よか さん プロフィール

  •  
よかさん: 山であそぼ。
ハンドル名よか さん
ブログタイトル山であそぼ。
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yo_ka901
サイト紹介文子連れハイキング、ファミリーキャンプ、自然写真、山の俳句など、家族で広く山遊びを楽しんでます。
自由文雄大な山岳風景に心震わせ、小さな生きものたちの生の営みに感動しながら山を歩き、キャンプし、外ご飯を楽しみ、写真を撮り、時にはクライミングや沢登りの真似事をしながら、家族三人で山遊びを楽しんでいる「よか家」のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2010/11/23 22:48

よか さんのブログ記事

  • ヤマトシジミ
  • 2018年10月6日(土) 曇り時々晴れ仕事帰り、久しぶりに鶴見緑地に寄ってみたら、芝生や遊具の周辺など、多くの家族連れでにぎわっていた。台風21号で倒された樹木も細かく切断され、大半は処分されて、すっきりしていた。そろそろ「山のエリア」の閉鎖も解除されたかなと思ったが、こちらはまだまだ整備が進んでいないらしい。花壇にはラベンダーが植えられていた。何か被写体になりそうなものでもいないかなと思って探してみると [続きを読む]
  • ソライロタケを求めて
  • 2018年9月23日(日) 晴れ (独)今年の秋雨前線の勢いを見逃すわけにはいかない。週の半ばに雨が続き、週末に晴れ間が覗く絶好のキノコ日和に、再び、六甲山に行ってきた。2週間前に訪ねたときは、ベニイグチが大にぎわいで、ブルー系は全く見られず。今回はベニイグチの姿は無く、ドクベニタケがあちこちに顔を出し、テングタケ、タマゴタケ、アンズタケなどがよく見られた。↑ ドクベニタケの一種↑ ドクツルタケ一本食べたら [続きを読む]
  • 六甲山麓でキノコ探し
  • 2018年9月9日(日) 曇りのち雨 (独)先週は大型台風21号の通過後に秋雨前線も活発化し、雨の多い一週間だったので、キノコもそこそこ出ていることを期待して、六甲山の山麓を歩いてきた。 芦屋川から六甲山麓にかけては台風による家屋の被害はほとんど見られず、倒木も見かけなかった。 やはり台風の中心が通過するより、その東側の方が風の被害の大きいことが分かる。お目当てのキノコは見られなかったが、ベニイグチを初め、雨後 [続きを読む]
  • 飯盛山で変形菌探し
  • 2018年8月26日(日) 晴れ (独)朝寝して、午前中は家の用事、昼過ぎから飯盛山の室池方面へ歩きに行った。この季節、あまり面白い被写体は期待できないが、キノコよりも更に小さくて可愛い変形菌類が何種か見つかった。大きなものは1〜2cmあるが、普通はマクロレンズでも撮れないミクロの世界。オリンパスのコンデジの顕微鏡モードで撮影して、何とか形状がわかる程度。「変形菌」とは文字通り、形を変える菌。網目状になっ [続きを読む]
  • サギソウとハッチョウトンボ
  • 2018年8月19日(日) 2名 (晴れ)いつもお世話になっている「げんさん」からお誘いを頂いた。滋賀県南部の湿地帯に棲むハッチョウトンボとサギソウの撮影である。ハッチョウトンボは日本最小のトンボで、世界的にも最小クラス。数年前、米原市にあるよく知られた湿原で、初めて撮影して以来になる。今回は地元の「さんちゃん」さんも同行して案内して頂けるのでありがたい。もうお一人、同じく地元の「ヨネ」さんも来られて、4 [続きを読む]
  • 入笠山の美しい自然
  • ↑ マツムシソウ↑ レンゲショウマ↑ マルバダケブキ↑ ゼンジュガンピ↑ オクモミジハグマ↑ ソバナ↑ ホソバトリカブト↑ クサレダマ(草連玉)↑ ヤナギラン↑ サワギキョウ↑ ツリガネニンジン↑ コオニユリ↑ ハナイカリ↑ エゾリンドウ↑ オオチャバネセセリ↑ アサギマダラ↑ キアゲハ↑ ウラギンヒョウモン↑ ウラギンヒョウモン↑ スジボソヤマキチョウ↑ クジャクチョウ↑ コエゾゼミ↑ ウンモン [続きを読む]
  • 入笠山 家族キャンプ
  • 2018年8月11日(土)〜14日(火) 3名今年は6月半ばに足の肉離れをやってしまい、ほぼ完治はしたものの、体力の回復には間に合わず、それほど歩かなくてもいい山にでも行こうということになった。娘が2歳の頃、初めての信州旅行でさんざんな想い出を残した美ヶ原にリベンジしてみてはどうかということで、さっそく美ヶ原の山本小屋に電話を入れると、1ヶ月以上前でもすでに満室。それなら入笠山はどうかと思ってマナスル山荘のホ [続きを読む]
  • 飯盛山で自然観察
  • 2018年8月4日(土) 晴れ (独)暑い日が続くが、お盆休みまで、もう少し足慣らしをしておきたいと思い、昼までの仕事が終わってから、そのまま一人で飯盛山に登ってきた。アプローチですでに汗だく。水分補給を怠れば、命に関わる危険な暑さという今年の夏。それでもセミの鳴き声は先週より更に音量を増し、数も増えてきたように思う。↑ ミンミンゼミ↑ アブラゼミクヌギの樹液には、いつもカナブンばかり集まっているが、今日は [続きを読む]
  • シロコナカブリ
  • 小さな流れの中の倒木に、仁丹くらいの白い粒々が見えた。変形菌か何かだろうと思い、オリンパスTG-3の顕微鏡モードでモニターに写すと、ちゃんとしたキノコの形状になっていた。↑ シロコナカブリカサの直径は2mmくらい。柄は長いものでも10mm余り。よく見ると、カサや柄は細かい粉を被ったように見える。これはまさしく「シロコナカブリ」。↑ 拡大すると白い粉が見える晴天が続いた後の、昨夜の大雨。このサイズのキノコなら [続きを読む]
  • 火星、土星、木星
  • このところ火星の大接近が話題になっているが、日が暮れてから南の空を仰ぐと、 惑星が3つ、同じ視野の中に見える。左(東)から右(西)へ、火星、土星、木星と並び、早い時刻だったら西の空に金星も見える。鳥撮用に使っている600mmズームレンズなら、どの程度写すことができるのか気になって、ベランダに三脚を立ててみた。先ずは左端に見える、一番明るい火星から。しかし、トリミングしてもこの程度で、ほとんど特徴が分からない [続きを読む]
  • スミナガシ
  • 2018年7月29日(日) 曇りのち晴れ (独)台風12号は未明に大阪を抜け、その後は午前中にざっと雨が降ったりしたが、午後からは天候も回復しそうだったので、一人で飯盛山へ歩きに行った。右ふくらはぎの肉離れの経過は良好で、筋肉の張りは残るものの、階段の上り下りは支障なく、軽いジョギングなら問題無さそうである。暑い最中だが、軽い山を少しでも歩くことが最良のリハビリになると思う。先の豪雨の影響で、先々週に登ったと [続きを読む]
  • クマゼミの羽化
  • 2018年7月20日(金) 晴れ夜になっても気温が30℃を下回らない今年の猛暑。夜の鶴見緑地では、クマゼミたちが不完全変態のフィナーレを演じていた。↑ 羽化直後はまだ翅が反りかえるように真直ぐ伸びている↑ やがて翅は少し丸みを帯び、山型になって揃う↑ 広角レンズで公園の雰囲気を入れてみる↑ 緑のせせらぎ下流の池の畔で [続きを読む]
  • 白駒池周辺の自然
  • 蝶↑ ミドリヒョウモンヒョウモンチョウの仲間は同定が困難だが、このミドリヒョウモンは翅裏に特徴があるのでわかりやすい。↑ アサギマダラアサギマダラは夢の中に棲む蝶のように、その飛翔は優雅でどこか儚い。トンボ↑ ルリイトトンボ♂↑ ルリイトトンボ(左:♂ 右:♀)↑ ルリイトトンボの交尾白駒池のほとりに、目の覚めるような美しい空色をしたイトトンボがいた。ルリイトトンボの活動時間にタイミングよく巡り会 [続きを読む]
  • 北八ヶ岳 白駒池
  • 2018年7月14日(土)〜16日(月) 4名右脚の負傷(ふくらはぎの肉離れ)からちょうど1ヶ月。筋肉の張りは残るものの、普通に歩けるまでに回復し、一週間前には近郊の低山に登ることができたので、この連休は予定通り、げんさんとわが家3人で北八ヶ岳の白駒池の山小屋に2泊して、簡単な周回ルートに行ってきた。ルートは白駒池〜ニュウ〜中山〜高見石〜白駒池。これは私の脚の具合と、家族の足並みを考えて、全てげんさんが計画、手配 [続きを読む]
  • 飯盛山リハビリハイク
  • 2018年7月8日(日) 晴れ時々曇り (2名)右ふくらはぎをケガ(腓腹筋断裂)してから3週間余り、筋肉の張りは残るものの、ようやく普通に歩けるようになってきたので、そろそろ飯盛山に足慣らしに行こうと思っていた。しかし、先週初めから梅雨明け末期の大雨が降り続き、西日本に大きな被害をもたらした。7月8日現在、四国地方の大雨による警戒警報はまだ解除されてはいなかったが、大阪の降水確率は20%。雨雲レーダーを見ても大丈 [続きを読む]
  • ゼフィルスに会いに
  • 2018年7月1日(日) 晴れ時々曇り 強風 (2名)毎年恒例の大山山麓のゼフィルス撮影。今年は季節の進行が早く、先週くらいが最盛期だと思われたが、足をケガしてしまって泣く泣く延期。平地ならゆっくり歩くことができるようになったので、昨年お世話になった「げんさん」に車を出してもらい、土曜日の夕方から出発した。駐車場に着くと予想外の強風が吹き荒れ、テントも飛ばされそうなくらい。明日、大山に登るという「しげさん [続きを読む]
  • 宝ヶ池公園(京都)リハビリウォーキング
  • 2018年6月24日(日) 晴れ 6月15日(金)の昼休み、時々通っている近所のボルダリングジムで練習中、少し無理な課題に挑戦して、右ふくらはぎの肉離れ(腓腹筋部分断裂)を起こした。前傾壁の外傾したホールドに跳び移ると同時に、右足で対面の壁を蹴るようにして、倒れそうになる身体を支えるというもの。うまく決まったが、その瞬間、右ふくらはぎの筋腹に、プツッという衝撃。すぐに「切れた」と分かった。店長さんがすぐに氷を [続きを読む]
  • 鶴見緑地 探蝶散策
  • 2018年6月12日(火) 曇り薄曇りで涼しい梅雨の中休み。昼休みに近くの鶴見緑地公園に歩きに行くと、雑草のシロツメクサやヒメジョオンがはびこるように咲き乱れていた。ヒメジョオンの花は特に虫たちに好かれるのか、多くの蝶が訪れていた。いずれも普通種ばかりだが、蝶とヒメジョオンとの取り合わせが美しく、ついカメラを向けてしまう。↑ モンシロチョウ↑ ツマグロヒョウモン♂↑ ベニシジミ↑ ベニシジミ↑ ヤマトシ [続きを読む]
  • 初見・初撮のジンガサハムシ
  • ジンガサハムシ(陣笠葉虫) 2018.5.27黄金色に輝く小さな体にコンタクトレンズを被せたような姿はまるで地球外生物。小学生の頃、幼なじみが持っていた昆虫図鑑でその美しい写真を見て以来、いつかは本物を見てみたいと、ずっと思い続けて半世紀。数年前に、ヒルガオの葉の裏を探せば見つかるということを知り、ヒルガオの虫食い葉を見つけては裏返して探してみるようになった。そして今回、初めての感動の出会い。それは自然豊か [続きを読む]
  • ゲンジボタル(鶴見緑地)
  • 2018年5月25日(金) 晴れ鶴見緑地の「緑のせせらぎ」には、毎年ゲンジボタルの幼虫が放流され、この時季になると美しいホタルの演舞が見られる。今夜はちょっと蒸し暑くて風のない好条件。仕事が終わってから、ホタルの撮影に行ってきた。【共通データ】 90mmマクロ/f8/20sec/ISO800/WB4200K/LED光すべて同じ設定で撮ったが、補助光のLEDライトの当て具合で、それぞれ明るさや雰囲気が違ってくる。LEDライトは押しボ [続きを読む]
  • 第22回 三木山フォルクローレ音楽祭
  • 2018年5月20日(日) 晴れ風薫る五月。今年も三木山フォルクローレ音楽祭の季節がやって来た。私たち「YOKA」の出演も今年が最後かも知れないので、一番好きな曲を演奏したいと思い、半年かけて練習してきた。サンポーニャの曲で「オタバレーニョ」。十年ほど前に一度やったことがあるが、うまく8分の6拍子に乗せることができず、不本意な結果になった。今回はきちんと先生の指導を受けて、二人で頑張ってきた。(つもり)↑  [続きを読む]
  • 鶴見緑地で自然観察
  • 鶴見緑地も桜の花が終わり、新緑の季節になると、訪れる人もめっきり少なくなる。日向は暑いし、日陰に入るとヤブ蚊にやられるからだろうか。葉が繁って野鳥を探すのは難しくなるが、昆虫などの自然観察にはこれからが一番いいときになる。まずは4月末に撮ったベニシジミのテリトリー争い。↑ ベニシジミのテリトリー争い (2018.4.22)同じ季節のレンゲソウとミツバチ。終わりに近づいたレンゲ畑で、盛んに蜜を集めていた。↑  [続きを読む]
  • ボトルシップ「日本丸」
  • 突然、ボトルシップを作ってみたくなり、ウッディジョー社製「日本丸」のキットを買ってみました。プラスチックは一切使わず、木と金属と布切れと糸だけというのが嬉しいです。初心者向けなので、船体は平面的には正確にレーザーカットされてますが、立体的な加工はナイフとサンドペーパーで仕上げ、塗装もしなくてはなりません。こんな小さなビンの口から、どうやって帆船を入れるのかと、不思議に思う人もいらっしゃるかと思い、 [続きを読む]
  • 立山山麓家族旅行村 ケビンキャンプ
  • 2018年5月3日(木)〜6日(日) 3名ゴールデンウィーク恒例の立山山麓ケビンキャンプは今年で8回目。今回は家族三人で、四連休全部使った三泊四日で計画した。来年は娘も中学生。家族揃ってのこんな遊びは、いつまでできるか分からないが、みんなが楽しめる限り、続けていきたいと思う。●5月3日(木) 第一日目 (雨のち曇り時々晴れ)9時42分大阪発のサンダーバードで金沢に出て、北陸新幹線「つるぎ」で富山へ。地鉄に乗り換えて [続きを読む]