪なペギー嬢はよく知っているようです。なので 私が右へ行こうとするとペギーはあらゆる手段を使ってなんとか左へ私を誘導しようとする。それはそれでかわゆい行動ではありますが甘やかすとつけあがるので許しません。今日も アリーナで30分近く乗った後門を出て ペギーを右へ誘導しようとするとごねること ごねること [続きを読む]
  • トレッカーナ (トラケナー)
  • 新馬登頂アナベル ちゃん。トレッカーナとサラブレッドの交配の品種改良馬。ニュージーランドでは トレッカーナはウォームブラッドとして認識している人が多いようですがよく調べるとライトウォームブラッドとなっていました。日本では軽種に分類されます。私がちょいと留守にしてる間にキャロリンてば高級馬のシューフライを売り払ってネルソンから調教済みの アナベルを購入しました。今日一緒に乗って思ったのはアナベルは [続きを読む]
  • アルテミス
  • 新馬登場その名も オリンポス12神の アルテミス。マリアン博士の4頭目の馬です。アルテミスはターマの母ちゃん。引退して郊外で放し飼いになっていましたが今回 マリアン博士の思惑で呼び戻されました。乗馬用ではなく愛玩兼パドックの管理のお手伝い用馬です。1月下旬に最後のパドックメイトのアンドレアさんの馬がいなくなった後今のパドックを独占したくて手持ちの馬を増やしました。で アルテミス食べても少しやせ気味なの [続きを読む]
  • 小鳥
  • キッチンの窓から見える小鳥ちゃん。最近 バージョンアップしてハンギングバスケットを置いてみました。すごくいい。かわゆい小鳥ちゃんたちが何羽もやってきます。夏の手前春先には めじろちゃん silver -eyes or wax eyeもやってきます。パドックには ウズラかな?たぶん野生 [続きを読む]
  • 軽速歩
  • ホリー軽速歩。慣れてしまえば 無意識にすいすい乗ってしまいますがよく考えると奥深い動作で乗馬は 軽速歩にはじまり軽速歩に終わるといっても過言ではないようにおもいます。私の乗っているビデオを見て気づいたのが立ち上がるときに蹴っています。鐙に体重を垂直に一定にかけたまま基本左右同じ力を鐙にかけて立ったり座ったりするのが理想ですが鐙から浮く瞬間があったり強弱があり 一定の力からは程遠いことに気づきまし [続きを読む]
  • 美形
  • 馴致に連れて行く前久しぶりに しみじみと すし を観察しましたがお母さんに似て 美人になったなあ。 でも右側だけ。左は父ちゃん似で白目です。先日 ワーニャおじさんのロシア式誕生パーティーがありました。 クライストチャーチのロシア人はほとんどがロシア系ウクライナ人です。政情が安定しない国なので祖国に絶望し、新天地に未来をたくしてやってきた人たちなのでしょうか。で、今回感心したのが美形の男性陣ダニエルク [続きを読む]
  • 2018 年頭所感
  • 年頭所感なんていうと企業の社長か どこぞの大臣か。というかんじです。今年の目標なんですが1年というとあっというまで達成できることは限られます。そこで賢い人たちは 2年計画でいくそうです。2年あると思うと気分てきにも焦ることなく大きな目標がたてられます。そしてポイントは それが達成したときのイメージが絵にかけるくらいしっかりしていること。たとえば 金メダルをもらってシャンパンを美女にかけてもらってる図 [続きを読む]
  • すしの馴致
  • すし, 3歳。馴致担当は 10年前 ルイ を馴致したセーラさんです。 キャロリンが熱心にすしの馬運車調教をしたので当日もすしちゃんすいすい馬運車に乗りました。お母さん(ペギー)も見習って欲しい。馬運車経験の浅い馬は必ずベテランが同乗します。今回はスクワート君にお願いしました。以前、試しにすし1頭と横に私が立って馬運車を動かしてみましたがすしは車が動いて慌て、 曲がり角では 踏んばりながら少しパニックにな [続きを読む]
  • 2018年 フェイスブック
  • 元旦から キャロリンと馬にまたがっていた私。今年も馬三昧になるいい予感がします。翌日2日は久しぶりにペギーを連れて出かけました。車で10分くらいのウエストメルトンフォレストパークです。新年早々 ペギーが馬運車拒否をして外出をあきらめかけましたが秘策ラストリゾートロープホルターとバムロープ  を使ってキャロリンとのチームワークで乗り切りました。通常馬は帰りは馬運車にホイホイ乗るけど再度もめた。ペギーよ [続きを読む]
  • キーラの妊活結果 
  • negative でした。スタリオンのオーナーの獣医がたぶん 妊娠したよ??っていってくれたのにい。キーラを獣医につれて行って獣医さんが 手を突っ込んでしらべてくれました。この方法だと妊娠予測日から16から19日日以降でわかるそうです。スタリオン君高齢でキーラを現地に連れてく前からたぶん 駄目よ。と言われてたそうですがネーネーやっぱり妊娠したかもよ。と言ってきたので期待してしまいました。まあ キーラは若いか [続きを読む]
  • ショウウィークエンドその2 ショウハンター
  • ショウ2日目、11:15 よりHunts & Hunds花丸をつけてこの時間に合わせて来場しました。毎日高レベルなショウハンター(ジャンプ)がありますがField Hunter のワンちゃんが登場するのはこの時間だけです。ラッパを吹いたり 地面まで届く鞭が轟いたり初めての体験に大興奮しました。フィールドハンター ・・・狩りを模したレクリエーションスポーツショウハンター さらにその狩りのジャンプを模した競技でいろんな観点より審査さ [続きを読む]
  • ショウウィークエンド
  • 酪農国NZ、南島の大イベントA&Pショウは毎年11月の半ば3日間開かれます。(農業畜産 羊牛馬豚ヤギ ラマ アルパカ 鶏、関連機器 品評会?)乗馬の一大イベンドでも有り南島のよりすぐり、すべての品種の優秀な馬が参加国際レベルの大大障害、 ワゴンライド ポロ競技  ハンティング(スポーツ)見どころがたくさんあって楽しいイベントですが入場料が1日27ドル(2017年)一度行けば翌年からはわざわざ行くほどのことでもな [続きを読む]
  • キーラの妊活
  • あれ?キーラがいない???博士に聞いたらキーラはバカンス中よ?郊外に住む友人の獣医さんが75パーセントアラブのスタリオンを預かってるので妊活しない??と誘われ そういうのが大好きな博士は二つ返事でキーラをつれて行きました。こちらがイケメンのスタリオン、Manick君です。 [続きを読む]
  • エクイデイ その2
  • (前回の続きです)キャロリンと仲良くでかけたクライストチャーチ 愛馬の日馬場の公開レッスンを2つ見学しました。カンタベリーで一番有名な馬のカイロプロテクタージョイホワイト先生が生徒さん。指導はNZの総合競技馬術で有名なリズさんです。生徒さんは2人でジョイは 積極的に乗りこなすタイプもう一人の方は まったく馬任せ。リズ先生に 乗客になってはいけません。と指導されていましたが馬に任せて素直に乗るというこ [続きを読む]
  • 仔羊のミーシャ
  • ロマンティックな出会い っていろいろあると思いますがニュージーランドの出会い羊の赤ちゃんが産まれたけどお母さんが育児放棄(お乳をあげない)だから留守中羊の赤ちゃんをあずかってくれない?へ?ひつじ?住宅街で???憧れのV氏に頼まれたら断れるはずがありません。やや不安はあったものの二つ返事で引き受けました。生後2日目のミーシャ君もうかわいいのなんのって。私のことをママだと思って庭に放すとどこまでもつい [続きを読む]
  • ペギーインシーズン 2017ビデオ編
  • まずは ラブラブキスシーンをご覧ください。シーズンのメアとびんびんスタリオンペギーのしっぽに注目アルフィー君が来て最初にペギーに乗ったときは ペギーが興奮しすぎて落馬するかと思いました。2回目からいつも軽く調馬索をかけています。止まらないで前に出るようになればもう大丈夫。問題なく?乗ることができます。ちょっと乗りにくいけど。発情が始まったペギーで外乗に出かけたら鹿農場の雄鹿に反応しちゃって大変でし [続きを読む]
  • ペギー イン シーズン 2017
  • 先週くらいからその兆候はあったのですが、ここ2.3日の暑さでペギーちゃんすっかり 発情しています。というのもキャロリンが SPCAの フェンスの修理だとかでSPCAで保護しているかわゆいけどスタリオンを預かっています。娘のすしちゃんも含め女性陣をすっかりその気にさせる良い男 アルフィー君です。 [続きを読む]
  • 海びらき
  • 本日 今シーズン初海で泳ぎました。南半球は 初夏です! ニューブライトンのサーファー正式な海開きは12月から?12月から土日はSurf life saving の方が、旗を立てて見守ってくれます。学校が夏休みになると毎日見ていてくれます。 [続きを読む]
  • エクイデイ
  • クライストチャーチに愛馬の日なるものがありまして、農業畜産公園で 10月半ばの土日に開催されました。有名な先生の指導による公開レッスンショウジャンプコンテスト障害物競走の 練習 競技障害物競争会場インハンドで水障害を飛ばせる練習ビデオにはありませんがこの馬、最後には上手に飛ぶ馬の後に続いて水障害を飛ぶことができるようになりました。あきらめちゃいけないんです?馬具 餌 その他馬に関する商品見本市ホース [続きを読む]
  • バターカップ退治
  • 3度目に引っ越してきた現在のホリーのパドックは生えている草の質が大変よろしくおかげ様で厳冬も痩せることなく過ごすことができました。が 有毒のバターカップが生息しています。湿っぽい土地に繁殖するようで前のパドックにも一部に見られ食いしん坊で肌の弱い葦毛のキーラたん顔に腫物ができて獣医に処方箋をだしてもらいました。(昨年のはなし)もっと食いしん坊のホリーたんも鼻の白い部分に腫物ができキーラの薬を分けて [続きを読む]
  • 右駈歩が出ない
  • ペギーの駈歩馬場で乗ると蹄跡でコーナーを曲がらなくてはならずまた 20メートルの輪乗りを含めものすごくペギーのバランスが悪くなり乗りにくいので苦手です。馬場競技も駈歩なしにしか参加したことがありません。これではいけない。と心を入れ替えて練習に励んだところ左手前はなんとかできるようになりましたが右手前が 反対駈歩になってしまいます。直線(外乗)では両手前ほぼ完璧。なんでかなあ。駈歩のどちらかの手前が [続きを読む]
  • 春です
  • 大学の仕事で南島を駆け巡っていたマリアン博士久しぶりにクライストチャーチに戻ってきました。善は急げで蹄のカットすっかり大人びた顔になったキーラたん。今年の八月で10歳です。目をつむった顔もカワユイホリーたんだって娘に劣らず初々しい笑顔です [続きを読む]