OTO さん プロフィール

  •  
OTOさん: 自然とローカル線をこよなく愛するブログ
ハンドル名OTO さん
ブログタイトル自然とローカル線をこよなく愛するブログ
ブログURLhttp://oto451.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文静岡を中心に各地のローカル線を訪問、撮影しております。自然と鉄道の調和がコンセプトです。
自由文日本的原風景の中を走る鉄道、花や緑、青空、雲、土といった自然、そこに住む人々と繋がる鉄道を探して日々シャッターを押しております。車社会が広がる中、地方の鉄道は厳しい経営環境を強いられておりますが地域の足として逞しく走り続けているローカル線をこれからも撮り続けていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/11/23 19:20

OTO さんのブログ記事

  • 東海道本線
  • たまには、本当たまには東海道本線。あまりにも身近な路線ではありますが、数年前まではブルートレインが幾多通過をしていた大動脈です。初めて鉄道写真を撮影したのも富士やはやぶさ、さくら、あさかぜ等々・・時代は旅情からスピードを求めて変化をしてしまいましたがあの旅情とノスタルジーを求められる時が必ず舞い戻ってくると確信しています。菊川〜金谷a [続きを読む]
  • 大井川鐡道
  • 短いGWは緑鮮やかな川根路で心の洗濯。抜里の新緑はストレスをきれいに取り払ってくれます。昨年は経営権譲渡と不安な一年でしたが新たな取り組み・イベント等、良い方向に向かっている空気を少しずつ感じています。家山〜抜里 [続きを読む]
  • 天竜浜名湖鉄道
  • 桜の季節から新緑の季節へ。実は一番好きな季節。目に眩しい緑は心落ち着かせる効果があります。何かと落ち着かない世の中ではありますが一瞬でも心休まる時間が明日へのパワーになります。遠江一宮〜敷地 [続きを読む]
  • 大井川鐡道
  • 熊本で甚大な被害が出ている大地震。長引く余震に心苦しい日々が続いています。大学時代に友人と行った九州一周旅行。阿蘇でのキャンプ。思い出のある場所の被災はいつもながら何も出来ない力不足を痛感してしまいます。今出来る事は寄付等、微力な支援と仕事等、日常を一生懸命生きる事。何も無い当たり前の日常に感謝しつつ、地震の早期沈静化を祈ります。抜里〜家山 [続きを読む]
  • 東海道新幹線
  • 春に咲く花は多く華やかな季節ですが身近すぎて忘れがちなのが野に咲く蓮華草。でも咲いているのは何故か田んぼの中なんですよね。沿線に田んぼが減りつつある昨今、蓮華草と新幹線のコラボは結構貴重になった事を感じつつ、何十年ぶりに田んぼに寝ころんでパチリ。浜松〜掛川 [続きを読む]
  • 長良川鉄道
  • 桜にはまだ早いちょっと肌寒い長良川鉄道沿線。ずっと川沿いを走る路線も美濃白鳥を過ぎると田んぼの真ん中を快走します。そのかわり通過列車は一気に少なくなりますがじっくりじっくり構図を決めながら、その長閑な風景を楽しむ楽しいひとときです。美濃白鳥〜北濃 [続きを読む]
  • 大井川鐡道
  • 春のSLフェスタ。秋に比重が高かったSLフェスタですが今年は春も見所満載な二日間。土曜日は仕事で来られませんでしたが、日曜日は単機走行といういかにも大鐡らしいレアなイベントが行われました。遅い時間でありながら日本中からSLファンが集まる中、大サービスの白煙を放ちながら抜里の茶畑を疾走していきました。抜里〜家山 [続きを読む]
  • CP+ 2016
  • パシフィコ横浜で行われているCP+。写真用品の大見本市です。一度は行きたいと思っていましたが仕事の最盛期と重なる時期という事で、今まで足が向くことが無かったのですが気合いの強行軍で行って参りました。最終日は大盛況の会場。久しぶりに人に酔ってしまいました。ゆっくりとブースを見られる環境ではありませんでしたがやっぱり新製品を目の当たりにしてしまうと、物欲が沸々と疼いてしまいます。 [続きを読む]
  • 大井川鐡道
  • ナイトトレイン。夜汽車を体感出来る企画として毎年、定期的に行われています。夜行列車が激減している昨今、夜汽車への郷愁は強まる一方ですが写真で表現するのにこれほど難しい課題はなかなか有りません。夜に走る黒い車輌。高感度になったカメラでも特別な技術と写真創造力が必要です。この課題をイメージ通りに撮影出来た時には、一段レベルが上がったと思えるかもしれません。家山〜抜里 [続きを読む]
  • 大井川鐡道
  • 日本中が極寒の週末。鹿児島で積雪とか沖縄で降雪とか・・それでも降らない静岡は有難い環境ではありますがSLと雪景色が見たいな〜、とちょっと贅沢な願望を抱いてしまいます。抜里〜家山 [続きを読む]
  • 大井川鐡道
  • 昨年、十和田観光電鉄からやってきた東急7200系。東京の山の手を走っていた都会っ子は大自然の川根路には少し違和感があります。でも、そのオールステンレスの車体は時が経っても尚、光り輝いており抜里のギラリ要員として楽しみな存在です。家山〜抜里 [続きを読む]
  • 天竜浜名湖鉄道
  • 鉄道写真撮影の強い味方”Light Trac” 地図上で時間毎の太陽の方角、角度がチェック出来るアプリです。時刻表と”Light Trac” を見比べ列車の時間と光の方向が合えば面白い写真が撮れたりします。宮口〜岩水寺 [続きを読む]
  • 大井川鐡道
  • 今回は日章旗を主題に決めて、いざ川根路へ。門デフと呼ばれる除煙板付きC11が走る予定でしたが、前日の故障により本日はC10。デフが無い事で日章旗が隠れる事無くイメージ通りに撮影が出来ました。今年の御来光は川根路で!抜里〜家山 [続きを読む]
  • 大井川鐡道
  • あけましておめでとうございます。本年も当ブログを宜しくお願い致します。写真は年末に撮影した一枚。門デフと呼ばれる除煙板を取り付けたC11の試運転だったのですが、結局機関車は写っていません日常の中の非現実的な風景、そんな写真を今年も撮っていきたいと思います。抜里〜家山 [続きを読む]
  • 天竜浜名湖鉄道
  • 刻々と変化する風景。約一時間を時系列通りに並べた同じ場所からの撮影ですが印象が大きく変化します。季節、時刻、レンズ、構図、露出、シャッタースピード・・・その組み合わせで同じ写真は一枚たりとも存在しない、その奥深さに悩まされながらも深みにはまってしまう、写真撮影の魅力です。今年もブログをご覧頂きありがとうございました。2016年も時間の許す限りブログ更新をして参りますので宜しくお願い致します。遠州森 [続きを読む]
  • 東海道新幹線
  • 怪しげな冬雲たちこめる一日。空を背景にシルエット写真を、と撮影場所を探すも意外に少ない事に気づきました。都市化の進む沿線は両側を防音壁で覆われて抜けの良い背景を持つ場所はほとんどありません。やっと見つけた場所での一枚。目の前は工事現場。住宅が建つ時にはこの場所もシルエットは撮れないかもしれません。豊橋〜浜松 [続きを読む]